幸谷 智紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/08 21:50
 
アバター
研究者氏名
幸谷 智紀
 
コウヤ トモノリ
URL
https://na-inet.jp/
所属
静岡理工科大学
部署
情報学部
職名
教授
学位
博士(理学)(日本大学)
Twitter ID
tkouya

プロフィール

1993年日本大学大学院博士前期課程修了,同年石川職業能力開発短期大学校講師,1997年日本大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。1999年静岡理工科大学理工学部情報システム学科講師,2011年同総合情報学部コンピュータシステム学科准教授,2016年同教授,現在に至る。多倍長浮動小数点数を用いた高性能数値計算,誤差解析,マンガ評論と日本の行く末に興味を持つ。情報処理学会,SIAM,日本応用数理学会各会員。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
静岡理工科大学 情報学部 教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
静岡理工科大学 総合情報学部 講師 -> 准教授 -> 教授
 
1999年4月
 - 
2008年3月
静岡理工科大学 理工学部情報システム学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1997年
日本大学 理工学研究科 数学
 
 
 - 
1991年
東京理科大学 理工学部 数学
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
情報処理学会  ACS論文誌編集委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本応用数理学会  論文誌編集委員
 
2014年6月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌査読委員
 
2011年6月
 - 
2014年5月
情報処理学会  論文誌編集委員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
情報処理学会  HPC研究会運営委員
 

論文

 
幸谷 智紀
2019 IEEE 26th Symposium on Computer Arithmetic (ARITH)   26 120-123   2019年6月   [査読有り]
Error-free transformation (EFT) has been recently applied to solve ill-conditioned problems. This transformation can reduce the number of arithmetic operations required compared to multiple precision arithmetic. In this study, we implement double-...
幸谷 智紀
JSIAM Letters   8 21-24   2016年5月   [査読有り]
It is well known that Strassen and Winograd algorithms can reduce the computational
costs associated with dense matrix multiplication. We have already shown
that they are also very effective for software-based multiple precision floating-point
ari...
Tomonori Kouya
JSIAM Letters   6 81-84   2014年10月   [査読有り]
The Strassen algorithm and Winograd's variant accelerate matrix
multiplication by using fewer arithmetic operations than standard matrix
multiplication. Although many papers have been published to accelerate single-
as well as double-precision mat...
幸谷智紀
応用数理   21(3) 197-206   2011年9月   [査読有り][招待有り]
BNCpack is a multiple precision numerical computation library built on the functions provided by MPFR/GMP which is currently fastest and the most reliable multiple precision floating-point arithmetic library. It can handle complex arithmetic, basi...
幸谷 智紀
日本応用数理学会論文誌   19(3) 313-328   2009年9月   [査読有り]
ButtariらはIEEE754単精度と倍精度計算を組み合わせた混合精度反復改良法を提案し,単精度計算が高速な計算環境では有用であることを示した.しかしこれは単精度計算でも十分な良条件問題に限られており,倍精度計算が必要な問題に対しては収束しないこともある.そこで我々は倍精度計算と多倍長計算を組み合わせて適用可能な問題の範囲を広げるとともに,より高精度な計算が高速に実行できることを示す.また,陰的Runge-Kutta法にも本解法が応用可能であり,高速化が可能であることも示す.

Misc

 
野村 恵美子, 菅沼 義昇, 幸谷 智紀, Emiko NOMURA, Yoshinori SUGANUMA, Tomonori KOUYA
静岡理工科大学紀要   26 117-123   2018年
幸谷 智紀, 桜木 俊ー, 服部 知美, 笠谷 祐史, 小栗 勝也, 飯倉 宏治, 青島 偉夫, 渡邊 慎也, Tomonori KOUYA, Shunichi SAKURAGI, Satomi HATTORI, Hirofumi KASATANI, Katsuya OGURI, Koji IIGURA, Hideo AOSHIMA, Shinya WATANABE
静岡理工科大学紀要 = The Bulletin of the Shizuoka Institute of Science and Technology   (25) 151-168   2018年1月
幸谷 智紀, Tomonori KOUYA
静岡理工科大学紀要 = The Bulletin of the Shizuoka Institute of Science and Technology   (25) 169-174   2018年1月
幸谷 智紀, 後藤 昭弘, 郡 武治, 吉川 尚子, 松永 理恵, 松田 健, 青島 偉夫, 深野 竹識, Tomonori KOUYA, Akihiro GOTO, Takeharu KOHRI, Naoko YOSHlKAWA, Rie MATSUNAGA, Takeshi MATSUDA, Hideo AOSHlMA, Takeshi FUKANO
静岡理工科大学紀要 = Bulletin of the Shizuoka Institute of Science and Technology   (24) 113-128   2017年1月
幸谷智紀
静岡理工科大学紀要   23 27-32   2015年6月

書籍等出版物

 
幸谷 智紀
森北出版   2016年12月   ISBN:4627848811
松田 健, 菅沼 義昇, 幸谷 智紀, 服部 知美, 中田 篤史 (担当:共著)
共立出版   2014年11月   ISBN:4320110986
Elena Nikolaevskaya, Alexandr Khimich, Tamara Chistyakova
Springer   2014年4月   ISBN:364243374X
幸谷 智紀, 國持 良行 (担当:共著)
森北出版   2011年4月   ISBN:4627052715
常微分方程式の数値解法I 基礎編(共訳)
丸善出版   2007年   ISBN:978-4621062821

講演・口頭発表等

 
幸谷智紀
情報処理学会研究報告(Web)   2019年7月17日   
幸谷智紀
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2018年9月3日   
芝田和聖, 幸谷智紀
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   
金原直也, 幸谷智紀
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   
青木一将, 幸谷智紀
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 大椙弘順
生物発生システムでは、多くの場合、各々の「対等な関係の細胞」の相互の情報交換により全体の自己組織化と再生が実現される。本研究はこの発生システムを単純化し、人工生命的な自己修復する新規工学システムの実現を図った。具体的には、複数の制御系と制御対象が連結して全体が成立つシステムで、どの制御系が故障あるいは破壊された場合でも、どの制御系にも成りうる「幹細胞的制御系」を導入することで、全体機能が自己修復するシステムをモデル化し、その実装を行った。前年度までの結果を発展させ、制御系3個、幹細胞的制御...
多倍長計算環境における常微分方程式の離散解法の数値的性質の研究
PC Clusterを用いた高性能かつ高精度な数値計算法に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2003年   
経験に基づく誤差評価法(古典的誤差評価法)を用いた任意精度数値計算アルゴリズムに関する研究
研究期間: 2006年   
既存の数値計算アルゴリズムやライブラリをそのまま使用し,そこで得られた近似値の誤差評価を,経験に基づく知見をベースに行い,ユーザが指定する任意の精度の近似値を求める手法を追求する。