若松 義雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/14 16:41
 
アバター
研究者氏名
若松 義雄
 
ワカマツ ヨシオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0236f46ccfcaaf94c57d597392e5503b.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 附属創生応用医学研究センター 脳神経科学コアセンター 発生発達神経科学分野
職名
准教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科 創生応用医学研究センター 准教授
 
2008年4月
 - 
2016年3月
東北大学大学院医学系研究科 創生応用医学研究センター 講師
 
1999年10月
 - 
2008年4月
東北大学大学院医学系研究科 講師
 
1997年4月
 - 
1999年9月
オレゴン大学神経科学研究所 研究員
 
1995年4月
 - 
1997年3月
オレゴン大学神経科学研究所 日本学術振興会海外特別研究員PD
 
1994年7月
 - 
1995年3月
オレゴン大学神経科学研究所 日本学術振興会特別研究員PD
 
1993年4月
 - 
1994年6月
大阪大学細胞生体工学センター 日本学術振興会特別研究員PD
 
1993年1月
 - 
1993年3月
大阪大学細胞生体工学センター 協力研究員
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年11月
名古屋大学 大学院理学研究科 分子生物学専攻
 
1984年4月
 - 
1988年3月
名古屋大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
日本発生生物学会  編集委員
 
2014年9月
   
 
日本発生生物学会夏季ワークショップ  パネリスト
 

受賞

 
2004年1月
東北大学医学部 東北大学医学部奨学賞金賞 神経系幹細胞の分化運命決定メカニズムの解析
 

論文

 
Shigetani Y, Wakamatsu Y, Tachibana T, Okabe M.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   477(4) 807-813   2016年9月   [査読有り]
Nomura T, Ohtaka-Maruyama C, Yamashita W, Wakamatsu Y, Murakami Y, Calegari F, Suzuki K, Gotoh H, Ono K.
Development   143(1) 66-74   2016年1月   [査読有り]
Suzuki T, Osumi N, Wakamatsu Y.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   467(4) 1103-1109   2015年11月   [査読有り]
Shida H, Mende M, Takano-Yamamoto T, Osumi N, Streit A, Wakamatsu Y.
Dev Dyn   244(7) 839-851   2015年6月   [査読有り]
J. Hatakeyama, Y. Wakamatsu, A. Nagafuchi, R. Kageyama, R. Shigemoto, K. Shimamura.
Development   141 1671-1682   2014年   [査読有り]
Y. Wakamatsu, T. Nomura, N. Osumi, K. Suzuki.
Evolution and Development   16 197-206   2014年   [査読有り]
Okada H, Suemitsu M, Kanno T, Tamamura R, Kuyama K, Murakami H, Kato T, Wakamatsu Y, Suzuki K.
Journal of Hard Tissue Biology   22 489-492   2013年   [査読有り]
Histological Features of the Submandibular Glands in the Gray Short-Tailed Opossums (Monodelphis domestica).
Okada H, Suemitsu M, Kanno T, Tamamura R, Nakada H, Sasaki Y, Kaneda T, Endoh M, Wakamatsu Y, Suzuki K.
Journal of Hard Tissue Biology   23 357-362   2013年   [査読有り]
Wakamatsu Y
Development, Growth & Differentiation   53(9) 994-1003   2011年12月   [査読有り]
Noro M. Yuguchi H. Tsuihiji T. Yonei-Tanura S. Yokoyama H. Wakamatsu Y. & Tamura K.
Developmental Dynamics   240 1639-1649   2011年8月   [査読有り][招待有り]
Wakamatsu Y Sakai D Suzuki T and Osumi N.
Developmental Dynamics   240(1) 149-161   2011年1月   [査読有り]
Suzuki T. Osumi N. and Wakamatsu Y
Developmental Biology   344(2) 658-668   2010年5月   [査読有り]
Yoshio Wakamatsu
Development, Growth & Differentiation   51(8) 707-714   2009年10月   [査読有り]
Nonomura K. Takahashi M. Wakamatsu Y. Takano-Yamamoto T. and Osumi N.
Journal of Anatomy   216(1) 80-91   2009年10月   [査読有り]
Wakamatsu Yoshio, Nakamura Noriko, Lee Ju-Ahng, Cole Gregory J, Osumi Noriko
Development   134(13) 2425-2433   2007年7月   [査読有り]
Suzuki Takashi, Sakai Daisuke, Osumi Noriko, Wada Hiroshi, Wakamatsu Yoshio
Dev Growth Differ   48(8) 477-486   2006年10月   [査読有り]
Sakai Daisuke, Suzuki Takashi, Osumi Noriko, Wakamatsu Yoshio
Development   133(7) 1323-1333   2006年4月   [査読有り]
Tomita Yuichi, Matsumura Keisuke, Wakamatsu Yoshio, Matsuzaki Yumi, Shibuya Isao, Kawaguchi Haruko, Ieda Masaki, Kanakubo Sachiko, Shimazaki Takuya, Ogawa Satoshi, Osumi Noriko, Okano Hideyuki, Fukuda Keiichi
J Cell Biol   170(7) 1135-1146   2005年9月   [査読有り]
Sakai Daisuke, Tanaka Yasuko, Endo Yukinori, Osumi Noriko, Okamoto Harumasa, Wakamatsu Yoshio
Dev Growth Differ   47(7) 471-482   2005年9月   [査読有り]
Matsuda Yoshimasa, Wakamatsu Yoshio, Kohyama Jun, Okano Hideyuki, Fukuda Kimiko, Yasugi Sadao
Development   132(12) 2783-2793   2005年6月   [査読有り]
Wakamatsu Yoshio, Osumi Noriko, Weston James A
Dev Biol   268(1) 162-173   2004年4月   [査読有り]
Wakamatsu Yoshio Endo Yukinori Osumi Noriko Weston James A.
Developmental Dynamics   229(1) 74-86   2004年1月   [査読有り]
Endo Yukinori, Osumi Noriko, Wakamatsu Yoshio
Dev Growth Differ   45(3) 241-248   2003年6月   [査読有り]
Bimodal functions of Notch-mediated signaling are involved in neural crest formation during avian ectoderm development.
Endo Yukinori, Osumi Noriko, Wakamatsu Yoshio
Development   129(4) 863-873   2002年2月   [査読有り]
Cell interactions within nascent neural crest cell populations transiently promote death of neurogenic precursors.
Maynard T M, Wakamatsu Y, Weston J A
Development   127(21) 4561-4572   2000年11月   [査読有り]
Fate determination of neural crest cells by NOTCH-mediated lateral inhibition and asymmetrical cell division during gangliogenesis.
Wakamatsu Y, Maynard T M, Weston J A
Development   127(13) 2811-2821   2000年7月   [査読有り]
Wakamatsu Y, Maynard T M, Jones S U, Weston J A
Neuron   23(1) 71-81   1999年5月   [査読有り]
Avian neural crest-derived neurogenic precursors undergo apoptosis on the lateral migration pathway.
Wakamatsu Y, Mochii M, Vogel K S, Weston J A
Development   125(21) 4205-4213   1998年11月   [査読有り]
Sequential expression and role of Hu RNA-binding proteins during neurogenesis.
Wakamatsu Y, Weston J A
Development   124(17) 3449-3460   1997年9月   [査読有り]
Regulation of the neural crest cell fate by N-myc: promotion of ventral migration and neuronal differentiation.
Wakamatsu Y, Watanabe Y, Nakamura H, Kondoh H
Development   124(10) 1953-1962   1997年5月   [査読有り]
Shoji H, Ito T, Wakamatsu Y, Hayasaka N, Ohsaki K, Oyanagi M, Kominami R, Kondoh H, Takahashi N
Mech Dev   56(1月2日) 25-39   1996年5月   [査読有り]
Avraham K B, Cho B C, Gilbert D, Fujii H, Okamoto K, Shimazaki T, Ito T, Shoji H, Wakamatsu Y, Kondoh H
Genomics   18(1) 131-133   1993年10月   [査読有り]
Tomotsune D, Shoji H, Wakamatsu Y, Kondoh H, Takahashi N
Nature   365(6441) 69-72   1993年9月   [査読有り]
Organization and expression of mouse Hox3 cluster genes.
Goto J, Miyabayashi T, Wakamatsu Y, Takahashi N, Muramatsu M
Mol Gen Genet   239(1月2日) 41-48   1993年5月   [査読有り]
Defects of embryonic organogenesis resulting from targeted disruption of the N-myc gene in the mouse.
Sawai S, Shimono A, Wakamatsu Y, Palmes C, Hanaoka K, Kondoh H
Development   117(4) 1445-1455   1993年4月   [査読有り]
Wakamatsu Y, Watanabe Y, Shimono A, Kondoh H
Neuron   10(1) 1-9   1993年1月   [査読有り]
Organization and expression of the chicken N-myc gene.
Sawai S, Kato K, Wakamatsu Y, Kondoh H
Mol Cell Biol   10(5) 2017-2026   1990年5月   [査読有り]

Misc

 
若松義雄、鈴木久仁博
生体の科学 特集「進化と発生からみた生命科学」   66 217-221   2015年
末梢神経系の発生、神経堤とプラコード
若松義雄
脳の発生学ーニューロンの誕生・分化・回路形成   157-169   2013年
神経堤細胞のEMTの制御 (細胞工学)
若松義雄
細胞工学   27(4) 332-336   2008年4月
神経堤細胞のEMT過程の制御 (細胞工学)
若松義雄
細胞工学   27(4) 332-336   2008年3月
Sakai Daisuke, Wakamatsu Yoshio
Cells Tissues Organs   179(1月2日) 24-35   2005年4月
Notchシグナル伝達の仕組みと役割 (実験医学増刊「シグナル伝達研究2005-'06」)
若松義雄
実験医学増刊「シグナル伝達研究2005-'06」   23(11) 68-75   2005年4月
神経堤形成のメカニズム (発生システムのダイナミクス」 蛋白質核酸酵素増刊)
酒井大輔, 若松義雄
発生システムのダイナミクス」 蛋白質核酸酵素増刊   50(6) 684-691   2005年4月
Wakamatsu Yoshio
Tohoku J Exp Med   203(4) 233-240   2004年8月
神経系幹細胞の非対称分裂 (東北医学雑誌)
若松義雄
東北医学雑誌   116(11) 47-49   2004年4月
中枢神経系の発生と発生異常 (小児外科)
中村典子, 若松義雄, 大隅典子
小児外科   3(35) 292-299   2003年4月
発生過程に見る神経堤細胞のふるまいとその制御 (「脳神経研究のフロンティア」実験医学増刊)
若松義雄
「脳神経研究のフロンティア」実験医学増刊   5(20) 715-722   2002年4月
神経堤細胞のボディプラン (「ボディープランと器官形成」現代化学増刊号)
若松義雄, 大隅典子
「ボディープランと器官形成」現代化学増刊号   39 28-39   2001年4月
脊椎動物神経発生における非対称分裂 (発生・神経研究の最前線2000」 実験医学増刊 )
若松義雄
発生・神経研究の最前線2000」 実験医学増刊   18(9) 1270-1275   2000年4月
脊椎動物の神経分化と非対称分裂:NumbによるNotchシグナル制御 (細胞工学)
若松義雄
細胞工学   18 1322-1323   1999年4月
「道違えし者には死を給わんー神経冠細胞の分化と移動経路や細胞死との関係」 (細胞工学)
若松義雄
細胞工学   16 263-268   1997年4月
Nーmyc遺伝子と神経冠細胞の分化 (最新医学)
近藤寿人, 若松義雄, 下野明彦
最新医学   51 18-24   1996年4月
Nーmyc発現が制御する神経冠からの神経分化 (実験医学増刊「発生・神経研究の最前線'96-'97」)
若松義雄, 近藤寿人
実験医学増刊「発生・神経研究の最前線'96-'97」   14 141-146   1996年4月

書籍等出版物

 
Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Programme, Imperial College Press
Esashi M Ishii K Ohuchi N Osumi N Sato M and Tamaguchi T ed. Suzuki T. Sakai D. Osumi N. and Wakamatsu Y. (担当:共著, 範囲:Expression of Sox9-interacting protein SC35/sfrs2 in avian embryos, 199-202)
Imperial College Press   2007年1月   
Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Programme
Esashi M Ishii K Ohuchi N Osumi N Sato M and Tamaguchi T ed. Nakamura N. Osumi N. and Wakamatsu Y. (担当:共著, 範囲:Time-lapse observation of neural epithelium cell behavior in slice culture, 145-150)
Imperial College Press   2007年1月   

講演・口頭発表等

 
Inhibitory signal on FGF-mediated Msx1 induction in the mandibular arch may contribute to the diversification of heterodont dentition among mammals.
Wakamatsu Y, Egawa S, Terashita Y, Osumi N, Kawasaki H, Tamura K, Suzuki K.
日本発生生物学会年会第50回大会   2018年6月   
Homeobox code in the jaw primordia of marsupial opossum (Monodelphis domestica) may represent the prototypical state for the heterodont dentition of mammals
Wakamatsu Y, Egawa S, Terashita Y, Osumi N, Kawasaki H, Tamura K, Suzuki K.
日本発生生物学会年会第49回大会   2017年6月   
有袋類における頭部神経堤のヘテロクロニー的発生メカニズム
若松 義雄
第27回日本色素細胞学会   2016年11月13日   
Recruitment of Sox9 to the neural border specification program in marsupial cranial neural crest development
Wakamatsu Y, Osumi N, Suzuki K.
日本発生生物学会年会第48回大会   2015年6月   
有袋類の頭部発生おけるヘテロクロニー的発生機構解明の試み
若松 義雄
4th Tokyo Vertebrate Morphology Meeting   2014年7月12日   
Delta1-expressing otic precursor cells migrate within the preplacodal epithelium to form the otic placode during avian embryonic development
Hiroko Shida, Takumi Kawaue, Noriko Osumi, Takaki Miyata
第47回日本発生生物学会   2014年5月   
ポスター発表とフラッシュトークの両方の形式でおこなった。
有袋類のヘテロクロニー的頭部発生の分子基盤
若松 義雄
秋の浅虫研究会ミニシンポ   2013年10月19日   
Involvement of Notch-mediated lateral inhibition and subsequent planar cell migration of Delta1-expressing cells in avian otic placode formation
Wakamatsu Y, Nomura T, Osumi N, Suzuki K.
17th International Congress of Developmental Biology   2013年6月16日   
Molecular mechanisms regulating heterochronic development of marsupial cranial neural crest
Y. Wakamatsu, T. Nomura, N. Osumi, K. Suzuki
第46回 日本発生生物学会   2013年5月28日   
ポスター発表とフラッシュトークの両方の形式でおこなった。
Involvement of Notch-mediated lateral inhibition and subsequent planar cell migration of Delta1-expressing cells in avian otic placode formation
Wakamatsu Y
7th Internaltional Chick meeting   2012年11月14日   
Involvement of Notch-mediated lateral inhibition and subsequent sorting of Delta1-expressing cells in avian otic placode development
Shida H, Osumi N, Wakamatsu Y
第64回日本細胞生物学会年会、第45回日本発生生物学会年会合同大会   2012年5月31日   
Comparative gene expression analysis of heterochronic development of marsupial cranial neural crest
Wakamatsu Y, Osumi N, Suzuki K
第64回日本細胞生物学会年会、第45回日本発生生物学会年会合同大会   2012年5月31日   
Regulation of Notch signaling through the adherens junction in neurogenesis amd somitegenesis
Hatakeyama J, Wakamatsu Y, Shigemoto R, Shimamura K
第64回日本細胞生物学会年会、第45回日本発生生物学会年会合同大会   2012年5月30日   
有袋類頭部神経堤のヘテロクロニー的発生機構
若松義雄
加齢研シンポジウム「発生生物学の適応放散」   2011年10月20日   
Mutual repression of Pax3 and Pax6 determines the lateral border of the trigeminal placode
Y. Wakamatsu
第34回日本神経科学大会   2011年9月14日   
The adherens junction serves as a switch for neurogenesis by facilitating Notch-Delta interaction in vertebrate
J. Hatakeyama, Y. Wakamatsu, R. Shigemoto, K. Shimamura
第34回日本神経科学大会   2011年9月14日   
Fatty acid binding protein (Fabp7) is involved in the maintenance of neural stem/progenitor cells, survival of neurons and maturation of astrocytes
R. Tashiro, N, Sakayori, M. Matsumata, Y. Owada, Y. Wakamatsu, N. Osumi
第34回日本神経科学大会   2011年9月14日   
Molecular basis for heterochronic development of marsupial cranial neural crest
Y. Wakamatsu, N. Osumi, K, Suzuki
第44回日本発生生物学会大会   2011年5月18日   
Regulatory roles of protein degradation in the neurral crest epithelial-mesenchymal transition
Yoshio Wakamatsu
Neuro2010   2010年9月2日   
Stability control of ATF4 protein is involved in the promotion of neural crest EMT
Wakamatsu, Y., Suzuki, T., Osumi, N.
2010SDB-JSDB Joint Meeting   2010年8月5日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 若松 義雄
(1) これまで、マウスSox9遺伝子の神経堤エンハンサー、及びその配列にオポッサム型の変異を入れたものを挿入したGFPレポーターを作成した。それらを鳥類胚に導入すると、マウス型エンハンサーが神経堤で活性化されるのに対し、オポッサム型では神経堤形成前の神経境界領域で活性化されることがわかっていた。オポッサム型には神経堤境界形成に関わるc-Mybの結合配列があり、c-Mybの共導入によりレポーターの異所的な活性化が見られている。昨年度、培養繊維芽細胞株においてc-Mybによるオポッサム型エン...
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 鈴木 久仁博
ほ乳類が単弓類から進化する過程では、顎の基部-先端部軸にそった領域特異的な特殊化がおきた。本研究では、顎原基におけるホメオボックス遺伝子群の発現を有袋類のオポッサム等複数の動物で比較し、その歯式との関連を調べた。その結果、Msx1、BarX1共発現領域から前臼歯が形成されることが示され、マウスの下顎原基ではこの領域が無いことがわかった。
また、ほ乳類の進化過程では顎関節を形成する骨が中耳骨に転用され、新たな顎関節が形成された。有袋類の発生過程で顎の進化過程が再現される可能性が示唆されていた...
科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物の内耳は外胚葉性上皮の肥厚である耳プラコードから形成される。本研究では、この耳プラコードがどのように形成されるのか、その過程におけるNotchシグナルの機能と関連遺伝子の発現動態、そして耳プラコード前駆細胞の動態を関連付けることによって理解することを目的とした。
結果1:耳プラコードが形成される領域の外胚葉性上皮においてNotchリガンドのDelta1とNotchシグナル下流因子Hes5-2が“ゴマシオ”状に一過的に発現し、かつその発現領域が胚の前方から後方にシフトするというダイナ...
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 若松 義雄
ほ乳類の中で有袋類は、有胎盤類と比べて未熟な状態で生まれ、保育嚢まで移動し、母乳で成長するために、前肢や顎等の器官が早く発生する。この発生様式の時間的変更メカニズムを明らかにするため、有袋類のオポッサムを用い、顎原基を形成する頭部神経堤細胞の発生について解析した。その結果、マウスやニワトリと比較して、Sox9遺伝子の頭部神経堤領域での発現が早くから始まり、かつ顎原基で継続することがわかった(Wakamatsu et al., 2014)。また、Sox9の神経堤エンハンサーに発見された有袋類...
脊椎動物における生殖細胞移動の普遍的原理を解明するための学際的研究展開
東北大学学際科学フロンティア研究所: 領域創成研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 斎藤 大介
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物の頭部感覚器の原基であるプラコードの個性決定をつかさどる分子メカニズムについて研究をおこなった。その結果、培養実験系を用いてFGFやBMPシグナルの関与について示したのに加え、鳥類胚においてPax3遺伝子とPax6遺伝子の相互発現抑制機構が三叉神経節プラコードの正常な発生に必要である事を明らかにした。
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 若松 義雄
これまでの研究で、細胞内因子Numbと中間径繊維タンパク質Transitinの複合体がニューロンの分化を制御していることを示した。この複合体は分裂期の初めに細胞表層の基底膜側に非対称に局在し、その後細胞の側方に輸送されて片方の娘細胞に不等分配されていた。また、このTransitin/Numb複合体の局在と側方輸送は、細胞表層のアクチン骨格とミオシン2によっておこなわれていた。
そこで、細胞表層のアクチンと細胞膜の仲介をする分子FilaminBに注目した。FilaminBはmRNA、タンパク...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物の神経発生において、神経幹細胞は非対称分裂をおこない、自己複製をしながら分化したニューロンを生み出すと考えられているが、分化を制御する細胞内因子が不等分配される例はNumbが唯一知られている。申請者のこれまでの研究から、Numbは中間径繊維蛋白質であるTransitinへ直接結合することにより、分裂期の初めに基底膜側に非対称に局在していることがわかっている。さらに、内在性のTransitinやNumbの局在を詳細に調べ、Transitin-GFPの動態をタイムラプス観察した結果、基...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 若松 義雄
神経堤細胞は脊椎動物にのみ見られる細胞集団で、神経外胚葉と表皮外胚葉の境界部に形成され、脱上皮化、移動の後にさまざまな組織の形成に関わっている。頭部神経堤は末しょう神経系や色素細胞などに加え、顎を含む頭部骨格の大部分を形成することから、脊椎動物の頭部形成に極めて大きな貢献をしている。これまでに、鳥類胚の頭部神経堤細胞の形成制御メカニズムについて解析をおこない、Notch、BMP、Wntといったシグナルがどのように頭部神経堤の形成に関与するのかについて明らかにしてきた。BMP、Wmtシグナル...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物の中枢神経系の発生において、Numbは神経幹細胞の分裂時に不等分配されることによって娘細胞の分化運命を制御していると考えられている。これまでに(1)中間径繊維蛋白質であるTransitinがNumbと同様に分裂期神経幹細胞の基底膜側に局在すること(2)TransitinがNumbに直接結合すること、(3)Transitinが基底膜側から側方に移動して不等分配されること等を示した。本年度NumbとTransitinの結合をこれまでFar Western法でなく、免疫沈降法でも確認した...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2001年4月 - 2005年3月    代表者: 渡邉 裕二
中脳での細胞増殖と神経分化にはたらく新規遺伝子としてprotogenin(プロトジェニン;以下pgn)を同定した。Pgnは免疫グロブリンスーパーファミリーに属し、4つのIgドメインと5つのFNIIIドメインを細胞細胞外領域に持つ膜分子である。その構造は軸索誘導因子netrinやRGMaの受容体であるDCCやneogeninに類似しており同じsubfamilyに属することから、Pgnも細胞外領域で他のタンパク質と相互作用すると考えられる。Pgnと類似した細胞外ドメイン(6つのIgドメインと4...
脊椎動物の神経幹細胞の分化と非対称分裂のプロセス
科学技術振興事業団: さきがけ21
研究期間: 2000年 - 2005年    代表者: 若松 義雄
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 若松 義雄
本研究に関してはこれまでに1.中間径フィラメントタンパク質であるTransitinがNumbと同様に分裂期神経幹細胞の細胞表層の基底膜側に局在すること2.TransitinがNumbに直接結合すること、3.Transitinの機能がNumbの非対称な細胞内局在に必要であること、4.Transitinが細胞分裂の終わりに基底膜側から側方に細胞表層を移動して不等分配されること等を明らかにしてきた。今年度はまず、Transitin-EGFPを導入した脳組織を脳室側からタイムラプス観察して、脳全体...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 若松 義雄
本研究は、神経堤形成メカニズムを明らかにし、生物種間での違いを比較することで、脊椎動物の進化過程で神経堤が獲得された過程を理解することを目指している。そのため、鳥類胚を材料に、神経堤で発現する転写制御因子のSlugに着目して解析を進めた。
単離したSlug遺伝子を含む25kbのゲノム断片のうち、エクソン1の上流0.8kbまでに転写活性があることを培養細胞株や胚への遺伝子導入により確認した。この中には、Wntシグナルの下流にあるLEF1やBMPシグナルの下流で働くSmadの結合配列、E-bo...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 若松 義雄
本研究に関してはこれまでに1.中間径フィラメントタンパク質であるTransitinがNumbと同様に分裂期神経幹細胞の細胞表層の基底膜側に局在すること、2.TransitinがNumbに直接結合すること、3.Transitinの機能がNumbの非対称な細胞内局在に必要であること、4.Transitinが細胞分裂の終わりに基底膜側から側方に細胞表層を移動しそ不等分配されること等を明らかにしてきた。今年度はまず、Transitin-EGFPを導入した脳組織を脳室側からタイムラプス観察して、脳全...
科学研究費補助金 特定領域研究
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物の神経系の発生過程において、神経幹細胞が非対称分裂によって多様なニューロンなどの分化した細胞を生み出す。この非対称分裂の過程で、NOTCHシグナル伝達経路の活性化を抑制するNUMBタンパク質が不等分配される。また、中間径フィラメント分子のTransitinが、分裂中に非対称に局在し、そしてその細胞内局在がNUMBと良く一致する。
本年度は、まずTransitinの機能について詳細に解析をおこなった。その結果、(1)TransitinはNUMBと直接結合すること、(2)Transit...
科学研究費補助金 特定領域研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 若松 義雄
本研究の主要課題のひとつは、非対称分裂のメカニズムについて理解を深めることにある。中間径繊維の一種であるTransitinはNumbとともに分裂中の神経系幹細胞で非対称に局在し、不等分配される。今年度の研究により、外来Transitin-GFPが内在性のTransitinと同様に非対称に局在できることがわかった。また、Transitinの断片を過剰発現することにより、Numbの非対称な細胞内局在が壊されることがわかった。このことは、TransitinがNumbの細胞内分布を制御していること...
科学研究費補助金 特定領域研究(C)
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 若松 義雄
鳥類胚の中枢神経系の発生過程において、Numbという細胞内因子が分裂中の神経上皮細胞で基底膜側に非対称に局在し、膜受容体であるNOTCH1の細胞内領域と相互作用して、そのニューロン分化抑制活性を抑えることがわかっている。また、神経堤細胞においてもNumbが不等分配される。過剰発現実験の結果などから、Numbを受け取った娘細胞はニューロンに分化し、受け取らなかった娘細胞はNotchの活性化によって未分化状態に留まると考えられる。
Numbはアミノ末端側にリン酸化チロシン結合領域、カルボキシ末...
科学研究費補助金 特定領域研究(A)
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 若松 義雄
神経堤細胞は神経細胞やグリア、色素細胞、頭部外胚葉性間葉等に分化する。本研究では、鳥類胚を用いて、外胚葉性間葉が頭部神経堤からのみ形成されるメカニズムを明らかにすることを目的とした。
頭部神経堤の形成を解析するために、予定頭部神経堤領域への外来遺伝子導入実験系を確立する必要があった。ウズラ胚をメンブレンに付着させる培養法を確立した。そして、予定神経堤領域に電気穿孔法による遺伝子導入を行い、レポーターのGFPが神経堤領域で発現しているのを確認した。
Notchシグナル伝達経路は多細胞生物の発...
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 大隅 典子
記憶、学習、情動といった脳の高次機能は、領域特異的な種々のニューロンとその間に複雑に張り巡らされた神経回路網によって担われており、脳の組織構築機構を統合的に理解することは、神経科学における最も重要な課題のひとつである。哺乳類における脳組織構築を分子レベルで解析するためには、領域特異的な分子をさらに探索するとともに、神経管が形成される胎生中期から後期の特定の時期に、特定の領域を標的として遺伝子操作を行い、胚発生をさらに進行させる新規技術の開発が不可欠であるといえる。そこで本研究では脳組織構築...
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 若松 義雄
脊椎動物に特有な細胞集団である神経堤細胞は、神経管の背側より胚体内を広範囲に移動し、末梢神経系や色素細胞、また頭部では軟骨などの間葉系の細胞を形成する。
申請者は、神経堤由来の細胞種のうちシュワン細胞の前駆細胞で特異的に発現する新規の遺伝子millipedeを単離した。この遺伝子はEGF様の繰り返し配列を5つ持つ分泌蛋白質をコードしてた。またこの遺伝子は非常に早期のシュワン細胞の前駆細胞に一過的に発現していた。
シュワン細胞で発現する遺伝子であるP0遺伝子のcDNAをウズラより単離した。P...
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 大隅 典子
高次脳機能の発現のためには、まず胎生期においてさまざまな性質を有する多数のニューロンが生み出され、正確に細胞体が配置され、軸索がそれぞれ特異的な領域へ投射することにより統合された回路を形成する必要がある。近年このような初期のニューロンの配置と回路形成が脳の分節的構築を基盤としていることが明らかになりつつある。脳の分節的構造は単に形態的な単位であるばかりでなく、多数の形態形成遺伝子やシグナル分子の発現領域にも一致することが報告されている。脳の領域特異的に発現する遺伝子の中で転写因子をコードす...

その他

 
2013年4月   脊椎動物における生殖細胞移動の普遍的原理を解明するための学際的研究展開
始原生殖細胞がその形成された場所から生殖巣まで移動していく様式について、鳥類、哺乳類、魚類で比較することにより、その背景にある共通メカニズムについて明らかにする。
2012年1月
脳科学辞典(項目名:Numb DOI:10.14931/bsd.1245)
2012年1月
脳科学辞典(項目名:上皮成長因子 DOI:10.14931/bsd.1411)
2012年1月
脳科学辞典(毛様体神経栄養因子 DOI:10.14931/bsd.1054)
2012年1月
脳科学辞典(項目名:グリア細胞株由来神経栄養因子 DOI:10.14931/bsd.1173)
2009年4月   ハイイロジネズミオポッサムの神経堤発生に関する研究
ハイイロジネズミオポッサムの神経堤発生のヘテロクロニーに関する基礎的研究
2000年10月   脊椎動物の神経幹細胞の分化と非対称分裂のプロセス
脊椎動物の神経幹細胞の分化と非対称分裂のプロセス