青木 正志

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/31 18:16
 
アバター
研究者氏名
青木 正志
 
アオキ マサシ
URL
http://www.neurol.med.tohoku.ac.jp/index.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 神経・感覚器病態学講座 神経内科学分野
職名
教授
学位
医学博士(東北大学)

プロフィール

私は筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめとした神経変性疾患や筋疾患の病態解明とその治療法の開発に取り組んでおります。東北大学神経内科では多発性硬化症、視神経脊髄炎などの神経免疫疾患やパーキンソン病などの神経変性疾患の病態解明を進めると共に、ALSに対するHGFおよび遠位型ミオパチーに対するアセノイラミン酸の治療法開発を医師主導治験として進めています。
神経内科では現在は治療が困難と思われている疾患においても、次々に新しい治療法が実用化されています。神経内科医であれば、認知症や脳卒中などのcommon diseaseを診ることは当然ですが、それに加えて、ALSや筋ジストロフィーなどの希少疾患に自信を持って対応できる力量を持ちたいと考えています。神経学的診察等の技術がある限り、たとえ人工知能(AI)が診療に導入されたとしても私たちの立場は揺るがないと思います。その一方で、今後益々需要が増える神経内科医が不足していることは明らかです。特に東北地方における医師不足、中でも神経内科医の不足は顕著であり、一人でも多くの神経内科医を増やしたい、というのが私の一番の目標です。

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本神経学会  理事
 
2017年11月
 - 
現在
日本脊髄障害医学会  理事
 
2015年11月
 - 
現在
日本神経治療学会  理事
 
2004年1月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  評議員
 
2002年5月
 - 
現在
日本神経学会  評議員
 

受賞

 
2010年7月
日本神経治療学会 平成21年度日本神経治療学会 学会賞
 
2010年1月
東北大学医学部 平成21年度東北大学医学部奨学賞(金賞)、坂田賞  筋萎縮性側索硬化症の病態の解明と新規治療法の開発
 
2002年1月
難病医学研究財団 平成13年度研究奨励助成金  変異Cu/Zn SOD遺伝子導入ラットの作製とALSに対する新しい治療法の開発
 
1999年4月
「生命の彩」ALS研究助成基金
 
1995年1月
東北大学医学部 平成6年度東北大学医学部奨学賞(銀賞)、坂田賞
 
1993年12月
東北脳血管障害懇話会 第14回医学奨励賞(中村隆賞)銀賞
 

論文

 
Fujimori K, Ishikawa M, Otomo A, Atsuta N, Nakamura R, Akiyama T, Hadano S, Aoki M, Saya H, Sobue G, Okano H
Nature medicine   24(10) 1579-1589   2018年10月   [査読有り]
Asato Y, Kamitani T, Ootsuka K, Kuramochi M, Nakanishi K, Shimada T, Takahashi T, Misu T, Aoki M, Fujihara K, Kawabata Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(20) 2981-2986   2018年10月   [査読有り]
Shijo T, Warita H, Suzuki N, Ikeda K, Mitsuzawa S, Akiyama T, Ono H, Nishiyama A, Izumi R, Kitajima Y, Aoki M
Experimental neurology   307 164-179   2018年9月   [査読有り]
Kaneko K, Sato DK, Nakashima I, Ogawa R, Akaishi T, Takai Y, Nishiyama S, Takahashi T, Misu T, Kuroda H, Tanaka S, Nomura K, Hashimoto Y, Callegaro D, Steinman L, Fujihara K, Aoki M
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   89(9) 927-936   2018年9月   [査読有り]
Akaishi T, Takahashi T, Nakashima I, Aoki M
The Tohoku journal of experimental medicine   246(1) 59-64   2018年9月   [査読有り]
Kawaguchi N, Izumi R, Kobayashi M, Tateyama M, Suzuki N, Fujishima F, Fujimori J, Aoki M, Nakashima I
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年8月   [査読有り]
Ando R, Iwaki H, Tsujii T, Nagai M, Nishikawa N, Yabe H, Aiba I, Hasegawa K, Tsuboi Y, Aoki M, Nakashima K, Nomoto M, Parkinson's Disease Safe Driving Study Group of Japan.
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(14) 1977-1982   2018年7月   [査読有り]
Ikenouchi H, Sugeno N, Nakamura T, Kobayashi J, Oshima R, Kuroda H, Aoki M
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   27(7) e117-e118   2018年7月   [査読有り]
Akaishi T, Takahashi T, Himori N, Takeshita T, Nakazawa T, Aoki M, Nakashima I
Journal of neuroimmunology   320 98-100   2018年7月   [査読有り]
Mitsuzawa S, Akiyama T, Nishiyama A, Suzuki N, Kato M, Warita H, Izumi R, Osana S, Koyama S, Kato T, Suzuki Y, Aoki M
eNeurologicalSci   11 20-22   2018年6月   [査読有り]
Imai T, Utsugisawa K, Murai H, Tsuda E, Nagane Y, Suzuki Y, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Akaishi T, Aoki M
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   89(5) 513-517   2018年5月   [査読有り]
Mitsui S, Otomo A, Nozaki M, Ono S, Sato K, Shirakawa R, Adachi H, Aoki M, Sobue G, Shang HF, Hadano S
Molecular brain   11(1) 30   2018年5月   [査読有り]
Tohnai G, Nakamura R, Sone J, Nakatochi M, Yokoi D, Katsuno M, Watanabe H, Watanabe H, Ito M, Li Y, Izumi Y, Morita M, Taniguchi A, Kano O, Oda M, Kuwabara S, Abe K, Aiba I, Okamoto K, Mizoguchi K, Hasegawa K, Aoki M, Hattori N, Onodera O, Naruse H, Mitsui J, Takahashi Y, Goto J, Ishiura H, Morishita S, Yoshimura J, Doi K, Tsuji S, Nakashima K, Kaji R, Atsuta N, Sobue G, Japanese Consortium for Amyotrophic Lateral Sclerosis Research (JaCALS).
Neurobiology of aging   64 158.e15-158.e19   2018年4月   [査読有り]
Kazuo Fujihara, Kazuo Fujihara, Kazuo Fujihara, Douglas K. Sato, Douglas K. Sato, Ichiro Nakashima, Ichiro Nakashima, Toshiyuki Takahashi, Toshiyuki Takahashi, Kimihiko Kaneko, Ryo Ogawa, Tetsuya Akaishi, Yuki Matsumoto, Yoshiki Takai, Shuhei Nishiyama, Hiroshi Kuroda, Tatsuro Misu, Tatsuro Misu, Masashi Aoki
Clinical and Experimental Neuroimmunology   9 48-55   2018年3月
© 2018 Japanese Society for Neuroimmunology Myelin oligodendrocyte glycoprotein (MOG) is localized at the outermost layer of the myelin sheath and is accessible for autoantibodies. Although experimental autoimmune encephalitis induced with MOG imm...
Yoshida S, Hasegawa T, Suzuki M, Sugeno N, Kobayashi J, Ueyama M, Fukuda M, Ido-Fujibayashi A, Sekiguchi K, Ezura M, Kikuchi A, Baba T, Takeda A, Mochizuki H, Nagai Y, Aoki M
Human molecular genetics   27(5) 823-836   2018年3月   [査読有り]
Imaizumi K, Fujimori K, Ishii S, Otomo A, Hosoi Y, Miyajima H, Warita H, Aoki M, Hadano S, Akamatsu W, Okano H
eNeuro   5(2)    2018年3月   [査読有り]
Shijo T, Warita H, Suzuki N, Kitajima Y, Ikeda K, Akiyama T, Ono H, Mitsuzawa S, Nishiyama A, Izumi R, Aoki M
Journal of neuroscience research   96(2) 222-233   2018年2月   [査読有り]
Nishiyama S, Misu T, Shishido-Hara Y, Nakamichi K, Saijo M, Takai Y, Takei K, Yamamoto N, Kuroda H, Saito R, Watanabe M, Tominaga T, Nakashima I, Fujihara K, Aoki M
Neurology(R) neuroimmunology & neuroinflammation   5(1) e415   2018年1月   [査読有り]
Akaishi T, Kaneko K, Himori N, Takeshita T, Takahashi T, Nakazawa T, Aoki M, Nakashima I
Journal of neuroimmunology   313 10-15   2017年12月   [査読有り]
Koji Abe, Masashi Aoki, Shoji Tsuji, Yasuto Itoyama, Gen Sobue, Masanori Togo, Masanori Togo, Chikuma Hamada, Hidenao Sasaki, Ichiro Yabe, Shizuki Doi, Hitoshi Warita, Takashi Imai, Hiroaki Ito, Mitsumasa Fukuchi, Etsuko Osumi, Manabu Wada, Imaharu Nakanoy, Mitsuya Morita, Katsuhisa Ogata, Yuichi Maruki, Kimiko Ito, Osamu Kano, Mineo Yamazaki, Yuji Takahashi, Hiroyuki Ishiura, Mieko Ogino, Ryoko Koike, Chiho Ishida, Tsuyoshi Uchiyama, Koichi Mizoguchi, Tomokazu Obi, Hirohisa Watanabe, Naoki Atsuta, Ikuko Aiba, Akira Taniguchi, Hideyuki Sawada, Takanori Hazama, Harutoshi Fujimura, Hirofumi Kusaka, Takenobu Kunieda, Hitoshi Kikuchi, Hidenori Matsuo, Hidetsugu Ueyama, Kazutoshi Uekawa, Masahiko Tanaka, Makoto Akimoto, Kazue Nakamura, Masaki Ueda, Kuniko Kotani, Hiroshi Matsui, Takatomo Yoneoka, Kazunori Morimoto, Kouichi Sasaki, Manabu Hirai, Aiko Murakami, Tomoko Natori, Rie Sumii, Hidetomo Terai, Takuya Kudou, Fumihiro Takahashi, Tomohisa Iwasaki, Kazuoki Kondo, Hiide Yoshino
Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration   18 55-63   2017年10月
© 2017 The Author(s). Published by Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. We aimed to explore the longer-term efficacy and safety of edaravone in an active-treatment extension period following the double-blind period of the secon...

Misc

 
井泉瑠美子, 鈴木直輝, 青木正志
月刊神経内科   89(5) 481‐488   2018年11月
青木 正志
医薬ジャーナル   54(7) 1631-1639   2018年7月
<文献概要>筋萎縮性側索硬化症(ALS)は,選択的な運動ニューロン死をきたす代表的な神経変性疾患である。人工呼吸器による呼吸管理を行わないと,発症後2〜5年で呼吸不全のために死亡にいたることが多く,ALSは神経疾患の中で最も過酷な疾患とされる。現在,ALSの治療薬として認可されているのはリルゾール内服およびエダラボン点滴のみであり,いずれを用いてもその進行を止めることはできない。現在,国内ではメチルコバラミンの大量療法,ペランパネルおよび肝細胞増殖因子(HGF)の3つの臨床試験が進められて...
割田仁, 青木正志
Clinical Neuroscience   36(3) 320‐324   2018年3月
青木 正志
遺伝子医学MOOK   (32) 161-167   2017年12月
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は選択的な運動ニューロン死をきたす代表的な神経変性疾患であり、神経難病の象徴的疾患とされている。私たちはALSラットに対してヒト型リコンビナント肝細胞増殖因子(HGF)タンパクの髄腔内持続投与を行うことにより、明確な治療効果を確認した。さらにマーモセットおよびカニクイザルに対するHGFタンパクの髄腔内持続投与による安全性(毒性)および薬物動態試験などの非臨床試験を行った。これらの結果に基づき東北大学病院においてALS患者に対する第I相試験が終了し、現在、大阪大学...
神経内科専門医育成の現状についてのアンケートの解析結果
園生 雅弘, 西山 和利, 安藤 哲朗, 進藤 克郎, 神田 隆, 青木 正志, 亀井 聡, 菊地 誠志, 楠 進, 鈴木 則宏, 祖父江 元, 中島 健二, 原 英夫, 平田 幸一, 水澤 英洋, 村井 弘之, 村田 美穂, 望月 秀樹, 高橋 良輔, 吉良 潤一
臨床神経学   57(7) 402-410   2017年7月
神経内科専門医育成の現状を明らかにすることは、神経内科の専門医制度をどう構築するかを考える上で重要である。日本神経学会神経内科専門医課題検討委員会では、全国の神経学会教育・准教育施設を対象に、専門医育成の現状についてのアンケート調査を行った。回答率は46.2%、大学病院本院からの回答率は87.5%であった。これにより5年間での全数の約8割と推測される専攻医905人の研修過程を明らかにし得た。87.8%の専攻医が初期研修終了直後の医師3年目より神経内科研修に専念していた。初期研修終了後の3年...
鈴木直輝, 井泉瑠美子, 加藤昌昭, 割田仁, 青木正志
Clinical Calcium   27(3) 429‐434   2017年2月
青木 正志
日本内科学会雑誌   105(10) 2055-2062   2016年10月
筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)は選択的な運動ニューロン変性を来たし,神経疾患の中でも最も過酷な疾患とされる.現在,認可されている治療薬は2剤のみであり,いずれを用いてもその進行を止めることはできない.早期に病因の解明と有効な治療法の確立が求められている.ALS発症者の約5%は家族内で発症がみられ,家族性ALSと呼ばれるが,1993年にその一部の原因遺伝子がCu/Zn superoxide dismutase(SOD1)であることが報...
縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーにおけるN-アセチルノイラミン酸の補充療法
青木 正志
臨床評価   43(2) 444-447   2016年1月
HGFを用いた筋萎縮性側索硬化症に対する治療法の開発
青木 正志
臨床評価   43(2) 426-428   2016年1月

書籍等出版物

 
鈴木則宏, 青木正志 (担当:編者)
中外医学社   2017年11月   ISBN:449822888X
筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン2013
編集 「筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン」作成委員会 (担当:共著)
南江堂   2013年12月   
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/als2013_index.html
青木正志, 内野誠 (担当:共著)
中外医学社   2013年5月   ISBN:4498228081
Alberstone Cary D., Benzel Edward C., Najm Imad M., Steinmetz Michael P., Kanasz Joseph, Norviel Michael, Rhoton Albert L. Jr., 青木 正志, 近藤 智善, 野元 正弘
丸善出版   2012年   ISBN:9784621086292
からだの科学265 神経内科の病気のすべて
鈴木則宏 ed. 青木正志 (担当:共著, 範囲:運動ニューロン疾患の分類と診断・治療, 108-111)
日本評論社   2010年5月   

講演・口頭発表等

 
FALS with FUS mutation in Japan with early onset, rapid progress and basophilic inclusion
Aoki M, Suzuki N, Warita H, Kato M, Mizuno H, Shimakura N, Akiyama T, Furuya H, Hokonohara T, Iwaki A, Togashi S, Konno H, Itoyama Y
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
Angiogenesis in the spinal cord of transgenic rats with motor neuron degeneration
Warita H, Aoki M, Mizuno H, Suzuki N, Itoyama Y
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
Prevalence of inclusion body myositis (IBM) in Japanese population
Suzuki N, Aoki M, Tateyama M, Izumi R, Akiyama T, Warita H, Itoyama Y, Mori, M Kusaka H, Higuchi I, Kondo T, Uchino M, Kaji R, Nishino I
12th International Congress on Neuromuscular Diseases   2010年7月17日   
SOD1変異による家族性ALS
青木正志
第51回日本神経学会総会   2010年5月21日   
FUS遺伝子異常に伴う筋萎縮性側索硬化症(ALS)
青木正志
第31回神経組織培養研究会   2010年3月13日   

Works

 
青木 正志   Webサービス   2017年
テルモ生命科学芸術財団

▼若い人たちにALSの根本的な治療・研究にチャレンジしてほしい。
青木 正志   Webサービス   2016年7月
研究者リレーエッセイ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する治療開発への挑戦
青木 正志   Webサービス   2014年
宮城県神経難病医療連携センターと宮城県では、厚生労働省西澤班からの支援を受け、東日本大震災の体験から普段の療養から自助力を高めて災害にも対応できるようなハンドブックを作成しました。
青木 正志   Webサービス   2013年8月
HGFによるALSおよび脊髄損傷に対する再生医療の開発
青木 正志   その他   2012年4月
青木 正志   Webサービス   2011年3月

特許

 
青木 正志, 菅野 新一郎, 鈴木 直輝, 小野 洋也
青木 正志, 糸山 泰人, 三好 一郎, 笠井 憲雪

社会貢献活動

 
[日本国内] 遠位型ミオパチー患者会
【その他】  2008年12月 - 現在
学術顧問
[日本国内] 財団法人 難病医学研究財団 難病情報センター情報企画委員
【その他】  2005年4月 - 現在
難病医学研究財団で運営している難病情報センターにおける情報提供の支援
【寄稿】  河北新報  2018年11月2日
【取材協力】  宇宙兄弟  せりか基金インタビュー  2018年5月17日
【インタビュイー】  東北大学病院臨床研究推進センター  2017年9月
ALS新薬の臨床試験開始へ 東北大、進行抑制を検証
【取材協力】  産経新聞、東京新聞、河北新報など  2017年5月13日
難病・ALS「進行遅らせる」薬・効果確かめる臨床試験開始
【インタビュイー】  テレビ朝日  報道ステーション  2017年5月13日
【講師】  日経健康セミナー21  2017年2月28日
筋肉が消えていく…”闘病ママ”の試練(遠位型ミオパチー)
【インタビュイー】  フジテレビ  スーパーニュース  2011年10月14日
筋疾患「遠位型ミオパチー」 世界初シアル酸投与治験
【取材協力】  河北新報  2010年10月31日

その他

 
2010年4月   遺伝学的手法における診断の効果的な実施体制に関する研究
遺伝子診断などにおける診断の効果的な実施体制に関する研究
2010年4月   縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーの治療効果最大化のための研究
縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーの治療効果を最大化するための研究を行なう
2010年4月   封入体筋炎(IBM)の臨床病理学的調査および診断基準の精度向上に関する研究
封入体筋炎(IBM)の臨床調査および診断基準の作成を行う
2009年10月   肝細胞増殖因子による筋萎縮性側索硬化症に対する新規治療法の開発
先端医療開発特区(スーパー特区)採択課題を加速する研究として肝細胞増殖因子による筋萎縮性側索硬化症に対する新規治療法の開発(臨床試験)を行う
2009年4月   中枢神経の再生医療のための先端医療開発特区
先端医療開発特区(スーパー特区)に対する設備整備費