吉田 真人

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/10 01:52
 
アバター
研究者氏名
吉田 真人
 
ヨシダ マサト
eメール
masatoriec.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cea5ac203b17d90d2d154abf84b6eed8.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 ブロードバンド工学研究部門 超高速光通信研究室
職名
助教
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
電子情報通信学会光ファイバ応用技術研究専門委員会  委員
 
2017年3月
 - 
2019年2月
電子情報通信学会超高速光エレクトロニクス研究専門委員会  委員
 
2008年4月
   
 
電子情報通信学会光通信システム研究専門委員会  委員
 

受賞

 
2018年6月
OECC2018 Best Paper Award Reverse Phase Modulation Technique for GAWBS Noise Error Floor Elimination in 1024 QAM-160 km Digital Coherent Transmission
受賞者: M. Yoshida, N. Takefushi, M. Terayama, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
 
2012年5月
電子情報通信学会 電子情報通信学会論文賞 QAM Digital Coherent Optical Transmission Using Raman Amplifiers
受賞者: M. Yoshida, S. Okamoto, T. Omiya, K. Kasai, and M. Nakazawa
 
2009年9月
電子情報通信学会 IEICE ELEX Best Paper Award Polarization and frequency division multiplexed 1 Gsymbol/s, 64 QAM coherent optical transmission with 8.6 bit/s/Hz spectral efficiency over 160 km
受賞者: H. Goto, M. Yoshida, T. Omiya, K. Kasai, and M. Nakazawa
 
2017年5月
みやぎ産業科学振興基金 研究奨励賞 高速大容量デジタルコヒーレント伝送に関する多大な貢献
 
2014年11月
International Wire & Cable Symposium, Inc International Wire & Cable Symposium, Inc, Jack Spergel Memorial Award Investigation of the Influence of Fusion Splice on Crosstalk Properties of Multicore Fiber
受賞者: M. Nakazawa, M. Yoshida
 

論文

 
Single-Channel 7.68 Tbit/s, 64 QAM Coherent Nyquist Pulse Transmission over 150 km with a Spectral Efficiency of 9.7 bit/s/Hz
K. Kimura, J. Nitta, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
OECC 2018   5B3-4   2018年7月   [査読有り]
50.4 Tbit/s, 128 QAM L-band WDM Injection Locked Coherent Transmission over 160 km with Spectral Efficiency of 10.5 bit/s/Hz
T. Kan, K. Kasai, M. Yosida, T. Hirooka, and M. Nakazawa
OECC 2018   5B3-3   2018年7月   [査読有り]
200 Gbit/s, 10 Gsymbol/s-1024 QAM Injection Locked Coherent Transmission over 160 km with a Pilot-Assisted Adaptive Equalizer
K. Kasai, Y. Wang, S. Okamoto, M. Yoshida, and M. Nakazawa
OECC 2018   4B1-4   2018年7月   [査読有り]
Reverse Phase Modulation Technique for GAWBS Noise Error Floor Elimination in 1024 QAM-160 km Digital Coherent Transmission
M. Yoshida, N. Takefushi, M. Terayama, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
OECC 2018   4B1-3   2018年7月   [査読有り]
Single-channel 7.68 Tbit/s, 64 QAM coherent Nyquist pulse transmission over 150 km with a spectral efficiency of 9.7 bit/s/Hz
K. Kimura, J. Nitta, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
Opt. Express   26(13) 17418-17428   2018年6月   [査読有り]
Single-channel 200 Gbit/s, 10 Gsymbol/s-1024 QAM injection-locked coherent transmission over 160 km with a pilot-assisted adaptive equalizer
Y. Wang, S. Okamoto, K. Kasai, M. Yoshida, and M. Nakazawa
Opt. Express   26(13) 17015-17024   2018年6月   [査読有り]
Observation of guided acoustic-wave Brillouin scattering noise and its compensation in digital coherent optical fiber transmission
M. Nakazawa, M. Yoshida, M. Terayama, S. Okamoto, K. Kasai, and T. Hirooka
Opt. Express   26(7) 9165-9181   2018年4月   [査読有り]
Secure Transmission using QAM Quantum Noise Stream Cipher with Continuous Variable QKD
M. Nakazawa, M. Yoshida, and T. Hirano
Optical Fiber Communication Conference (OFC 2018)   Th3E.2   2018年3月   [査読有り]
4096 QAM (72 Gbit/s) Single-Carrier Coherent Optical Transmission with a Potential SE of 15.8 bit/s/Hz in All-Raman Amplified 160 km Fiber Link
M. Terayama, S. Okamoto, K. Kasai, M. Yoshida, and M. Nakazawa
Optical Fiber Communication Conference (OFC 2018)   Th1F.2   2018年3月   [査読有り]
Experimental and Numerical Comparison of Probabilistically-Shaped 4096 QAM and Uniformly-Shaped 1024 QAM in All-Raman Amplified 160 km Transmission
S. Okamoto, M. Terayama, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
Optical Fiber Communication Conference (OFC 2018)   M3C.5   2018年3月   [査読有り]
Injection-locked Homodyne Detection for Higher-order QAM Transmission
K. Kasai, M. Yoshida, T. Hirooka, and M. Nakazawa
Optical Fiber Communication Conference (OFC 2018)   M4G.1   2018年3月   [査読有り]
Observation of Guided Acoustic-Wave Brillouin Scattering and its Digital Compensation in Coherent QAM Transmission
M. Nakazawa, M. Terayama, S. Okamoto, M. Yoshida, K. Kasai, and T. Hirooka
Optical Fiber Communication Conference (OFC 2018)   M4B.2   2018年3月   [査読有り]
D. Soma, Y. Wakayama, S. Beppu, S. Sumita, T. Tsuritani, T. Hayashi, T. Nagashima, M. Suzuki, M. Yoshida, K. Kasai, M. Nakazawa, H. Takahashi, K. Igarashi, I. Morita, and M. Suzuki
J. Lightwave Technol.   36(6) 1362-1368   2018年3月   [査読有り]
Experimental and numerical comparison of probabilistically shaped 4096 QAM and a uniformly shaped 1024 QAM in all-Raman amplified 160 km transmission
S. Okamoto, M. Terayama, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
Opt. Express   26(3) 3535-3543   2018年2月   [査読有り]
K. Harako, M. Yoshida, T. Hirooka, and M. Nakazawa
IEICE Electron. Express   14(18) 20170829   2017年10月   [査読有り]
K. Kasai, T. Hirooka, M. Yoshida, M. Nakazawa, M. Shiraiwa, Y. Awaji, and N. Wada
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   P1.SC4.61   2017年9月   [査読有り]
K. Kasai, Y. Wang, M. Yoshida, T. Hirooka, K. Iwatsuki, and M. Nakazawa
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   Th.1.B.5   2017年9月   [査読有り]
K. Kimura, J. Nitta, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   M.1.F.2   2017年9月   [査読有り]
42.3 Tbit/s, 18 Gbaud 64 QAM WDM coherent transmission over 160 km in the C-band using an injection-locked homodyne receiver with a spectral efficiency of 9 bit/s/Hz
T. Kan, K. Kasai, M. Yoshida, and M. Nakazawa
Opt. Express   25(19) 22726-22737   2017年9月   [査読有り]
1024 QAM Coherent Optical Transmission In 31 Km-long, 19-core Fiber With Low Crosstalk And Large Effective Area
M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, M. Nakazawa, K. Imamura, and R. Sugizaki
Opto-Electronics and Communications Conference (OECC 2017)   3-1K-2   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
光ファイバーネットワークを利用した地殻変動および津波計測
中沢正隆, 吉田真人, 葛西恵介
光技術コンタクト      2016年12月

競争的資金等の研究課題

 
光ファイバ計測に関する研究
研究期間: 2011年7月 - 現在
コヒーレント光伝送に関する研究
研究期間: 2005年4月 - 現在
フォトニック結晶ファイバならびに新機能性光ファイバの研究
研究期間: 2001年4月 - 現在
超短パルスモード同期レーザと周波数標準・光マイクロ波領域への応用
研究期間: 2001年4月 - 現在
超高速光ソリトン伝送・非線形光学効果に関する研究
研究期間: 2001年4月 - 現在

特許

 
特開2001-228054 : 偏波モード分散測定装置および偏波モード分散測定方法に関する研究(特許)
伊藤 弘昌、吉田 真人、宮本 敏行、中村 孝一郎
特開2001-267667 : 周波数シフト帰還型モード同期レーザ及び周波数シフト帰還型再生モード同期レーザ
中沢正隆, 伊藤弘昌, 吉田真人
特開2001-267667 : 周波数シフト帰還型モード同期レーザ及び周波数シフト帰還型再生モード同期レーザの研究(特許)
中沢 正隆、伊藤 弘昌、吉田 真人
特開2001-228053 : 群速度分散測定装置および群速度分散測定方法に関する研究(特許)

その他

 
2015年4月   第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発
本プロジェクトでは、光張り出し方式で構成される無線アクセスネットワークにおいて、将来の広帯域化(数10 Gbps以上)、高効率収容に向けた長延化を実現するため、デジタルコヒーレント方式による超広帯域モバイルフロントホール伝送技術を確立する。
2013年9月   革新的光ファイバの実用化に向けた研究開発
本プロジェクトでは、KDDI、住友電工、古河電工と共同で、マルチコアファイバの低コスト・大量生産ファイバ製造技術、ならびに、多心ケーブル化を念頭においた高信頼・高精度ファイバ製造技術を確立するとともに、それらファイバの評価技術を実現し、ペタビット伝送性能を有するマルチコアファイバの実用化を推進させる。また、マルチコアファイバにモード多重技術を融合させ、モード多重マルチコアファイバおよびその評価・伝送技術を検討する。東北大学では、ファイバ製造メーカが作製したファイバの評価を担当し、その評価結果を製造プロセスにフィードバックすることでファイバの性能改善を図る。
2011年9月   セキュアフォトニックネットワーク技術の研究開発
本プロジェクトでは、学習院大学と共同で実用的な性能を有する連続量量子鍵配送技術と、基幹回線にも対応しうる長距離・大容量性に優れた光秘匿通信技術を開発している。東北大学は、光秘匿通信技術の開発を担当し、直交振幅変調光伝送技術とストリーム暗号技術を組み合わせ、量子雑音を利用した安全性の高い40 Gbps級の光ファイバ伝送技術による2次元暗号伝送を世界に先駆けて開発する。
2011年9月   革新的光通信インフラの研究開発
将来の大容量伝送に対応するために、複数のコアを有するマルチコア光ファイバが次世代の光伝送路として世界中で注目を浴びている。本プロジェクトでは、古河電工社と東北学院大学との共同で、そのマルチコア光ファイバ伝送に不可欠なマルチコア光増幅器を開発する。東北大学は、古河電工社が作製したマルチコア光増幅ファイバならびに光増幅器の光学特性の評価を担当し、その評価結果を古河電工社の製造プロセスにフィードバックすることで光増幅器の性能改善を図る。
2010年9月   革新的光ファイバ技術に関する研究開発
将来の大容量伝送に対応するために、複数のコアを有するマルチコア光ファイバが次世代の光伝送路として世界中で注目を浴びている。本プロジェクトでは、古河電工社と共同で高性能なマルチコア光ファイバを開発する。東北大学は、マルチコア光ファイバの光学特性の評価を担当し、その評価結果を古河電工社の製造プロセスにフィードバックすることでファイバの性能改善を図る。