田中 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 11/04/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
田中 秀樹
 
タナカ ヒデキ
URL
http://www.hirokoku-u.ac.jp/japanese/gakubu/ningen_kankyo/
所属
広島国際大学
部署
心理科学部 臨床心理学科 精神生理学研究室
職名
助教授,国立精神・神経センター 精神保健研究所 老人精神保健部 客員研究員,教授
学位
博士(学術)(広島大学)

研究分野

 

経歴

 
1995年
   
 
広島大学 総合科学部 ティーチングアシスタント (平成8年9月まで)
 
1997年
   
 
広島大学 総合科学部 助手 (平成10年3月まで)
 
1997年
   
 
広島大学 生物圏科学研究科 助手 (平成10年3月まで)
 
1998年
   
 
日本学術振興会 特別研究員PD (研究機関 ; 広島大学総合科学部)
 
 
   
 
(派遣研究員として国立精神・神経センター精神保健研究所
 

学歴

 
 
 - 
1997年
広島大学 生物圏科学研究科 人間環境学
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本睡眠学会  評議員
 

受賞

 
2000年
日本生理心理学会優秀論文賞
 
2004年
日本心理学会優秀論文選考委員会特別賞
 
2008年
国際行動医学会優秀poster abstruct 賞
 

Misc

 
睡眠と健康,生涯健康への道程-長寿県沖縄からの提言
琉球大学編   92-104   1998年
入眠期脳波の頭皮上分布とその構造の分析.
脳波と筋電図   23(1) 49-58   1995年
高齢者の意欲的なライフスタイルと睡眠生活習慣についての検討.
老年精神医学雑誌   7(12) 1345-1350   1996年
コヒーレンス分析による入眠期徐波成分の頭皮上分布特徴の検討.
脳波と筋電図   25(1) 44-51   1997年
生理心理学と精神生理学   15 53-60   1997年

書籍等出版物

 
睡眠とメンタルヘルス(分担)思春期と睡眠-生活習慣と睡眠、不登校-
ゆまに書房   2006年   
これから始める臨床心理学(編著分担)
昭和堂   2002年   
介護ハンドブック(分担):快適睡眠と生活習慣病、痴呆予防,~眠りを楽しみ、豊かな熟年期を過ごすためのライフスタイルと地域活動!~
関西看護出版   2002年   
眠りたいのに眠れない(分担)高齢社会の睡眠
昭和堂   2001年   
一般医のための睡眠臨床ガイドブック(分担)
医学書院   2001年   

講演・口頭発表等

 
田中秀樹, 眠りのしくみと脳と心身の健康― 市民公開講座 「上手な休養とこころの健康」,
日本行動療法学会第31回大会   2005年   
子供の能力発揮・メンタルヘルスのために「眠り・生活習慣」を見直す,シンポジウム「子どもの眠りが危ない」
第30回日本睡眠学会   2005年   
香気成分セドロールを用いたスリープマネジメントが精神健康・肌健康へ与える効果
第30回日本睡眠学会   2005年   
入眠と心臓自律神経活動及び体温の時系列的関連についての検討
第30回日本睡眠学会   2005年   
高校1年生におけるライフスタイルと心身健康の関連性
第30回日本睡眠学会   2005年   

Works

 
不眠高齢者に対する短時間昼寝・軽運動による生活指導介入に関する研究-在宅高齢者における活動量測定による検証-
1999年
睡眠確保からの脳と心身のヘルス・プロモーション
2002年
学校現場におけるスリープマネージメント・ストレスマネージメント
2002年
高齢者の睡眠健康と心身の健康、ライフスタイル
1999年 - 2001年
睡眠健康の発達的研究
1999年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
高齢者の睡眠健康と心身の健康、ライフスタイル
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2005年
睡眠健康と睡眠環境
共同研究
研究期間: 2003年 - 2005年
覚醒ー睡眠移行期における脳波活動の空間的時間的変動特性の研究
その他の研究制度
研究期間: 1996年 - 2004年
子供の睡眠健康と脳・心身の健康・生体リズム
共同研究
研究期間: 2002年 - 2007年
睡眠とリスクマネージメント