ISHIMARU Naozumi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2018 at 22:06
 
Avatar
Name
ISHIMARU Naozumi
Affiliation
The University of Tokushima
Section
Institute of Health Biosciences The University of Tokushima Graduate School, Department of Oral Molecular Pathology
Degree
Ph.D.(The University of Tokushima)
ORCID ID
0000-0003-1087-8338

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
University
 
 
   
 
University
 
 
   
 
Dentistry
 
1998
 - 
1999
Dental Resident, Dental Hospital, Tokushima
 
1999
 - 
2002
Research Associate, Dental Hospital, Tokushima
 
2002
   
 
Research Associate, Tokushima University, School of
 

Education

 
 
 - 
1994
Faculty of Dentistry, The University of Tokushima
 
 
 - 
1998
Graduate School, Division of Dental Research, The University of Tokushima
 

Published Papers

 
Aota K, Kani K, Yamanoi T, Nakashiro KI, Ishimaru N, Azuma M
Inflammation   41(4) 1172-1181   Aug 2018   [Refereed]
Aota K, Yamanoi T, Kani K, Nakashiro KI, Ishimaru N, Azuma M
Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology   47(7) 710-718   Aug 2018   [Refereed]
Siriwardena SBSM, Tsunematsu T, Qi G, Ishimaru N, Kudo Y
International journal of molecular sciences   19(5)    May 2018   [Refereed]
Utaijaratrasmi P, Vaeteewoottacharn K, Tsunematsu T, Jamjantra P, Wongkham S, Pairojkul C, Khuntikeo N, Ishimaru N, Sirivatanauksorn Y, Pongpaibul A, Thuwajit P, Thuwajit C, Kudo Y
Molecular cancer   17(1) 10   Jan 2018   [Refereed]
Ushio A, Arakaki R, Otsuka K, Yamada A, Tsunematsu T, Kudo Y, Aota K, Azuma M, Ishimaru N
Frontiers in immunology   9 2594   2018   [Refereed]
Otsuka K, Yamada K, Taquahashi Y, Arakaki R, Ushio A, Saito M, Yamada A, Tsunematsu T, Kudo Y, Kanno J, Ishimaru N
PloS one   13(10) e0205702   2018   [Refereed]
Qi G, Liu J, Mi S, Tsunematsu T, Jin S, Shao W, Liu T, Ishimaru N, Tang B, Kudo Y
Current topics in medicinal chemistry   18(3) 199-213   2018   [Refereed]
Kurosawa M, Arakaki R, Yamada A, Tsunematsu T, Kudo Y, Sprent J, Ishimaru N
Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   69(11) 2193-2202   Nov 2017   [Refereed]
Tada H, Fujiwara N, Tsunematsu T, Tada Y, Arakaki R, Tamaki N, Ishimaru N, Kudo Y
Clinical and experimental dental research   3(5) 198-203   Oct 2017   [Refereed]
Kozai M, Kubo Y, Katakai T, Kondo H, Kiyonari H, Schaeuble K, Luther SA, Ishimaru N, Ohigashi I, Takahama Y
The Journal of experimental medicine   214(7) 1925-1935   Jul 2017   [Refereed]
Kujiraoka S, Tsunematsu T, Sato Y, Yoshida M, Ishikawa A, Tohyama R, Tanaka M, Kobayashi Y, Kondo T, Ushio A, Otsuka K, Kurosawa M, Saito M, Yamada A, Arakaki R, Nagai H, Nikai H, Takeuchi K, Nagao T, Miyamoto Y, Ishimaru N, Kudo Y
Oral oncology   69 46-55   Jun 2017   [Refereed]
Ushio A, Arakaki R, Eguchi H, Hotta F, Yamada A, Kudo Y, Ishimaru N
International journal of molecular sciences   18(6)    Jun 2017   [Refereed]
Shikama Y, Kudo Y, Ishimaru N, Funaki M
International journal of molecular sciences   18(4)    Apr 2017   [Refereed]
Unique Phenotypes and Functions of Follicular Helper T Cell and Regulatory T Cell in Sjögren's Syndrome.
Saito M, Otsuka K, Ushio A, Yamada A, Arakaki R, Kudo Y, Ishimaru N
Current rheumatology reviews      Jan 2017   [Refereed]
Yamada A, Arakaki R, Saito M, Kudo Y, Ishimaru N
Frontiers in immunology   8 403   2017   [Refereed]
[Oral immune system and oral immune disorder.]
Ishimaru N
Clinical calcium   27(10) 1363-1368   2017   [Refereed]
Izawa T, Arakaki R, Mori H, Tsunematsu T, Kudo Y, Tanaka E, Ishimaru N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   197(12) 4639-4650   Dec 2016   [Refereed]
Tsunematsu T, Fujiwara N, Yoshida M, Takayama Y, Kujiraoka S, Qi G, Kitagawa M, Kondo T, Yamada A, Arakaki R, Miyauchi M, Ogawa I, Abiko Y, Nikawa H, Murakami S, Takata T, Ishimaru N, Kudo Y
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   96(10) 1063-1075   Oct 2016   [Refereed]
Kondo T, Tsunematsu T, Yamada A, Arakaki R, Saito M, Otsuka K, Kujiraoka S, Ushio A, Kurosawa M, Kudo Y, Ishimaru N
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   96(4) 468-480   Apr 2016   [Refereed]
Qi G, Kudo Y, Tang B, Liu T, Jin S, Liu J, Zuo X, Mi S, Shao W, Ma X, Tsunematsu T, Ishimaru N, Zeng S, Tatsuka M, Shimamoto F
Oncotarget   7(14) 18812-18824   Apr 2016   [Refereed]
Saito M, Arakaki R, Yamada A, Tsunematsu T, Kudo Y, Ishimaru N
International journal of molecular sciences   17(2)    Feb 2016   [Refereed]
Yamada A, Arakaki R, Saito M, Tsunematsu T, Kudo Y, Ishimaru N
World journal of gastroenterology   22(7) 2195-2205   Feb 2016   [Refereed]
Sugawara C, Takahashi A, Kawano F, Kudo Y, Ishimaru N, Miyamoto Y
Dento maxillo facial radiology   45(5) 20150362   2016   [Refereed]
Kudo Y, Tada H, Fujiwara N, Tada Y, Tsunematsu T, Miyake Y, Ishimaru N
Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society   38 13   2016   [Refereed]
Shikama Y, Kudo Y, Ishimaru N, Funaki M
Journal of cellular physiology   230(12) 2981-2989   Dec 2015   [Refereed]
Yamada A, Ushio A, Arakaki R, Tsunematsu T, Kudo Y, Hayashi Y, Ishimaru N
The American journal of pathology   185(11) 2886-2897   Nov 2015   [Refereed]
Sano T, Iwashita M, Nagayasu S, Yamashita A, Shinjo T, Hashikata A, Asano T, Kushiyama A, Ishimaru N, Takahama Y, Nishimura F
Obesity (Silver Spring, Md.)   23(7) 1460-1471   Jul 2015   [Refereed]
Yamano T, Nedjic J, Hinterberger M, Steinert M, Koser S, Pinto S, Gerdes N, Lutgens E, Ishimaru N, Busslinger M, Brors B, Kyewski B, Klein L
Immunity   42(6) 1048-1061   Jun 2015   [Refereed]
Islam MN, Itoh S, Yanagita T, Sumiyoshi K, Hayano S, Kuremoto K, Kurosaka H, Honjo T, Kawanabe N, Kamioka H, Sakai T, Ishimaru N, Taniuchi I, Yamashiro T
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   244(3) 488-496   Mar 2015   [Refereed]
Iwasa A, Arakaki R, Honma N, Ushio A, Yamada A, Kondo T, Kurosawa E, Kujiraoka S, Tsunematsu T, Kudo Y, Tanaka E, Yoshimura N, Harada N, Hayashi Y, Ishimaru N
The American journal of pathology   185(1) 151-161   Jan 2015   [Refereed]
Sugawara C, Takahashi A, Kawano F, Kudoh T, Yamada A, Ishimaru N, Hara K, Miyamoto Y
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   119(1) e41-8   Jan 2015   [Refereed]
Tsunematsu T, Arakaki R, Yamada A, Ishimaru N, Kudo Y
Frontiers in oncology   5 187   2015   [Refereed]
Ashrin MN, Arakaki R, Yamada A, Kondo T, Kurosawa M, Kudo Y, Watanabe M, Ichikawa T, Hayashi Y, Ishimaru N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   192(9) 4025-4031   May 2014   [Refereed]
Yano K, Carter C, Yoshida N, Abe T, Yamada A, Nitta T, Ishimaru N, Takada K, Butcher GW, Takahama Y
European journal of immunology   44(2) 561-572   Feb 2014   [Refereed]
Iizuka S, Ishimaru N, Kudo Y
Cancers   6(1) 396-415   Feb 2014   [Refereed]
Arakaki R, Eguchi H, Yamada A, Kudo Y, Iwasa A, Enkhmaa T, Hotta F, Mitamura-Aizawa S, Mitamura Y, Hayashi Y, Ishimaru N
PloS one   9(5) e98390   2014   [Refereed]
Arakaki R, Yamada A, Kudo Y, Hayashi Y, Ishimaru N
Critical reviews in immunology   34(4) 301-314   2014   [Refereed]
Shimizu N, Nakajima NI, Tsunematsu T, Ogawa I, Kawai H, Hirayama R, Fujimori A, Yamada A, Okayasu R, Ishimaru N, Takata T, Kudo Y
The Journal of biological chemistry   288(24) 17238-17252   Jun 2013   [Refereed]
Yamada A, Arakaki R, Kudo Y, Ishimaru N
Expert opinion on therapeutic targets   17(4) 393-401   Apr 2013   [Refereed]
Oura R, Arakaki R, Yamada A, Kudo Y, Tanaka E, Hayashi Y, Ishimaru N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190(2) 578-585   Jan 2013   [Refereed]
Tsunematsu T, Takihara Y, Ishimaru N, Pagano M, Takata T, Kudo Y
Nature communications   4 1885   2013   [Refereed]
Kawakami E, Kawai N, Kinouchi N, Mori H, Ohsawa Y, Ishimaru N, Sunada Y, Noji S, Tanaka E
PloS one   8(5) e64719   2013   [Refereed]
Kudo Y, Iizuka S, Yoshida M, Tsunematsu T, Kondo T, Subarnbhesaj A, Deraz EM, Siriwardena SB, Tahara H, Ishimaru N, Ogawa I, Takata T
The Journal of biological chemistry   287(46) 38716-38728   Nov 2012   [Refereed]
Sugawara C, Takahashi A, Kubo M, Otsuka H, Ishimaru N, Miyamoto Y, Honda E
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   114(4) 516-525   Oct 2012   [Refereed]
Ishimaru N, Yamada A, Nitta T, Arakaki R, Lipp M, Takahama Y, Hayashi Y
The American journal of pathology   180(1) 199-208   Jan 2012   [Refereed]
Kudo Y, Iizuka S, Yoshida M, Nguyen PT, Siriwardena SB, Tsunematsu T, Ohbayashi M, Ando T, Hatakeyama D, Shibata T, Koizumi K, Maeda M, Ishimaru N, Ogawa I, Takata T
PloS one   7(8) e44488   2012   [Refereed]
Izawa T, Kondo T, Kurosawa M, Oura R, Matsumoto K, Tanaka E, Yamada A, Arakaki R, Kudo Y, Hayashi Y, Ishimaru N
PloS one   7(12) e48798   2012   [Refereed]
[II. Autoimmune disease: 5. Sjögren's syndrome].
Hayashi Y, Arakaki R, Ishimaru N
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   100(5) 1262-1268   May 2011   [Refereed]
Watanabe M, Ishimaru N, Ashrin MN, Arakaki R, Yamada A, Ichikawa T, Hayashi Y
PloS one   6(4) e19017   Apr 2011   [Refereed]
Yamano T, Watanabe S, Hasegawa H, Suzuki T, Abe R, Tahara H, Nitta T, Ishimaru N, Sprent J, Kishimoto H
Blood   117(9) 2640-2648   Mar 2011   [Refereed]
Lei Y, Ripen AM, Ishimaru N, Ohigashi I, Nagasawa T, Jeker LT, Bösl MR, Holländer GA, Hayashi Y, Malefyt Rde W, Nitta T, Takahama Y
The Journal of experimental medicine   208(2) 383-394   Feb 2011   [Refereed]
Kawakami E, Kinouchi N, Adachi T, Ohsawa Y, Ishimaru N, Ohuchi H, Sunada Y, Hayashi Y, Tanaka E, Noji S
Development, growth & differentiation   53(1) 48-54   Jan 2011   [Refereed]
Adachi T, Kawakami E, Ishimaru N, Ochiya T, Hayashi Y, Ohuchi H, Tanihara M, Tanaka E, Noji S
Development, growth & differentiation   52(8) 693-699   Oct 2010   [Refereed]
Yamada A, Ishimaru N, Arakaki R, Katunuma N, Hayashi Y
PloS one   5(9) e12894   Sep 2010   [Refereed]
Arakaki R, Ishimaru N, Hayashi Y
Immunotherapy   2(3) 339-346   May 2010   [Refereed]
Sakai T, Liu L, Teng X, Ishimaru N, Mukai-Sakai R, Tran NH, Kim SM, Sano N, Hayashi Y, Kaji R, Fukui K
International journal of cancer   126(5) 1079-1094   Mar 2010   [Refereed]
Nitta T, Murata S, Sasaki K, Fujii H, Ripen AM, Ishimaru N, Koyasu S, Tanaka K, Takahama Y
Immunity   32(1) 29-40   Jan 2010   [Refereed]
Ishimaru N, Nitta T, Arakaki R, Yamada A, Lipp M, Takahama Y, Hayashi Y
PloS one   5(1) e8588   Jan 2010   [Refereed]
Iwata T, Kuwajima M, Sukeno A, Ishimaru N, Hayashi Y, Wabitsch M, Mizusawa N, Itakura M, Yoshimoto K
Biochemical and biophysical research communications   388(3) 511-516   Oct 2009   [Refereed]
Yamakoshi K, Takahashi A, Hirota F, Nakayama R, Ishimaru N, Kubo Y, Mann DJ, Ohmura M, Hirao A, Saya H, Arase S, Hayashi Y, Nakao K, Matsumoto M, Ohtani N, Hara E
The Journal of cell biology   186(3) 393-407   Aug 2009   [Refereed]
Arakaki R, Nagaoka A, Ishimaru N, Yamada A, Yoshida S, Hayashi Y
The American journal of pathology   174(5) 1715-1724   May 2009   [Refereed]
Ishimaru N, Takagi A, Kohashi M, Yamada A, Arakaki R, Kanno J, Hayashi Y
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(10) 6576-6586   May 2009   [Refereed]
Hayashi Y, Arakaki R, Ishimaru N
The journal of medical investigation : JMI   56 Suppl 185-191   2009   [Refereed]
Ishimaru N, Arakaki R, Yoshida S, Yamada A, Noji S, Hayashi Y
The Journal of experimental medicine   205(12) 2915-2927   Nov 2008   [Refereed]
Hikosaka Y, Nitta T, Ohigashi I, Yano K, Ishimaru N, Hayashi Y, Matsumoto M, Matsuo K, Penninger JM, Takayanagi H, Yokota Y, Yamada H, Yoshikai Y, Inoue J, Akiyama T, Takahama Y
Immunity   29(3) 438-450   Sep 2008   [Refereed]
Development of inflammatory bowel disease in Long-Evans Cinnamon rats based on CD4+CD25+Foxp3+ regulatory T cell dysfunction.
Ishimaru N, Yamada A, Kohashi M, Arakaki R, Takahashi T, Izumi K, Hayashi Y
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   180(10) 6997-7008   May 2008   [Refereed]
Kohashi M, Ishimaru N, Arakaki R, Hayashi Y
Arthritis and rheumatism   58(2) 389-400   Feb 2008   [Refereed]
Satomura K, Tokuyama R, Yamasaki Y, Yuasa T, Tatehara S, Ishimaru N, Hayashi Y, Nagayama M
Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology   36(10) 621-624   Nov 2007   [Refereed]
Ohtani N, Imamura Y, Yamakoshi K, Hirota F, Nakayama R, Kubo Y, Ishimaru N, Takahashi A, Hirao A, Shimizu T, Mann DJ, Saya H, Hayashi Y, Arase S, Matsumoto M, Kazuki N, Hara E
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(38) 15034-15039   Sep 2007   [Refereed]
Izawa T, Ishimaru N, Moriyama K, Kohashi M, Arakaki R, Hayashi Y
Blood   110(1) 242-250   Jul 2007   [Refereed]
Ishimaru N, Kishimoto H, Hayashi Y, Sprent J
Nature immunology   7(7) 763-772   Jul 2006   [Refereed]
Katunuma N, Le QT, Murata E, Matsui A, Majima E, Ishimaru N, Hayashi Y, Ohashi A
FEBS letters   580(15) 3699-3705   Jun 2006   [Refereed]
Cepharanthin, a biscoclaurine alkaloid, prevents destruction of acinar tissues in murine Sjögren's syndrome.
Azuma M, Ashida Y, Tamatani T, Motegi K, Takamaru N, Ishimaru N, Hayashi Y, Sato M
The Journal of rheumatology   33(5) 912-920   May 2006   [Refereed]
Suzue N, Nikawa T, Onishi Y, Yamada C, Hirasaka K, Ogawa T, Furochi H, Kosaka H, Ishidoh K, Gu H, Takeda S, Ishimaru N, Hayashi Y, Yamamoto H, Kishi K, Yasui N
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   21(5) 722-734   May 2006   [Refereed]
Ishimaru N, Arakaki R, Omotehara F, Yamada K, Mishima K, Saito I, Hayashi Y
Molecular and cellular biology   26(8) 2924-2935   Apr 2006   [Refereed]

Misc

 
口腔外科領域における感染症の病理
石丸 直澄
日本口腔外科学会雑誌   64(7) 390-393   Jul 2018
【膠原病の病理-今日的視点から-】 膠原病の臓器病変と鑑別疾患 唾液腺病変
石丸 直澄
病理と臨床   36(6) 580-585   Jun 2018
免疫病理学の新展開 シェーグレン症候群における自己反応性獲得機序の解明
石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 207-207   Apr 2018
シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割
大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 303-303   Apr 2018
CCL22産生唾液腺マクロファージはシェーグレン症候群の病態形成に関与する
牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 303-303   Apr 2018
DNAライセンシング因子CDT1の新規ユビキチン分解制御機構とその意義の解明
常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 山田 安希子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 340-340   Apr 2018
全身吸入曝露による多層化カーボンナノチューブの肺胞マクロファージへの影響
新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 413-413   Apr 2018
Emi1の過剰発現による人工口腔癌幹細胞の作成
西條 早紀, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 516-517   Apr 2018
口腔癌におけるPeriostinスプライシングバリアントの同定とその役割
梅田 将旭, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 518-518   Apr 2018
シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺におけるIL-33の発現とその役割
中山 慎一朗, 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 519-519   Apr 2018
シェーグレン症候群疾患モデルにおけるNotchシグナルの役割
沼田 雪乃, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   107(1) 522-522   Apr 2018
タンパク質のユビキチン分解を介した細胞周期と分化の制御機構
常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 工藤 保誠
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0193]   Dec 2017
核内受容体AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する
井澤 俊, 新垣 理恵子, 田中 栄二, 石丸 直澄
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0943]   Dec 2017
T細胞の自己寛容性確立におけるCCL21の役割
大東 いずみ, 石丸 直澄, 片貝 智哉, 高浜 洋介
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4P2T24-06(3P   Dec 2017
【口腔顎顔面に関連する疾患とその治療の現状】 口腔免疫とその異常
石丸 直澄
Clinical Calcium   27(10) 1363-1368   Sep 2017
口腔領域における免疫システムは頭頸部のリンパ組織に加えて,口腔粘膜上皮,唾液などが効率的にその機能が維持されている。口腔免疫システムの異常によって,様々な感染症,アレルギー疾患,自己免疫疾患が発症する。その中で,唾液腺などの外分泌腺を標的とする自己免疫疾患であるシェーグレン症候群はドライマウスによる種々の口腔症状を呈する難治性免疫疾患である。その病態は複雑であり,様々なモデルを用いた多角的なアプローチによる発症機序の解明に向けた研究が進められている。(著者抄録)
飽和脂肪酸が歯周病の病態形成に関与する可能性
四釜 洋介, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 船木 真理
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 56-56   Sep 2017
歯科基礎医学の臨床医歯学へ応用と展開 環境因子による自己反応性獲得機構の解明 自己免疫疾患の新たな病因論
石丸 直澄
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 72-72   Sep 2017
多能性幹細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構
常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 372-372   Sep 2017
口腔扁平上皮癌におけるPeriostinスプライシングバリアントの新たな役割
梅田 将旭, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 392-392   Sep 2017
シェーグレン症候群におけるCXCR3+マクロファージの動態
青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 石丸 直澄, 東 雅之
日本口腔科学会雑誌   66(2) 147-148   Jul 2017
核内受容体AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する
井澤 俊, 田中 栄二, 石丸 直澄
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35回 203-203   Jul 2017
【シェーグレン症候群の病因病態】 環境因子と免疫トレランスの破綻
石丸 直澄
臨床免疫・アレルギー科   67(4) 360-365   Apr 2017
ヒト唾液腺細胞株におけるCXCL10の発現機能解析
青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 石丸 直澄, 東 雅之
口腔組織培養学会誌   26(1) 15-16   Mar 2017
シェーグレン症候群モデルマウスにおける濾胞ヘルパーT細胞の解析
大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 324-324   Mar 2017
シェーグレン症候群の唾液腺におけるマクロファージサブセットと病態への関与
牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 329-329   Mar 2017
歯原性明細胞癌細胞株の樹立とその性状解析
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 349-349   Mar 2017
胎児性癌細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構
常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 356-356   Mar 2017
多層化カーボンナノチューブ長期暴露による免疫システムへの影響
新垣 理恵子, 山田 耕一, 齋藤 雅子, 大塚 邦紘, 山本 安希子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 菅野 純, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 415-415   Mar 2017
シェーグレン症候群における制御性T細胞の分化誘導メカニズムの解明
山田 安希子, 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 黒澤 美愛, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 473-473   Mar 2017
口腔癌におけるPeriostinスプライシングバリアントの新たな役割
梅田 将旭, 常松 貴明, 斎藤 雅子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   106(1) 518-518   Mar 2017
RelBは古典的NF-κB経路の活性化を阻害し骨癒合不全と偽関節形成を予防する
日浅 雅博, 天知 良太, 天真 寛文, 堀内 信也, 安倍 正博, 石丸 直澄, 田中 栄二
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回 192-192   Nov 2016
【ナノトキシコロジー】 ナノマテリアルと免疫システム カーボンナノチューブに対する免疫反応と炎症病態
石丸 直澄
医学のあゆみ   259(3) 241-246   Oct 2016
われわれの身のまわりにはさまざまな物質が氾濫している。ナノマテリアルと考えられる物質も種々の経路で生体内に曝露される可能性がある。免疫システムには外来から侵入してきた異物を排除する仕組みが備わっており、効率よく免疫担当細胞が作動することによってわれわれの体を守ってくれている。しかし、ナノマテリアルに対して適切な免疫反応が作動できない可能性がある。自然免疫あるいは獲得免疫に及ぼすナノマテリアルの影響についてはいまだ全容は明らかにされていない。また、さまざまな免疫疾患に対するナノマテリアルの影...
ユビキチン・プロテアソーム系による染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinの発現制御機構とその意義
常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
Journal of Oral Biosciences Supplement   2016 197-197   Sep 2016
EWSR1-ATF1キメラ遺伝子発現を有する歯原性明細胞癌細胞株の樹立とその性状解析(Establishment and characterization of a clear cell odontogenic carcinoma cell line with EWSR1-ATF1 fusion gene)
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   105(2) 79-79   Sep 2016
Sjoegren症候群唾液腺におけるIP-10の発現制御機構
青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之
日本口腔科学会雑誌   65(2) 137-137   Jul 2016
シェーグレン症候群患者におけるセファランチンの作用機序の解明
山ノ井 朋子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 石丸 直澄, 東 雅之
日本口腔科学会雑誌   65(2) 137-137   Jul 2016
ナノマテリアルの実用化に呼応した有害性評価の進捗 ナノマテリアルの免疫制御システムへの影響
石丸 直澄, 山田 耕一, 斎藤 雅子, 新垣 理恵子, 高橋 祐次, 菅野 純
The Journal of Toxicological Sciences   41(Suppl.) S72-S72   Jun 2016
全身吸入曝露による多層化カーボンナノチューブの免疫システムへの影響
新垣 理恵子, 山本 安希子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 菅野 潤, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   105(1) 392-392   Apr 2016
顎骨中心性明細胞性腫瘍からの細胞株の樹立とその性状
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 斎藤 雅子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   105(1) 506-506   Apr 2016
シェーグレン症候群モデルにおける濾胞ヘルパーT細胞の網羅的機能解析
大塚 邦紘, 斎藤 雅子, 近藤 智之, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   105(1) 546-546   Apr 2016
シェーグレン症候群モデルマウスの病態形成におけるマクロファージの役割
牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 斎藤 雅子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   105(1) 547-547   Apr 2016
染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解の意義とその癌化への関与
常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 上原 久典, 石丸 直澄, 常山 幸一
日本病理学会会誌   105(1) 548-548   Apr 2016
ドライマウスの病態と治療戦略
石丸 直澄
日本口腔ケア学会雑誌   10(1) 185-185   Mar 2016
顎骨中心性粘表皮癌細胞株の樹立とその性状
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 齋藤 雅子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
口腔組織培養学会誌   25(1) 9-10   Jan 2016
再発性アフタ性口内炎に対するナイトガード着用による予防効果
多田 英介, 工藤 保誠, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本口腔内科学会雑誌   21(2) 89-90   Dec 2015
性ホルモンによる自己免疫疾患発症機序の解明
石丸 直澄
上原記念生命科学財団研究報告集   29 1-7   Dec 2015
自己免疫疾患における性ホルモンの役割を明らかにすることで、女性特有の免疫疾患の発症機序を解明し、自己免疫疾患の新たな治療戦略に基づいたトランスレーショナルリサーチに資することを目的に、唾液腺、涙腺を標的とする自己免疫疾患であるシェーグレン症候群の疾患モデルとして6ヵ月齢の雌ArKOマウスを用い、脂肪組織におけるマクロファージ関連遺伝子発現、唾液腺細胞における脂肪変性を検討した。また、シェーグレン症候群モデルマウスとして知られる胸腺摘出(Tx)NFS/sldマウス(4週齢)へのアロマターゼ阻...
自己免疫疾患モデルマウスにおける腫瘍増殖の亢進
近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本癌学会総会記事   74回 P-1055   Oct 2015
耳下腺炎後に視神経や脊髄以外に広範な白質病変を来し、抗AQP4抗体が陽性であったシェーグレン症候群の1例
古川 貴大, 松井 尚子, 高橋 利幸, 石丸 直澄, 梶 龍兒
神経免疫学   20(1) 114-114   Sep 2015
顎骨中心性粘表皮癌細胞株の樹立とその性状
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(2) 46-46   Sep 2015
自己免疫疾患モデルにおける腫瘍増殖促進機構の解析
近藤 智之, 常松 貴明, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本口腔科学会雑誌   64(2) 192-192   Jul 2015
顎骨中心性粘表皮癌の1例
鯨岡 聡子, 近藤 智之, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本口腔科学会雑誌   64(1) 66-66   Mar 2015
舌に発生した孤立性神経線維腫の1例
工藤 隆治, 栗林 伸行, 工藤 景子, 大江 剛, 小林 真左子, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 近藤 智之, 石丸 直澄, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   64(1) 70-70   Mar 2015
自己免疫疾患モデルマウスを利用した多層化カーボンナノチューブの免疫システムへの影響
新垣 理恵子, 常松 貴明, 山本 安希子, 工藤 保誠, 菅野 純, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 380-380   Mar 2015
顎骨中心性粘表皮癌細胞株の樹立とその性状
工藤 保誠, 常松 貴明, 鯨岡 聡子, 近藤 智之, 牛尾 綾, 山本 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 401-401   Mar 2015
Sjogren症候群のモデルマウスの病態形成におけるマクロファージの分析(Analysis of macrophages in the pathogenesis of a murine model for Sjogren's syndrome)
牛尾 綾, 新垣 理恵子, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 450-450   Mar 2015
自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖制御機構の解明
近藤 智之, 常松 貴明, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 497-497   Mar 2015
口腔癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とその意義
鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 497-497   Mar 2015
染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解とその癌化への関与
常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   104(1) 504-504   Mar 2015
飽和脂肪酸が歯周病の病態形成に関与する可能性(Possibility of involvement of saturated fatty acids in pathogenesis of periodontitis)
四釜 洋介, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 船木 真理
Journal of Oral Biosciences Supplement   2014 130-130   Sep 2014
飽和脂肪酸が歯周病の病態形成に関与する可能性(Possibility of involvement of saturated fatty acids in pathogenesis of periodontitis)
四釜 洋介, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 船木 真理
Journal of Oral Biosciences Supplement   2014 161-161   Sep 2014
ドライマウス患者における唾液中のTNF-αとMMP-9発現に関する研究
青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 英之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之
日本口腔科学会雑誌   63(4) 389-389   Sep 2014
口腔癌細胞におけるPeriostinのスプライシングバリアントの発現とEMTとの関連
常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山本 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本口腔科学会雑誌   63(4) 421-421   Sep 2014
自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫制御システムの解明
近藤 智之, 黒澤 美愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本口腔科学会雑誌   63(4) 428-428   Sep 2014
自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖制御機構の解明(Analysis of regulatory mechanism of tumor immunity using an animal model for autoimmunity)
近藤 智之, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本癌学会総会記事   73回 P-2058   Sep 2014
シェーグレン症候群発症の分子メカニズム
石丸 直澄
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   32(2) 17-17   Jul 2014
長谷川 智一, 赤澤 友基, 永井 宏和, 北村 尚正, 石丸 直澄, 上田 公子, 中川 弘, 郡 由紀子, 山本 愛美, 岩本 勉
小児歯科学雑誌   52(3) 448-453   Jun 2014
血管腫は血管の増殖を特徴とする良性腫瘍であり、小児の顎口腔領域における良性腫瘍のなかでは比較的多く、軟組織腫瘍の中で最も多い。顎口腔領域に発生する本腫瘍は舌、口唇、歯肉、頬粘膜に好発し、口蓋に発生することは稀である。今回、われわれは、2歳10ヵ月男児の口蓋に発生した血管腫を経験したので、その概要を報告する。患児は初診の約4ヵ月前に下顎部を打撲したため近医歯科を受診した。その際、上顎両側乳中切歯口蓋側歯肉の腫瘤を指摘され、単純性歯肉炎の診断下にプラークコントロールを受けていたが改善しないため...
口腔病理学から見たドライマウスの病態機序と最新研究
石丸 直澄
日本歯科医師会雑誌   67(2) 119-128   May 2014
ニッケルアレルギー発症におけるThymic Stromal Lymphopoiethinの重要性
新垣 理恵子, 山本 安希子, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   103(1) 268-268   Mar 2014
癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とEMTとの関連
工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山本 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   103(1) 273-273   Mar 2014
シェーグレン症候群の発症における制御性T細胞の役割
山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   103(1) 274-274   Mar 2014
ユビキチン分解による複製前複合体形成因子CDT1の発現制御機構の解析
常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山本 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   103(1) 353-353   Mar 2014
自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫制御機構の解析
近藤 智之, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本病理学会会誌   103(1) 353-353   Mar 2014
シェーグレン症候群に対する新規治療戦略 唾液腺腺房構造の破壊を阻止する
青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之
日本口腔科学会雑誌   63(1) 130-130   Jan 2014
自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析
近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄
日本口腔科学会雑誌   63(1) 142-142   Jan 2014
アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連
岩浅 亮彦, 石丸 直澄, 井澤 俊, 徳永 律子, 工藤 保誠, 田中 栄二
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回 192-192   Oct 2013

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
The role of NF-kB for T cell activation in autoimmune disease
Health and Labour Sciences Research Grants
Project Year: 2005 - 2008