片岡 玲子

J-GLOBALへ         更新日: 14/01/28 11:06
 
アバター
研究者氏名
片岡 玲子
 
カタオカ レイコ
学位
教育博士(東京教育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
立正大学 心理学部 臨床心理学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1962年
東京教育大学 教育学部 心理学
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本電話相談学会  理事
 
2003年
   
 
日本福祉心理学会  理事
 

Misc

 
少子化時代の子育て支援
「小児看護」   22(1) 102-105   1999年
子どもの遊びと居場所
「小児看護」   22(2) 226-229   1999年
障害をもった子どもたち
「小児看護」   22(3,360-363)    1999年
医療福祉構造改革時代の臨床心理士
医療保健福祉領域における臨床心理士の課題(東京臨床心理士会発行)   (,P4-11)    1999年

書籍等出版物

 
老人福祉論第2版
誠信書房   1997年   
21世紀の地方自治戦略11 男女協働社会の創造
ぎょうせい   1993年   
シリーズ現代の子どもを考える-遊び
共立出版   1982年   
今日から叱らないお母さん
婦人生活社   1988年   
シルバー世代の健康管理と看護婦さんが教えるらくらく介護 第3章福祉サービスとシルバー情報
主婦の友社   1997年   

Works

 
厚生省委託研究(財)長寿社会開発センター 地方老人保健福祉計画研究「老人保健福祉計画の策定-その基本的考え方」
1990年 - 1991年
文部省委託研究 日本体育学校健康センター 望ましい食事づくり研究「望ましい食事環境をめざして-学校給食のより一層の充実のために」
1989年 - 1990年
社会福祉・医療事業団委託事業 住友生命総合研究所 大都市サラリーマンの老後の経済生活に関する調査研究
1992年 - 1993年

競争的資金等の研究課題

 
少子化時代の子育て支援について
共同研究
研究期間: 1997年   
障害児とその家族に関する研究
研究期間: 1975年   
高齢社会問題
研究期間: 1986年   
児童福祉文化財の研究
共同研究
研究期間: 2005年