講演・口頭発表等

1996年2月

清寧記・武烈紀における〈歌垣の物語〉の機能について

古代文学会例会
  • 冨士原 伸弘