澁川 晶

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/01 02:40
 
アバター
研究者氏名
澁川 晶
 
シブカワ,アキ
所属
国際基督教大学
部署
教養学部日本語教育課程
職名
インストラクター
学位
文学修士(モナシュ大学), 教育学修士(東京学芸大学), 文学士(大阪外国語大学)
科研費研究者番号
60322327

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
2016年8月
一橋大学 国際教育センター 非常勤講師
 
2010年10月
 - 
2016年8月
東京学芸大学 留学生センター 非常勤講師
 
1998年12月
 - 
2007年3月
琉球大学 留学生センター 専任講師
 
1997年1月
 - 
1998年11月
日本貿易振興会 国際交流部 ビジネス日本語アドバイザー
 
1995年8月
 - 
1996年12月
南ソウル大学 日語科 専任講師
 

学歴

 
1994年2月
 - 
1995年10月
モナシュ大学 日本研究科 応用日本語学
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京学芸大学 教育学研究科 日本語教育専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
大阪外国語大学 外国語学部 日本語科
 

論文

 
アジア5都市の日系企業におけるビジネス日本語のニーズ
◎島田めぐみ・澁川晶
日本語教育   (103) 109-118   1999年12月   [査読有り]
メルボルン在住日本人児童にみるコードスイッチング-二人の兄弟を事例に-
『学芸国語国文学』   31 40-50   1999年3月   [査読有り]
企業における外国人社員の採用に関わる諸要素-日本語のニーズを中心に-
『二十一世紀における日本研究』   529-537   1999年2月   [査読有り]
留学生の就職に関る意識調査
◎澁川晶・島田めぐみ
『留学生教育』   3 27-38   1998年11月   [査読有り]
海外子女の談話における接続詞『それで』の用法-メルボルン在住の子供を例に
『学芸日本語教育』   (創刊号) 15-29   1998年7月   [査読有り]

Misc

 
新しい日本語教材―会話・聴解編―
奥野由紀子・澁川晶・栁田直美
ことばと文字   (4) 81-88   2015年10月
Can-do statementsシラバスに基づく日本語初級教材の開発
島田めぐみ・伊能裕能・坂田睦深・澁川晶・新谷あゆり・東泉裕子・宮本典以子・谷部弘子
東京学芸大学紀要 総合教育科学系Ⅱ   66(2) 539-547   2015年2月   [査読有り]
地球市民の住む町づくりのための教材開発-西原町地域の外国人等のための日本語教材-
◎大城朋子・金城尚美・上原明子・澁川晶
沖縄国際大学社会文化研究   5(1) 61-92   2001年12月   [査読有り]
インターネットを利用した日本語学習マテリアル-日本語学習経験のないビジネスマンを対象に-
◎澁川晶・島田めぐみ
『平成10年度日本語教育学会春季大会予稿集』   201-202   1998年5月   [査読有り]
ジェトロテストから見るビジネス日本語のニーズ
澁川晶・島田めぐみ
『留学生教育学会第2回研究大会発表資料集』   30   1997年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
留学生のためのジャーナリズムの日本語―新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現―
◎澁川晶・高橋紗弥子・庵功雄 (担当:共著)
スリーエーネットワーク   2015年5月   
聴くトレーニング<聴解・聴読解>応用編
◎澁川晶・島田めぐみ・伊能裕晃 (担当:共著)
スリーエーネットワーク   2010年1月   
聴くトレーニング<聴解・聴読解>基礎編
◎澁川晶・宮本典以子・坂野加代子 (担当:共著)
スリーエーネットワーク   2006年1月   
すぐに話せる日本語 -日本で暮らす-
◎澁川晶・Andy D. Para (担当:共著)
アスク   2002年4月   
「ジェトロビジネス日本語能力テスト」入門 わかるビジネス日本語
島田めぐみ・澁川晶・小川茂夫 (担当:共著)
アスク   2001年5月   

講演・口頭発表等

 
インターネットを利用した日本語学習マテリアル-日本語学習経験のないビジネスマンを対象に-
島田めぐみ
日本語教育学会   1998年5月   日本語教育学会
ジェトロテストから見るビジネス日本語のニーズ
島田めぐみ
留学生教育学会   1997年11月   留学生教育学会
企業における日本語のニーズに関する調査
島田めぐみ
1997年10月   
海外子女の談話における接続詞-メルボルン在住の子供にみる『それで』の使用-
日本語教育学会   1996年8月   日本語教育学会