久永 眞市

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 18:06
 
アバター
研究者氏名
久永 眞市
 
ヒサナガ シンイチ
URL
http://www.biol.se.tmu.ac.jp/labo.asp?ID=neumol
所属
首都大学東京
部署
理学研究科 生命科学専攻
職名
客員教授
学位
博士(東京大学)

プロフィール

現在、首都大学東京・理工学研究科・生命科学専攻・神経分子機能研究室の客員教授。脳で特異的に発現してるサイクリン依存性キナーゼ5(Cdk5)およびその下流因子(特にLMTK1やtau)の生化学的、分子生物学的、細胞生物学的研究を通して、神経細胞および脳の形成、シナプス活動、細胞死、神経変性疾患の分子機構を明らかにしたいと考えている。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
首都大学東京 理学研究科 客員教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
首都大学東京 理工学研究科 教授
 
1997年4月
 - 
2015年3月
東京都立大学 理学研究科 教授
 
1985年
 - 
1990年
 東京大学医学部 助手
 
1990年
 - 
1997年
 東京工業大学生命理工学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京大学 理学研究科 生物化学
 
 
 - 
1975年
東京大学 理学部 生物化学
 

委員歴

 
 
   
 
細胞生物学会  評議員
 
 
   
 
神経化学会  評議員
 

論文

 
S6K/p70S6K1 protects against tau-mediated neurodegeneration by decreasing the level of tau phosphorylated at Ser262 in a Drosophila model of tauopathy.
Chiku T, Hayashishita M, Saito T, Oka M, Shinno K, Ohtake Y, Shimizu S, Asada A, Hisanaga SI, Iijima KM, Ando K.
Neurobiol Aging   71 255-264   2018年   [査読有り]
Potent prion-like behaviors of pathogenic a-synuclein and evaluation of inactivation methods.
Tarutani, A., Murayama, S., Hisanaga, S., Hasegawa, M.
Neuropathol Commun.   6 29   2018年   [査読有り]
Isoform-independent and phosphorylation of microtubule-associated protein tau in mouse brain during postnatal development.
Tuerde, D., Kimura, T., Miyasaka, T., Furusawa, K., Shimozawa, A., Hasegawa, M., Ando, A., Hisanaga, S.,
J. Biol, Chem   293 1781-1793   2018年   [査読有り]
Phospho-tau bar code: analysis of phosphoisotypes of tau and its application to tauopathy.
Kimura, T., Sharma, G., Ishiguro, K., Hisanaga, S.
Fron. Mol. Neurosci.   12, 44   2018年   [査読有り]
Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II promotes neurodegeneration caused by tau phosphorylated at Ser262/356 in a transgenic Drosophila model of tauopathy.
Oka M, Fujisaki N, Maruko-Otake A, Ohtake Y, Shimizu S, Saito T, Hisanaga SI, Iijima KM, Ando K
J Biochem.   162 335-342   2017年   [査読有り]
In vivo regulation of glycogen synthase kinase 3β activity in neurons and brains.
Krishnankutty, A., Kimura, T., Saito, T., Aoyagi, K., Asada, A., Takahashi, S., Ando, K., Ohara-Imaizumi, M., Ishiguro, K., Hisanaga, S.
Sci. Rep   7 8602   2017年   [査読有り]
Cdk5 regulation of the GRAB-mediated Rab8-Rab11 cascade in axon outgrowth.
Furusawa, K., Asada, A., Urrutia, P., Gonzalez-Billault, C., Fukuda, M., Hisanaga, S.
J. Neurosci   37 790-806   2017年   [査読有り]
Excess APP O-glycosylation by GalNAc-T6 decreases Aβ production.
Akasaka-Manya, K., Kawamura, M., Tsumoto, H., Saitoh, Y., Shinobu Kitazume, S., Hatsuda, H., Miura, Y., Hisanaga, S., Murayama, S., Hashimoto, Y., Manya, H., Endo, T.
J. Biochem   161 99-111   2017年   [査読有り]
Cdk5の多彩な機能—神経細胞から非神経系
斎藤太郎、久永眞市.
生化学   89 710-718   2017年   [査読有り]
複雑怪奇なリン酸化タンパク質タウのPhos-tag解析
木村妙子、久永眞市
電気泳動   61 49-52   2017年

Misc

 
ブタ脳のニューロフィラメントH尾部キナーゼ:そのcdk5/p26複合体としての同定とcdc2/cyclinBキナーゼとの比較
Cell Motil Cytoskeleton   31 283-297   1995年
CDK5:分裂しない神経細胞で機能するCDK
実験医学   18(7) 878-883   2000年
ニューロフィラメントHサブユニットのGSK3βによるリン酸化
ジャーナルオブバイオロジカルケミストリー-J. Biol. Chem.   277, 36032-36039    2002年

競争的資金等の研究課題

 
神経細胞特異的プロテインキナーゼCdk5の活性制御と機能
Cdk5と神経変性疾患
神経細胞特異的中間径フィラメントneurofilamentのリン酸化と機能