KOBAYASHI Akio

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:44
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Akio
E-mail
kobayashi.akionihon-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/kobayashilab2010/
Affiliation
Nihon University
Section
College of Science and Technology, Department of Oceanic Architecture and Engineering
Job title
Professor
Other affiliation
Nihon University Junior College
Research funding number
80318360

Profile

 日本の砂浜の多くは侵食が進んでいます.侵食から国土や人々の生命・財産を守るために,海岸には構造物が建設されています.さらに,飛砂や飛塩から人々の生活・活動を守るために,保安林も植林されています.保安林は堤防と消波ブロックで守られていますが,砂浜は守られることなく侵食や異常な堆積が生じています. 私は,砂浜を守ること,復元することに主眼をおいて研究を行っています.砂浜の復元のために,各地の砂浜の侵食状況について詳細な調査を行い,侵食要因を特定して,効果的な侵食対策や砂浜の復元に役立つ情報を提供しています. 私は1955年生まれで1985年本学理工学研究科博士課程を修了し工学博士(海洋建築工学専攻)の学位を授かりました.同年大成建設㈱に入社し,海洋・港湾構造物の設計及び関連分野の研究に従事し,1999年から日本大学理工学部海洋建築工学科に勤務しています.2006年からは教授として教育・研究に携わり,2017年9月1日から日本大学短期大学部次長を兼務しています.技術者資格は一級建築士と技術士(建設部門)を保有しており,建築と土木の専門知識を駆使して,海洋建築に相応しい沿岸環境の創造を基底にした教育・研究を実施しています.

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1985
 - 
Mar 1999
土木設計部および技術研究所, 大成建設(株)
 
Apr 1999
 - 
Mar 2003
専任講師, 理工学部海洋建築工学科, 日本大学
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
Associate Professor, 理工学部海洋建築工学科, 日本大学
 
Apr 2006
   
 
Professor, Department of Oceanic Architecture and Engineering, CST, Nihon University
 
Sep 2017
   
 
次長, 短期大学部船橋校舎, 日本大学
 

Education

 
 
 - 
1979
建築, Faculty of Science and Engineering, Nihon University
 
 
 - 
1985
海洋建築, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 

Awards & Honors

 
Jul 2013
粗粒材養浜後の円磨度の変化とすりへり試験, 日本海洋工学会JAMSTEC中西賞
 
Jul 2013
粗粒材養浜後の円磨度の変化とすりへり試験, 日本沿岸域学会論文賞
 
Jul 2008
海と海洋建築, 日本沿岸域学会出版・文化賞
 
Jul 2005
近世における九十九里浜の形成と変形, 日本沿岸域学会論文賞
 

Published Papers

 
波の作用下での同一粒径の天然礫に対する人工礫と貝殻片の挙動の比較
橋本 佳樹, 小林 昭男, 宇多 高明, 野志 保仁
土木学会論文集B2(海岸工学)   74(2) I_703-I_708   Nov 2018   [Refereed]
九十九里浜南端に位置する一宮海岸における養浜とその効果検証
野志 保仁, 目野 玄也, 宇多 高明, 小林 昭男
土木学会論文集B3(海洋開発)   74(2) I_288-I_293   Sep 2018   [Refereed]
養老川水系高滝ダム堆砂の養浜材としての利用の可能性検討
渡部 未樹久, 小林 昭男, 宇多 高明, 野志 保仁
土木学会論文集B3(海洋開発)   74(2) I_282-I_287   Sep 2018   [Refereed]
Nha Trang北部のHon Chong Beachの砂浜消失と養浜による砂浜復元
小林 昭男, 宇多 高明, 宮田 隆平, 野志 保仁
土木学会論文集B3(海洋開発)   74(2) I_683-I_688   Sep 2018   [Refereed]
Reason Of Fixation Of Mouth Of A Small River Behind Natural Reef
Yasuhito Noshi, Takaaki Uda, Akio Kobayashi
Coastal Engineering 36   36 1-1   Aug 2018   [Refereed]

Misc

 
飛砂による堆砂垣周辺の地形変化とセルオートマトン法によるその予測
横田 拓也, 小林 昭男, 宇多 高明, 勝木 厚成, 野志 保仁
土木学会論文集B3(海洋開発)   74(2) I_749-I_754   Sep 2018   [Refereed]
海岸の侵食対策と修復
小林昭男
ベース設計資料 土木偏   176 21-23   Mar 2018   [Invited]
沿岸地域での構造物の安全性
小林昭男
ベース設計資料 土木偏   150 23-25   Sep 2011   [Invited]
A Study on the Hydrodynamic Forces Acting on the Offshore Structure in Earthquake
Akio Kobayashi, Yutaka Tamura, Koichi Masuda, Masaaki Sakuta, Wataru Kato
Ocean Space Utilization '85   1 369-376   Jun 1985   [Refereed]

Books etc

 
沿岸域工学の基礎
小林昭男
技報堂出版株式会社   Jan 2019   ISBN:978-4-7655-1862-8
海洋空間を拓く メガフロートから海上都市へ
畔柳昭雄,小林昭男,増田光一,居駒知樹,惠藤浩明,佐藤千秋
成山堂書店   Mar 2017   ISBN:987-4-425-56201-5
沿岸域総合管理入門
池田龍彦・來生新・小林昭男・佐々木剛・城山英明・関いずみ・滝本朋樹・土屋誠・寺島紘士・中原裕幸・深見公男・古川恵太・柳哲雄・横内憲久 (Part:Joint Work, 2章2.3.1)
東海大学出版会   Mar 2016   ISBN:978-4-486-02094-3
東日本大震災合同調査報告書 建築編5 建築基礎構造/津波の特性と被害
日本建築学会 (Part:Joint Work,  第2章2.4関東地方の被害,第3章津波による今日中地域の浸水及び地形変化と今後の対策)
丸善出版   Mar 2015   ISBN:978-4-8189-2041-5
海洋建築の計画・設計指針
日本建築学会海洋建築委員会 (Part:Joint Work, 第2章 海域特性 2.4 常時リスク)
丸善出版   Feb 2015   ISBN:978-4-8189-2480-2

Conference Activities & Talks

 
海岸砂丘を横切るアクセス路の向きとblowout形成
第62回日本大学理工学部学術講演会   5 Dec 2018   日本大学理工学部
波の作用下での同一粒径の天然礫に対する人工礫と貝殻片の挙動の比較
第65回海岸工学講演会   14 Nov 2018   土木学会
神奈川県七里ヶ浜の前浜での砂鉄堆積とその起源
横田拓也,宇多高明,小林昭男,野志保仁
日本沿岸域学会研究討論会   18 Jul 2018   日本沿岸域学会
富津新港の防波堤隅角部における砂浜の形成
横田拓也,宇多高明,小林昭男,野志保仁
日本沿岸域学会研究討論会   18 Jul 2018   日本沿岸域学会
飛砂による堆砂垣周辺の地形変化とセルオートマトン法によるその予測
第43回海洋開発シンポジウム   8 Jul 2018   土億学会

Research Grants & Projects

 
東京湾最大の自然島の猿島における近年の海浜変形に関する調査研究
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 小林昭男
ダム堆砂の養浜材としての活用法調査
Project Year: Aug 2016 - Aug 2017    Investigator(s): 小林昭男
沿岸域の持続的利用に関する調査研究
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): 小林昭男
沼川新放水路水理模型実験
Project Year: Dec 2014 - Mar 2015    Investigator(s): 小林昭男
沿岸岸域の持続的開発利用に資する技術開発のあり方に関する調査研究
Project Year: Jun 2014 - Mar 2015    Investigator(s): 小林昭男

Social Contribution

 
勝浦市海岸づくり会議
[]  千葉県勝浦市  1 May 2018 - 31 Mar 2019