KOMURASAKI Satoko

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
KOMURASAKI Satoko
E-mail
satokomath.cst.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Science and Technology, Department of Mathematics
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Science(Ochanomizu University)
Research funding number
90318361

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2004
'Research Assistant (Full-Time), College of Science and Technology, Nihon University'
 
Apr 2004
 - 
Mar 2012
'Lecturer (Full-Time), College of Science and Technology, Nihon University'
 
Apr 2012
   
 
日本大学理工学部 准教授
 

Education

 
 
 - 
1997
情報科学, Faculty of Science, Ochanomizu University
 
 
 - 
1999
複合領域科学, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Ochanomizu University
 

Awards & Honors

 
Sep 2001
密度成層流中の旋風の数値シミュレーションとその可視化, 日経サイエンス可視化技術シンポジウム2001 Visual Science Festa入賞, 日経サイエンス社
Winner: 小紫誠子, 桑原邦郎, 河村哲也
 
Oct 1998
火災旋風をモデルとした数値計算とその可視化, 第4回日経サイエンスビジュアリゼーションコンテスト優秀賞(日経サイエンス賞), 日経サイエンス社
Winner: 小紫誠子,河村哲也
 

Published Papers

 
Simulation of a Complex Unsteady Flow of Sub- and Supercritical Fluid under Constant Pressure
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 29th International Symposium on Transport Phenomena   ISTP29-186    Oct 2018   [Refereed]
Simulation of a hydrothermal flow with a large temperature difference at a supercritical pressure
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 9th JSME-KSME Thermal and Engineering Conference   TFEC9-1289    Oct 2017   [Refereed]
高効率エネルギー変換のための次世代技術に関する準備研究
田辺光昭, 浅井朋彦, 飯島晃良, 木村元昭, 小紫誠子, 田中勝之, 中根昌克, 吉田幸司
日本大学理工学部理工学研究所 研究ジャーナル   138 34-46   Feb 2017   [Refereed]
Simulation of a Supercritical Fluid Flow with Large Temperature Difference using the Method for Incompressible Flow Computations
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 27th International Symposium on Transport Phenomena   ISTP27-189    Sep 2016   [Refereed]
Simulation of a Supercritical Water Flow Issuing from a Hydrothermal Vent in the Deep Sea
Satoko Komurasaki
Proceedings of The 14th Asia Congress of Fluid Mechanics   475-480   Oct 2013   [Refereed]

Misc

 
流水による浸食と流水路の発達のシミュレーション
石川瞳子, 百々知史, 小紫誠子
第32回数値流体力学シンポジウム講演論文集   C09-4   Dec 2018
流水による地形形成過程のシミュレーション
百々知史,石川瞳子,小紫誠子
日本流体力学会年会2018講演論文集   278   Sep 2018
深海の低温水中に噴出する超臨界熱水流れ
小紫誠子
第31回数値流体力学シンポジウム講演論文集   A08-2   Dec 2017
超臨界圧力下における熱流体シミュレーション
小紫誠子
日本流体力学会年会2016講演論文集   265   Sep 2016
超臨界流体による熱対流の数値シミュレーション
小紫誠子
第29回数値流体力学シンポジウム講演論文集   B04-1   Dec 2015

Books etc

 
風の事典
編集:真木太一・新野宏・野村卓史・林陽生・山川修治青木正敏 他多数と共著 (Part:Joint Work, 170)
丸善出版   Nov 2011   ISBN:978-4-621-08404-5
流体計算と差分法
桑原邦郎, 河村哲也, 小紫誠子, 大井田淳一 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Mar 2005   
環境流体シミュレーション
河村 哲也, 菅 牧子, 桑原 邦郎, 小紫 誠子 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Nov 2001   

Conference Activities & Talks

 
流水による浸食と流水路の発達のシミュレーション
石川瞳子, 百々知史, 小紫誠子
第32回数値流体力学シンポジウム   Dec 2018   日本流体力学会
Simulation of a Complex Unsteady Flow of Sub- and Supercritical Fluid under Constant Pressure
Satoko Komurasaki
The 29th International Symposium on Transport Phenomena   30 Oct 2018   
流水による地形形成過程のシミュレーション
百々知史,石川瞳子,小紫誠子
日本流体力学会年会2018   3 Sep 2018   日本流体力学会
4次元流れ 第3弾
小紫誠子
熱海研究会   15 Jun 2018   
深海の低温水中に噴出する超臨界熱水流れ
小紫誠子
第31回数値流体力学シンポジウム   Dec 2017   日本流体力学会

Research Grants & Projects

 
海底熱水系の超臨界流体モデルによる数値解析
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
海底熱水系の超臨界流体モデルによる数値解析
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
海底熱水系の超臨界流体モデルによる数値解析
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
深海の熱水噴出を例とした超臨界水の流れのダイナミクス
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
深海の熱水噴出を例とした超臨界水の流れのダイナミクス
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
深海の熱水噴出を例とした超臨界水の流れのダイナミクス
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
熱水プルームの流体数値シミュレーションによる拡散過程の解析
文部科学省新学術領域研究「海底下の大河」(2008年度 --- 2012年度) 公募研究
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011
熱水プルームの流体数値シミュレーションによる拡散過程の解析
文部科学省新学術領域研究「海底下の大河」(2008年度 --- 2012年度) 公募研究
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011
ソルトフィンガー型対流と均一密度層形成の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
ソルトフィンガー型対流と均一密度層形成の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
熱対流の数値シミュレーションによる脳の形成のモデル化
日本大学: 日本大学学術研究助成金・一般研究(個人)
Project Year: Apr 2006 - Mar 2007
密度成層を考慮した火災施風の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2001 - Mar 2003
密度成層を考慮した火災施風の数値シミュレーション
Project Year: Apr 2001 - Mar 2003