KURIHARA Shinji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 03:10
 
Avatar
Name
KURIHARA Shinji
E-mail
kurihara.shinjinihon-u.ac.jp
URL
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~bae/
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Bioenvironmental and Agricultural Engineering
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(The Graduate University for Advanced Studies), M.Eng.(Tokyo Institute of Technology)
Research funding number
60318384

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 1998
 - 
Mar 1999
Visiting Researcher, National Museum of Ethnology
 
Apr 1999
 - 
Mar 2001
Research Fellow, Dept. of Bioenvironmental and Agricultural Engineering, College of Bioresource Sciences,, Nihon Univ.
 
Apr 2001
 - 
Mar 2008
Lecturer, Dept. of Bioenvironmental and Agricultural Engineering, College of Bioresource Sciences,, Nihon Univ.
 
Apr 2003
   
 
(兼任), Natural Environmental Studies, Graduate School of Bioresource Sciences, Natural Environmental Studies, Graduate School of Bioresource Sciences, Nihon Univ.
 
Apr 2008
 - 
Mar 2017
Associate Professor, Dept. of Bioenvironmental & Agricultural Engineering, College of Bioresource Sciences, Nihon Univ.
 

Education

 
 
 - 
1991
Department of Architecture, Faculty of Engineering, Tokyo Institute of Technology
 
 
 - 
1993
建築学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
 
 
 - 
1996
(1994〜1996年、中国政府奨学金留学生高級進修生として所属しつつ黄土高原を中心としたフィールドワークに従事), Tianjin University
 
 
 - 
1998
地域文化学専攻(国立民族学博物館内), Graduate School, Division of Cultural Studies, The Graduate University for Advanced Studies
 

Published Papers

 
GENERATION PATTERN OF YOKOHAMA’S ASPECT OF DIRECTION FROM THE VIEWPOINT OF TOWN NAME BASED ON DIRECTION
小山航、栗原伸治
『日本建築学会計画系論文集』   (740) 2587-2596   Oct 2017   [Refereed]
Architectural Anthropology 2.1: About the aspect and attitude to the Chinese traditional cave dwelling houses called “Yaodong” in China’s loess plateau
栗原伸治
『物質文化 考古学民俗学研究』   (96) 3-15   Mar 2016   [Invited]
THE CHANGE OF THE SPATIAL REPRESENTATION AND ITS MEANING OF COURTYARD SPACES IN A CHINESE TRADITIONAL COURTYARD-STYLE HOUSE “SI-HE-YUAN” AS INTERPRETED FROM THE CHINESE MOVIE “SUNFLOWER”
栗原伸治
『日本建築学会技術報告集』   21(48) 725-730   Jun 2015   [Refereed]
Relationships between thermal environment and residents’ usage of outdoor spaces in kampong in Jakarta, Indonesia
村上暁信、栗原伸治、原科幸爾
『都市計画論文集』   49(1) 65-70   Apr 2014   [Refereed]
「ジャカルタにおける土地利用変化が地表面温度および顕熱の空間分布に及ぼす影響」(共著)
吉田貢士、安瀬地一作、原科幸爾、栗原伸治、村上暁信
土木学会『地球環境シンポジウム講演集』   243-248   Sep 2013

Misc

 
Reverse Import of Chinoiserie and Local Identity: Spatial planning utilized water environment in Shanghai and Guangzhou, China
栗原伸治、斎尾直子
KAKEN-研究課題をさがす、2016年度 研究成果報告書、https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-26630278/26630278seika/      Mar 2018
「農村計画部門の概要およびトピックス」(2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会・建築デザイン発表会 広報用原稿)(単著)
栗原伸治
日本建築学会ホームページ      Aug 2017   [Invited]
The Notion and Awareness of Chinoiserie in Present-day Japan:How is Chinoiserie, in its classic sense, used as an academic term? How is Chinoiserie, in its reinvented sense, used in tourism guidebooks?(単著)
Shinji KURIHARA
『農村計画学会誌』   35(4) 546-549   Mar 2017   [Invited]
「農村計画部門の概要およびトピックス」(2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会・建築デザイン発表会 広報用原稿)(単著)
栗原伸治
日本建築学会ホームページ      Aug 2016   [Invited]
北原玲子、篠原聡子(著)「ヤンゴン市開発委員会による都市計画と建築規制に関する研究」評論(単著)
栗原伸治
『日本建築学会技術報告集』   21(49) 1330   Oct 2015   [Invited]

Books etc

 
「アジアへの視線」(北海道工業大学(現 北海道科学大学)・学習院女子大学 乾研究室 乾尚彦)(単著)
栗原伸治
日本建築学会(編)『建築フィールドワークの系譜-先駆的研究室の方法論を探る』、昭和堂   Dec 2018   ISBN:9784812217313
Megacities Vol.5 Sprawing Megacities
Shin Muramatsy, Akinobu Murakami, Kengo Hayashi and Shinji Kurihara (eds.) (Part:Joint Editor, 9-36, 98-139 + 154-171, 173-211)
東京大学出版会(村松伸、村上暁信、林憲吾、栗原伸治(編))(執筆担当箇所は、「2 モンスーンアジア都市地域生態圏とスプロール化」(村上暁信、栗原伸治、林憲吾)、「4.2 郊外自然環境の特性と都市とのかかわり」(村上暁信、板川暢、一ノ瀬友博、栗原伸治)、「5 スプロール化への統合的デザイン介入」(土谷貞雄、林憲吾、中大窪千晶、山雄和真、村上暁信、栗原伸治))   Jun 2017   ISBN:9784130651554
Features of Urbanization and Changes in the Thermal Environment in Jakarta, Indonesia(共著)
Akinobu Murakami, Shinji Kurihara, Koji Harashina, Alinda M. Zain (Part:Joint Work, 61-71)
Makoto Yokohari, Akinobu Murakami, Yuji Hara, Kazuaki Tsuchiya (eds.) Sustainable Landscape Planning in Selected Urban Regions (Part of the series Science for Sustainable Societies), Springer Japan   Jan 2017   ISBN:9784431564430
「『奇妙』な居住空間での/への『あたりまえ』な態度-中国の空間を媒介とした社会・文化的集団」(単著)
栗原伸治
藤木庸介(編)『住まいがつたえる世界のくらし-今日の居住文化誌』、世界思想社   Nov 2016   ISBN:9784790716891
「中国黔東南における侗族・苗族の居住空間・文化とエコツーリズムにともなうその表象」(単著)
栗原伸治
RRIAP(Regional Research Institute of Agricultural Production)日本大学生物資源科学部国際地域研究所『野生生物の利用管理-フードシステム・エコツーリズム・エコビレッジの観点から-』(日本大学生物資源科学部国際地域研究所叢書㉙)、龍溪書舎   Jan 2015   ISBN:9784844705291

Conference Activities & Talks

 
「住まいという存在・本質 / 住まいという事象・状態-人を家畜化する装置/人をペット化しているもの についての考察をもとに-」(単独)
栗原伸治
「建築人類学とその思考:まるっと一日さとうこうじ国立民族学博物館 佐藤浩司氏30年の研究活動とその成果」「第2部 建築人類学の成果」佐藤浩司「すまいとは何か?」へのコメント   Mar 2019   
「建築人類学2.1-建築学と人類学のこれまでの関係とあらたなる関係-」(単独)
日本建築学会環境工学委員会環境心理小委員会人類学的アプローチ第5回WG   Feb 2018   
「猫カフェの平面構成の分類とモデル化-家具の機能面と猫の居心地のよさを指標に」(口頭発表)(共著)
曽根萌子、栗原伸治
『2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集(建築計画)』   Sep 2017   日本建築学会
「现代日本的“chinoiserie”的概念和认识-作为学术用语的“原来”的意思以及在旅游指南书中的被“创出”的意思-」
栗原伸治
農村計画学会+中国城市規劃学会郷村規劃建設委員会「日中農村計画交流セミナー」   Oct 2016   農村計画学会+中国城市規劃学会郷村規劃建設委員会
「町名にもとづく横浜の方位観の生成」(口頭発表)(共著)
小山航、栗原伸治
『2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演梗概集(都市計画)』   Aug 2016   日本建築学会

Research Grants & Projects

 
「シノワズリの逆輸入と地域アイデンティティ-中国上海・広州の水を活かした空間計画-」(代表者)
Project Year: 2014 - 2017    Investigator(s): 栗原伸治

Others

 
Mar 2019
谷口篤「神戸の屋上をハッキング-ヒトとモノが織りなす化学反応-」(佳作)講評
Mar 2018
荒金千花子「#ガラスの杜~伝える受け取る繋がる家~」(佳作)講評(単著)
Feb 2017
安斉隼斗「FORM OF FAMILY」(佳作)講評(単著)
Jan 2016
加藤涼太「「こもせ」を通じた新・町家の集い」(優秀賞)講評(単著)
Aug 2012
テレビ東京 夏休み特番『所さんの世界のビックリ村2~こんなトコロになぜ?~』中国パート:壁の中に人が住む村(甘粛省窰洞の村) VTR監修