鈴木 孝

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 03:01
 
アバター
研究者氏名
鈴木 孝
 
スズキ タカシ
所属
日本大学
部署
薬学部薬学科
職名
教授
学位
博士(医学)(日本大学)
その他の所属
日本大学
科研費研究者番号
40318457

研究分野

 

経歴

 
1984年5月
 - 
1987年3月
日本大学医学部小児科学教室(助手)・板橋区医師会病院小児科(医員)
 
1987年4月
 - 
1988年9月
国立がんセンター研究所分子腫瘍学部リサーチ・レジデント
 
1988年10月
 - 
1990年10月
日本大学医学部小児科(助手)・横須賀市立市民病院小児科(医員)
 
1990年11月
 - 
1992年10月
米国・ロサンゼルス小児病院・血液腫瘍科(ポストドクトル・フェローシップ)
 
1992年11月
 - 
1998年12月
日本大学医学部小児科(助手)
 

学歴

 
 
 - 
1976年
日本大学 理工学部 薬学科
 
 
 - 
1984年
日本大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2019年3月
公益財団法人MR認定センター  教育研修委員会委員
 
2013年6月
 - 
2015年12月
日本小児血液・がん学会  4.日本小児血液・がん学会 小児血液・がん専門医試験問題作成委員
 
2010年4月
   
 
日本薬理学会  評議員
 
2009年12月
 - 
2010年
厚生労働省  2.厚生労働省薬剤師国家試験出題基準改定部会委員
 
2000年4月
 - 
2007年3月
厚生労働省  1.厚生労働省薬剤師国家試験出題委員
 

受賞

 
1995年1月
日本大学医学部同窓会60周年記念医学奨励金研究
 
2000年
医薬資源研究振興会奨励研究
 

論文

 
4'-O-β-d-Glucopyranosyl-4-hydroxy-3,3',5-trimethoxychalcone derived from Brassica rapa L. induces cell cycle arrest and apoptosis in neuroblastoma.
Masahiro Kurita, Toshimitsu Nakayama, Satoru Asami, Takeo Uchiyama, Shinichi Ono, Atsuyoshi Nishina, Mamoru Koketsu, Takashi Suzuki
Pharmacology Therapeutic Research   2(3) 6-12   2018年9月   [査読有り]
Antitumor Effect of Burchellin Derivatives Against Neuroblastoma
Masahiro Kurita, Tomomi Takada, Noriko Wakabayashi, Satoru Asami, Shinichiro Ono, Taketo Uchiyama and Takashi Suzuki
ANTICANCER RESEARCH   38 855-862   2018年2月   [査読有り]
Team-based learning (TBL)による学修効果の検証
小野真一、伊藤芳久、石毛久美子、小菅康弘、浅見覚、泉澤恵、小林弘子、林宏行、鈴木孝、岸川幸生、畑春実、小瀬英司、田畑恵市
YAKUGAKU ZASSHI   137(11) 1419-1423   2017年9月   [査読有り]
5,7-Dihydroxyflavone Analogues May Regulate Lipppolysaccharide-Induced Inflammatory Responses by Suppressing IκBα-Linked Akt and ERK5 Phosphorylation in RAW 264.7 Macrophage.
Atsushi Nishina, Kazue Shimizu, Mamoru Koketsu, Masayoyuki Ninomiya, Daisuke Sato, Takashi Suzuki, Satoshi Hayakawa, and Hirokazu Kimura
EvidenceAlternative Medicine-Based Complementary and      2017年4月   [査読有り]
Effect of Flavonoids and Triterpene Analogues from Leaves of Eleutherococcus siebloldianus (Makino) Koidz.`Himeukogi` in #T3-L1 Preadipocytes.
Atsushi Nishina, Masaya Itagaki, Yuusuke Suzuki, Mamoru Koketsu, Masayuki Ninomiya, Daisuke Sato, TakashiSuzuki, Satoshi Hayakawa, Makoto Kurokawa and Hirokazu Kimura
Molecules   22 671-685   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
小児薬用量の考え方
鈴木孝
調剤と情報   11(8) 10-15   2005年8月   [依頼有り]
乳幼児期によくある病気のサイン
鈴木孝
調剤と情報   11(8) 26-29   2005年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
病態で考える薬学的フィジカルアセスメント
鈴木孝
羊土社   2018年6月   
薬剤師に対して、バイタルサインのとり方から入ってフィジカルアセスメントについて薬物との関係も考慮して概説している。
疾患そして薬物治療 悪性新生物と戦う
鈴木孝
京都廣川書店   2014年9月   
疾患全般の病態と薬物治療について記載されている。薬剤師が必要となる検査値の読み方についても記載されている。
症例で身につける臨床薬学ハンドブック 改訂第2版 124症例から学べる薬物治療の考え方と服薬指導のポイント
鈴木孝ら (担当:編者, 範囲:呼吸器系疾患、血液・造血器疾患、腎臓疾患、感染症、婦人科疾患、皮膚科疾患、小児疾患など)
羊土社   2014年1月   
病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法IV免疫疾患/骨・関節疾患/血液・造血器疾患/内分泌・代謝疾患
日本医療薬学会編集 (担当:共著)
南江堂   2012年6月   
わかりやすい疾患と処方薬の解説 チューターガイド
鈴木孝ら (担当:共著)
アークメディア   2012年3月   

講演・口頭発表等

 
神経芽腫に対するインドール誘導体の抗腫瘍活性
栗田雅弘、齋藤梨沙、浅見覚、牧野三津子、川面基、鈴木孝
日本薬学会第138年会(金沢)   2018年3月26日   日本薬学会
神経芽腫に対するカルコン配糖体の抗腫瘍効果の検討
栗田雅弘、浅見覚、内山武人、仁科淳良、纐纈守、鈴木孝
平成29年度日本大学薬学部学術講演会   2017年11月4日   日本大学薬学部
Exploratory research for novel therapeutic drug for neuroblastoma: anti-tumor effect of burchellin derivatives.
Masahiro Kurita, Satoru Asami, Taketo Uchiyama, Shinichi Ono(School of Pharmacy, Nihon University), Takashi Suzuki(School of Pharmacy and School of Medicine, Nihon University)
3rd Asian-Pacific International Symposium of Neuroblastoma   2017年10月6日   
ミヤンマー生薬 Mansonia gagei J. R. Drumm.が含有するメラニン産生抑制物質の探索
三浦愛理、浮谷基彦、深津誠(日本大理工)、鈴木孝(日本大薬・医)、内山武人(日本大薬)、早川智(日本大医)、平井康昭(昭和大)、Nyunt Phay(パセイン大)、仁科良淳(日本大理工)
日本生薬学会第64回年会(千葉)   2017年9月9日   日本生薬学会
Efficient preparation of 1, 5-anhydroalditol and synthesis of tellimagrandin I analog
Taketo Uchiyama, Saki Mukai, Megumi Funato, Yoshimi Ichimura, Masahiro Kurita, Takashi Suzuki, Shinichi Miyairi
19th European Carbohydrate Synposium, Barcelona (Spain)   2017年7月2日   

特許

 
WO2003/078410 : Cyclic etheramine derivatives and their use for the treatment of tumors
11023 : ニーム種子由来の悪性腫瘍治療薬
第5131855号 : 植物由来の悪性腫瘍治療薬
100065215 : 抗発癌プロモーター活性剤
2007-288387 : トリテルペノイドエステル誘導体の抗腫瘍活性

社会貢献活動

 
薬剤師に何故フィジカルアセスメントが必要か?フィジカルアセスメントの第一歩
【講師】  日本大学薬学部  2019年1月11日
薬剤師が行えるフィジカルアセスメントについて、法律的・教育的観点から講演をした。
千葉県薬剤師会 「薬剤師のためのフィジカルアセスメント研修会」
【出演】  千葉県薬剤師会  (千葉県薬剤師会)  2018年8月19日 - 2018年9月17日
千葉県の薬剤師を対象に、バイタルサインを中心にその他必要なフィジカルアセスメントについてじっせんして理解を深める。
平成30年度 日本大学薬学部生涯教育口座実践セミナー
【講師】  日本大学薬学部  ( 日本大学薬学部)  2018年6月23日
講義と実践形式でフィジカルアセスメント講習会を行った。
神奈川県薬剤師会 平成29年度第4回倫理研修会「医療従事者における医療倫理とその実践」
【講師】  神奈川県薬剤師会  2018年3月3日
神奈川県の薬剤師を対象に医療倫理の講演を行い、症例を基にその実践に関するワークショップを行った。
千葉県薬剤師会「フィジカルアセスメント講習会」
【講師】  千葉県薬剤師会  2017年8月9日 - 2017年9月24日
千葉県薬剤師を対象に「フィジカルアセスメント」に関連する講義・実習を行った。