HASHIZAKI Kaname

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 03:11
 
Avatar
Name
HASHIZAKI Kaname
E-mail
hashizaki.kanamenihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
School of Pharmacy, School of Pharmacy
Job title
Associate Professor
Degree
Master(Engineering)(Tokyo University of Science)
Research funding number
60318459

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2007
日本大学薬学部助手
 
Apr 2007
 - 
Mar 2014
日本大学薬学部助教
 
Feb 2010
 - 
Sep 2010
米国メリーランド大学カレッジパーク校(UMCP)工学部 客員研究員
 
Apr 2014
   
 
日本大学薬学部准教授
 
Aug 2014
 - 
Aug 2014
米国メリーランド大学カレッジパーク校(UMCP)工学部 客員研究員
 

Education

 
 
 - 
1997
Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
 
 
 - 
1999
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
 

Awards & Honors

 
Oct 2017
乳幼児に与える散剤のペースト化に必要な水分量の最適化と後発医薬品への適用に関する研究, 第50回日本薬剤師会学術大会 ポスター優秀賞, 日本薬剤師会
Winner: 福田春香,吉村彩也香,小林千翔,橋崎要,鈴木直人,金沢貴憲,重谷美子,深水啓朗,山本佳久,鈴木豊史
 
Dec 2009
ショ糖脂肪酸エステルにより誘起された新規なレシチンオルガノゲル, 2009年度材料技術研究協会討論会 ポスター賞奨励賞
 
Dec 2005
2005年度材料技術研究協会ゴールドポスター賞
 
2000
日本油化学会エディター賞
 
1998
1998年度材料技術研究協会討論会ポスター賞
 

Published Papers

 
橋崎要,須長航平,小田裕介,塲集田麻衣,今井美湖,後藤志宏,田口博之,齋藤好廣,藤井まき子
YAKUGAKU ZASSHI   139(4) 635-640   Apr 2019   [Refereed]
Optimum volume of water needed for the paste state of pediatric powders: Considerations based on yield values and applications to generic medicine
Haruka Fukuda, Toyofumi Suzuki, Kaname Hashizaki, Sayaka Yoshimura, Chika Kobayashi, Yosiko Omotani, Naoto Suzuki, Takanori Kanazawa, Toshiro Fukami, Yoshihisa Yamamoto
YAKUGAKU ZASSHI   139(2)    Feb 2019   [Refereed]
Hiroyuki Taguchi, Haruki Tanaka, Kaname Hashizaki, Yoshihiro Saito, Makiko Fujii
Biological and Pharmaceutical Bulletin   42(1) 116-122   Jan 2019   [Refereed]
Makiko Fujii, Kiku Kato, Miko Imai, Hiroki Kuwabara, Minori Awano, Kaname Hashizaki, Hiroyuki Taguchi
Biological and Pharmaceutical Bulletin      Dec 2018   [Refereed]
Possibility of Highly Viscoelastic Lecithin Reverse Wormlike Micelle as the Vehicle for Transdermal Therapeutic Application
Kaname Hashizaki, Hiroyuki Taguchi, and Makiko Fujii
Accounts of Materials & Surface Research   3(4) 190-198   Oct 2018   [Refereed][Invited]

Books etc

 
基礎から学ぶ製剤化のサイエンス 第3版
エルゼビア・ジャパン(株)   Aug 2016   ISBN:978-4-86034-311-8
New Frontiers of Molecular Gels -Development & Application-
Supervisor : Masahiro Suzuki (Part:Joint Work, 第13章バイオマテリアル 第3節レシチン逆紐状ミセルからなるゲル状体の皮膚適用製剤への応用)
シーエムシー出版   May 2016   ISBN:978-4-7813-1156-2
ゲルの安定化と機能付与・次世代への応用開発
情報技術協会   Dec 2013   ISBN:978-4-86104-514-1
油化学辞典―脂質・界面活性剤
丸善   Mar 2004   

Conference Activities & Talks

 
疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたリポソームのゲル化
梅田里紗、橋崎要、三浦基文、田口博之、藤井まき子
日本薬剤学会第34年会   16 May 2019   日本薬剤学会
剤形の異なる外用剤からの薬物皮膚移行に及ぼす塗布方法・環境の影響
佐藤真由子、望月隆一郎、坂田修、田口博之、橋崎要、藤井まき子
日本薬剤学会第34年会   16 May 2019   日本薬剤学会
皮膚適用製剤のサイコレオロジーによる感触の把握
山田和希、橋崎要、畑春実、星井勇人、田口博之、藤井まき子、鈴木豊史
日本薬剤学会第34年会   16 May 2019   日本薬剤学会
OWRK法を用いたローション剤の皮膚に対する濡れ性および付着性の予測
橋崎要、須長航平、小田裕介、塲集田麻衣、今井美湖、後藤志宏、田口博之、齋藤好廣、藤井まき子
日本薬学会第139年会   23 Mar 2019   日本薬学会
超分⼦オルガノゲルを利⽤した薬物の⽪膚浸透技術 [Invited]
橋崎要
第36回コロイド・界面技術シンポジウム   25 Jan 2019   日本化学会コロイドおよび界面化学部会

Research Grants & Projects

 
ペプチド性薬物の鼻腔内滞留性に優れた噴霧可能なスマートゲル製剤の開発
文部科学省: 平成29年度科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 橋崎要
各種オイルのゲル化に関する研究
Project Year: 2014 - 2015    Investigator(s): 齋藤好廣

Patents

 
2019-119814 : ゲル状組成物の製造方法及びゲル状組成物
橋崎要、藤井まき子、田口博之
2016-148418 : ゲル状組成物及びゲル状組成物の製造方法
橋崎要、藤井まき子
2013-87113 : 油性ゲル状組成物
坂西裕一、橋崎要、齋藤好廣、田口博之
2013-53081 : 油性ゲル状組成物を用いたヘアオイル
坂西裕一、橋崎要、田口博之、橋崎要
2012-250919 : 油性ゲル状組成物
坂西裕一、橋崎要、齋藤好廣、田口博之