光藤 健司

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/11 21:08
 
アバター
研究者氏名
光藤 健司
 
ミツドウ ケンジ
URL
http://www.ycu-oms.jp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 口腔外科学
職名
准教授
学位
博士(医学)(名古屋大学)

プロフィール

進行口腔がんに対し超選択動注化学放射線療法を行い、原発の手術回避、予後の改善を目指した治療を行っています。この治療法は本来手術が必要である進行口腔がんに対しても咀嚼、嚥下、咬合などの機能の温存が可能となりました。また口腔がんの頸部転移進展症例に対してはハイパーサーミア(がん温熱療法)を併用し、良好な成績が得られています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年7月
 - 
現在
横浜市立大学大学院医学研究科 顎顔面口腔機能制御学 教授
 
2007年7月
 - 
2018年6月
横浜市立大学大学院医学研究科顎顔面口腔機能制御学 准教授
 
2003年7月
 - 
2007年6月
名古屋大学大学院医学系研究科頭頸部感覚器外科学講座 講師
 
2003年4月
 - 
2003年6月
名古屋大学大学院医学系研究科頭頸部感覚器外科学講座 助手
 
2001年4月
 - 
2003年3月
The University of Texas MD Anderson Cancer Center (USA), postdoctoral fellow
 
1998年7月
 - 
2001年3月
名古屋大学大学院医学系研究科頭頸部感覚器外科学講座 助手
 

論文

 
Iwai T, Sugiyama S, Hayashi Y, Oguri S, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Auris, nasus, larynx   45(2) 343-345   2018年4月   [査読有り]
Mitsudo K, Hayashi Y, Minamiyama S, Ohashi N, Iida M, Iwai T, Oguri S, Koizumi T, Kioi M, Hirota M, Koike I, Hata M, Tohnai I
Oral oncology   79 71-77   2018年4月   [査読有り]
Nakakaji R, Umemura M, Mitsudo K, Kim JH, Hoshino Y, Sato I, Masuda T, Yamamoto M, Kioi M, Koizumi T, Fujita T, Yokoyama U, Iida M, Sato M, Sato H, Murofushi S, Shibata S, Aoki I, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
Oncotarget   9(21) 15591-15605   2018年3月   [査読有り]
[Assessing Patient Factors Influencing the Discontinuation of Opioids after Intra-Arterial Chemotherapy for Oral Cancer - A Retrospective Study].
Kessoku T, Kusakabe A, Matsuura T, Honda Y, Yoshimi A, Goto A, Yoshida H, Sukegawa A, Hata C, Saito Y, Miyashita Y, Yashiro R, Komori T, Arai S, Kamata Y, Shimizu T, Mitsudo K, Koizumi T, Tohnai I, Nakajima A, Ichikawa Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(Suppl 1) 95-97   2018年3月   [査読有り]
[Patient Factors Enabling the Decannulation of the Gastrostomy Tube after Superselective Intra-Arterial Chemoradiation Therapy for Locally Advanced Oral Cancer - A Retrospective Study].
Honda Y, Kessoku T, Kusakabe A, Matsuura T, Yoshimi A, Goto A, Yoshida H, Sukegawa A, Hata C, Saito Y, Miyashita Y, Yashiro R, Komori T, Arai S, Kamata Y, Shimizu T, Mitsudo K, Koizumi T, Tohnai I, Nakajima A, Ichikawa Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(Suppl 1) 104-106   2018年3月   [査読有り]
Kondoh N, Mizuno-Kamiya M, Takayama E, Kawati H, Umemura N, Yamazaki Y, Mitsudo K, Tohnai I
The open dentistry journal   12 455-465   2018年   [査読有り]
Minamiyama S, Mitsudo K, Hayashi Y, Iida M, Iwai T, Nakashima H, Oguri S, Ozawa T, Koizumi T, Hirota M, Kioi M, Tohnai I
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   124(1) 16-23   2017年7月   [査読有り]
Hayashi Y, Mitsudo K, Sakuma K, Iida M, Iwai T, Nakashima H, Okamoto Y, Koizumi T, Oguri S, Hirota M, Kioi M, Koike I, Hata M, Tohnai I
Radiation oncology (London, England)   12(1) 112   2017年7月   [査読有り]
Kitajima H, Oshima M, Iwai T, Ohhara Y, Yajima Y, Mitsudo K, Tohnai I
Biomedical engineering online   16(1) 57   2017年5月   [査読有り]
Okubo M, Iwai T, Nakashima H, Koizumi T, Oguri S, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Indian journal of otolaryngology and head and neck surgery : official publication of the Association of Otolaryngologists of India   69(1) 6-10   2017年3月   [査読有り]
Hayashi Y, Nakamura T, Mitsudo K, Yamaguchi H, Ono T, Azami Y, Takayama K, Suzuki M, Hatayama Y, Tsukiyama I, Hareyama M, Kikuchi Y, Fuwa N, Tohnai I
Head & neck   38(8) 1145-1151   2016年8月   [査読有り]
Okubo M, Kioi M, Nakashima H, Sugiura K, Mitsudo K, Aoki I, Taniguchi H, Tohnai I
Scientific reports   6 27548   2016年6月   [査読有り]
Hayashi Y, Nakamura T, Mitsudo K, Kimura K, Yamaguchi H, Ono T, Azami Y, Takayama K, Hirose K, Yabuuchi T, Suzuki M, Hatayama Y, Kikuchi Y, Wada H, Fuwa N, Hareyama M, Tohnai I
Asia-Pacific journal of clinical oncology      2016年5月   [査読有り]
Sato I, Umemura M, Mitsudo K, Fukumura H, Kim JH, Hoshino Y, Nakashima H, Kioi M, Nakakaji R, Sato M, Fujita T, Yokoyama U, Okumura S, Oshiro H, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
Scientific reports   6 24629   2016年4月   [査読有り]
Takayama K, Nakamura T, Takada A, Makita C, Suzuki M, Azami Y, Kato T, Hayashi Y, Ono T, Toyomasu Y, Hareyama M, Kikuchi Y, Daimon T, Mitsudo K, Tohnai I, Fuwa N
Journal of cancer research and clinical oncology   142(3) 659-667   2016年3月   [査読有り]
Shimizu M, Mitsudo K, Koike I, Taguri M, Iwai T, Koizumi T, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Inoue T, Tohnai I
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   121(3) 239-247   2016年3月   [査読有り]
Ohhara Y, Oshima M, Iwai T, Kitajima H, Yajima Y, Mitsudo K, Krdy A, Tohnai I
Biomedical engineering online   15 16   2016年2月   [査読有り]
Naganawa K, Takayama E, Adachi M, Mitsudo K, Iida M, Kamiya-Mizuno M, Kawaki H, Ichinose M, Motohashi M, Muramatsu Y, Tohnai I, Sumitomo S, Shikimori M, Kondoh N
The open dentistry journal   9 120-124   2015年   [査読有り]
Increase of peripheral blood CD57+ T-cells in patients with oral squamous cell carcinoma.
Iida M, Takayama E, Naganawa K, Mitsudo K, Adachi M, Baba J, Fujimoto-Muto M, Motohashi M, Mizuno-Kamiya M, Kawaki H, Kioi M, Ichinose M, Sumitomo S, Muramatsu Y, Shikimori M, Tohnai I, Kondoh N
Anticancer research   34(10) 5729-5734   2014年10月   [査読有り]
[Retrograde superselective intra-arterial chemoradiotherapy for advanced oral cancer].
Mitsudo K
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41(7) 833-836   2014年7月   [査読有り]
Iwai T, Fuwa N, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Indian journal of otolaryngology and head and neck surgery : official publication of the Association of Otolaryngologists of India   66(2) 205-207   2014年6月   [査読有り]
Sato I, Umemura M, Mitsudo K, Kioi M, Nakashima H, Iwai T, Feng X, Oda K, Miyajima A, Makino A, Iwai M, Fujita T, Yokoyama U, Okumura S, Sato M, Eguchi H, Tohnai I, Ishikawa Y
The journal of physiological sciences : JPS   64(3) 177-183   2014年5月   [査読有り]
Mitsudo K, Koizumi T, Iida M, Iwai T, Nakashima H, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Koike I, Hata M, Tohnai I
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   111(2) 306-310   2014年5月   [査読有り]
Iwai T, Maegawa J, Matsui Y, Mitsudo K, Tohnai I
Indian journal of otolaryngology and head and neck surgery : official publication of the Association of Otolaryngologists of India   66(Suppl 1) 314-315   2014年1月   [査読有り]
Hiroaki N, Kenji M, Noriyuki Y, Iwai T
Journal of cancer research and therapeutics   9(4) 718-720   2013年10月   [査読有り]
Shibasaki M, Iwai T, Maegawa J, Inayama Y, Yokosuka T, Yokota S, Ohta S, Matsui Y, Mitsudo K, Tohnai I
The Journal of craniofacial surgery   24(4) 1469-1472   2013年7月   [査読有り]
Iwai T, Izumi T, Baba J, Maegawa J, Mitsudo K, Tohnai I
Iranian journal of radiology : a quarterly journal published by the Iranian Radiological Society   10(2) 74-76   2013年6月   [査読有り]
Shibasaki M, Iwai T, Chikumaru H, Mitsudo K, Inayama Y, Tohnai I
The Journal of craniofacial surgery   24(3) e311-4   2013年5月   [査読有り]
Ohya T, Iwai T, Luan K, Kato T, Liao H, Kobayashi E, Mitsudo K, Fuwa N, Kohno R, Sakuma I, Tohnai I
Biomedical engineering online   11 65   2012年9月   [査読有り]
Iwai T, Baba J, Murata S, Mitsudo K, Maegawa J, Nagahama K, Tohnai I
The Journal of craniofacial surgery   23 e374-6   2012年9月   [査読有り]
Iwai T, Baba J, Shibasaki M, Omura S, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
The Journal of craniofacial surgery   23 e507-9   2012年9月   [査読有り]
Mitsudo K, Koizumi T, Iida M, Iwai T, Oguri S, Yamamoto N, Itoh Y, Kioi M, Hirota M, Tohnai I
International journal of radiation oncology, biology, physics   83 e639-45   2012年8月   [査読有り]
Iwai T, Izumi T, Inoue T, Fuwa N, Shibasaki M, Oguri S, Mitsudo K, Tohnai I
Surgical and radiologic anatomy : SRA      2012年8月   [査読有り]
Mitsunaga S, Iwai T, Aoki N, Yamashita Y, Omura S, Matsui Y, Maegawa J, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology      2012年7月   [査読有り]
Iwai T, Izumi T, Inoue T, Maegawa J, Fuwa N, Mitsudo K, Tohnai I
Iranian journal of radiology : a quarterly journal published by the Iranian Radiological Society   9(2) 103-105   2012年6月   [査読有り]
Iwai T, Izumi T, Inoue T, Maegawa J, Mitsudo K, Tohnai I
The British journal of oral & maxillofacial surgery   50(4) 373-375   2012年6月   [査読有り]
Iwai T, Izumi T, Inoue T, Maegawa J, Fuwa N, Mitsudo K, Tohnai I
Surgical and radiologic anatomy : SRA   34(1) 85-88   2012年1月   [査読有り]
Yonenaga K, Tohnai I, Mitsudo K, Mori Y, Saijo H, Iwai T, Yonehara Y, Ota Y, Torigoe K, Takato T
International journal of clinical oncology / Japan Society of Clinical Oncology   16(6) 654-659   2011年12月   [査読有り]
Etodolac improves 5-FU sensitivity of head and neck cancer cells through inhibition of thymidylate synthase.
Murata S, Adachi M, Kioi M, Torigoe S, Ijichi K, Hasegawa Y, Ogawa T, Bhayani MK, Lai SY, Mitsudo K, Tohnai I
Anticancer research   31 2893-2898   2011年9月   [査読有り]
Adachi M, Mitsudo K, Yamamoto N, Hagiwara S, Shigetomi T, Fujimoto Y, Lai SY, Tohnai I
Head & neck      2011年9月   [査読有り]
[Effectiveness of superselective intra-arterial infusion chemotherapy for lymphatic metastasis].
Mitsudo K
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 1093-1097   2011年7月   [査読有り]
Matsumoto K, Yamamoto N, Hagiwara S, Saito M, Furue H, Shigetomi T, Narita Y, Mitsudo K, Tohnai I, Kobayashi T, Ueda M
Oncology reports   25 1525-1532   2011年6月   [査読有り]
Mitsudo K, Shigetomi T, Fujimoto Y, Nishiguchi H, Yamamoto N, Furue H, Ueda M, Itoh Y, Fuwa N, Tohnai I
International journal of radiation oncology, biology, physics   79(5) 1428-1435   2011年4月   [査読有り]
Oshiro H, Iwai T, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I, Minamimoto R, Omura-Minamisawa M, Nagashima Y, Yamanaka S, Fukui T, Kanazawa M, Sagawa H, Mita K, Nakayama T, Inayama Y
Medical molecular morphology   43 246-252   2010年12月   [査読有り]
Furuse S, Adachi M, Ijichi K, Ohta S, Torigoe S, Nakazawa M, Miura S, Mitsudo K, Tohnai I
Oncology reports   23 1339-1343   2010年5月   [査読有り]
Tatsuishi Y, Hirota M, Kishi T, Adachi M, Fukui T, Mitsudo K, Aoki S, Matsui Y, Omura S, Taniguchi H, Tohnai I
International journal of molecular medicine   24 361-366   2009年9月   [査読有り]
Iwai T, Matsui Y, Hirota M, Chikumaru H, Mitsudo K, Maegawa J, Tohnai I
The British journal of oral & maxillofacial surgery   47 401-402   2009年7月   [査読有り]
Iwai T, Matsui Y, Yamagishi M, Hirota M, Mitsudo K, Maegawa J, Tohnai I
Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   67 681-682   2009年3月   [査読有り]
Hagiwara S, Murakumo Y, Sato T, Shigetomi T, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Takahashi M
Cancer science   99 1916-1923   2008年10月   [査読有り]
Furue H, Kumimoto H, Matsuo K, Suzuki T, Hasegawa Y, Shinoda M, Sugimura T, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Tajima K, Ishizaki K
International journal of cancer. Journal international du cancer   123 181-186   2008年7月   [査読有り]
Nakashima H, Hamamura K, Houjou T, Taguchi R, Yamamoto N, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Urano T, Furukawa K, Furukawa K
Cancer science   98(4) 512-520   2007年4月   [査読有り]
Nagamine K, Ozaki N, Shinoda M, Asai H, Nishiguchi H, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Sugiura Y
The journal of pain : official journal of the American Pain Society   7 659-670   2006年9月   [査読有り]
Sugimura T, Kumimoto H, Tohnai I, Fukui T, Matsuo K, Tsurusako S, Mitsudo K, Ueda M, Tajima K, Ishizaki K
Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology   35 11-18   2006年1月   [査読有り]
Jayakumar A, Kang Y, Henderson Y, Mitsudo K, Liu X, Briggs K, Wang M, Frederick MJ, El-Naggar AK, Bebök Z, Clayman GL
Archives of biochemistry and biophysics   435(1) 89-102   2005年3月   [査読有り]
Jayakumar A, Kang Y, Mitsudo K, Henderson Y, Frederick MJ, Wang M, El-Naggar AK, Marx UC, Briggs K, Clayman GL
Protein expression and purification   35(1) 93-101   2004年5月   [査読有り]
Jayakumar A, Cataltepe S, Kang Y, Frederick MJ, Mitsudo K, Henderson Y, Crawford SE, Silverman GA, Clayman GL
Methods (San Diego, Calif.)   32 177-184   2004年2月   [査読有り]
Nishikawa M, Hayashi Y, Yamamoto N, Fukui T, Fukuhara H, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Mizuno M, Yoshida J
Nagoya journal of medical science   66 129-137   2003年11月   [査読有り]
Fukuhara H, Hayashi Y, Yamamoto N, Fukui T, Nishikawa M, Mitsudo K, Tohnai I, Ueda M, Mizuno M, Yoshida J
Oral oncology   39 601-609   2003年9月   [査読有り]
Hamaguchi S, Tohnai I, Ito A, Mitsudo K, Shigetomi T, Ito M, Honda H, Kobayashi T, Ueda M
Cancer science   94(9) 834-839   2003年9月   [査読有り]
Gonzalez HE, Gujrati M, Frederick M, Henderson Y, Arumugam J, Spring PW, Mitsudo K, Kim HW, Clayman GL
Archives of otolaryngology--head & neck surgery   129 754-759   2003年7月   [査読有り]
Mitsudo K, Jayakumar A, Henderson Y, Frederick MJ, Kang Y, Wang M, El-Naggar AK, Clayman GL
Biochemistry   42(13) 3874-3881   2003年4月   [査読有り]
Jayakumar A, Kang Y, Frederick MJ, Pak SC, Henderson Y, Holton PR, Mitsudo K, Silverman GA, EL-Naggar AK, Brömme D, Clayman GL
Archives of biochemistry and biophysics   409(2) 367-374   2003年1月   [査読有り]
Tohnai I, Hayashi Y, Mitsudo K, Shigetomi T, Ueda M, Ishigaki T
Oncology   62 234-240   2002年   [査読有り]

Misc

 
進行上顎歯肉癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法
光藤 健司
日本口腔外科学会雑誌   64(2) 32-38   2018年2月
高齢者口腔癌治療の実際と今後の方向性 高齢者口腔癌患者に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の治療効果
光藤 健司, 林 雄一郎, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   29(4) 172-176   2017年12月
高齢者は高血圧症、糖尿病あるいは肝臓・腎臓、呼吸器系障害などの併存疾患を有することがある。高齢者口腔癌患者に対する手術、化学療法、化学放射線療法などの治療法は多くの専門によるチームによって、原発部位、腫瘍の進展範囲、患者の年齢、併存疾患の有無、治療に対する患者の希望などから決められる。高齢者口腔癌患者に対する手術は生存率の向上に寄与するが、局所進行口腔癌に対する拡大手術は嚥下、発語障害を引き起こし、QOLに影響を及ぼすことがある。高齢者口腔癌患者に対する根治療法として放射線療法、化学放射線...
下顎骨を含む多臓器型Langerhans'-cell histiocytosisの1例
中島 英行, 岩井 俊憲, 南山 周平, 渡貫 圭, 光藤 健司, 藤内 祝
日本口腔外科学会雑誌   63(11) 570-575   2017年11月
症例は37歳男性で、健康診断で塵肺が疑われた。重度歯周炎で右下6番を抜歯したが、抜菌窩治癒不全を認めた。同部の急速な歯槽骨吸収を認めた。右下6番の抜歯窩は陥凹しているが、骨露出はなく肉芽形成を認めた。パノラマX線写真では、右下6番抜歯窩を中心に下顎骨の辺縁不正な骨吸収像を認め、骨吸収像は下顎管に近接していた。CT所見では右下7番から右下6番に至る下顎骨の吸収を認め、頬側および舌側の皮質骨は不整な吸収像を認めた。深部の骨吸収は粗造に下顎管周囲に及んでいた。両肺の上中肺野優位に粒状構造、気管支...
口腔癌に対する逆行性動注化学放射線療法のカテーテル関連血流感染症に関する検討
柴崎 麻衣子, 小泉 敏之, 岩井 俊憲, 中島 英行, 小栗 千里, 來生 知, 廣田 誠, 光藤 健司, 根岸 明秀, 藤内 祝
日本口腔外科学会雑誌   63(4) 178-184   2017年4月
逆行性超選択的動注化学放射線療法を施行した口腔癌160例(男性100名、女性60名)を対象とし、易感染性状態を示す疾患を有する患者は24例であった。カテーテル先端の細菌培養検査では67例(41.9%)が陽性で、最も多く検出した菌種はStaphylococcus属であった。検出菌の多くが皮膚常在菌であった。3例にグラム陰性桿菌であるEnterobacter属の菌を検出し、そのうち2例はカテーテル関連血流感染症(CRBSI)発生例であった。血液培養検査は50例で行い、そのうち20例(12.5%...
内視鏡下に摘出した耳下腺導管内唾石の1例
小杉 泰史, 岩井 俊憲, 太田 信介, 小栗 千里, 光藤 健司, 藤内 祝
日本口腔外科学会雑誌   63(3) 153-157   2017年3月
症例は64歳女性で、食事時に左側頬部の腫脹を認めた。CTにて左側耳下腺唾石と診断され、その後も左側頬部の腫脹を繰り返した。CTでは左側咬筋前縁より後方外側の耳下腺導管内に3.4×2.5×2.0mm大の類円形の唾石を認め、開口部と腺体のほぼ中央に位置した。左側耳下腺導管内唾石と診断し、全身麻酔下にて内視鏡下唾石摘出術を施行した。手術翌日に退院し、その後の唾液の流出は良好で耳下腺の腫脹や唾石の再発は認めていない。
内視鏡下に摘出した小児顎下腺唾石の1例
上田 潤, 岩井 俊憲, 小澤 知倫, 小栗 千里, 光藤 健司, 藤内 祝
日本口腔外科学会雑誌   62(11) 575-578   2016年11月
11歳女児。他院にて左側顎下腺唾石と診断され顎下腺摘出術の説明を受けたが、内視鏡による低侵襲治療を希望し当科紹介受診となった。初診時、顎下部に腫脹を認めたため抗菌薬の投与にて消炎をはかり、全身麻酔下での唾液腺内視鏡を用いた唾石摘出術を予定した。左側導管開口部に24Gの血管留置針の外筒をつけた細いブジーを挿入し、その後外筒を深く挿入することで開口部の拡大を図った。開口部から導管内に直径1.6mmの唾液腺内視鏡を挿入し、イリゲーションチャンネルから生理食塩水を注入することで導管を拡大して視野を...
口腔内に初発症状を呈した節外性悪性リンパ腫の検討
杉山 聡美, 岩井 俊憲, 小栗 千里, 中島 英行, 小泉 敏之, 太田 信介, 廣田 誠, 來生 知, 光藤 健司, 藤内 祝
頭頸部癌   42(3) 339-344   2016年10月
口腔内に初発症状を呈する節外性悪性リンパ腫(ML)は非常にまれである。われわれは2005年1月から2015年12月までの間に当科を受診した口腔悪性腫瘍患者1,081例のうち口腔内に初発症状を呈した節外性ML10例について臨床的特徴を検討した。男性は7例、女性は3例であり、年齢は8〜82歳(平均年齢:64.4歳)であった。8例が歯肉に生じており、その他の部位としては口底と頬粘膜に生じていた。病理診断ではびまん性大細胞型B細胞リンパ腫が7例を占めていた。Ann Arbor分類ではステージI、I...
臓器温存治療を目指して 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法
光藤 健司
日本口腔腫瘍学会誌   28(3) 122-127   2016年9月
局所進行口腔癌に対する手術は術後機能障害、整容的な問題が生じ、QOLの低下を引き起こす。逆行性超選択的動注化学療法は放射線療法との連日同時併用療法が可能となり、優れた局所制御率から進行口腔癌に対し臓器温存が可能となった。われわれは臓器温存のため進行口腔癌に対し根治的逆行性超選択的動注化学放射線療法を施行し、良好な結果を報告した。本稿では動注化学放射線療法の概要につき述べる。(著者抄録)
光藤 健司, 小泉 敏之, 飯田 昌樹, 岩井 俊憲, 中島 英行, 小栗 千里, 廣田 誠, 來生 知, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   28(2) 27-32   2016年6月
われわれは頸部リンパ節転移を有する進行口腔癌に対し逆行性超選択的動注化学放射線療法(以下動注CCRT)を施行し、転移リンパ節に対する治療効果につき検討したので報告する。対象は2007年2月から2010年11月までに進行口腔癌(T2-4bN1、2M0)に対し根治的動注CCRTを施行し、原発巣がCRのため原発は手術回避、頸部郭清術のみを行った20症例である。N分類はN1:5例、N2b:10例、N2c:5例であった。治療は浅側頭動脈、後頭動脈より逆行性に腫瘍の栄養動脈に動注カテーテルを留置し、動...
Head and Neck Cancer 頭頸部癌 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法
光藤 健司
癌と化学療法   41(7) 833-836   2014年7月
岩井 俊憲, 柴崎 麻衣子, 北島 大朗, 矢島 康治, 中島 英行, 小栗 千里, 廣田 誠, 光藤 健司, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   26(2) 31-36   2014年6月
われわれは口腔癌患者の上部消化管領域における同時性重複癌のスクリーニングとしての上部消化管内視鏡検査(GIF)とFDG-PET/CTについて比較したので報告する。2006年9月から2009年8月までの3年間に口腔癌患者133例が治療前にGIFとFDG-PET/CTを受けた。GIFで5人の患者(3.8%)に食道や胃の同時性重複癌が発見され、それらは全例早期癌であった。しかし、FDG-PET/CTでは1人のみしか同時性重複癌(食道癌)が発見できず、その感度と特異度はそれぞれ20%と100%であ...
小泉 敏之, 光藤 健司, 小栗 千里, 岩井 俊憲, 光永 幸代, 飯坂 友宏, 來生 知, 廣田 誠, 近津 大地, 藤内 祝
頭頸部癌   39(4) 443-448   2013年12月
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学療法は、放射線療法との連日同時併用が可能となることから高い抗腫瘍効果が期待できる。今回われわれは、上顎歯肉扁平上皮癌(T3、4)の一次症例17例に対して根治的逆行性超選択的動注化学放射線療法を施行し、治療効果について検討した。治療は逆行性超選択的動注化学放射線療法(DOC:60mg/m2、CDDP:150mg/m2、60Gy)を6週間行った。治療終了4週間後に画像検索および原発部位の生検にて治療効果判定を行ったところ、CRが14例(82.4%)、PR...
医学最新情報 進行口腔がんの最新治療法 機能温存を目指した超選択的動注化学放射線療法
光藤 健司
DENTAL DIAMOND   38(13) 86-89   2013年10月
大久保 牧子, 岩井 俊憲, 光藤 健司, 光永 幸代, 小栗 千里, 渡貫 圭, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   23(4) 147-153   2011年12月
舌癌のほとんどは舌側縁や舌下面に生じることが多く、舌背部に生じることは極めてまれである。われわれは両側浅側頭動脈よりの超選択的動注法を用いた連日同時放射線化学療法を施行した舌背扁平上皮癌の1例について報告する。80歳の男性は左側舌背部の腫瘤を主訴に当科を受診した。腫瘤は有茎性で、その大きさは舌背の前方の硬結を含め49×30×12mmであった。生検後、病変は扁平上皮癌と診断された。頸部リンパ節転移は認めなかった。進行舌癌に対する再建術後の機能障害を避けるために、逆行性超選択的動注化学放射線療...
藤内 祝, 光藤 健司, 藤本 保志, 伊藤 善之, 齋藤 清, 亀井 譲, 不破 信和, 佃 守
頭頸部癌 = Head and neck cancer   36(4) 428-435   2010年12月
光永 幸代, 光藤 健司, 岩井 俊憲, 矢島 康治, 柴崎 麻衣子, 大屋 貴志, 大原 良仁, 廣田 誠, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   22(4) 157-163   2010年12月
われわれは温熱療法を併用した逆行性超選択的動注化学放射線療法が著効した上顎歯肉癌N3の1例を経験したので報告する。左側頸部の腫脹を主訴に39歳の男性が当科を受診した。その腫瘤は65×55mmであった。画像診断と病理診断によって腫瘍は上顎歯肉癌・頸部リンパ節転移(T2N3M0)と診断された。患者は温熱療法を併用した浅側頭動脈と後頭動脈よりの超選択的動注化学放射線療法を受けた。シスプラチンの総投与量は150mg/m2であり,ドセタキセルの総投与量は60mg/m2であった。外照射は2Gy/回で週...
大屋 貴志, 王 君臣, 廖 洪恩, 小林 英津子, 岩井 俊憲, 光藤 健司, 藤内 祝, 佐久間 一郎
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   12(3) 246-247   2010年11月
大屋 貴志, 王 君臣, 廖 洪恩, 小林 英津子, 岩井 俊憲, 光藤 健司, 藤内 祝, 佐久間 一郎
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   12(3) 432-433   2010年11月
光藤 健司, 岩井 俊憲, 馬場 隼一, 光永 幸代, 小栗 千里, 小泉 敏之, 渡貫 圭, 來生 知, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   22(3) 102-106   2010年9月
進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学療法は,放射線療法との連日同時併用が可能となることから高い抗腫瘍効果が得られる。われわれは進行口腔癌に対し超選択的動注化学放射線療法を施行し,術前治療としての効果および原発の手術回避について報告してきた。しかし,治療後に腫瘍が残存した症例,再発症例に対しては救済手術が必要となる。今回われわれは本療法を施行し,救済手術が必要であった症例につき術後合併症,予後につき報告する。2006年8月から2009年7月の3年間に横浜市立大学附属病院歯科口腔外科を受診...
柴崎 麻衣子, 光藤 健司, 岩井 俊憲, 玉井 直人, 大原 良仁, 光永 幸代, 渡貫 圭, 廣田 誠, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   22(2) 69-73   2010年6月
口腔癌の頸部リンパ節転移の制御は予後因子として非常に重要である。筋肉,骨,粘膜,皮膚のような周囲組織への浸潤が認められた場合には,頸部再発を避けるために拡大頸部郭清術が必要とされる。われわれはTS-1による化学療法と温熱放射線療法が著効した舌骨に近接した後発頸部リンパ節転移の1例について報告する。40歳代の女性が右側舌の潰瘍を主訴に当科を受診した。患者は右側舌部分切除を受けたが,術後6か月目に舌骨に近接した同側の頸部リンパ節に転移を認めた。咽頭粘膜や舌骨の切除を含めた拡大手術を避けるために...
光藤 健司, 山本 憲幸, 重富 俊雄, 西口 浩明, 古江 浩樹, 岩井 俊憲, 廣田 誠, 松井 義郎, 上田 実, 藤内 祝
日本口腔科学会雜誌   59(1) 1-8   2010年1月
馬場 隼一, 光藤 健司, 岩井 俊憲, 福井 敬文, 光永 幸代, 渡貫 圭, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   21(4) 265-271   2009年12月
岩井 俊憲, 光藤 健司, 福井 敬文, 上園 将慶, 馬場 隼一, 大屋 貴志, 大原 良仁, 東海林 志保美, 光永 幸代, 足立 誠, 渡貫 圭, 筑丸 寛, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
頭頸部癌 = Head and neck cancer   35(3) 273-278   2009年10月
山岸 桃子, 松井 義郎, 岩井 俊憲, 馬場 隼一, 東海林 志保美, 光永 幸代, 廣田 誠, 光藤 健司, 藤内 祝
日本歯科麻酔学会雑誌   37(3) 319-320   2009年7月
岩井 俊憲, 光藤 健司, 福井 敬文, 馬場 隼一, 上園 将慶, 大原 良仁, 東海林 志保美, 光永 幸代, 足立 誠, 渡貫 圭, 太田 信介, 筑丸 寛, 廣田 誠, 松井 義郎, 藤内 祝
頭頸部癌 = Head and neck cancer   34(4) 508-512   2008年12月
山岸 桃子, 松井 義郎, 岩井 俊憲, 東海林 志保美, 渡貫 圭, 福井 敬文, 光藤 健司, 前川 二郎, 藤内 祝
日本歯科麻酔学会雑誌   36(5) 569-570   2008年10月
森田 淳平, 松井 義郎, 岩井 俊憲, 東海林 志保美, 足立 誠, 福井 敬文, 渡貫 圭, 光藤 健司, 藤内 祝
日本口腔腫瘍学会誌   20(3) 151-156   2008年9月
西川 雅也, 藤内 祝, 山本 憲幸, 福井 敬文, 西口 浩明, 重冨 俊雄, 光藤 健司, 上田 実
日本口腔外科学会雑誌   54(4) 222-228   2008年4月
Background: We recently began using preoperative chemotherapy delivered by superselective intraarterialinfusion via the superficial temporal artery as a treatment for oral cancer. However, catheterization is difficultin some patients because of th...
長嶺 健二郎, 山本 憲幸, 光藤 健司, 西口 浩明, 福井 敬文, 重冨 俊雄, 畑中 隆志, 夫 才成, 藤内 祝, 上田 実
日本口腔外科学会雑誌   54(4) 229-233   2008年4月
We have performed daily concurrent preoperative treatment combined with superselective intra-arterialinfusion chemoradiotherapy via the superficial temporal artery (HFT method) using docetaxel (DOC) and cisplatin (CDDP) in patients with oral cance...
光藤 健司, 重冨 俊雄, 福井 敬文, 山本 憲幸, 西口 浩明, 斉藤 昌樹, 中島 英行, 宇佐見 一公, 古江 浩樹, 上田 実, 藤内 祝
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   33(3) 226-231   2007年10月
山本 憲幸, 藤内 祝, 光藤 健司, 西口 浩明, 斉藤 昌樹, 中島 英行, 杉村 友隆, 古江 浩樹, 福井 敬文, 上田 実
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   33(1) 6-10   2007年1月
光藤 健司, 藤内 祝, 不破 信和, 古谷 和久, 西口 浩明, 福井 敬文, 山本 憲幸, 杉村 友隆, 斎藤 昌樹, 上田 実
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   32(1) 93-97   2006年3月
藤内 祝, 不破 信和, 光藤 健司, 古谷 和久, 福井 敬文, 山本 憲幸, 西口 浩明, 上田 実
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   31(1) 39-44   2005年4月
藤内 祝, 林 康司, 重富 俊雄, 光藤 健司, 福井 敬文, 福原 広和, 山本 憲幸, 西川 雅也, 石垣 武男, 不破 信和, 上田 実
頭頚部腫瘍   28(1) 253-258   2002年3月
松野 英幸, 藤内 祝, 光藤 健司, 林 康司, 伊藤 正文, 新海 政重, 小林 猛, 吉田 純, 上田 実
日本ハイパーサーミア学会誌 = Japanese journal of Hyperthermic Oncology   17(3) 141-150   2001年9月
光藤 健司, 藤内 祝, 林 康司, 上田 実, 小林 身哉
日本口腔外科学会雑誌   47(2) 83-88   2001年2月
Hyperthermia has been used to treat cancer. However, hyperthermia has been shown to suppress skin-associated immune responses. To examine the effect of heat on immunologically responsive cells in oral mucosa, mouse tongue was heated by an implant ...
光藤 健司, 林 康司, 山本 憲幸, 藤内 祝, 上田 実
日本口腔科学会雜誌   50(1) 1-9   2001年1月
藤内 祝, 岡崎 恭宏, 中井 英貴, 光藤 健司, 新美 敦, 林 康司, 上田 実, 高橋 正克, 中島 務, 中山 敏, 鳥居 修平, 三宅 養三
頭頚部腫瘍   26(3) 544-550   2000年11月
山本 憲幸, 光藤 健司, 林 康司, 藤内 祝, 上田 実
頭頚部腫瘍   26(1) 57-62   2000年3月
藤内 祝, 不破 信和, 林 康司, 光藤 健司, 兼子 隆次, 上田 実
頭頚部腫瘍   25(1) 59-64   1999年3月
山田 健久, 藤内 祝, 林 康司, 山家 誠, 粕谷 幸生, 光藤 健司, 新美 敦, 上田 実
日本口腔外科学会雑誌   41(8) 671-676   1995年8月
The correlation between clinicopathological factors and prognosis was investigated in 110 patients with primary squamous cell carcinomas of the oral cavity who underwent radical neck dissection at our institution between 1980 and 1993.<BR>Metastas...
林 康司, 光藤 健司, 日比 英晴, 藤内 祝, 上田 実
日本口腔外科学会雑誌   41(5) 420-422   1995年5月
The hemolytic uremic syndrome (HUS) is a heterogeneous disorder characterized by hemolytic anemia, thrombocytopenia, and renal failure, occurring predominantly in infants and young children. Recently HUS in adults has been described as a complicat...
中井 英貴, 林 康司, 光藤 健司, 藤内 祝, 上田 実
日本口腔科学会雜誌   44(2) 207-211   1995年4月
小谷 久也, 小林 身哉, 光藤 健司, 渡部 真法, 藤内 祝, 上田 実, 星野 洸
日本口腔科学会雜誌   44(1) 77-82   1995年1月

競争的資金等の研究課題

 
口腔癌の温熱療法に関する研究