武島 良成

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
武島 良成
 
タケシマ ヨシナリ
所属
京都教育大学
部署
社会科学科
職名
准教授
学位
博士(歴史学)(名古屋大学)
その他の所属
東京外国語大学

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1998年4月
 - 
1999年3月
中京大学 非常勤講師
 
1999年4月
 - 
2000年3月
光陵女子短期大学 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
現在
東京外国語大学 共同研究員
 
2004年2月
 - 
2007年3月
京都教育大学 社会科学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
名古屋大学 文学部 日本史学
 
 
 - 
1998年3月
名古屋大学 文学研究科 日本史学
 

論文

 
1945年4月1日の沖縄県読谷村北西部の軍と住民: チビチリガマ、シムクガマの周辺
武島良成
京都教育大学紀要   (129) 16-29   2016年9月
バ・モオ政府(ビルマ)の日本人顧問団
武島良成
東南アジア・歴史と文化   (45) 69-85   2016年5月   [査読有り]
日本のバ・モオ政府に対する譲歩の背景について
武島良成
歴史の理論と教育   145 39-53   2016年1月   [査読有り]
武島良成「
京都教育大学紀要   (127) 27-41   2015年9月
武島良成
京都教育大学紀要   (127) 43-59   2015年9月

Misc

 
太平洋戦争におけるビルマ住民の空襲被害
武島 良成
歴史の理論と教育   (143/144) 1-14   2015年5月
武島 良成
京都教育大学紀要   (126) 1-12   2015年3月
武島 良成
京都教育大学紀要   (125) 1-14   2014年9月
武島 良成
京都教育大学紀要   (125) 31-46   2014年9月
日本占領期ビルマにおける敵国資産の移譲問題
武島 良成
東南アジア・歴史と文化   (43) 5-22   2014年5月

書籍等出版物

 
Reconsidering the Japanese Military Occupation in Burma(1942-1945)
Nemoto Kei; 武島 良成; Ikeda Kazuto; Iwaki Takahiro; Minamida Midori; Ino Kenji, Ye Kyaw Aung; Takahashi Akio; Gustaaf Houtman
Reserch Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa   2007年3月   ISBN:978-4-87297-64-0
日本占領とビルマの民族運動
武島 良成
龍渓書舎   2003年3月   

講演・口頭発表等

 
日本占領期のビルマにおける「ビルマ化」政策
武島 良成
トヨタ財団支援「日本占領期のビルマに関する総合的歴史研究」   2004年11月   
日本占領期のビルマに関する日本側史料について
武島 良成
東南アジア史学会大会   2004年6月   

競争的資金等の研究課題

 
20世紀における戦争
受託研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
The War in the 20th Century
受託研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
日本占領期ビルマに関する総合的歴史研究
受託研究
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月
Synthetic History Research on Burma under the Japanese Occupation
受託研究
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月