MORI Takamasa

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
MORI Takamasa
E-mail
tmorinuce.nagoya-u.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Bioscience and Applied Chemistry, Department of Chemical Science and Technology
Job title
Professor
Research funding number
20345929

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Mar 2007
助手, 物質制御工学専攻, 名古屋大学大学院工学研究科 
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
助教, 物質制御工学専攻, 名古屋大学大学院工学研究科 
 
Apr 2013
 - 
Mar 2015
准教授, 環境応用化学科, 法政大学生命科学部
 
Apr 2016
   
 
教授, 環境応用科学科, 法政大学生命科学部
 
Jun 2009
 - 
Oct 2009
客員研究員, オーストラリア・メルボルン大学 
 

Education

 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
Faculty of Engineering, Nagoya University
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
物質制御工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Nagoya University
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
Graduate School, Division of Engineering, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Jun 2014
Certificate of Excellence in Reviewing (Advanced Powder Technology)
 
Sep 2013
液中での微粒子集合状態評価及び制御に関する基礎研究, ホソカワ粉体工学振興財団研究奨励賞, ホソカワ粉体工学振興財団
 
液中での微粒子集合状態評価及び制御に関する基礎研究
Dec 2012
名古屋大学材料バックキャストテクノロジー研究センター 若手研究奨励賞, 名古屋大学材料バックキャストテクノロジー研究センター
 
Nov 2012
化学工学会 教育奨励賞, 化学工学会
 
Oct 2012
液中ナノ粒子の分散・凝集状態評価技術の開発, 日本粉体工業技術協会 研究奨励賞, 日本粉体工業技術協会
 
液中ナノ粒子の分散・凝集状態評価技術の開発

Published Papers

 
Agglomeration of Fine Particles in Water Upon Application of DC Electric Field
Minerals Engineering   133 119-126   Jan 2019   [Refereed]
固体高分子形燃料電池における触媒層スラリーの特性及び触媒層微構造が発電性能に及ぼす影響の検討
岸 倫人、森山 将平、森 隆昌
粉体工学会誌   55 366-374   2018   [Refereed]
様々な圧力測定を利用したスラリー中の粒子分散・凝集状態評価
粉体粉末冶金協会誌   65(10) 640-645   Jan 2018   [Refereed]
Forward Osmosis Using Temperature-Responsive Slurries as a Draw Solution
T. Mori, S. Sase, K. Kitamura
Am. J. Environ. Eng. Sci.   4(3) 20-29   2017   [Refereed]
Experimental Study on the Time Change in Fluidity and Particle Dispersion State of Alumina Slurries with and without Sintering Aid
T. Mori, R. Kitagawa
Ceram. Inter.   43 13422-13429   2017   [Refereed]

Misc

 
スラリー(粒子分散系)の粒子集合状態評価
分離技術   44(3) 14-18   Jan 2014
分散技術の何が難しいのか?ナゼ難しいのか?
マテリアルステージ   13(5) 30-33   May 2013
ナノ粒子スラリーの新規粒子分散・凝集状態評価技術
森 隆昌,浅井 一輝,木口 崇彦,椿 淳一郎
粉体技術   4(11) 1100-1103   Nov 2012
凝集剤を使用しないケミカルフリーな液中微粒子凝集技術
森 隆昌,椿 淳一郎
ケミカルエンジニヤリング   57(10) 782-786   Oct 2012
噴霧乾燥から乾式プレスまで 最適な顆粒とは何か?
森 隆昌,椿 淳一郎
粉体技術   3 30-34   Nov 2011

Books etc

 
粒子分散系塗布膜を中心にした高粘度スラリーの調液・塗布・乾燥技術
(株)技術情報協会   Jan 2011   
ナノ粒子の凝集と対策 −失敗事例に学ぶ 発生要因/メカニズムと安定化事例集−
(株)技術情報協会   Oct 2011   
リチウム二次電池部材の測定・分析データ集
椿 淳一郎
(株)技術情報協会   Jan 2012   
コンポジット材料の混練・コンパウンド技術と分散・界面制御
(株)技術情報協会    Apr 2013   
薄膜塗布技術と乾燥トラブル対策
(株)技術情報協会   Apr 2013   

Conference Activities & Talks

 
湿式成形で作られる成形体の密度制御におけるスラリー評価の役割(招待講演) [Invited]
粉体工学会2018年度秋期研究発表会   28 Nov 2018   
濃厚スラリー中の粒子分散・凝集評価(招待講演) [Invited]
第8回CSJ化学フェスタ2018   24 Oct 2018   
勘と経験によらない湿式成形プロセスの最適化指針の確立を目指して(招待講演) [Invited]
2018年度エンジニアリングセラミックス若手セミナー   28 Aug 2018   
様々な“圧力”から見えるスラリー中の粒子分散・凝集状態(招待講演) [Invited]
先進セラミックス第124委員会第155回研究会   2 Aug 2018   
スラリー評価に立脚したセラミックス湿式成形プロセスの高度化(招待講演) [Invited]
粉体粉末冶金協会 平成30年度春季大会   14 May 2018   

Research Grants & Projects

 
有機系微粒子スラリーのケミカルフリーな固液分離技術の開発による廃棄物の資源化
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022
濃縮バイオ液肥の生産・利用に向けた技術開発と化学肥料代替の影響評価に関する研究
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021
無動力吸水ポンプの開発
Project Year: Apr 2018 - Mar 2020
温度応答性スラリーの可逆的な分散・凝集制御を利用した新規海水淡水化技術の開発
Project Year: Apr 2016 - Mar 2018
場の制御によるケミカルフリーな微粒子分離技術の体系化と高度分離プロセスへの応用
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018

Patents

 
2018-086714 : 送水装置及び送水方法
2018-028908 : 接触角測定方法、接触角測定装置及び粉体充填装置
2016-253022 : 粒子凝集分離装置及び粒子凝集分離方法
2016-134239 : ドロー溶液、水処理装置、および水処理方法
2012-289109 : 粒子凝集分離回収装置及び粒子凝集分離回収方法