久保村 里正

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 15:34
 
アバター
研究者氏名
久保村 里正
 
クボムラ リセイ
eメール
riseikoshigaya.bunkyo.ac.jp
所属
文教大学
部署
教育学部 学校教育課程
職名
教授
学位
修士(教育学)(埼玉大学), 博士(学術)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
文教大学 教育学部 教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
文教大学 教育学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
岐阜市立女子短期大学准教授
 
1999年4月
 - 
2007年3月
岐阜市立女子短期大学講師
 
1997年4月
 - 
1999年3月
文教大学非常勤助手
 

学歴

 
 
 - 
2008年
名古屋大学 人間情報学研究科 社会システム専攻
 
 
 - 
1995年
埼玉大学 教育学研究科 教科教育(美術)
 
 
 - 
1993年
文教大学 教育学部 初等教育課程 美術選修
 

受賞

 
1998年
現代美術家協会 会友奨励賞
 
2001年
現代美術家協会 会員賞
 
2007年
日本基礎造形学会 研究奨励賞
 

論文

 
久保村 里正
文教大学教育学部紀要 = Annual report of the Faculty of Education, Bunkyo University   (48) 31-45   2014年
視野の特定化によって形成される視覚像を利用した造形とは,対象となる造形物を,ある限定された視野角,距離をもった視点から認知した際のみに,視覚像として成立する作品のことである.この様な作品は11世紀頃から始まった視覚に関する研究,遠近法図法と呼ばれる作図法と密接な関係があり,古くは16世紀の造形物にも見られる.これらの作品は一般的には「アナモルフォーシス」と呼ばれ,親しまれている.「アナモルフォーシス」は人間の視覚に関する原理に基づいた,基礎的な技術として確立されていることから,美術教育の教...
久保村 里正
文教大学教育学部紀要   46 135-150   2013年3月
基礎造形教育法は教員の質や学生の資質による教育効果のムラを低減する教育法であるが、課題によっては学生の表現志向の影響で教育効果に差が発生する場合がある。学生の表現志向は「具象的表現」と「抽象的表現」があるが、学生がどの様にして、その様な表現に至ったかというプロセスについては課題が残った。そこで本研究では久保村が継続的に研究を進めてきた基礎造形教育法を用いた授業の改善を視野に入れた、表現の発生プロセスについて調査を行った。調査方法は質問紙法とし、動物の記憶画を描かせるとともに、その動物に対す...
久保村 里正
文教大学教育学部紀要 = Annual report of the Faculty of Education, Bunkyo University   (47) 101-113   2013年
基礎造形教育法とは、教員の質や学生の資質によって発生する教育効果のムラを低減するために開発された教育法である。本研究では造形要素をインデックスとしたディジタルアーカイブを開発することによって、教員が教具として利用し、より効果的な教育が出来るだけではなく、学生が作品制作の過程で利用することによって、自然に造形要素への理解が促進され、基礎造形教育法全体として、教育効果の上昇が期待できると考えた。そこで小論では、基礎造形教育法で用いられている造形要素をインデックスとして使用した、ディジタルアーカ...
久保村 里正
文教大学教育学部紀要   (46) 135-150   2012年
基礎造形教育法は教員の質や学生の資質による教育効果のムラを低減する教育法であるが、課題によっては学生の表現志向の影響で教育効果に差が発生する場合がある。学生の表現志向は「具象的表現」と「抽象的表現」があるが、学生がどの様にして、その様な表現に至ったかというプロセスについては課題が残った。そこで本研究では久保村が継続的に研究を進めてきた基礎造形教育法を用いた授業の改善を視野に入れた、表現の発生プロセスについて調査を行った。調査方法は質問紙法とし、動物の記憶画を描かせるとともに、その動物に対す...
久保村 里正, 小川 直茂, 奥村 和則
文教大学教育学部紀要   45 59-68   2011年12月
先行研究では基礎造形教育法を用いた授業で学生が制作した作品を調査し,表現傾向として「具象的表現」と「幾何学的・抽象的表現」に分類し,高評価に抽象的表現の作品,低評価に具象的表現が集まったことを明らかにした.そこで本研究では各題材の嗜好調査として,基礎造形の授業を実施している岐阜市立女子短期大学生活デザイン学科の1年生の学生を対象に,全題材の終了後,質問紙によるアンケート調査を実施した.調査の内容は各学生の個々の題材に対する嗜好度について行い,それに対応させ,個々の作品の評価との関係性を明ら...

Misc

 
伊藤 陽子, 平 真由美, 久保村 里正
岐阜市立女子短期大学研究紀要   52 185-202   2002年
This paper reports the result of the fashion show "GIFU wo kiru", from the viewpoints of the activation of apparel industry and the contribution to the regional community by university. We set targets for this fashion show as follows;1. Giving thi...
伊藤 陽子, 久保村 里正
岐阜市立女子短期大学研究紀要   54 151-161   2004年
This study reports on a fashion show held by Gifu City Women's College Fashion Design students in cooperation with Gifu Prefecture, Gifu City and Gifu Apparel Fashion Industry. The purpose of the fashion show is to promote new exciting fashion amo...
久保村 里正
図学研究   41(1) 35-37   2007年
野田 隆弘, 宮本 教雄, 村上 眞知子, 柳田 良造, 伊藤 陽子, 久保村 里正, 服部 宏己, 奥村 和則, 森島 美佳, 小川 宏樹, 仙石 佐和子, 池田 雅広
岐阜市立女子短期大学研究紀要   59 91-96   2009年
The aim of this research was cultivated fashion technology and skill of 17 school students (high school. University, college special school). For this, Fashion Design Conferences were held four times. To produce fashion products, 10 types of diffe...

書籍等出版物

 
小川直茂, 奥村和則, 久保村里正 (担当:共著)
文教大学出版事業部   2014年3月   ISBN:4904035712
絵本で読みとく宮沢賢治
久保村 里正 (担当:共著)
水声社   2013年10月   ISBN:978-489176987
絵本の辞典
久保村 里正 (担当:共著)
朝倉書店   2011年11月   ISBN:978-4254680225
文教大学美術研究室 (担当:編者)
文教大学出版事業部   2010年4月   ISBN:4904035119
アートボックスインターナショナル   2009年3月   ISBN:4872988264

講演・口頭発表等

 
久保村 里正
岐阜市立女子短期大学研究紀要   1999年   
混色システムの指導 -加法混色と減法混色-
基礎造形学会東北大会(宮城大学)   1999年   
立体レンチキューラーの制作と指導
アジア基礎造形連合学会合同中部大会(大垣ソフトピアジャパン)   2000年   
コンピュータを用いた錯視的視覚効果
アジア基礎造形連合学会韓国大会(韓国・国民大学校)   2001年   
日本に於けるパーソナルコンピュータの普及とデザインの役割
日本基礎造形学会基礎造形学会東京大会(女子美術大学)   2001年   

Works

 
「平面充填からのメタモルフォーシス クリスマス2008」,クリスマストリックアート展・久保村里正作品展,ハートフルスクエアーG・ファッションライブラリー(岐阜)
芸術活動   2008年
「平面充填からのメタモルフォーシス Hallo Ween 2008」,2008 KSBDA International Spring Exchange Exhibition ,Myongji University,(韓国)
芸術活動   2008年
「平面充填からのメタモルフォーシス ~シオマネキ~」,日本基礎造形学会九州大会作品展,九州産業大学美術館・円形ギャラリー,筑波大学総合交流会館(つくば市)
芸術活動   2008年
「はじめの一歩Ⅰ ネコ」,「はじめの一歩Ⅱ フラミンゴ」,「はじめの一歩Ⅲ イヌ」,イラストレーター選抜展,ART BOX GALLERY(銀座)
芸術活動   2008年
「平面充填からのメタモルフォーシス 紫陽花・カタツムリ」,第64回現展,国立新美術館(六本木)
芸術活動   2008年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 久保村 里正
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 久保村 里正
本研究では学生の表現志向を調査し、表現志向と造形要素による分類を用いた学生作品のディジタルアーカイブを開発を行った。また「造形要素の組み合わせによる造形メソッド」で考えられていた造形プロセスに、作家の内的なイメージと表現志向の概念を加え、新たな造形プロセスのモデル化を試み、授業における作品制作の際に発生する、具象・抽象の表現志向による個人差を考慮した、基礎造形教育カリキュラムの開発を行い、基礎造形教育の教育効果の向上を図った。
次世代層に対するアパレルデザイン技術普及啓発に関する研究
受託研究
研究期間: 2006年 - 2008年
造形要素のディジタルアーカイブと、その利用による教育および作品評価システムの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
造形要素の組み合わせによる造形メソッドの確立と高度メディアリテラシー教育への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2003年