多久和 陽

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 11:24
 
アバター
研究者氏名
多久和 陽
 
タクワ ヨウ
URL
http://physiology1.w3.kanazawa-u.ac.jp/
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域 医学系 医薬保健研究域 医学系
職名
教授
学位
博士(医)
科研費研究者番号
60171592

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
現在
金沢大学 医学系研究科血管分子生理学 教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
金沢大学 医学類長 医学系長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
金沢大学 医学類長 
 
2006年4月
 - 
2008年3月
金沢大学 医学系研究科 副研究科長
 
1999年1月
 - 
2001年3月
金沢大学 医学部生理学第一講座 教授
 
1997年7月
 - 
1998年12月
国際科学振興財団 研究員
 
1991年7月
 - 
1997年6月
東京大学 医学部脈管病態生理 助教授
 
1987年9月
 - 
1991年8月
筑波大学 内科 講師
 
1985年1月
 - 
1987年8月
米国エール大学 細胞生物学・生理学教室 留学
 
1984年1月
 - 
1984年12月
東京大学 医学部第四内科 助手
 
1979年6月
 - 
1983年12月
東京大学付属病院 内科 研修医
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2010年5月
 - 
2014年3月
日本生理学会  理事
 
2008年
   
 
日本血管生物医学会  理事
 
1991年
 - 
2004年
日本内分泌学会  代議員
 
2004年
   
 
日本心血管内分泌学会  評議員
 
2004年
   
 
日本脂質生化学会  幹事
 
2000年
   
 
日本心脈管作動物質学会  評議員
 
1996年
   
 
日本生理学会  評議員
 

受賞

 
1992年
日本内分泌学会奨励賞
 
1995年
病態代謝研究会助成金
 
1994年
臨床薬理研究振興財団研究助成金
 
1994年
日本心臓財団IBM研究助成金
 
1990年
持田記念研究助成金
 

論文

 
Sphigosine-1-phosphate receptor 1 promotes neointimal hyperplasia in a mouse model of carotid artery injury. Biochem.
Kitano T, Takashima S, Inoue O, Goten C, Nomura A, Yoshioka K, Okajima M, Kaneko S, Takuwa Y, Takamura M.
Biochem. Biphys. res. Communi.   In press    2019年   [査読有り]
Sarker MD. A. K, Aki S, Yoshioka K, Kuno K, Okamoto Y, Ishimaru K, Takuwa N, Takuwa Y.
Endocrinology   160(1) 235-248   2018年11月   [査読有り]
Aung KT, Yoshioka K, Aki S, Ishimaru K, Takuwa N, Takuwa Y.
Journal of Physiological Sciences   1-18   2018年10月   [査読有り]
Pham HQ, Yoshioka K, Mohri H, Nakata H, Aki S, Ishimaru K, Takuwa N, Takuwa Y
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2018年7月   [査読有り]
Lee JY, Han SH, Park MH, Baek B, Song IS, Choi MK, Takuwa Y, Ryu H, Kim SH, He X, Schuchman EH, Bae JS, Jin HK
Nature communications   9(1) 1479-1492   2018年4月   [査読有り]
Zhao J, Okamoto Y, Asano Y, Ishimaru K, Aki S, Yoshioka K, Takuwa N, Wada T, Inagaki Y, Takahashi C, Nishiuchi T, Takuwa Y
PloS one   13(5) e0197604   2018年   [査読有り]
Okumura K, Yoshida K, Yoshioka K, Aki S, Yoneda N, Inoue D, Kitao A, Ogi T, Kozaka K, Minami T, Koda W, Kobayashi S, Takuwa Y, Gabata T
European radiology experimental   2(1) 5   2018年   [査読有り]
Funaki M, Kitabayashi J, Shimakami T, Nagata N, Sakai Y, Takegoshi K, Okada H, Murai K, Shirasaki T, Oyama T, Yamashita T, Ota T, Takuwa Y, Honda M, Kaneko S
Scientific reports   7(1) 16978   2017年12月   [査読有り]
Mori M, Sakata K, Nakanishi C, Nakahashi T, Kawashiri MA, Yoshioka K, Takuwa Y, Okada H, Yokawa JI, Shimojima M, Yoshimuta T, Yoshida S, Yamagishi M, Hayashi K
Heart and vessels   32(10) 1244-1252   2017年10月   [査読有り]
Serafimidis I, Rodriguez-Aznar E, Lesche M, Yoshioka K, Takuwa Y, Dahl A, Pan D, Gavalas A
PLoS biology   15(3) e2000949   2017年3月   [査読有り]
Ohkura SI, Usui S, Takashima SI, Takuwa N, Yoshioka K, Okamoto Y, Inagaki Y, Sugimoto N, Kitano T, Takamura M, Wada T, Kaneko S, Takuwa Y
PloS one   12(8) e0182329   2017年   [査読有り]
Sphingosine-1-phosphate receptor type 2 (S1P2) inhibits bleomycin-induced cellular senescence in murine lung fibroblasts.
Zhao J., Okamoto Y., Takuwa Y.
金沢大学十全医学会雑誌   125(1) 2-13   2016年3月   [査読有り]
Aki S, Yoshioka K, Okamoto Y, Takuwa N, Takuwa Y
The Journal of biological chemistry   290(10) 6086-6105   2015年3月   [査読有り]
Igarashi J, Hashimoto T, Kubota Y, Shoji K, Maruyama T, Sakakibara N, Takuwa Y, Ujihara Y, Katanosaka Y, Mohri S, Naruse K, Yamashita T, Okamoto R, Hirano K, Kosaka H, Takata M, Konishi R, Tsukamoto I
Pharmacology research & perspectives   2(5) e00068   2014年10月   [査読有り]
Ishikura K, Misu H, Kumazaki M, Takayama H, Matsuzawa-Nagata N, Tajima N, Chikamoto K, Lan F, Ando H, Ota T, Sakurai M, Takeshita Y, Kato K, Fujimura A, Miyamoto K, Saito Y, Kameo S, Okamoto Y, Takuwa Y, Takahashi K, Kidoya H, Takakura N, Kaneko S, Takamura T
Diabetologia   57(9) 1968-1976   2014年9月   [査読有り]
Hara A, Sakai N, Furuichi K, Sakai Y, Takeya M, Bucala R, Mukaida N, Takuwa Y, Matsushima K, Kaneko S, Wada T
Clinical and experimental nephrology   17(6) 793-804   2013年12月   [査読有り]
Cui H, Okamoto Y, Yoshioka K, Du W, Takuwa N, Zhang W, Asano M, Shibamoto T, Takuwa Y
The Journal of allergy and clinical immunology   132(5) 1205-1214.e9   2013年11月   [査読有り]
多久Cui H., Okamoto Y., Yoshioka K., Du W., Takuwa N., Zhang W., Asano M., Shibamoto T., Takuwa Y.WA Yoh和 陽
J Allergy Clin Immunol 1   132(5) 1205-1214   2013年9月   [査読有り]
[Physiological roles of class II PI3 kinase-C2alpha in endothelial cells].
Yoshioka K, Takuwa N, Okamoto Y, Takuwa Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   85(9) 775-780   2013年9月   [査読有り]
Biswas K, Yoshioka K, Asanuma K, Okamoto Y, Takuwa N, Sasaki T, Takuwa Y
The Journal of biological chemistry   288(4) 2325-2339   2013年1月   [査読有り]
Takuwa Y, Ikeda H, Okamoto Y, Takuwa N, Yoshioka K
Biochimica et biophysica acta   1831(1) 185-192   2013年1月   [査読有り]
Bruce CR, Risis S, Babb JR, Yang C, Kowalski GM, Selathurai A, Lee-Young RS, Weir JM, Yoshioka K, Takuwa Y, Meikle PJ, Pitson SM, Febbraio MA
Diabetes   61(12) 3148-3155   2012年12月   [査読有り]
Yoshioka K, Yoshida K, Cui H, Wakayama T, Takuwa N, Okamoto Y, Du W, Qi X, Asanuma K, Sugihara K, Aki S, Miyazawa H, Biswas K, Nagakura C, Ueno M, Iseki S, Schwartz RJ, Okamoto H, Sasaki T, Matsui O, Asano M, Adams RH, Takakura N, Takuwa Y
Nature medicine   18(10) 1560-1569   2012年10月   [査読有り]
Kageyama Y, Ikeda H, Watanabe N, Nagamine M, Kusumoto Y, Yashiro M, Satoh Y, Shimosawa T, Shinozaki K, Tomiya T, Inoue Y, Nishikawa T, Ohtomo N, Tanoue Y, Yokota H, Koyama T, Ishimaru K, Okamoto Y, Takuwa Y, Koike K, Yatomi Y
Hepatology (Baltimore, Md.)   56(4) 1427-1438   2012年10月   [査読有り]
Takuwa Y, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa N
BioFactors (Oxford, England)   38(5) 329-337   2012年9月   [査読有り]
Takagi T, Okamoto Y, Tomita S, Sato A, Yamaguchi S, Takuwa Y, Watanabe G
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   142(2) e59-65   2011年8月   [査読有り]
[Cardiovascular function of sphingosine 1-phosphate signaling].
Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa N, Takuwa Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   83(6) 536-544   2011年6月   [査読有り]
Kamioka M, Ishibashi T, Ohkawara H, Nagai R, Sugimoto K, Uekita H, Matsui T, Yamagishi S, Ando K, Sakamoto T, Sakamoto N, Takuwa Y, Wada I, Shiomi M, Maruyama Y, Takeishi Y
Journal of cellular physiology   226(6) 1554-1563   2011年6月   [査読有り]
Suzuki H, Hashimoto H, Kawasaki M, Watanabe M, Otsubo H, Ishikura T, Fujihara H, Ohnishi H, Onuma E, Yamada-Okabe H, Takuwa Y, Ogata E, Nakamura T, Ueta Y
International journal of cancer   128(9) 2215-2223   2011年5月   [査読有り]
Seok YM, Choi YW, Kim GD, Kim HY, Takuwa Y, Kim IK
Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology   383(1) 45-56   2011年1月   [査読有り]
Tumor-suppressive sphingosine-1-phosphate receptor-2 counteracting tumor-promoting sphingosine-1-phosphate receptor-1 and sphingosine kinase 1 - Jekyll Hidden behind Hyde.
Takuwa N, Du W, Kaneko E, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa Y
American journal of cancer research   1(4) 460-481   2011年   [査読有り]
Ando K, Ishibashi T, Ohkawara H, Inoue N, Sugimoto K, Uekita H, Hu C, Okamoto Y, Takuwa Y, Takeishi Y
Journal of atherosclerosis and thrombosis   18(9) 762-773   2011年   [査読有り]
Ohkawara H, Ishibashi T, Saitoh S, Inoue N, Sugimoto K, Kamioka M, Uekita H, Kaneshiro T, Ando K, Takuwa Y, Maruyama Y, Takeishi Y
Cardiovascular research   88(3) 492-501   2010年12月   [査読有り]
Seok YM, Azam MA, Okamoto Y, Sato A, Yoshioka K, Maeda M, Kim I, Takuwa Y
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   56(5) 934-941   2010年11月   [査読有り]
Takuwa Y, Du W, Qi X, Okamoto Y, Takuwa N, Yoshioka K
World journal of biological chemistry   1(10) 298-306   2010年10月   [査読有り]
Qi X, Okamoto Y, Murakawa T, Wang F, Oyama O, Ohkawa R, Yoshioka K, Du W, Sugimoto N, Yatomi Y, Takuwa N, Takuwa Y
European journal of pharmacology   634(1-3) 121-131   2010年5月   [査読有り]
Yoshida Y, Nakada M, Sugimoto N, Harada T, Hayashi Y, Kita D, Uchiyama N, Hayashi Y, Yachie A, Takuwa Y, Hamada J
International journal of cancer   126(10) 2341-2352   2010年5月   [査読有り]
Takuwa N, Ohkura S, Takashima S, Ohtani K, Okamoto Y, Tanaka T, Hirano K, Usui S, Wang F, Du W, Yoshioka K, Banno Y, Sasaki M, Ichi I, Okamura M, Sugimoto N, Mizugishi K, Nakanuma Y, Ishii I, Takamura M, Kaneko S, Kojo S, Satouchi K, Mitumori K, Chun J, Takuwa Y
Cardiovascular research   85(3) 484-493   2010年2月   [査読有り]
Du W, Takuwa N, Yoshioka K, Okamoto Y, Gonda K, Sugihara K, Fukamizu A, Asano M, Takuwa Y
Cancer research   70(2) 772-781   2010年1月   [査読有り]
Ohkawara H, Ishibashi T, Shiomi M, Sugimoto K, Uekita H, Kamioka M, Takuwa Y, Teramoto T, Maruyama Y, Takeishi Y
Journal of atherosclerosis and thrombosis   16(6) 846-856   2009年   [査読有り]
The role of class II PI 3-kinase signaling pathway in physiology and diseases. Curr Biodata Targeted Proteins Database.
Takuwa Y, yoshioka K, Okamoto Y, Takuwa N.
Current Biodata. Targeted Proteins database   1-8   2009年   [査読有り]
Yonesu K, Kawase Y, Inoue T, Takagi N, Tsuchida J, Takuwa Y, Kumakura S, Nara F.
Biochem Pharmacol   15(77) 1011-1020   2009年   [査読有り]
SHIRATSUCHI Akiko, ICHIKI Manami, OKAMOTO Yasuo, OKAMOTO Yasuo, UEDA Natsuo, SUGIMOTO Naotoshi, TAKUWA Yoh, NAKANISHI Yoshinobu
J. Biochem   145(1) 43-50   2009年   [査読有り]
Zhong H, Matsui O, Xu K, Ogi T, Sanada J, Okamoto Y, Tabata Y, Takuwa Y.
J Vasc Res   50(6) 1433-1443   2009年   [査読有り]
Sugimoto K, Ishibashi T, Sawamura T, Inoue N, Kamioka M, Uekita H, Ohkawara H, Sakamoto T, Sakamoto N, Okamoto Y, Takuwa Y, Kakino A, Fujita Y, Tanaka T,
Cardiovasc Res.   84(1) 127-136   2009年   [査読有り]
TAKABATAKE Masayoshi, TAKUWA Yoh, TAKUWA Noriko, YASUNO Hironobu, MATSUMOTO Sayaka, SHIBUTANI Makoto, MITSUMORI Kunitoshi
The Journal of Veterinary Medical Science   70(5) 483-485   2008年   [査読有り]
Takashima S, Sugimoto N, Takuwa N, Okamoto Y, Yoshioka K, Takamura M, Takata S, Kanekob S Takuwa Y.
Cardiovasc Res   79(4) 689-697   2008年   [査読有り]
TAKABATAKE Masayoshi, TAKUWA Yoh, TAKUWA Noriko, YASUNO Hironobu, MATSUMOTO Sayaka, SHIBUTANI Makoto, MITSUMORI Kunitoshi
The Journal of Veterinary Medical Science   70(5) 483-485   2008年   [査読有り]
Takuwa Y, Okamoto Y, Yoshioka K, Takuwa N
Biochimica et biophysica acta   1781(9) 483-488   2008年   [査読有り]
Oyama O, Sugimoto N, Qi X, Takuwa N, Mizugishi K, Koizumi J, Takuwa Y.
CARDIOVASCULAR RESEARCH   73 301-307   2008年   [査読有り]
Ueta Y, Hashimoto H, Onuma E, Takuwa Y, Ogata E
Endocrine journal   54(6) 831-838   2007年12月   [査読有り]
Sakamoto T, Ishibashi T, Sugimoto K, Sakamoto N, Ohkawara H, Niinuma M, Nagata K, Kamioka M, Sugimoto N, Watanabe A, Kurabayashi M, Takuwa Y, Maruyama Y
Atherosclerosis   193(1) 44-54   2007年7月   [査読有り]
Yano M, Matsumura T, Senokuchi T, Ishii N, Murata Y, Taketa K, Motoshima H, Taguchi T, Sonoda K, Kukidome D, Takuwa Y, Kawada T, Brownlee M, Nishikawa T, Araki E
Circulation research   100(10) 1442-1451   2007年5月   [査読有り]
Nakamura T, Yonesu K, Mizuno Y, Suzuki C, Sakata Y, Takuwa Y, Nara F, Satoh S
Bioorganic & medicinal chemistry   15(10) 3548-3564   2007年5月   [査読有り]
Takuwa Y
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   129(4) 253-257   2007年4月   [査読有り]
Hashimoto H, Azuma Y, Kawasaki M, Fujihara H, Onuma E, Yamada-Okabe H, Takuwa Y, Ogata E, Ueta Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   13(1) 292-298   2007年1月   [査読有り]
Azam MA, Yoshioka K, Ohkura S, Takuwa N, Sugimoto N, Sato K and Takuwa Y
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   320(2) 907-916   2007年   [査読有り]
Inoki I, Takuwa N, Sugimoto N, Yoshioka K, Takata S, Kaneko S, Takuwa Y
Biochemical and biophysical research communications   346(1) 293-300   2006年7月   [査読有り]
Tanabe A, Kamisuki Y, Hidaka H, Suzuki M, Negishi M, Takuwa Y
Biochemical and biophysical research communications   345(1) 156-161   2006年6月   [査読有り]
Sugimoto N, Takuwa N, Yoshioka K, Takuwa Y
Experimental cell research   312(10) 1899-1908   2006年6月   [査読有り]
Zheng R, Iwase A, Shen R, Goodman Jr OB, Sugimoto N, Takuwa Y,
Oncogene.   25(44) 5942-5952   2006年   [査読有り]
Wang Y, Yoshioka K, Azam MA, Takuwa N, Sakurada S, Kayaba Y, sugimoto N, Inoki, Kimura T, Kuwai T, Takuwa Y
BIOCHEMICAL JOURNAL   394(Pt3) 581-592   2006年   [査読有り]
Calcium-dependent regulation of Rho and myosin phosphatase in vascular smooth muscle.
Takuwa Y., Yoshioka K., Takuwa N., Wang Y., Azam MA., Sugimoto N.
Biomed. Rev   16 13-21   2006年   [査読有り]
Sakamoto T, Ishibashi T, Sakamoto N, Sugimoto K, Egashira K, Ohkawara H, Nagata K, Yokoyama K, Kamioka M, Ichiki T, Sugimoto N, Kurabayashi M, Suzuki K, Takuwa Y, Maruyama Y
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   25(9) 2005-2011   2005年9月   [査読有り]
Ohtsu H, Mifune M, Frank GD, Saito S, Inagami T, Kim-Mitsuyama S, Takuwa Y, Sasaki T, Rothstein JD, Suzuki H, Nakashima H, Woolfolk EA, Motley ED, Eguchi S
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   25(9) 1831-1836   2005年9月   [査読有り]
Maruko T, Nakahara T, Sakamoto K, Saito M, Sugimoto N, Takuwa Y, Ishii K
Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology   372(2) 153-159   2005年8月   [査読有り]
Philippova M, Ivanov D, Allenspach R, Takuwa Y, Erne P, Resink T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   19(6) 588-590   2005年4月   [査読有り]
Senokuchi T, Matsumura T, Sakai M, Yano M, Taguchi T, Matsuo T, Sonoda K, Kukidome D, Imoto K, Nishikawa T, Kim-Mitsuyama S, Takuwa Y, Araki E
The Journal of biological chemistry   280(8) 6627-6633   2005年2月   [査読有り]
OHKAWARA Hiroshi, ISHIBASHI Toshiyuki, SAKAMOTO Takayuki, SUGIMOTO Koichi, NAGATA Kenji, YOKOYAMA Keiko, FUKUHARA Shigetomo, SUGIMOTO Naotoshi, TAKUWA Yoh
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   280(11) 10182-10188   2005年
Nagasawa S., Takuwa N., Sugimoto N., Mabuchi H., Takuwa Y.
BIOCHEMICAL JOURNAL   385(Pt3) 737-744   2005年   [査読有り]
Shida D, Kitayama J, Yamaguchi H, Hama K, Aoki J, Arai H, Yamashita H, Mori K, Sako A, Konishi T, Watanabe T, Sakai T, Suzuki R, Ohta H, Takuwa Y, Nagawa H
Experimental cell research   301(2) 168-178   2004年12月   [査読有り]
Yamada M, Banno Y, Takuwa Y, Koda M, Hara A, Nozawa Y
The Biochemical journal   378(Pt 2) 649-656   2004年3月   [査読有り]
[Rho-Rho kinase pathway].
Takuwa Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62(1) 43-48   2004年1月   [査読有り]
Sakurai K, Matsuo Y, Sudo T, Takuwa Y, Kimura S, Kasuya Y
Journal of receptor and signal transduction research   24(4) 283-296   2004年   [査読有り]
USUI S, SUGIMOTO N, TAKUWA N, SAKAGAMI S, TAKATA S, KANEKO S, TAKUWA Y
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   279(13) 12300-12311   2004年
Sakurada S, Takuwa N, Sugimoto N, Wang Y, Seto M, Sasaki Y, Takuwa Y
Circulation research   93(6) 548-556   2003年9月   [査読有り]
Arikawa K, Takuwa N, Yamaguchi H, Sugimoto N, Kitayama J, Nagawa H, Takehara K, Takuwa Y
The Journal of biological chemistry   278(35) 32841-32851   2003年8月   [査読有り]
Ishibashi T, Sakamoto T, Ohkawara H, Nagata K, Sugimoto K, Sakurada S, Sugimoto N, Watanabe A, Yokoyama K, Sakamoto N, Kurabayashi M, Takuwa Y, Maruyama Y
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   23(4) 681-687   2003年4月   [査読有り]
Lysophosphatidic acid (LPA) enhances the metastatic potential of human colon carcinoma DLD1 cells through LPA1.
Shida D, Kitayama J, Yamaguchi H, Okaji Y, Tsuno NH, Watanabe T, Takuwa Y, Nagawa H
Cancer research   63(7) 1706-1711   2003年4月   [査読有り]
Ito K, Shimomura E, Iwanaga T, Shiraishi M, Shindo K, Nakamura J, Nagumo H, Seto M, Sasaki Y, Takuwa Y
The Journal of physiology   546(Pt 3) 823-836   2003年2月   [査読有り]
Ikeda H, Satoh H, Yanase M, Inoue Y, Tomiya T, Arai M, Tejima K, Nagashima K, Maekawa H, Yahagi N, Yatomi Y, Sakurada S, Takuwa Y, Ogata I, Kimura S, Fujiwara K
Gastroenterology   124(2) 459-469   2003年2月   [査読有り]
Banno Y, Takuwa Y, Yamada M, Takuwa N, Ohguchi K, Hara A, Nozawa Y
The Biochemical journal   369(Pt 2) 363-368   2003年1月   [査読有り]
Regulation of the Rho signaling pathway by excitatory agonists in vascular smooth muscle.
Takuwa Y
Advances in experimental medicine and biology   538 67-75; discussion 75   2003年   [査読有り]
Ca2+-dependent activation of Rho kinase in menbrane depolasiztion-induced and receptor stimulation-induced voscilae smooth muslce contraction.
Criculation Research   93 548-546   2003年
Yamaguchi H., Kitayama J., Takuwa N., Arikawa K., Inoki I., Takehara K., Nagawa H., Takuwa Y.
Biochem. J.   374 715-722   2003年   [査読有り]
Arikawa K., Takuwa N., Yamaguchi H., Sugimoto N., Kitayama J., Nagawa H., Takehara K., Takuwa Y.
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   278 32841-32851   2003年   [査読有り]
XU J, WANG F, VAN KEYMEULEN A, STRAIGHT A, KELLY K, TAKUWA Y, SUGIMOTO N, MITCHISON T, BOURNE H R
CELL   114(2) 201-214   2003年
SUGIMOTO N, TAKUWA N, OKAMOTO H, SAKURADA S, TAKUWA Y
MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   23(5) 1534-1545   2003年
Nagata K, Ishibashi T, Sakamoto T, Ohkawara H, Shindo J, Yokoyama K, Sugimoto K, Sakurada S, Takuwa Y, Nakamura S, Teramoto T, Maruyama Y
Atherosclerosis   163(1) 39-47   2002年7月   [査読有り]
Ishibashi T, Nagata K, Ohkawara H, Sakamoto T, Yokoyama K, Shindo J, Sugimoto K, Sakurada S, Takuwa Y, Teramoto T, Maruyama Y
Biochimica et biophysica acta   1590(1-3) 123-130   2002年6月   [査読有り]
The Edg family G protein-coupled receptors for lysophospholipids: their signaling properties and biological activities.
Takuwa Y, Takuwa N, Sugimoto N
Journal of biochemistry   131(6) 767-771   2002年6月   [査読有り]
Takuwa Y
Biochimica et biophysica acta   1582(1-3) 112-120   2002年5月   [査読有り]
[Regulation of Rho family G proteins and cell motility by the Edg family of sphingosin 1-phosphate receptors].
Takuwa Y
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   47(4 Suppl) 496-502   2002年3月   [査読有り]
Ryu Y, Takuwa N, Sugimoto N, Sakurada S, Usui S, Okamoto H, Matsui O, Takuwa Y
Circulation research   90(3) 325-332   2002年2月   [査読有り]
Takami K, Takuwa N, Okazaki H, Kobayashi M, Ohtoshi T, Kawasaki S, Dohi M, Yamamoto K, Nakamura T, Tanaka M, Nakahara K, Takuwa Y, Takizawa H
American journal of respiratory cell and molecular biology   26(2) 231-238   2002年2月   [査読有り]

Misc

 
多久和 陽 2型スフィンゴシン-1-リン酸受容体S1P2の病態生理機能
多久和 陽
生化学   90(5) 565-573   2018年10月   [依頼有り]
クラスII型PI3-キナーゼαアイソフォーム(PI3K-2α)は血管の健全性を維持する 
小泉 早織 吉岡 和晃 安藝 翔 多久和 陽 
金沢大学十全医学会雑誌    125(2) 77-78   2016年
脂質メディエーター スフィンゴシン−1−リン酸 
多久和 陽 
医学のあゆみ    248(13) 995-1002   2014年
スフィンゴシン-1-リン酸の炎症における多彩な役割 
多久和 陽 
実験医学   32(17) 138-146   2014年
吉岡 和晃 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 
日本血栓止血学会    24(6) 560-568   2013年12月
クラスII α型PI-キナーゼの血管内皮細胞における新しい生理機能 
吉岡 和晃 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 
生化学   85(9) 775-780   2013年
細胞内小胞輸送制御を介して血管新生を促進するクラスII 型PI3キナーゼ
吉岡 和晃 吉田 耕太郎 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 
BIO Clinica    28(5) 22-28   2013年
血管新生の基礎と臨床 Bio Clinica 
多久和 陽 
Bio Clinica    28(5) 16-17   2013年
PI3キナーゼ・ファミリーの血管における生理機能:クラス?α型PI3キナーゼC2αによる新たな血管恒常性維持機構 
吉岡 和晃 吉田 耕太郎 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 
血管    36(2) 53-61   2013年
スフィンゴシン−1−リン酸シグナル伝達系の新血管系における機能 
岡本 安雄 吉岡 和晃 多久和 典子 多久和 陽 
生化学    83(6) 536-544   2011年
スフィンゴシン-1-リン酸と炎症 
多久和 陽 
感染・炎症・免疫   41(3) 14-25   2011年
PI3キナーゼ・ファミリーの細胞内情報伝達機構 
吉岡 和晃、多久和 陽
金沢大学十全医学会誌   119(2) 51-55   2010年
脂質メディエータースフィンゴシン−1−リン酸受容体S1P2はマウスにおいて腫瘍血管新生と腫瘍増殖を抑制する
杜 娃、多久和 陽 
金沢大学十全医学会誌   119(2) 34-37   2010年
血管収縮筋のシグナル伝達 
多久和 陽 
日本ショック学会雑誌    24(2) 20-25   2009年
生体におけるスフィンゴシン-1-リン酸シグナル系の機能 
多久和 陽、岡本 安雄、杜 娃、戚 ?、吉岡 和晃、多久和 典子 
実験医学   27(13) 2068-2073   2009年
カルシウムによるRho-Rhoキナーゼを介したミオシン軽鎖ホスファターゼ制御におけるクラス?PI3キナーゼC2aの役割 
吉岡 和晃 多久和 典子 岡本 安雄 多久和 陽 
血管医学    9(2) 17-24   2008年
脳血管攣縮と活性酸素 
多久和 陽 岡本 安雄 吉岡 和晃 
血管医学   9(2) 63-68   2008年
Rho-ROCKと平滑筋収縮 
多久和 陽 吉岡 和晃 岡本 安雄 
眼薬理    22(1) 34-36   2008年
P13キナーゼ 
吉岡 和晃,多久和 陽 
日薬理誌   130 519-522   2007年
血管平滑収縮の新しい細胞内制御因子クラス?αホスホイノシチド3-キナーゼ(PI3K-C2α) 
宮澤 秀和 吉岡 和晃 多久和 陽
金沢大学十全医学会雑誌    116(2) 51-52   2007年
血管新生因子としてのスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)/EDG受容体システム 
尾山 治 多久和 陽
医学の歩み    223(13) 1053-1057   2007年
低分子量GTP結合蛋白質の関わり「血保護の新戦略」
多久和 陽
ライフ・サイエンス   ? 91-95   2007年
多久和 陽 
日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn)   129 253-257   2007年
カルシウムイオンによる血管収縮活性化機構の新展開 
多久和 陽,吉岡 和晃,多久和 典子,杉本 直俊 
実験医学    24(18) 2812-2816   2006年
Takuwa Y, Sugimoto N, Takuwa N, Igarasi Y.
Sphingolipid Biology.   415-425   2006年
スフィンゴシン-1-リン酸と血管平滑筋 血管医学 
薄井 荘一郎,多久和 陽 
血管医学    6(4) 55-61   2005年
スフィンゴシン1リン酸受容体による癌浸潤・転移の制御とその分子構造
多久和 典子, 杉本 直俊, 多久和 陽
実験医学    23(増刊) 218-223   2005年
血管作動物質の情報伝達
多久和 陽
内分泌・糖尿科   19(1) 81-88   2004年
Rho-Rho kinase pathway.
多久和 陽
日本臨床.   62(43) 48   2004年
血管平滑筋収縮のメカニズム 
多久和 陽 
分子脳血管病    2(3) 255-260   2003年
スフィンゴシン-1-リン酸・Edg受容体システムの血管作用 
薄井 荘一郎,多久和 陽 
血管    26(3)    2003年
S1PレセプターEdgによるRhoファミリーGタンパクと細胞運動の二方向性制御‐血管形成との関連
多久和 陽
実験医学    20(2) 162-167   2002年
Functional roles of locally produced vasoactive substances in vascular responses to mechanical stress and injury.
Takuwa Y., Hamada K., Abe J., Chang K., Deguchi J., Takuwa N.
CVD Grand Round Series Vol. 3 (Ed. T. Asano, T. Hayakawa, T. Kirino, T. Ohta, K. Sano, T. Sasaki, K. Takakura and A. Tamura, Tokyo) Neuron Publishing Co., Ltd. Tokyo   4 93-105   1997年
Regulation of Ca2+-dependent phosphorylation of 20-kDa myosin light chain by the small molecular weight G protein rho p21 in vascular smooth muscle cells.
Takuwa Y., Noda M., Yasuda C., Kumada M., Kurokawa K.
In Nakano,T. and Hartshorne, D. J. (eds.), Regulation of the contractile cycle in smooth muscle. Springer.   103-110   1995年
The pathogenetic mechanism underlying cerebral vasospasm.
Asano T., Mastui T., Watanabe T., Koide T., Takuwa Y.
Cellular membrane a key to disease processes. (T. Ohnishi ed. CRC Press, Inc.)   209-240   1993年
Cardiovascular significance of endothelin.
Masaki T., Yanagisawa M., Goto K., Kimura S., Takuwa Y.
Cardiovascular significance of endothelium-derived vasoactive factors. (G. M. Rubanyi ed. Future Publishing Co.)   65-81   1991年
Cellular mechanism of vasoconstriction induced by endothelin.
Masaki T., Yanagisawa M., Takuwa Y., Kasuya K., Kimura S., Goto K.
The Biology and Medicine of Signal Transduction. (Y. Nishizuka ed. Raven Press)   425-428   1990年
Messenger Ca2+, protein kinase C and smooth muscle contraction.
Rasmussen H., Haller H., Takuwa Y., Kelley G., Park S.
Frontiers in Smooth Muscle Research   89-106   1990年
The protein kinase C-dependent contractile system participates in the occurrence of chronic vasospasm.
Matsui T., Takuwa Y., Yamashita K., Asano T.
Pharmacology of Cerebral Ischemia (J. Krieglstein, H. Oberpichler eds. Wissenschaftliche Verlagsgesellschaft)   145-149   1990年
The cellular basis for short-term memory in endocrine systems.
Rasmussen H., Isales C., Takuwa Y., Takuwa N., Barrett P., Zawalich W.
Cellular mechanisms of conditioning and behavioral plasticity (D. Woody, D. L. Alkon and J. L. McGaugh ed. Plenum Publishing Corporation)   3-10   1988年
Multiplicity of Ca2+ signal transduction pathways.
Rasmussen H., Barrett P., Apfeldorf W., Takuwa Y., Takuwa N., Smallwood J., Isales C., Bollag W., Stein P.
Calcium-dependent processes in the liver. (C. Heilmann ed. MTP Press Limited) PP.   9-29   1987年
A temporo-spatial model of Ca2+ messenger action.
Rasmussen H., Park S., Takuwa Y., Takuwa N., Apfeldorf W., Barrett P.
Calcium regulation and bone metabolism: basic and clinical aspects (D. V. Chon, T. J. Martin, P. J. Meunier ed. Elsevier Science Publishers B. V. )   9 159-166   1987年
Inositol lipids: integration of cellular signalling systems.
Rasmussen H., Apfeldorf W., Barret P., Takuwa N., Zawalich W., Kreutter D., Park S., Takuwa Y.
In: Phosphoinositides a.nd Receptor Mechanisms (Alan R. Liss, Inc.)   109-147   1986年
Association of paravertebral ligamentous ossification with hypoparathyroidism.
Matsumoto T., Takuwa Y., Okazaki T., Hoshino Y., Iizuka M., Kurokawa T., Hata K., Ogata E.
Endocrine control of bone and calcium metabolism. (In D. V. Cohn, T. Fujita, J. T. Potts Jr, R. V. Talmage) Elsevier Scienc B.V.,   26-31   1984年

書籍等出版物

 
人体の正常構造と機能 改定第3版
坂井建雄、河原克雅
日本医事新報社   2017年1月   
山本 一彦, 松村 讓兒, 多久和 陽, 萩原 清文
日本医事新報社   2017年   ISBN:9784784932245
多久和 典子, 多久和 陽
南山堂   2017年4月   ISBN:9784525121617
サイトカイン・増殖因子キーワード
宮園浩平,秋山 徹,宮島 篤,宮澤恵二/編
羊土社   2015年4月   
Bioactive Lipid Mediators: Current Reviews and Protocols.
Yokomizo T & Murakami M (eds.)
Springer Japan   2015年10月   
最新生理活性脂質研究-実験手法、基礎的知識とその応用-
横溝岳彦/監修 青木淳賢、杉本幸彦、村上誠/編
メディカルドウ   2013年5月   
第2版カラー図解 人体の正常構造と機能
坂井建雄、河原克雅
日本医事新報社   2012年1月   
デブリン生化学 原書7版 臨床の理解のために
上代淑人、澁谷正史、井原康夫/監訳者
丸善出版   2012年12月   ISBN:13: 978-4621085615
山本 一彦, 松村 讓兒, 多久和 陽, 萩原 清文
日本医事新報社   2012年   ISBN:9784784931293
血管生物医学事典
佐藤靖史、森田育男、高倉伸幸、小室一成/監修
朝倉書店   2011年12月   
医学映像教育センター, 坂井 建雄, 多久和 陽, 多久和 典子
医学映像教育センター   2010年   ISBN:9784862432711
血管保護の新戦略
ライフ・サイエンス   2007年5月   
Vascular Biology Update
2007年12月   
医科生理学展望 原書21版
丸善   2006年1月   
急速展開する血管研究
羊土社   2006年11月   
人体の構造と機能 VII 血液・免疫・内分泌
日本医事新報社   2002年11月   
山本 一彦, 松村 讓兒, 多久和 陽, 萩原 清文
日本医事新報社   2002年   ISBN:9784784931286
多久和 典子, 多久和 陽
多久和典子   1999年   
多久和 陽
多久和陽   1997年   

講演・口頭発表等

 
S1P2によるブレオマイシン誘発肺線維症の増悪機構の検討:肺胞マクロファージの細胞老化制御の関与 
多久和 典子、岡本 安雄、石丸 和宏、多久和 陽 
第28回日本病態生理学会大会    2018年8月4日   
Novel indispensable role of and isoforms of class II PI3K for uterine smooth muscle contraction and labor
Azadul Kabir Sarker, Sho Aki, Kazuaki Yoshioka, Koji Kuno, Kazuhiro Ishimaru Noriko Takuwa, Yoh Takuwa
第54回北陸生殖医学会学術講演会   2018年6月3日   
Myotubularin-related protein 4 (MTMR4), a phosphoinositide 3'-phosphatase, regulates endolysosome integrity and autophagy flux in human lung alveolar epithelial A549 cells 
Pham Quynh Hoa, Yoshioka Kazuaki, Azadul Sarker Kabir, Aung Thuzar Khin, Islam Shahidul, Aki Sho, Ishimaru Kazuhiro, Takuwa Noriko, Takuwa Yoh
第 95 回日本生理学会大会    2018年3月28日   
Indispensable role of α and β isoforms of class II phosphoinositide 3-kinases (PI3K) in the uterine smooth muscle contraction during labor 
Sarker Kabir Azadul, Sho Aki, Yoshioka Kazuaki, Kuno Koji, Okamoto Yasuo, Aung Thuzar Khin, Pham Quynh Hoa, Islam Shahidul, Takuwa Noriko, Takuwa Yoh
第 95 回日本生理学会大会    2018年3月28日   
Class II phosphoinositide 3-kinase isoforms PI3K-C2αand PI3K-C2β play essential roles in pinocytosis in vascular endothelial cells 
Aung Thuzar Khin, Yoshioka Kazuaki, Aki Sho, Pham Quynh Hoa, Sarker Kabir Azadul, Islam Shahidul, Ishimaru Kazuhiro, Takuwa Noriko, Takuwa Yoh
第 95 回日本生理学会大会    2018年3月28日   
抗がん剤による臓器障害におけるスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)情報伝達系の関与 
多久和 典子、石丸 和宏、岡本 安雄、多久和 陽 
第27回日本病態生理学会大会    2017年12月7日   
Myotubularin?related protein 4 (MTMR4), a phosphoinositide 3'? speci?c phosphatase, regulates endolysosome integrity and autophagy ?ux in A549 human lung carcinoma cells 
Quynh Hoa Pham , Kazuaki Yoshioka , Azadul Kabir Sarker , Khin Thuzar Aung , Shahidul Islam , Sho Aki , Sato Nakamura , Noriko Takuwa, Yoh Takuwa  
第40回日本分子生物学会年会    2017年12月7日   
Phosphoinositide-specific 3'-phosphatase, myotubularin-related protein 4 (MTMR4), regulates lysosomal activity and autophagy 
Pham Quynh Hoa, Kazuaki Yoshioka, Sato Nakamura, MD Azadul Kabir Sarker, Khin Thuzar Aung, Shahidul Islam, Sho Aki, Noriko Takuwa and Yoh Takuwa 
第94回日本生理学会大会    2017年3月28日   
Phosphotidylinositol 3-kinase Class II isoforms, PI3K-C2a and PI3K-C2b are necessary for Pinocytosis in Endothelial Cells 
Khin Thuzar Aung, Sho Aki, Kazuaki Yoshioka, Pham Hoa Quynh , MD Azadul Kabir Sarker, Islam Shahidul, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa. 
第94回日本生理学会大会    2017年3月28日   
Endothelial Class II PI3K-C2α is Necessary for Vasucular Formation and Integrity through Regulating Endocytic Membrane Trafficking Topic 3 「Endothelium, Health and Diseases」
Kazuaki Yoshioka, Sho Aki:, Noriko Takuwa:, Yoh Takuwa
第81回日本循環器学会学術集会    2017年3月17日   
Phosphatidylinositol 3-kinase class II α?isoform PI3K-C2α is required for transforming growth factor β-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells 
Sho Aki, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Noriko Takuwa , Pham Hoa Quynh , MD Azadul Kabir Sarker, Khin Thuzar Aung, Islam Shahidul, Yoh Takuwa 
第39回日本分子生物学会年会    2016年11月30日   
S1P2, A Receptor for the Lysophospholipid Mediator Sphingosine 1-phosphate, Protects Against Vascular Barrier Disruption
Yasuo Okamoto, Hong Cui, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Toshishige Shibamoto, Yoh Takuwa
International Shock Congress Symposium "Microcirculation and endothelial damage in sepsis and shock"     2016年10月3日   
S1P2 による血管新生と血管障壁機能の制御 
岡本安雄、杜娃、崔弘、吉岡和晃、多久和典子、多久和陽 
第58回 日本脂質生化学会 シンポジウム:リゾリン脂質による血管新生制御   2016年6月9日   
Phosphatidylinositol 3-kinase class IIαisoform PI3K-C2α is required for transforming growth factor β-induced receptor endocytosis and endosomal signaling in endothelial cells  [招待有り]
Sho Aki, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Noriko Takuwa and Yoh Takuwa 
第2回春期特別日本血管生物医学会シンポジウム    2016年6月3日   
Sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P2) aggravates lung fibrosis through altering alveolar macrophage polarization and cellular senescence in mice  
JuanJuan Zhao, Yasuo Okamoto, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Takashi Wada, Yutaka Inagaki, Chiaki Takahashi,Yoh Takuwa
日本生化学会北陸支部第34回大会    2016年5月28日   
PI3K-C2α is required for TGFβ-induced receptor endocytosis and endosomal signaling inendothelial cells  [招待有り]
Aki Sho, Yoshioka Kazuaki, Okamoto Yasuo, Takuwa Noriko, Takuwa Yoh 
第93回日本生理学会 シンポジウム:血管形成と分化を制御するシグナル機構   2016年3月22日   
The announcement title: Deletion of sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P2) inhibitslung fibrosis throughaltering alveolar macrophage polarization and senescence in mice 
Juanjuan Zhao, Yasuo Okamoto, Yoh Takuwa. 
Gorden research conference “Glycolipid and Sphingolipid Biology”   2016年3月6日   
ClassII PI3-kinase, PI3K-C2alpha, mediates S1P-induced endothelial cell migration through endosomal Rac1 activation
Kuntal Biswas, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, Noriko Takuwa and Yoh Takuwa
Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology   2016年1月27日   
Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K, has an essential role in angiogenesis and vascular barrier function.
Yoshioka K, Yoshida K, Biswas K, Takuwa Y, et al.
Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology   2016年1月27日   
Endothelial PI3K-C2a, a class II PI3K in angiogenesis and vascular barrier function [招待有り]
Yoh Takuwa
Gordon Reseach Conference Vascular Cell Biology   2016年1月27日   
Deletion of sphingosine 1-phospahte (S1P) receptor-2 (S1P-2-) inhibits lung fibrosis through altering alveolar macrophage polarization and senescence in mice.
Juan juan Zhao Yasuo Okamoto Kazuaki Yoshioka Sho Aki Pham Quynh Hoa Azadul MD Kabir Sarker Khin Thuzar Aung Noriko Takuwa Yutaka Inagaki Chiaki Takahashi Takashi Wada Yoh Takuwa
BMB2015(第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会)   2015年12月1日   
クラス II PI3-キナーゼ PI3K-C2αはエンドソーム上でのTGFβ/Smad2/3シグナリングに必須である 
安藝 翔、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、多久和 陽 
第62回 中部日本生理学会    2015年11月13日   
Role of S1P2 in inflammation and fibrosis  [招待有り]
Yoh Takuwa Juanjuan Zhao, Yasuo, Okamoto, Kazuaki Yoshioka and Noriko Takuwa.
14 th International Conference on Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation, and Related Diseases Plenary Lecture    2015年7月12日   
Sphingosine 1-phosphate receptor-2 plays a protective role against anaphylaxis and acute lung injury
Yasuo Okamoto, Hong Cui, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa 
第10回スフィンゴテラピィ(STC)研究会    2015年6月16日   
Sphingosine 1-phosphate receptor-2 plays a protective role against lipopolysaccharide (LPS)-induced acute lung injury 
Yasuo Okamoto, Hong Cui, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Sho Aki, JuanJuan Zhao, Hoa Quynh Pham, Md. Azadul Kabir Sarker, Saori Koizumi, Yoh Takuwa
第92回日本生理学会大会   2015年3月21日   
Essential role of PI3K class II α for endosomal signaling of S1P1 and other receptors [招待有り]
Yoh Takuwa
6th international conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators   2015年2月10日   
クラスII 型PI3 キナーゼ-C2α によるTGFβ 血管内皮作用の調節機構 
安藝翔、吉岡和晃、多久和 典子、岡本安雄、多久和陽 
第61回中部日本生理学会    2014年11月6日   
クラスIIα型PI3K-C2αはALK5 内在化及び足場タンパクSARA のエンドソームへの動員を制御しTGF?1-Smad2/3 を介した血管新生を調節する 
安藝 翔、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、多久和 陽 
第56回 日本脂質生化学会    2014年6月6日   
Sphingosine-1-phosphate receptor-2 (S1P2) negatively regulates eNOS and protects against acute vascular barrier disruption
Yasuo Okamoto, Cui Hong, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Toshishige Shibamoto, Yoh Takuwa
The 18th International Vascular Biology Meeting 2014 (IVBM 2014)   2014年4月14日   
Distinct role of S1P2 in the functional regulation of vascular endothelium and smooth muscle [招待有り]
Yoh Takuwa, Yasuo Okamoto, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa
The 18th International Vascular Biology Meeting 2014 (IVBM 2014)   2014年4月14日   
Sphingosine-1-phosphate receptor-2 protects against anaphylactic shock through inhibiting eNOS 
Yasuo Okamoto, Hong Cui, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Juanjuan Zhao, Yoh Takuwa
第91回日本生理学会大会 Symposium “Mechanisms on distributive shock and other blood pressure control failures”   2014年3月15日   
クラスII 型PI3K-C2αはメンブレン・トラフィック調節を介して血管バリア機能を制御する  [招待有り]
吉岡 和晃,岡本 安雄,多久和 典子,多久和 陽
第91回日本生理学会大会 シンポジウム「心血管系の形態・機能研究の最前線」   2014年3月15日   
クラスII 型PI3K-C2αはSARA のエンドソームへの動員を制御しTGF?1-Smad2/3シグナル伝達系を介した血管新生を調節する 
安藝 翔,吉岡 和晃,岡本 安雄,多久和 典子,多久和 陽
第36回日本分子生物学会    2013年12月3日   
S1P受容体はeNOS-NO経路を抑制することによりアナフラキシーショックに対して抑制的に働く 
岡本安雄、崔弘、吉岡和晃、多久和典子、多久和陽 
第21回日本血管生物医学会    2013年9月26日   
TGFβ1-Smad2/3シグナル伝達系を介した血管新生調節におけるクラス?αPI3キナーゼPI3K-C2αの機能的役割 
安藝 翔、吉岡 和晃、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽
第21回日本血管生物医学会    2013年9月26日   
IIα型PI3キナーゼ-C2αによる血管新生・バリア機能調節メカニズム   [招待有り]
吉岡 和晃、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽クラス
第21回日本血管生物医学会 シンポジウム「血管機能を抑制するシグナリング機構」   2013年9月26日   
Sphingosine-1-phosphate receptor-2 negatively regulates eNOS and protects against acute vascular barrier disruption. [招待有り]
Yoh Takuwa
2013FASEB Summer Research Conference “Lysophospholipid and Other Related Mediators - From Bench to Clinic”    2013年8月4日   
Phosphatidylinositol 3-kinase class? α-isoform contols vesicular trafficking in endothelial cells to serve the essential role in angiogenesis and vascular barrier integrity  [招待有り]
Yoh Takuwa 
第45回動脈硬化学会    2013年7月18日   
S1P2は内皮型一酸化窒素合成酵素を抑制することによりアナフラキシーショックに対して防御的に働く 
岡本 安雄 崔 弘 吉岡 和晃 多久和 典子 多久和 陽 
第55回日本脂質生化学会    2013年6月6日   
スフィンゴシン1-リン酸特異的2 型受容体は内皮型一酸化窒素合成酵素を抑制することによりアナフィラキシーショックに対して保護的に働く 
崔弘、岡本安雄、吉岡和晃、杜娃、多久和典子、張威、Kuntal Biswas、安藝翔、趙娟娟、九田裕一、浅野雅秀、芝本利重、多久和陽 
第90回日本生理学会    2013年3月27日   
クラスII 型PI3 キナーゼC2α はエンドソーム上でのS1P によるRac1 活性化を制御して内皮細胞遊走を調節する 
Kuntal Biswas、吉岡和晃、安藝翔、崔弘、趙娟娟、九田裕一、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 
第90回日本生理学会    2013年3月27日   
クラスII型PI3キナーゼC2αはメンブレン・トラフィッキング調節を介する血管形成及び恒常性維持に必須である 第90回日本生理学会 シンポジウム「細胞膜と細胞内膜における脂質制御とその生理機能」 [招待有り]
吉岡和晃、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 
The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan Symposium “Physiological function of lipid dynamics in plasma and endo membrane”   2013年3月27日   
クラスII型PI3キナーゼC2αは血管形成・血管恒常性維持に必須である  [招待有り]
吉岡 和晃, 多久和 典子, 岡本 安雄, 多久和 陽 
第35回日本分子生物学会    2012年12月11日   
クラスII型PI3キナーゼC2αはエンドソーム上でのRac1活性化を制御してスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による血管内皮細胞遊走・管腔形成を調節する。  
Kuntal Biswas, 吉岡 和晃, 岡本 安雄, 多久和 典子, 多久和 陽 
第35回日本分子生物学会    2012年12月11日   
Class II PI3 kinase C2α has a crucial role in vascular formation and barrier integrity 
Kazuaki Yoshioka, Kotaro Yoshida, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto,Yoh Takuwa
第20回日本血管生物医学会    2012年12月5日   
Class II PI3K-C2α is essential for vascular barrier integrity
Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Yoh Takuwa
International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 JST-CREST International Symposium"Frontiers in Immunology & Inflammation: From Molecules to Disease"    2012年11月16日   
クラスII 型PI3 キナーゼC2αは血管新生・恒常性維持に必須である
吉岡 和晃, 吉田 耕太朗, 多久和 典子, 岡本 安雄, 多久和 陽 
第59回中部生理学会    2012年11月16日   
Essential role of class IIα-isoform PI3 kinase (PI3K-C2α) in sphingosine-1-phosphate(S1P-induced endothelial cell migration
多久和 陽 
第7回 スフィンゴテラピィ研究会    2012年7月13日   
Role of sphingosine-1-phosphate in cardiac remodeling and protection [招待有り]
Yoh Takuwa
The 1st International Symposium on Lipid Mediators   2012年6月6日   
クラスIIa型PI3キナーゼC2aは血管形成に必須である 
吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 典子、多久和 陽
第54回 日本脂質生化学会    2012年6月6日   
クラスII型PI3キナーゼC2αノックアウトマウスにおける血管障壁機能の異常  [招待有り]
吉岡和晃、吉田耕太朗、崔弘、安藝翔、Kuntal Biswas, 趙娟娟、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 
第89回日本生理学会大会    2012年3月29日   
スフィンゴシン−1−リン酸による血管内皮細胞遊走におけるクラスII 型PI3 キナーゼC2α の役割 
Kuntal Biswas、吉岡和晃、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 
第89回日本生理学会大会    2012年3月29日   
Function role of sphingosine-1-phosphate signaling in angiogenesis. [招待有り]
Yasuo Okamoto, Xun Qi, Wa Du, Noriko Takuwa, kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa
第19回日本血管生物医学会学術集会    2011年12月8日   
血管平滑筋収縮における新しいCa 2+ 標的―ミオシン軽鎖ホスファターゼ  [招待有り]
多久和 陽 
第27回スパズム・シンポジウム    2011年7月30日   
Role of Lysophospholipid Mediator Sphingosine-1-phosphate in Cardiac Fibrosis  [招待有り]
Yoh Takuwa, Noriko Takuwa, Seiichiro Ohkura, Shin-ichiro Takashima, Soichiro Usui, Shuichi Kaneko, Yasuo Okamoto, Kazuaki Yoshioka
第32回日本日本炎症・再生医学会 シンポジウム・   2011年6月2日   
Endothelial class II PI3K-Ca2a has an essential role for physiological and pathological angiogenesis.
Kazuaki Yoshioka, Kotaro Yoshida, Hong Cui, Xun Qi, Tomohiko Wakayama, Noriko Takuwa, Yasuo Okamoto, Kazushi Sugihara, Sho Aki, Kuntal Biswas, Masahide Asano, Yoh Takuwa.
日本分子生物学会第11回春季シンポジウム    2011年5月25日   
クラスII型PI3キナーゼC2αは血管新生と障壁機能に必須である 
吉岡 和晃、吉田 耕太郎、崔 弘、安藝 翔、Kuntal Biswas、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 
第88回日本生理学会   2011年3月29日   
Proatherogenic activity of sphingosine-1- phosphate receptor-2.  [招待有り]
多久和 陽 
第75回日本循環器学会    2011年3月18日   
A novel Ca2+ - and phosphoinositide 3-kinase- depend mechanism for myosin phosphatase inhibition and Ca2+ -sensitization in vascular smooth muscle. [招待有り]
Yoh Takuwa
Winter work shop   2011年1月25日   
クラスIIα型PI3キナーゼC2αは血管新生及びバリアー機能に必須である
吉岡 和晃、多久和 典子、岡本 安雄、多久和 陽 
第18回血管生物医学会    2010年12月1日   
S1P2受容体によるがん血管新生抑制とそのメカニズム [招待有り]
多久和 典子、杜 娃、吉岡 和晃、岡本 安雄、多久和 陽 
 第52回日本脂質生化学会    2010年6月14日   
Sphingosine-1-phosphate receptor-2 inhibits tumor angiogenesis and tumor growth in vivo in mice 
Wa Du, Noriko Takuwa, Kazuaki Yoshioka, Yasuo Okamoto, and Yoh Takuwa 
Keystone Symposia Bioactive Lipids: Biochemistry and Diseases   2010年6月6日   
Signaling of vascular smooth muscle contraction. [招待有り]
多久和 陽、岡本 安雄、吉岡 和晃、多久和 典子
第1回国際バイオレオロジーシンポジウム    2010年6月1日   
スフィンゴシン[1]1[1]リン酸情報伝達系の病態生理学的役割―スフィンゴシンキナーゼ1 トランスジェニックマウスを用いた検討― 
多久和典子、大倉誓一郎、高島伸一郎、大谷啓輔、薄井荘一郎、岡本安雄、王飛、杜娃、吉岡和晃、多久和陽 
第87 回日本生理学会大会    2010年5月19日   
クラスII型PI3キナーゼC2αの血管形成における生理的役割:コンディショナルKOマウスを用いた解析 
吉岡和晃、吉田耕太朗、安藝翔、Kuntal Biswas、Wa Du、Xun Qi、Fei Wang、多久和典子、岡本安雄、多久和陽 
第87 回日本生理学会大会    2010年5月19日   
クラスII型PI3キナーゼC2αは血管内皮細胞においてTGFβ1-Smad2-3シグナル伝達系を介して血管新生を調節する 
安藝翔、吉岡和晃、岡本安雄、多久和陽 
第87 回日本生理学会大会    2010年5月19日   
サイクリックAMPによる血管平滑筋Ca2+-PI3KC2α- Rho経路の調節 
多久和 陽、モハメド アリ アザム、吉岡 和晃、多久和 典子、杉 本 直俊 佐藤 晃一 
筋生理の集い    2006年12月   
カルシウムイオンによるRac,Racキナーゼ依存的なミオシン軽鎖ホスファターゼの抑制-PI3キナーゼ・クラスIIaの関与 
吉岡 和晃、Mohammed Ali Azam,多久和 典子、杉本 直俊、Wang Yu,多久和 陽 
第16回日本循環薬理学会    2006年11月   
Negative regulation of myosin phosphatase by Ca2+ in vascular smooth muscle: involvement of the novel Rho regulator phosphoinositide 3-kinase class IIa isoform. [招待有り]
Y. Takuwa, K. Yoshioka, M.A. Azam, N. Takuwa and N. Sugimoto:
Federation of Asian and Oceanian Physiolgical Scientists 2006. Symposium “ Regulation of vascular tone”.   2006年10月15日   
Receptor and Calcium Coupling to Myosin Light Chain Phosphatase [招待有り]
Yoh Takuwa,
2006 FASEB Summer Research Conferences Smooth Muscle    2006年7月   
Age-dependent progression of cardiac fibrosis but not spontaneous malignancy in sphingosine kinase 1 transgenic mice
Noriko Takuwa, Sei-Ichiro Ohkura, Shin-Ichiro Takashima, Wa Du1, Osamu Oyama, Naotoshi Sugimoto, Motoko Sasaki, Yoshiko Banno, Kunitoshi Mitsumori, Tamotsu Tanaka, Kaoru Hirano, Kiyoshi Satouchi, Yasuni Nakanuma, Yoh Takuwa
第79回日本生化学会大会   2006年6月6日   
スフィンゴシン-1-リン酸受容体1(S1P1)トランスジェニックマウスにおける病的肥大心の発症と病態生理 
大倉 誓一郎、多久和 典子、高島 伸一郎、杉本 直俊、多久和 陽 
第48回日本脂質生化学会    2006年6月   
S1P受容体S1P2による細胞遊走抑制はがん抑制遺伝子産物PTENに依存しない
杉本 直俊、多久和 典子、多久和 陽 
第48回日本脂質生化学会    2006年6月   
PI3キナーゼ・クラスIIαはRho活性化を介してカルシウム依存性血管平滑筋収縮を制御する  
吉岡 和晃、Wang Yu、Azam Mohammed Ali、宮澤 秀和、多久和 典子、杉本 直俊、多久和 陽 
第48回日本脂質生化学会    2006年6月   
Identification of class II phosphoinositide 3-kinase α-isoform as a regulator of myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle cells 
Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Naotoshi Sugimoto, Mohammed Ali Azam, Takaharu Kimura, Yoh Takuwa 
第79回日本生化学会大会   2006年6月   
Topical administration of sphingosine-1-phosphate (S1P) stimulates ischemia-induced angiogenesis in the mouse limb. 
Xun Qi, Naotoshi Sugimoto, Noriko Takuwa, Osamu Oyama, Fei Wang, Yoh Takuwa 
第84回日本生理学会大会    2006年6月   
Phosphoinositide 3-kinase regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle
Yoh Takuwa, Yu Wang, Kazuaki Yoshioka, Mohammed Ali Azam, Noriko Takuwa, Sotaro Sakurada, Naotoshi Sugimoto, Isao Inoki, Yuji Kayaba, Tomoyuki Kuwaki
79回日本生化学会大会、   2006年6月   
Forskolin inhibits membrane depolarization-induced Rho activation and contraction through inhibition of PI3K-C2α in Vascular Smooth Muscle.
Mohammed Ali Azam, Kazuaki Yoshioka, Noriko Takuwa, Naotoshi Sugimoto, Yoh Takuwa
第79回日本生化学会大会   2006年6月   
Development of decompensated cardiac hypertrophy with fibrosis in transgenic mice that overexpress S1P1 under the control of a smooth muscle actin promoter
Sei-Ichiro Ohkura, Shin-Ichiro Takashima, Naotoshi Sugimoto, Noriko Takuwa, Motoko Sasaki, Kunitoshi Mitsumori, Masayuki Takamura, Shigeo Shigeo Takata, Shuh-ichi Kaneko, Yasuni Nakanuma, Yoh Takuwa
第79回日本生化学会大会   2006年6月   
Regulation of Akt activation and cell migration by Lysophosphatidic acid (LPA)
Naotoshi Sugimoto, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa
第79回日本生化学会大会   2006年6月   
Sphingosine-1-phosphate negatively regulates endothelial morphogenesis and angiogenesis via its receptor S1P2
Isao Inoki, Noriko Takuwa, Naotoshi Sugimoto, Kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa
第79回日本生化学会大会   2006年6月   
血管平滑筋におけるカルシウム依存的Rho活性化を制御するシグナル分子PIK-C2αの同定 
多久和 陽、吉岡 和晃、王 ?、Mohammed Ali Azam、多久和 典子、杉本 直俊 
第83回 日本生理学会    2006年3月   
スフィンゴシン-1-リン酸 産生酵素 スフィンゴシン キナーゼ1 トランスジェニックマウスにおける心筋線維化発症とその分子機構 
多久和典子、大倉 誓一郎、尾山 治、高島 伸一郎、杉本 直俊、多久和 陽 
第83回 日本生理学会    2006年3月   
PI3K-C2αは血管平滑筋細胞のイオノマイシンによるCa2+依存的Rho活性化と収縮に必須である。 
吉岡 和晃、アザム モハメド アリ、宮澤 秀和、多久和 典子、杉本 直俊、多久和 陽 
第83回 日本生理学会    2006年3月   
リゾホスファチジン酸受容体LPA1による細胞遊走の抑制は、ROCKを介したPI3キナーゼ産物レベルの抑制には依存しない 
杉本 直俊、多久和 典子、多久和 陽 
第83回 日本生理学会    2006年3月   
スフィンゴシン-1-リン酸はマウス下肢における虚血応答性血管新生を促進する 
尾山 治、多久和 典子、杉本 直俊、小泉 順二、多久和 陽
第83回日本生理学会     2006年3月   
生理活性脂質スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による受容体サブタイプ特異的な細胞遊走・浸潤制御の分子機構 
多久和 陽、杉本 直俊、多久和 典子 
第28回日本分子生物学会年会    2005年12月   
Noriko Takuwa, Seiichiroh Ohkura, Osamu Oyama, Shin-Ichiro Takashima, Naotoshi Sugimoto, Yoh Takuwa 
Development of cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 (SPHK1) transgenic mice:
第78回日本生化学会    2005年10月   
Osamu Oyama, Noriko Takuwa, Naotoshi Sugimoto, Junji Koizumi, Yoh Takuwa 
S1P accelerates ischemia-induced angiogenesis in the mouse limb:
第78回日本生化学会    2005年10月   
Naotoshi Sugimoto, Noriko Takuwa, Yoh Takuwa 
Lysophosphatidic acid (LPA)-induced cell migration inhibition is not dependent on ROCK-mediated reduction in PI3-kinase (PI3K) products:
第78回日本生化学会    2005年10月   
Kazuaki Yoshioka, Yu Wang, Mohammed Ali Azam, Noriko Takuwa, Soutaro Sakurada, Yuji Kayaba, Naotoshi Sugimoto, Isao Inoki, Takaharu Kimura, Tomoyuki Kuwaki, Yoh Takuwa 
Phosphoinositide 3-kinase class IIα regulates vascular smooth muscle contraction through Rho/Rho kinase and myosin phosphatase:
第78回日本生化学会    2005年10月   
Mohammed Ali Azam, Kazuaki Yoshioka, Yu Wang, Noriko Takuwa, Naotoshi Sugimoto, Yoh Takuwa 
Forskolin inhibition of membrane depolarization-induced vascular smooth muscle contraction involves suppression of Ca2+-dependent Rho activation and myosin phosphatase inhibition:
第78回日本生化学会    2005年10月   
Positive and negative regulation of cell motility by the blood lysophospholipid mediator sphingosine-1-phosphate and its pathophysiological implications
Yoh Takuwa, Nagatoshi Sugimoto, Noriko Takuwa, Hironori Yamaguchi, Kayo Arikawa, So-ichiro Usui and Osamu Oyama.
中国医科大―金沢大学合同シンポジウム    2005年10月   
S1P・Edgシステムの心血管病態生理における意義 
多久和 陽
第9回分子心血管会議    2005年8月   
PI3キナーゼC2αアイソフォームは血管平滑筋収縮を制御する新規収縮シグナル伝達分子である 
吉岡 和晃、王 煌、モハメドアリ アザム、多久和 典子、杉本 直俊、桜田 惣太郎、多久和 陽 
第47回日本脂質生化学会    2005年6月   
リゾフォスファチジン酸受容体LPA1による低分子量Rac 及び細胞遊走の制御 
杉本 直俊、多久和 典子、多久和 陽
第47回日本脂質生化学会    2005年6月   
スフィンゴシン キナーゼ (SphK)1トランスジェニックマウスにおける心筋線維化発症とその病態生理の検討 
多久和 典子、杉本 直俊、高島 伸一郎、尾山 治、大倉 誠一郎、多久和 陽
第47回日本脂質生化学会    2005年6月   
スフィンゴシンー1?リン酸情報伝達系の虚血後血管新生における役割の検討 
尾山 治、多久和 典子、杉本 直俊、多久和 陽
第47回日本脂質生化学会    2005年6月   
cAMPは血管平滑筋における膜脱分極誘発カルシウム依存性Rho活性化及びミオシン脱リン酸化酵素抑制を阻害する 
Azam, Mohammed Ali ,吉岡 和晃,Wang, Y.,多久和 典子,杉本 直俊,多久和 陽 
第82回日本生理学会大会    2005年5月   
リゾフォスファチジン酸受容体LPA1によるRac及び細胞遊走の促進及び抑制性の二重制御 
杉本 直俊,多久和 典子,多久和 陽 
第82回日本生理学会大会    2005年5月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
平滑筋ミオシンホスファーテスの活性を制御するThr654残基のリン酸化調節
2002年
機械力センサーを介した血管平滑筋トーヌス調節装置のCa2+感受性制御
2002年
脂質メディエータースフィンゴシン-1-リン酸(S1P)を用いた新しい血管新生再生療法の開発
2006年
Edg-5ノックアウトマウスの生体機能及び形態の変化に関する研究
2003年
スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の血管新生活性及び動脈硬化修飾作用の解析
2003年

競争的資金等の研究課題

 
細胞内脂質シグナル分子による小胞輸送制御を介した血管細胞機能の調節
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 多久和 陽
機能性脂質分子による血管恒常性維持の分子機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月    代表者: 多久和 陽
PI-3-PホスファターゼMTMの制御による血管バリア機能の防御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 多久和 陽
炎症制御因子としてのスフィンゴシン-1-リン酸の血管障害における役割
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 多久和 陽
PI3KクラスⅡα酵素欠損マウスにおける血管健常性の破綻
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 多久和 陽
新規血管収縮制御分子PI3KC2aを標的とした高血圧治療の創薬シーズ探索研究
独立行政法人日本学術振興会: 韓国との共同研究
研究期間: 2010年7月 - 2012年3月    代表者: 多久和 陽
心血管ホメオスターシスとその破綻における機能脂質の役割
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 多久和 陽
血管平滑筋Rho-ミオシンホスファターゼトーヌス調節系の制御と高血圧におけるその異常の研究
厚生労働省: 循環器病研究委託事業
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 多久和 陽
遺伝子改変マウスを用いた生理活性脂質S1P・Edg受容体システムの統合的研究
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 多久和 陽
がん血行転移を制御するシグナリング機構
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 多久和 陽
脂質メディエータースフィンゴシン-1-リン酸の生理機能・病態生理機能に関する研究
研究期間:  - 1998年
脂質リン酸化酵素PI3-キナーゼの生理機能・病態生理機能に関する研究
研究期間: 2005年   
血管収縮の分子機構
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 1985年   

特許

 
特許第5692677号 : 「非ヒトノックアウト動物、並びにこの用途およびその作製方法」
吉岡和晃 多久和 陽
特許第4117379号 : 癌細胞の転移を阻害する化合物をインビボの系でスクリーニングする方法
多久和陽 , 名川弘一
特許第4189489号 : ホスファチジルイノシトール3-キナーゼクラスIiaアイソフォームを介した血管平滑筋収縮の制御方法、降圧剤又は抗攣縮剤を開発する方法
多久和 陽