加藤 清考

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/06 02:56
 
アバター
研究者氏名
加藤 清考
 
カトウ セイコウ
所属
小山工業高等専門学校
部署
一般科
職名
准教授
学位
修士(理学)(金沢大学), 博士(理学)(金沢大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2000年
金沢大学 自然科学研究科 物質科学
 
 
 - 
1995年
金沢大学 理学部 物理学
 

論文

 
Kondo K.-I., Shibata A., Kato S., Shinohara T.
Physics Reports 579 (2015)1-226.   579 1-226   2015年3月   [査読有り]
KATO Seikou, KONDO Kei‐ichi, SHIBATA Akihiro, SHIBATA Akihiro
Physical Review D91(2015)034506,1-14.   91(3) 1-34506   2015年2月   [査読有り]
ITO S., KATO S., KONDO K.-i., KONDO K.-i., MURAKAMI T., SHIBATA A., SHIBATA A., SHINOHARA T.
Physics Letters   645(1) 67-74   2007年   [査読有り]
KATO S., KONDO K.-i., KONDO K.-i., MURAKAMI T., SHIBATA A., SHINOHARA T., ITO S.
Physics Letters   632(2-3) 326-332   2006年   [査読有り]
Non-Abelian dual superconductivity in SU(3) Yang-Mills theory: dual Meissner effect and type of the vacuum
加藤 清考
Physical Review D87(2013)054011,1-9.      2013年3月

Misc

 
KATO Seikou, KONDO Kei‐ichi
Phys. Rev.   71(11) 1-114019   2005年
(2005)
Almost Perfect Quantum Lattice Action for Low-energy SU(2) Gluodynamics
Phys. Rev.   D62, 094506    2000年
(2000)
FUJIMOTO S, KATO S, SUZUKI T
Phys. Lett.   476(3/4) 437-447   2000年
(2000)
Perfect Monopole Action for Infrared SU(2) QCD
Nucl. Phys.   B520, 323-344    1998年
(1998)
Gauge-independent “Abelian” and magnetic-monopole dominance, and the dual Meissner effect in lattice SU(2) Yang-Mills theory
加藤 清考
第67回日本物理学会年会 (早稲田大学)      2015年3月

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
有効理論による低エネルギーQCDに関する研究