KAWAMURA Kazunori

J-GLOBAL         Last updated: May 15, 2019 at 22:32
 
Avatar
Name
KAWAMURA Kazunori
E-mail
kwmr3sp.is.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/71828888e62617a1a4749ac1885c0a23.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Information Sciences Department of Human-Social Information Sciences Socio-Politico Information Science Political Informatics
Job title
Associate Professor
Degree
修士(法学)(Keio University)
Research funding number
60306868

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Sep 2004
Associate Professor, Faculty of Law, Kanazawa University
 
Apr 1998
 - 
Mar 1999
Lecturer, Faculty of Law, Keio University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1998
政治学専攻, Graduate School, Division of Law, Keio University
 
 
 - 
Mar 1995
政治学専攻, Graduate School, Division of Law, Keio University
 
 
 - 
Mar 1994
Department of Political Science, Faculty of Laws, Keio University
 

Committee Memberships

 
May 1994
 - 
Today
Japanese Association of Electoral Studies  Director
 
Oct 1995
 - 
Today
日本政治学会  理事、2006年世界政治学会・福岡大会事務総局会場小委員長、企画委員
 
Jul 1999
 - 
Today
Japan Public Choice Society  Manager, director
 

Published Papers

 
Rise and Fall of `Hashimoto Ishin' : From the Viewpoint of the Local Party
河村和徳
横浜市立大学論叢 社会科学系列   68(3)    Mar 2017
Japanese People's Attitudes toward the Government after the Great East Japan Earthquake: Who Rely on the Government?
Shun Ibaragi, Dávid Bohács and Kazunori Kawamura
The Bulletin of Yokohama City University, Social Science   68(2) 143-163   Feb 2017
転換期にあるスポーツ行政
境田雅章・伊藤裕顕・河村和徳
愛知学院大学教養部紀要   64(2) 1-13   Jan 2017
国民体育大会が抱える課題
境田雅章・伊藤裕顕・河村和徳
愛知学院大学教養部紀要   64(1) 13-25   Sep 2016
福島における被災者支援に対する「複雑な感情」-原発事故避難者受入自治体の住民意識調査から
河村和徳
公共選択   (66) 130-151   Aug 2016   [Invited]
「平成の大合併」は投票環境に影響を与えたのか-投票所数の減少に注目して
茨木瞬・河村和徳
横浜市立大学論叢 社会科学系列   67(3) 79-94   Mar 2016
釜石市の事例から考えるスポーツと復興まちづくり
Hiroaki Ito, Masahiro Nakatani, Kazunori Kawamura
研究紀要[姫路日ノ本短期大学]   (38) 47-59   Mar 2016   [Refereed]
仙台市議会に対する住民意識
茨木瞬,岡田陽介,河村和徳
応用社会学研究   (58) 297-306   Mar 2016
Residents' Confidence in Government after the Great East Japan Earthquake: Opinion Survey in Sendai City, Miyagi Prefecture
Shun Ibaragi, Kazunori Kawamura
KUJC Japanese Studies   (25) 201-207   Feb 2016   [Refereed]
なぜ自治体は投票所を減らすのか?ー投票所の統廃合に関する計量分析
茨木瞬・河村和徳
横浜市立大学論叢 社会科学系列   67(1・2合併) 173-198   Jan 2016

Misc

 
被災地選挙の諸相(37) 総選挙と同日になった宮城県知事選挙ー囁かれた多選への懸念
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2018年1月) 17-21   Jan 2018
被災地選挙の諸相(36) 15年ぶりの選挙戦にとなった遠野市長選挙
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年12月) 15-20   Dec 2017
被災地選挙の諸相(35) 二元代表制における民意のずれ-2017年郡山市長選挙・いわき市長選挙
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年11月) 24-29   Nov 2017
北陸の取組から考える周遊観光のポイントと東北の可能性
河村和徳
東北活性研   (29(2017年秋)) 4-9   Oct 2017   [Invited]
被災地選挙の諸相(34) 原子力災害被災地から考える地方議員のなり手不足問題
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年10月) 3-8   Oct 2017
被災地選挙の諸相(33) サプライズ続きの2017年仙台市長選挙
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年9月) 7-18   Sep 2017
被災地選挙の諸相(32) 被災地宮古の市長選挙と衆院選新区割への思惑
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年8月) 9-14   Aug 2017
仙台空港民営化がもたらす隣県への影響ー福島市飯坂地区における新たな動き
河村和徳
季刊NETT   (97) 32-35   Jul 2017   [Invited]
被災地選挙の諸相(31) 2017年区割改定は岩手の選挙構図にどう影響するか
Kazunori Kawamura, Hiroaki Ito
月刊選挙   (2017年7月) 5-10   Jul 2017
<用語解説>インターネット投票
河村和徳
日本知能情報ファジィ学会誌   (2017年6月) 18   Jun 2017   [Invited]

Books etc

 
Disaster Resilience: Pre-reconstruction and Safety Science
Young-Geun Kim, Yoshiyuki Yama, Kazunori Kawamura, and Sung-Kon Jun (Part:Joint Work)
Korean Academic Information   Jan 2018   ISBN:978-8926882382
被災地選挙の諸相 現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選まで
河村和徳・伊藤裕顕 (Part:Joint Work)
河北新報出版センター   Mar 2017   ISBN:978-4-87341-358-7
代表制民主主義を再考する―選挙をめぐる三つの問い
糠塚康江(編著) (Part:Contributor)
ナカニシヤ出版   Mar 2017   ISBN:978-4-779511455
2013年参院選 アベノミクス選挙-「衆参ねじれ」はいかに解消されたか
白鳥浩(編著) (Part:Contributor, 第5章 自民も小沢も勝てなかった選挙-岩手県選挙区)
ミネルヴァ書房   Nov 2016   ISBN:978-4-623-078295
大震災に学ぶ社会科学第1巻 政治過程と政策
村松岐夫・恒川惠市(監修)辻中豊(編) (Part:Contributor, 第10章 第14章)
東洋経済新報社   May 2016   ISBN:978-4-492-22356-7
2012年衆院選政権奪還選挙-民主党はなぜ敗れたのか
白鳥浩(編著) (Part:Joint Work, 第2章 小沢王国の黄昏?-岩手四区)
ミネルヴァ書房   May 2016   ISBN:978-4-623-07647-5
クロスセクショナル統計シリーズ2 政治の統計分析
河村和徳
共立出版   Mar 2015   ISBN:978-4-320-11119-6
Contemporary Japanology I
Ildikó Farkus, Attila Sági (Part:Joint Work, pp.243-262)
L' Harmattan   2015   ISBN:978-963-236-989-1
東日本大震災と地方自治
河村和徳
ぎょうせい   Mar 2014   ISBN:978-4-324-09814-1
選挙と民主主義
岩崎正洋 (Part:Joint Work, 第6章119-132頁、第9章169-184頁)
吉田書店   Oct 2013   ISBN:978-4-905497-15-8

Conference Activities & Talks

 
2017年全国市区町村選挙管理委員会・事務局調査データから見る積極的参政権保障(SVRs)への姿勢
河中自治振興財団・選挙法制研究会   Nov 2017   
インターネット投票の実現に向けた法的課題
情報ネットワーク法学会第18回研究大会   Nov 2017   
大規模自然災害における地方自治体の対応―市町村第一主義の観点から
2017年度日本政治学会研究会   Sep 2017   
新幹線開業と地域社会の変化─北陸新幹線の開業にみる示唆
茨木瞬・長久洋樹・河村和徳
第64回東北社会学会大会   Jul 2017   
「創造的復興」策としての仙台空港民営化──隣接自治体の住民意識も視野に入れて
日本公共政策学会第21回研究大会   Jun 2017   
「投票当日投票所投票主義」の下での代替不在者投票の意義と課題
茨木瞬
2017年度日本選挙学会総会研究会   21 May 2017   
自治体選挙制度改革の課題と展望
2017年度日本選挙学会総会研究会   21 May 2017   
2016年参院選の検討とインターネット投票に向けた課題
情報ネットワーク法学会第17回研究大会   Nov 2016   
Did Japanese People rely on the government after the Great East Japan EarthQuake?
Shun Ibaragi, David Bohacs, Kazunori Kawamura
8th Australian Public Choice Conference   3 Dec 2015   
インターネット選挙に向けた展望
情報ネットワーク法学会第15回研究大会   28 Nov 2015   

Research Grants & Projects

 
被災地における選挙
Project Year: Jul 2011 - Today
選挙ガバナンスの比較研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2011 - Today
地方政治における有権者の意識・投票行動
Project Year: Apr 1998 - Today
地方議会会議録コーパスの構築とその学際的応用研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2010 - Today
在外投票の研究
Project Year: Oct 2009 - Today

Social Contribution

 
ニッポンのジレンマ「僕らの復興論」
[TV or radio appearance, Contribution]  Eテレ  9 Mar 2013
1970年以降の論客が語る日本のバージョンアップを討論する番組。今回の放送は、NHKが東北大学で行った復興イベントで収録されたもので、復興がテーマになっている。
復興庁構想 東北のため東北に置こう
[TV or radio appearance, Contribution]  朝日新聞  1 Apr 2011
農業従事者調査
[Planner]  朝日新聞  Mar 2009
減反や大規模化など、現在の農業を巡る諸政策に対し、農業従事者がどのような意見を持っており、それが現実の政治とどのように結びつくのか、朝日新聞と協定を結び調査した。
石川県職員研修「戦略志向型政策形成研修(政策法務)」
[Others]  Apr 2006 - Today
講師
災害に強い地域づくりを考える会2017年12月定期研修会パネルディスカッションコーディネーター
[Others]  22 Dec 2017
山形の防災意識の発展に寄与するために行われた研修会で、コーディネーターを務めた

Others

 
Feb 2002
Gerald L. Curtis 1999. The Logic of Japanese Politics: Leaders, Institutions, and the Limits of Change. New York: Columbia University Press.
Oct 2001
五五年体制の時系列的検討:三宅一郎・西澤由隆・河野勝『55年体制の政治と経済-時事世論調査データの分析-』木鐸社(東京)、平成13年。
Feb 1997
書評:稲継裕昭『日本の官僚人事システム』東洋経済新報社、1996年。
Jul 2017
岡村健太郎. 2017. 『「三陸津波」と集落再編-ポスト近代復興に向けて』鹿島出版会。(掲載誌:『月刊公明』2017年8月号、2017年。)
Apr 2017   自治体セキュリティ環境はインターネット投票のハードルとなっているのか?-共通投票所導入から紐解く選挙管理におけるICT活用の課題
自治体のセキュリティ環境が選挙管理のICT活用を阻んでいるのではないか、という仮説の下、自治体に対し郵送調査・ヒアリング調査を実施する