前田 太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/03 08:35
 
アバター
研究者氏名
前田 太郎
 
マエダ タロウ
URL
http://www.savebeeproject.net/
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域 昆虫相互作用ユニット
職名
上級研究員

プロフィール

害虫ハダニ類の天敵カブリダニの行動などの研究で学位取得。
その後、日本在来の天敵昆虫の行動制御に関わる研究を行うとともに、ニホンミツバチに寄生するアカリンダニやウイルス病の研究に着手し、ミツバチの送粉サービスなど生態系サービス全般に興味を持ち活動の幅を広げている。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
農研機構 生物機能利用研究部門
 
2002年4月
 - 
2016年3月
農業生物資源研究所
 
1997年4月
 - 
2001年9月
京都大学大学院 農学科 博士課程
 

論文

 
Effects of tracheal mite infestation on Japanese honey bee, Apis cerana japonica.
T. Maeda
Journal of Acarological Society Japan   25(S1) 105-113   2016年6月   [査読有り]
Female sex pheromone in trails of the minute pirate bug, Orius minutus (L).
T. Maeda, N. Fujiwara-Tsujii, H. Yasui, S. Matsuyama
Journal of Chemical Ecology   42(5) 433-443   2016年5月   [査読有り]
Field application of menthol for Japanese honey bees, Apis cerana japonica (Hymenoptera: Apidae), to control tracheal mites, Acarapis woodi (Acari: Tarsonemidae).
T. Maeda, Y. Sakamoto
Experimental and Applied Acarology      2016年   [査読有り]
Differential susceptibility to the tracheal mite Acarapis woodi between Apis cerana and Apis mellifera.
Y. Sakamoto, T. Maeda, M. Yoshiyama, J.S. Pettis
Apidologie      2016年   [査読有り]
Tracheal mites, Acarapis woodi, greatly increase overwinter mortality in colonies of the Japanese honeybee, Apis cerana japonica.
T. Maeda, Y. Sakamoto
Apidologie      2016年   [査読有り]
ナミヒメハナカメムシOrius sauteriの波長選好性
荻野拓海, 上原拓也, 山口照美, 野呂知加子, 前田太郎, 霜田政美
日本応用動物昆虫学会誌   59(1) 10-13   2015年4月   [査読有り]
日本におけるミツバチのアカリンダニ寄生の現状
前田 太郎
日本ダニ学会誌   24(1) 9-17   2015年6月   [査読有り]
ミツバチに寄生するアカリンダニ ―分類,生態から対策まで-
前田太郎, 坂本佳子, 岡部貴美子, 滝久智, 芳山三喜雄, 五箇公一, 木村澄
日本応用動物昆虫学会誌   59(3) 109-126   2015年   [査読有り]
Novel strain of Spiroplasma found in flower bugs of the genus Orius (Hemiptera: Anthocoridae): Transovarial transmission, coexistence with Wolbachia and varied population density.
M. Watanabe, F. Yukuhiro, T. Maeda, K. Miura, D.Kageyama
Microbial Ecology   67(1) 219-228   2014年12月   [査読有り]
Comparison of the host-handling behavior of Eretmocerus mundus on Bemisia tabaci B biotype, Q biotype and Trialeurodes vaporariorum.
K. Sugiyama, T. Noda, T. Maeda, N. Hinomoto
BioControl   58(5) 615-623   2013年5月   [査読有り]
Tiadinil, a plant activator of systemic acquired resistance, boosts the production of herbivore-induced plant volatiles that attract the predatory mite Neoseiulus womersleyi in the tea plant Camellia sinensis.
T. Maeda, H. Ishiwari
Experimental and Applied Acarology   58(3) 247-258   2012年11月   [査読有り]
Identification of prey consumed by Stethorus punctum picipes (Casey) (Coleoptera: Coccinellidae) in tree fruit and vines in Washington state, USA.
H. Kishimoto, T. Maeda, L.C. Wright, D.G. James
International Journal of Acarology   37(s1) 216-220   2011年12月   [査読有り]
Foraging experiences affect the importance of chemical cues in patchleaving decision of Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari, Phytoseiidae).
Maeda Taro
Journal of Acarological Society Japan   20(1) 9-18   2011年6月   [査読有り]
Essential compounds in herbivore-induced plant volatiles that attract the predatory mite Neoseiulus womersleyi
H. Ishiwari, T. Suzuki and T. Maeda
J. Chem. Ecol.   33(9) 1670-1681   2007年9月   [査読有り]
Genetic variations in a population of herbivorous mites Tetranychus urticae in the production of the induced volatiles by kidney bean plants
T. Maeda, M. Uefune, and J. Takabayashi
Journal of Plant Interactions   2(2) 89-91   2007年6月   [査読有り]
Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari: Phytoseiidae). I: Genetic diversity
T. Maeda and N. Hinomoto
Int. J. Acarol.   32(1) 93-98   2006年3月   [査読有り]
Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari: Phytoseiidae). II: Olfactory response
T. Maeda and N. Hinomoto
Int. J. Acarol.   32(1) 99-102   2006年3月   [査読有り]
Conditioned olfactory responses of a predatory mite, Neoseiulus womersleyi, to volatiles from prey-infested plants
T. Maeda, Y. Liu, H. Ishiwari, and T. Shimoda
Entomol. Exp. Appl.   121(2) 167-175   2006年11月   [査読有り]
Genetic variation in foraging traits and life-history traits of the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Acari: Phytoseiidae) among isofemale lines
T. Maeda
J. Insect Behav.   19(5) 573-589   2006年9月   [査読有り]

Misc

 
ダニヒメテントウ属に関する最近の話題 −日本国内で再発見されたハダニクロヒメテントウStethorus pusillus (Herbst) の識別法,および成虫の腸内容物の観察による食性調査−.
岸本英成, 前田太郎, 北野峻伸
植物防疫   67 607-611   2013年
植物が出すSOS物質 -天敵を呼んで自らを守る!
前田 太郎
aromatopia   105 17-20   2011年
マイクロサテライトDNAマーカーを利用した天敵評価.
日本典秀, 檜垣智美, 前田太郎, 長森茂之, 富所康広
植物防疫   65 274-279   2010年

書籍等出版物

 
ニホンミツバチが危ない―アカリンダニの脅威―
前田太郎, 坂本佳子 (担当:共著, 範囲:pp)
朝倉書店   2016年1月   
捕食性天敵-植物の情報化学物質を介した相互作用の害虫防御技術への利用
前田太郎 (担当:共著, 範囲:231-237pp)
昆虫テクノロジー研究とその産業利用(シーエムシー出版)   2005年7月   
植物の誘導防御反応と天敵の利用
前田太郎 (担当:共著, 範囲:135-159pp.)
生物間相互作用と害虫管理 (京都大学学術出版会)   2009年3月   

講演・口頭発表等

 
アカリンダニ研究最前線 [招待有り]
前田太郎
ニホンミツバチ保存会   2016年   
アカリンダニの被害と対策
前田太郎
埼玉オフ会   2016年   
ニホンミツバチに被害を与えるアカリンダニの現状
前田太郎
第38 回ミツバチ科学研究会   2016年   
寄生性ダニがニホンミツバチの越冬成功率を低下させる
前田太郎・坂本佳子
第62回日本生態学会   2016年   
ニホンミツバチのスズメバチ捕殺蜂球にアカリンダニがおよぼす影響
前田太郎・坂本佳子
第60回日本応用動物昆虫学会大会   2016年   
ニホンミツバチで流行するアカリンダニの分布および被害状況
坂本佳子・前田太郎・大島一正・五箇公一
日本昆虫学会第75回大会   2016年   
ニホンミツバチに寄生するアカリンダニの分布調査と遺伝子解析
坂本佳子・前田太郎・大島一正・五箇公一
第62回日本生態学会   2016年   
ニホンミツバチが危ない 〜アカリンダニの脅威〜
前田太郎
第3回ニホンミツバチ養蜂研究会   2015年   
アカリンダニがニホンミツバチの存続を脅かす?
前田太郎
矢作川研究所講演会   2015年   
ニホンミツバチのアカリンダニ被害・巣虫と寄生蜂の分子系統解析
前田太郎
九州ニホンミツバチ会   2015年   
ニホンミツバチのアカリンダニ対策
前田太郎
入野谷日本みつばちの会   2015年   
アカリンダニ寄生の現状と対策
前田太郎
那須烏山みつばち保存会   2015年   
アカリンダニ感染の現状と対策
前田太郎
第11回みつばち祭り   2014年   
日本のアカリンダニ感染の現状と対策
前田太郎
ぶんぶんの会   2014年   
ニホンミツバチのアカリンダニ対策−自分でできる感染確認と対策−
前田太郎
信州日本みつばちの会   2014年   
ハダニ捕食性Stethorus属テントウムシ成虫の腸内容物による食性調査
岸本英成・前田太郎・David G. James
第56回日本応用動物昆虫学会   2011年   
植物の防御反応と天敵利用
前田太郎
第55回日本応用動物昆虫学会   2010年   
プラントアクティベータ処理による植食者誘導性植物由来揮発性物質量の変化
石割隼人・前田太郎
第52回日本応用動物昆虫学会   2008年   
天敵を呼ぶ加害植物の香り成分
石割隼人・前田太郎
千葉県暖地園芸研究所セミナー   2007年   
植食者誘導性植物揮発性成分を利用した天敵の餌探索
石割隼人・前田太郎
平成19年度静岡県植物防疫協会(第3回)研究会   2007年   
ケナガカブリダニが好むハダニ加害葉匂い成分の分析・合成および生物試験
石割隼人・前田太郎
第16回日本ダニ学会   2007年   
ケナガカブリダニが選好する植物由来揮発性成分の化学生態学的研究
前田太郎・石割隼人
第51回日本応用動物昆虫学会   2007年   
アカリンダニがニホンミツバチの越冬におよぼす影響
前田太郎・坂本佳子
第24回日本ダニ学会   2015年   
日本におけるアカリンダニのミツバチ寄生状況
前田太郎, 坂本佳子
第59回日本応用動物昆虫学会大会   2015年   
アカリンダニがニホンミツバチ群におよぼす影響
前田太郎, 坂本佳子
第23回日本ダニ学会大会   2014年   
Infestation of honey bees by tracheal mites, Acarapis woodi, in Japan
T. Maeda
XIV International Congress of Acarology   2014年   
ハダニ捕食性テントウムシStethorus punctum picipes の揮発性物質トラップによる野外調査
前田太郎・岸本英成・Lawrence C. Wright・David G. James
第19回日本ダニ学会   2010年   
Essential compounds in herbivore-induced plant volatiles that attract the predatory mite Neoseiulus womersleyi.
T. Maeda, H. Ishiwari
Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology 2009   2009年   
Monitoring predators in the field with herbivore-induced plant volatiles.
T. Maeda, T. Shimazu, N. Hinomoto, H. Kishimoto, L. Wright, D. G. James
THE 6th ASIA-PACIFIC CONGRESS OF ENTOMOLOGY   2009年   
カブリダニの餌パッチ滞在時間決定における情報の価値の変化
前田太郎
第52回日本応用動物昆虫学会   2008年   
植物の誘導防御反応を利用した害虫防除
前田太郎
千葉県暖地園芸研究所セミナー   2007年   
植物の誘導防衛を利用した害虫防除の可能性〜匂いと天敵利用を中心として〜
前田太郎
平成19年度静岡県植物防疫協会(第3回)研究会   2007年   
カブリダニの餌パッチ滞在時間決定における情報の価値の変化
前田太郎・石割隼人
第16回日本ダニ学会   2007年   
プラントアクティベータ処理によるカブリダニ誘引揮発性物質量の変化
前田太郎
第50回日本応用動物昆虫学会   2006年   
植物−植食者−天敵間相互作用における植物情報化学物質の機能
前田太郎・石割隼人
神奈川県農業技術センターセミナー   2006年   
カブリダニを誘引する植物由来揮発性成分の同定
前田太郎・石割隼人
第15回日本ダニ学会   2006年   
Different foraging strategies between local populations of the predatory mite Neoseiulus womersleyi: correlation between olfactory responses and dispersal tendencies
T. Maeda
XI International Congress of Acarology   2006年   
植物−植食者−天敵間相互作用における植物情報化学物質の機能
前田太郎
蚕糸・昆虫機能研究全国連絡会   2005年   
異なるハダニ加害植物の匂いに対するケナガカブリダニの反応
前田太郎
第14回日本ダニ学会   2005年   
ケナガカブリダニの餌探索能力とパッチ定着性に関する個体群間および個体群内比較
前田太郎
第51回日本生態学会   2005年   
カンザワハダニが加害したチャの匂いに対するケナガカブリダニの反応
前田太郎・劉益寧
第49回日本応用動物昆虫学会   2005年   
ケナガカブリダニにおけるマイクロサテライトマーカーの開発
日本典秀・前田太郎
第13回日本ダニ学会   2004年   
Herbivore-induced volatiles: variability in production & variability in natural enemy response
MW Sabelis, J Takabayashi, K Shiojiri, T Maeda, M Kant, B Sznajder, M van Wijk
XXII International Congress of Entomology   2004年   
ケナガカブリダニの行動形質および生活史形質の個体群内変異の解析
前田太郎・日本典秀
第13回日本ダニ学会   2004年   
Effects of herbivore-induced plant volatiles and previous foraging experiences on the residence time of the predatory mite Amblyseius womersleyi in a prey patch
T.Maeda
XXII International Congress of Entomology   2004年   
天敵カブリダニのパッチ滞在時間を決定する要因
前田太郎
昆虫ワークショップ’04   2004年   
ケナガカブリダニの匂い応答性に関する人為選抜の試み
前田太郎
第48回日本応用動物昆虫学会   2004年   
天敵カブリダニの行動変異を利用した生物的防除に向けて
前田太郎
第12回日本ダニ学会   2003年   
Effects of previous feeding experiences on the residence time of the predatory mite Amblyseius womersleyi in a prey patch
T.Maeda
韓日合同応用動物昆虫学会議2003   2003年   
ケナガカブリダニのパッチ滞在時間に過去の経験が及ぼす影響
前田太郎
第50回日本生態学会   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
天敵の採餌行動の解析
基礎科学研究