室山 泰之

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/07 12:18
 
アバター
研究者氏名
室山 泰之
 
ムロヤマ ヤスユキ
URL
http://ris.toyo.ac.jp/details/index.php?user_id=1777
所属
東洋大学
部署
経営学部 マーケティング学科
職名
教授
学位
京都大学博士(理学)(京都大学), 理学修士(京都大学)
科研費研究者番号
70314242

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
東洋大学 経営学部 第2部経営学科長(兼務)
 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学 経営学部マーケティング学科自然科学研究室 教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
兵庫県立大学 環境人間学研究科共生博物部門 教授(兼務)
 
2007年11月
 - 
2013年3月
兵庫県森林動物研究センター 研究部長(兼務)
 
2007年11月
 - 
2013年3月
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 次長
 
2007年4月
 - 
2007年10月
兵庫県森林動物研究センター 主任研究員(兼務)
 
2007年4月
 - 
2007年10月
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
京都大学 霊長類研究所流動研究分野 研究課題推進者
 
1999年1月
 - 
2006年1月
京都大学 霊長類研究所附属ニホンザル野外観察施設 助手
 
1996年10月
 - 
1998年12月
科学技術振興事業団 農林水産省森林総合研究所 科学技術特別研究員
 
1995年6月
 - 
1997年3月
京都大学 霊長類研究所講師 中核的研究機関研究員
 
1995年4月
 - 
1995年6月
京都大学 霊長類研究所 非常勤講師(生態学担当)
 
1993年4月
 - 
1995年3月
ルイ・パスツール大学(フランス) 心理生理研究室 客員研究員
 
1991年4月
 - 
1993年3月
日本学術振興会 京都大学霊長類研究所 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1992年
京都大学 理学研究科 霊長類学
 
 
 - 
1987年
京都大学 理学研究科 動物学
 
 
 - 
1985年
京都大学 農学部 林学科
 

委員歴

 
2002年
 - 
現在
Primates(国際学術誌)  Advisary Board
 
1998年
 - 
現在
日本哺乳類学会  代議員(2013-2014)
 
1995年
 - 
1996年
日本生態学会  中部地区会事務担当
 
1999年
   
 
日本霊長類学会  自然保護幹事(1999-2005),理事(2005-2009)評議員(2001-2013, 2015年)
 
1999年
 - 
2001年
野生生物保護学会  和文誌編集幹事, 和文誌編集委員(2006-)
 

論文

 
飼育ニホンジカを利用した聴覚と場所の連合学習に関する予備研究
室山 泰之
東洋大学紀要自然科学篇   63 77-84   2019年3月
ニホンジカの知覚・認知特性の解明と被害管理手法の開発-実験対象の訓練
室山泰之・香田啓貴・小林秀司
東洋大学紀要自然科学篇   62 63-69   2018年3月
田中俊明・室山泰之
霊長類研究   31 21-37   2015年6月   [査読有り]
東洋大学川越キャンパス「こもれびの森」における中大型土壌動物相-予備的報告
室山泰之・土壌動物相研究グループ
東洋大学紀要自然科学篇   59 65-72   2015年3月
兵庫県の野生ニホンザル個体数とその動向
鈴木克哉・森光由樹・山田一憲・坂田宏志・室山泰之
兵庫県ワイルドライフモノグラフ   1 68-74   2013年3月   [査読有り]
兵庫県に生息する野生ニホンザル個体群の行動域および集落出没状況とその要因
鈴木克哉・中田彩子・森光由樹・室山泰之
兵庫県ワイルドライフモノグラフ   5 33-58   2013年3月   [査読有り]
有効な防護柵設置率が向上した集落におけるニホンザル出没率の減少
鈴木克哉・山端直人・中田彩子・上田剛平・稲葉一明・森光由樹・室山泰之
兵庫県ワイルドライフモノグラフ   5 94-101   2013年3月   [査読有り]
山端直人・鈴木克哉・室山泰之
31 333-338   2012年11月   [査読有り]
梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之
森林応用研究   21 1-8   2012年8月   [査読有り]
阿部豪・三好英勝・佐鹿万里子・中井真理子・島田健一郎・上田一徳・富樫崇・池田透・立澤史郎・室山泰之
哺乳類科学   51 257-263   2011年12月   [査読有り]
ツキノワグマにおける捕獲理由の違い及び忌避条件付けの有無と土地利用の関係
関香菜子・横山真弓・坂田宏志・森光由樹・斎田栄里奈・室山泰之
兵庫ワイルドライフモノグラフ   3 71-83   2011年3月   [査読有り]
Yamada, A. and Muroyama, Y.
Primates   51 159-166   2010年4月   [査読有り]
獣害をめぐる状況-被害管理はどこまで進んだか
室山 泰之
SEEDer   3 70-73   2010年
「社会」は解明されつつあるのか?(ターゲット論文に対するコメント)
室山 泰之
霊長類研究   24 128-130   2008年12月   [査読有り]
横山真弓・坂田宏志・森光由樹・藤木大介・室山泰之
哺乳類科学   48 65-72   2008年6月   [査読有り]
ニホンザルによる農作物被害の現状と被害対策の基本
室山 泰之
植物防疫   62 187-191   2008年4月
Seasonal variations of fecal testosterone levels in free-ranging male Japanese macaques
Muroyama, Y., Shimizu, K., and Sugiura, H
American Journal of Primatology   69 603-610   2007年6月   [査読有り]
Muroyama, Y., Kanamori, H., and Kitahara, E
Primates   47 355-364   2006年10月   [査読有り]
里に下りてきたサル
室山 泰之
エコソフィア   17 18-22   2006年3月
Population explosion of Taiwanese macaques in Japan
Ohsawa H, Morimitsu Y, Kawamoto Y, Muroyama Y, Maekawa S, Nigi H, Tori H, Goto S, Maruhashi T, Nakagawa N, Nakatani J, Tanaka T, Hayakawa S, Yamada A, Hayaishi S, Seino H, Saeki M, Kawai S, Hagiwara H, Suzuki K, Suzuki K, Uetsuki S, Okano M, Okumura T, Yoshida A, Yokoyama N
The Natural History Journal of Chulalongkorn University, Supplement   1 55-60   2005年10月
簡易獣害防止柵「おうみ猿落・猪ドメ君 サーカステント」の改良と侵入防止効果の検証
山中成元・常喜弘充・寺本憲之・井上敬浩・藤井吉隆・室山泰之
滋賀農総セ農試研報   45 51-57   2005年6月   [査読有り]
ニホンザルはいま 里のサルとの「共存」をめざして. 連載:野生動物はいま?人との軋轢の中で(1)
室山 泰之
遺伝   59 90-94   2005年5月
室山 泰之
哺乳類科学   45 99-103   2005年3月
奈良県の猿害防止対策(2) 農家への支援
井上雅央・米田健一・前川寛之・角山美穂・岩本和彦・秀田章人・室山泰之・浦誠
ワイルドライフ・フォーラム   9 19-31   2004年10月   [査読有り]
室山泰之・金森弘樹・北原英治
哺乳類科学   44 161-165   2004年   [査読有り]
Nakagawa, N., Ohsawa, H., and Muroyama, Y.
Primates   44 281-290   2003年7月   [査読有り]
奈良県の猿害防止対策(1) 情報提供
井上雅央・室山泰之
ワイルドライフ・フォーラム   8 1-19   2002年10月   [査読有り]
Yoshida, T., Matsumuro, M., Miyamoto, S., Muroyama, Y., Tashiro, Y., Takenosita, Y., and Sankai, T
Primates   42 367-373   2001年10月   [査読有り]
Are Japanese macaques threatened by neuroscience research? (共著)
Eudey, A. A., Hill, A. D. and Muroyama, Y.
Nature neuroscience   4 335   2001年4月   [査読有り]
The social repertoire of Sulawesi macaques
Thierry, B., Bynum, E. V., Baker, S., Kinnaird, M. F., Matsumura, S., Muroyama, Y., O’Brien, T. G., Petit, O., and Watanabe, K
Primate Research   16 203-226   2000年12月   [査読有り]
Muroyama, Y., Imae, H., and Okuda, K
Primates   41 349-354   2000年7月   [査読有り]
ニホンザルの感覚特性と被害防除への応用の可能性
室山 泰之
野生生物保護   5 55-67   2000年7月
The Social repertoire of Sulawesi macaques(共著)
Primate Research   16: 203-226    2000年
ニホンザルの感覚特性と被害防除への応用の可能性(共著)
室山泰之・大井徹
野生生物保護   5 55-67   2000年   [査読有り]
近畿地方における野生ニホンザルの分布と保護・管理の現状
室山泰之・鳥居春己・前川慎吾
ワイルドライフ・フォーラム   5 1-15   1999年12月   [査読有り]
もう一つの「サル学の現在」.
室山泰之
生物科学   50 193-204   1999年2月   [査読有り]
霊長類における互恵的利他行動.
室山泰之
霊長類研究   14 165-178   1998年11月   [査読有り]
Muroyama, Y. and Thierry, B.
Primates   39 115-126   1998年4月   [査読有り]
矢作川中流域における川辺林の構造 -竹林拡大の要因分析- (共著)
揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之
矢作川研究   2 97-111   1998年3月
矢作川中流域における植生群落回復の試み-竹林伐採による天然更新の可能性.(共著)
室山泰之・柳原芳美・揚妻直樹
矢作川研究   2 75-87   1998年3月
矢作川中流域の植生 -河川生態系の回復を目指して-.(共著)
揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之
矢作川研究   1 109-129   1997年3月
Muroyama, Y. and Thierry, B.
International Journal of Primatology   17 219-227   1996年4月   [査読有り]
Decision making in grooming by Japanese macaques (Macaca fuscata). (単著)
MUROYAMA Y
International Journal of Primatology   17: 817-830    1996年   [査読有り]
Developmental changes in mother-offspring grooming in Japanese macaques. (単著)
MUROYAMA Y
American Journal of Primatology   37 57-64   1995年   [査読有り]
Exchange of grooming for allomothering in female patas monkeys. (単著)
MUROYAMA Y
Behaviour   128 103-119   1994年2月   [査読有り]
Mutual reciprocity of grooming in female Japanese macaques(Macaca fuscata). (単著)
MUROYAMA Y
Behaviour   119 161-170   1991年12月   [査読有り]
Chimpanzees' choices of prey between two sympatric species of Macrotermes in the Campo Animal Reserve, Cameroon. (単著)
MUROYAMA Y
Human Evolution   6 143-151   1991年   [査読有り]
芦生天然林におけるスギ当年生稚樹の個体群動態
室山泰之・玉井重信
京都大学農学部演習林報告   58 95-104   1986年12月

Misc

 
防除技術のレビューと実践
神奈川県立博物館調査研究報告自然科学   10: 37-39    2000年
三重県における野生ニホンザルの分布と保護・管理の現状
神奈川県立博物館調査研究報告自然科学   10: 17-20    2000年
フランスにおける霊長類の行動研究.
霊長類研究   12: 47-53    1996年
Conduite des sequences du toilettage chez le macaque japonais (Macaca fuscata). In : Actes des Colloques de la S. F. E. C. A. (ed. by Marie Trabalon).
Nancy : L'Universite Henri Poincare   pp. 127-131    1995年
Social life of patas monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon.
In : Primatology today(eds. by. A. Ehara, T. Kimura, O. Takenaka and M. Iwamoto)(共著) Amsterdam : Elsevier Science Pulbishers B. V.   pp. 693-694    1991年

書籍等出版物

 
サルはなぜ山を下りる?―野生動物との共生
室山 泰之
京都大学学術出版会   2018年12月   
増補版 野生動物管理-理論と技術-
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:サルの個体群と生息地の管理技術)
文永堂   2016年   
小学館の図鑑NEO 動物(新版)
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:サル目(霊長目))
小学館   2014年6月   
野生動物管理 理論と技術
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:サルの個体群と生息地の管理技術)
東京: 文永堂. 羽山伸一・三浦慎悟・梶光一・鈴木正嗣編.   2012年5月   
The Japanese Macaques
Muroyama, Y. and Yamada, A. (担当:分担執筆, 範囲:Conservation: Present status of Japanese macaque population and its habitat)
Tokyo: Springer-Verla (eds. by Nakagawa N, Nakamichi M, Sugiura H.    2010年9月   
359-373
The Japanese Macaques(2)
Suzuki, K. and Muroyama, Y. (担当:分担執筆, 範囲:Resolution of human-macaque conflicts: Changing from top-down to community-based damage management)
Tokyo: Springer-Verlag, pp. 143-164, (eds. by Nakagawa, N., Nakamichi, M., Sugiura, H.)   2010年9月   
動物たちの反乱(2)
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:ニホンザル)
河合雅雄・林良博編著. 東京:PHP研究所   2009年11月   
動物たちの反乱
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:ワイルドライフマネジメント)
東京: PHP研究所 河合雅雄・林良博編著   2009年11月   
日本の哺乳類学 第2巻 中大型哺乳類・霊長類
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:里山保全と被害管理-ニホンザル)
東京: 東京大学出版会. 高槻成紀・山極寿一編著   2008年6月   
霊長類進化の科学
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:ヒトとサルの生活空間と境界のうつりかわり)
京都: 京都大学学術出版会. 京都大学霊長類研究所編.   2007年6月   
Commensalism and Conflict: The Primate - Human Interface
Watanabe, K. and Muroyama, Y. (担当:分担執筆, 範囲:Recent expansion of the range of Japanese macaques, and associated management problems. (co-author))
(ed. by J.D. Paterson). Special Topics in Primatolology. Americal Society of Primatologists   2005年11月   
Macaque Societies: A model for the study of social organizations
Muroyama, Y. and Eudey, A. A. (担当:分担執筆, 範囲:Do macaque species have a future?)
Cambridge: Cambridge University Press  eds. by Thierry B, Singh M & Kaumanns W.   2004年9月   
里のサルとつきあうには─野生動物の被害管理
室山 泰之
京都: 京都大学学術出版会   2003年5月   
霊長類学のすすめ
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:霊長類の保全と管理)
東京: 丸善 京都大学霊長類研究所編.    2003年3月   
森の野生動物に学ぶ101のヒント
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:集団で採食・休息・移動-ニホンザル)
東京: 日本林業技術協会   2003年2月   
138-139
森の野生動物に学ぶ101のヒント(2)
室山泰之 (担当:分担執筆, 範囲:サルに食べさせるな-ニホンザルの被害管理)
日本林業技術協会.   2003年2月   
小学館の図鑑 NEO 動物
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:サル目(霊長目))
東京: 小学館   2002年6月   
Decision making in social interactions by monkeys.
In: Primate Origin of Human Cognition and Behavior. Tokyo, Springer-Verlag   2001年   
霊長類生態学 環境と行動のダイナミズム
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:里のサルたち: 新しい生活をはじめたニホンザル)
京都: 京都大学学術出版会 杉山幸丸編著.   2000年9月   
里山を考える101のヒント
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:里にでるサルたち)
東京: 日本林業技術協会   2000年2月   
霊長類学を学ぶ人のために
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:利他行動)
京都: 世界思想社 西田利貞・上原重男編.   1999年2月   
サルの百科
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:広鼻猿類)
東京: データハウス. 杉山幸丸(編著)   1996年6月   
Chimpanzee Cultures
MUROYAMA, Y and SUGIYAMA Y. (担当:分担執筆, 範囲:Grooming relationships in two species of chimpanzee.)
Cambridge: Harvard University Press, eds. by Wrangham RW, McGrew WC, de Waal FBM & Heltne PG,   1994年10月   
ニホンザルの心を探る
室山 泰之 (担当:分担執筆, 範囲:毛づくろい)
東京:朝日新聞社. 正高信男(編著)   1992年11月   
野生チンパンジーの世界,杉山幸丸・松沢哲郎監訳 3章,14章担当
ミネルヴァ書房   1990年   

講演・口頭発表等

 
屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察
杉浦秀樹・揚妻直樹・揚妻-柳原芳美・藤田志歩・田中俊明・鈴木真理子・相場可奈・香田啓貴・原澤牧子・室山泰之・清水桃子・川添達朗・澤田晶子・杉浦陽子・浅井隆之・早石周平・久保律子・五島 渉
第33回日本霊長類学会大会 (7月15-17日)   2017年7月   
野生パタスモンキーにおける出産季と非出産季のメス間の個体間距離の変異について
室山 泰之
第32回日本霊長類学会大会 (7月16-18日)   2016年6月   
首輪型小型ビデオ・スキャニングシステムを用いたツキノワグマの生態解明
森光由樹・藤木大介・室山泰之
日本哺乳類学会2014年度大会 (9月20-23日)   2014年9月   
丸形局所選択モデルを利用したニホンザルの生息地選択評価
山田彩・清田雅史・岡村寛・室山泰之
日本生態学会第60回大会 (3月5-9日)   2013年3月   
通電式支柱を用いた電気柵に対するサルの行動変化について
山端直人・鈴木克哉・室山泰之
第18回野生生物保護学会学会(11月16-18日)   2012年11月   
効率的なニホンザル被害管理のための防護柵設置努力目標の検討.
鈴木克哉・山端直人・森光由樹・室山泰之
日本哺乳類学会2012年度大会 (9月20-23日). 相模原. 講演要旨集.   2012年9月   
効率的なニホンザル被害管理のための追い払い努力目標の検討
山端直人・鈴木克哉・室山泰之
日本哺乳類学会2012年度大会 (9月20-23日). 相模原. 講演要旨集.   2012年9月   
ニホンザルの保全と管理ー兵庫県における取り組みについて.
室山 泰之
京都大学霊長類研究所共同利用研究会「アジアの霊長類の保全と社会生態研究に関する近年の新たな展開」 (3月10-11日). 犬山.   2012年3月   
スマートセンサー事業の概要.
室山 泰之
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「スマートセンサーを利用した捕獲?防護両用の野生動物被害対策システムの開発」成果発表会 (12月15日). 神戸   2011年12月   
サル群の出没に関する農村の要因とその改善による被害対策の効果について
山端直人・鈴木克哉・室山泰之
第17回野生生物保護学会大会 (10月14-17日). 網走. 講演要旨集.   2011年10月   
野生動物の画像情報収集システム・バイオロギングの開発.
森光由樹・阿部豪・中村幸子・横山真弓・室山泰之
日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 83.   2011年9月   
スマートセンサーを用いた新型捕獲技術の開発.
阿部豪・坂田宏志・田口彰・和倉慎治・長瀬一彦・臼井義美・那須義弘・室山泰之
日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 83.   2011年9月   
サルに利用されやすい集落の環境要因について?集落内圃場数と出没頻度との関係?
鈴木克哉・山端直人・室山泰之
日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 130.   2011年9月   
兵庫県における野生ニホンザル地域個体群モニタリング体制の確立.
鈴木克哉・遠藤美香・坂田宏志・森光由樹・室山泰之
日本生態学会第58回大会 (3月8-12日). 札幌. 講演要旨集.   2011年3月   
林縁整備後の隣接農地における獣害発生様式の変化.
藤木大介・岸本康誉・中村幸子・坂田宏志・室山泰之
第122回日本森林学会大会 (3月25-28日). 静岡. 講演要旨集.   2011年3月   
シカの目撃効率に伴う植物多様性の変化は、コナラ林・スギ林で異なるのか? 
梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之
第61回日本森林学会関西支部等合同大会 (10月22-23日). 松江.   2010年10月   
シカ捕獲におけるドロップネット式ワナと新型囲いワナの特徴の比較
阿部豪・坂田宏志・田口彰・永本正義・北川洋一・松本哲也・室山泰之
第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 42.   2010年9月   
Effects of vegetation type on habitat use by crop-raiding Japanese macaques during a food-scarce season
Yamada. A, Muroyama, Y
第23回国際霊長類学会大会(9月12-18日). 京都. 霊長類研究 26 Suppl.: 445.   2010年9月   
ニホンザル農作物加害群の人口動態と出産率
山田彩・高野彩子・鈴木克哉・室山泰之
第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 70.   2010年9月   
コナラ林・スギ林におけるニホンジカの生息密度に伴う植物多様性の変化パターンの比較
梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之
第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 167.   2010年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
農林業被害地におけるサルの行動管理技術の開発
2001年
ニホンザルによる農林作物への被害防除に関する研究
1996年
トンケアンマカクの音声および社会行動に関する研究
1993年 - 1995年
パタスモンキーの社会行動に関する研究
1988年 - 1989年
ニホンザルの毛づくろいに関する行動学術研究
1985年 - 1987年

競争的資金等の研究課題

 
野生動物の被害管理
受託研究
研究期間: 1996年   
霊長類の社会行動に関わる認知行動学
経常研究
研究期間: 1985年   
野生鳥獣の被害管理

特許

 
野生動物侵入防止用電気柵(電気柵)
特開2004-129600.

その他

 
2010年
坂田宏志・阿部豪・泉安雄・小谷隆司・室山泰之. 野生動物捕獲用装置および野生動物捕獲システム 特願2010-275421, 特開2012-120501.
2010年
阿部豪・坂田宏志・小谷隆司・室山泰之. 野生動物捕獲システム 特願2010-201834, 特開2012-055232.
2010年
室山泰之・坂田宏志・阿部豪・臼井義美・岡田哲和・和倉慎治・長瀬一彦 野生動物捕獲装置 特願2011-190799.
2010年
室山泰之・坂田宏志・和倉慎治・長瀬一彦・臼井義美・能見巧. 野生動物捕獲装置 特願2010- 25831, 特開2011-160706. 
2002年
室山泰之. 野生動物侵入防止用電気柵(電気柵) (2005) 特願2002-299107, 特開2004-129600, 特許第3660996号.(農林水産省農業新技術2007に選定)
国および地方公共団体の各種委員
環境省委託事業ニホンザル保護管理マニュアル検討会委員 (平成11-12年)
環境省鳥獣保護管理プランナー(平成21年-現在)
環境省希少野生動植物種保存推進員(平成24-27年)
農林水産省農作物鳥獣被害測定マニュアル策定事業推進会議に専門家として出席(平成13,15年)
農林水産省鳥獣害防止対策関係実証事業検討会に専門家として出席(平成13-15年)
農林水産省鳥獣による農林水産業被害対策に関する検討会専門委員(平成17年)
農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー(平成18年-現在)
農林水産省鳥獣害対策専門家育成委託事業検討会委員(平成18年)
農林水産省野生鳥獣被害防止マニュアル作成委員(平成18年)
先端技術を活用した農林水産研究高度化事業「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発」外部評価委員(平成19年)
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発」外部評価委員(平成20-21年)
農林水産省鳥獣害防止総合対策事業審査委員会委員(平成20-22年)
農林水産省産地活性化総合対策事業(鳥獣被害対策支援事業)審査委員会委員(平成23年)
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業専門評価委員(平成23-24年)
平成26年度「農林水産業・食品産業科学研究推進事業」審査専門評価委員(平成25年)
平成26年度鳥獣被害防止総合対策交付金(鳥獣被害対策基盤支援支援事業)審査委員会委員(平成25年)
科学技術振興機構(JST)公募事業「つなぐしくみ」外部専門家(平成21年)
科学技術振興機構(JST)震災対応「研究シーズ探索プログラム」外部評価委員(平成23年)
近畿中国四国農業試験研究推進会議鳥獣害研究成果情報査読委員(平成21-23年)
近畿中国四国農業試験研究推進会議生産環境推進部会外部委員(平成25年)

府県
兵庫県野生動物育成林整備計画事業アドバイザー(平成19-23年)
「災害に強い森づくり」にかかる事業検証委員会委員(平成20-22年)
「兵庫の貴重な自然」改訂方針検討委員会委員(平成21-22年)
生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員(平成23-24年)
兵庫県環境影響評価審査会委員(平成21-24年)
三重県ニホンザル生息実態調査検討会委員(平成10年)
滋賀県ニホンザル保護管理計画検討会検討委員(平成13年)
京都府ニホンザル保護管理計画検討会検討委員(平成18-22年)
京都府特定鳥獣保護管理計画専門家会議委員(平成23-24年)
京都府緑の公共事業アクションプラン野生鳥獣対策小委員会委員(平成21年)
広島県野生動物保護管理対策検討委員会(平成23年)
福井県サルが出没しにくい里づくり実証ワーキング委員