波佐間 逸博

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
波佐間 逸博
 
ハザマ イツヒロ
所属
長崎大学
部署
国際連携研究戦略本部
職名
助教
学位
人間環境学(京都大学)
その他の所属
長崎大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
 長崎大学国際連携研究戦略本部 助教
 
2009年
   
 
 長崎大学国際健康開発研究科 助教
 
2003年
 - 
2009年
 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 その他
 
2005年
 - 
2009年
 日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター その他
 
2007年
 - 
2009年
 ケニヤッタ大学社会学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
京都大学 人間・環境学研究科 
 
 
 - 
1995年
早稲田大学 商学部 
 

委員歴

 
2010年
   
 
 長崎大学熱帯医学研究所同門会
 

Misc

 
九州北部A市の闘鶏に関する人類学的研究
波佐間逸博
生態人類学会ニュースレター   6 7-9   2000年
家畜ヤギが形成する「輪郭のある群れ」と放牧管理-ウガンダ北東部のカリモジョン社会の事例から-
波佐間逸博
動物考古学   19 73-91   2002年
Peculiar unity with boundary in domestic goat herd and herd management of the Karimojong in North-Eastern Uganda
Itsuhiro Hazama
Mila   7 8-20   2005年
Dialogue for sustainable development among pastoral societies in East Africa
Itsuhiro Hazama and Sun Xiaogang
Mila   10 1-3   2009年
New usage of guns under the third phase of disarmament programme
Itsuhiro Hazama
A Journal of the Institute of Anthropology, Gender and African Studies MILA 10 Special Issue   10(Special Issue) 54-68   2009年

書籍等出版物

 
『越境-現代民俗誌の地平』 第5章 規範の越境「闘いをうみだす技法」 
朝倉書店   2003年   
Domesticating Insecurity in the East African Pastoral Societies
Japan Society for the Promotion of Science, Nairobi Research Centre   2008年   
"Re-conceptualization of Wildlife Conservation –Toward Resonation between Subsistence and Wildlife” Special Chapter 2 The Genealogy of the Human-Nature Nexus 
Acts Press   2009年   
"Sustainability in Karamoja? Rethinking the Terms of Global Sustainability in a Crisis Region of Africa" Disarmament Policies for Ending Armed Conflict in an East-African Pastoral Society
Rüdiger Köppe Verlag   2009年   
Journal of the Institute of Antropology, Gender and African Studies MILA 10 Special Issue
Institute of Anthropology, Gender and African Studies, University of Nairobi   2009年   

講演・口頭発表等

 
「闘鶏試合と賭けの構造と実践」
第5回生態人類学会研究大会   2000年   
「日帰り放牧にみられる人間・家畜間の相互作用-ウガンダ・カリモジョンにおける家畜群の統合性と放牧管理」
日本アフリカ学会第38回学術大会   2001年   
"Anthropology of Seeing: Color Category and Representation of the Color in the Context of the Song among the Pastoral Society in Karamoja, Uganda."
Seminar on Anthropology   2006年   
Keynote Speech for a Humanics in Africa.
International Symposium on “Re-contextualizing Self/Other Issues: Toward a Humanics in Africa”   2007年   
"Pastoral Poetical World of Imagination: Emancipation of the Self."
International Symposium on “Re-contextualizing Self/Other Issues: Toward a Humanics in Africa”   2007年   

Works

 
フィールドワーク(ウガンダ カラモジャにて) 「家畜管理とドメスティケーション・プロセスにおける人間―家畜関係の人類学的研究」
1998年 - 1999年
フィールドワーク(ウガンダ カラモジャにて) 「牧畜社会における家畜の個体識別と分類体系に関する人類学的研究」
2002年 - 2003年
フィールドワーク(ウガンダ カラモジャにて) 「東アフリカ牧畜社会における家畜の体色と色彩認識に関する人類学的研究」
2005年
フィールドワーク(ケニア トゥルカナにて) 「東アフリカ牧畜社会の比較研究」
2006年
フィールドワーク (ケニア ガリッサ、タナリバーにて) 「ケニア牧畜民オルマの生業に関する調査」
2006年

競争的資金等の研究課題

 
アフリカにおける低強度紛争の動態理解と平和構築に関する人類学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2013年