森 和俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/22 16:23
 
アバター
研究者氏名
森 和俊
 
モリ カズトシ
URL
http://www.users.kudpc.kyoto-u.ac.jp/~p51907/
所属
京都大学
学位
薬学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
旧所属 京都大学 大学院生命科学研究科 生体システム学分野 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 薬学研究科 製薬化学
 
 
 - 
1981年
京都大学 薬学部 製薬化学科
 

受賞

 
1997年
日本生化学会奨励賞
 

論文

 
UPR Transducer BBF2H7 Allows Export of Type II Collagen in a Cargo- and Developmental Stage-Specific Manner.
T. Ishikawa, T. Toyama, Y. Nakamura, K. Tamada, H. Shimizu, S. Ninagawa, T. Okada, Y. Kamei, T. Ishikawa-Fujiwara, T. Todo, E. Aoyama, M. Takigawa, A. Harada and K. Mori
J. Cell Biol.   216 1761-1774   2017年   [査読有り]
森 和俊
J. Cell Biol.   211 775-784   2015年   [査読有り]
森 和俊
J. Cell Biol.   206 347-356   2014年   [査読有り]
Cellular response to endoplasmic reticulum stress mediated by unfolded protein response pathway
K. Mori
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   44(15 Suppl) 2442-2448   1999年   [査読有り]

Misc

 
IRE1-XBP1 経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin-2 の機能解析
小田裕香子,岡田徹也,吉田秀郎,Randal J. Kaufman,永田和宏,森和俊
第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市)      2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
細胞の中の分子生物学
森 和俊
講談社ブルーバックス   2016年5月   

競争的資金等の研究課題

 
小胞体から核への細胞内情報伝達機構Unfolded Protein Responseの解析