基本情報

所属
岡山大学 保健管理センター 教授
学位
医学博士(岡山大学)

J-GLOBAL ID
200901054896349458

外部リンク

基礎研究として、HLAに対する抗体-idiotype抗体カスケードの構造を免疫遺伝学的に解明し、肝疾患の免疫複合体処理における補体レセプターの重要性を免疫学的・分子遺伝学的解析により明らかにしてきた。
臨床的には消化器内科を専門とし、各種肝炎、肝がんなどの肝疾患を中心に、病態に関する分子遺伝学的研究及びサイトカイン、核酸アナログによる治療に関するトランスレーショナル・リサーチを行ってきた。C型肝炎のインターフェロン治療では、ランダム化比較試験によるより良い治療法を開発し、治療効果に関連するインターフェロンレセプター及び抗ウイルス作用を有するインターフェロン誘導遺伝子の発現と治療効果との関連を明らかにした。さらに、高齢患者へのリバビリン併用治療における問題点及びウイルス駆除後の肝発がん関連因子を、世界に先駆けて報告してきた。
2012年より、がん幹細胞を中心テーマとし、人工多能性幹細胞を用いた肝がん肝細胞モデルならびにそれを用いた肝がん幹細胞動物モデルを作成し、肝がん幹細胞の腫瘍生物学的・分子生物学的解析及び新規治療法の開発に向けて研究中。

研究キーワード

  3

学歴

  2

論文

  116

MISC

  424

書籍等出版物

  37

共同研究・競争的資金等の研究課題

  8

産業財産権

  1