岩﨑 良章

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 20:05
 
アバター
研究者氏名
岩﨑 良章
 
イワサキ ヨシアキ
所属
岡山大学
部署
保健管理センター
職名
教授
学位
医学博士(岡山大学)

プロフィール

 基礎研究として、HLAに対する抗体-idiotype抗体カスケードの構造を免疫遺伝学的に解明し、肝疾患の免疫複合体処理における補体レセプターの重要性を免疫学的・分子遺伝学的解析により明らかにしてきた。
 臨床的には消化器内科を専門とし、各種肝炎、肝がんなどの肝疾患を中心に、病態に関する分子遺伝学的研究及びサイトカイン、核酸アナログによる治療に関するトランスレーショナル・リサーチを行ってきた。C型肝炎のインターフェロン治療では、ランダム化比較試験によるより良い治療法を開発し、治療効果に関連するインターフェロンレセプター及び抗ウイルス作用を有するインターフェロン誘導遺伝子の発現と治療効果との関連を明らかにした。さらに、高齢患者へのリバビリン併用治療における問題点及びウイルス駆除後の肝発がん関連因子を、世界に先駆けて報告してきた。
 2012年より、がん幹細胞を中心テーマとし、人工多能性幹細胞を用いた肝がん肝細胞モデルならびにそれを用いた肝がん幹細胞動物モデルを作成し、肝がん幹細胞の腫瘍生物学的・分子生物学的解析及び新規治療法の開発に向けて研究中。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
岡山大学 保健管理センター  センター長
 
2016年4月
 - 
現在
岡山大学 保健管理センター 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
岡山大学 保健管理センター 准教授
 
2008年1月
 - 
2010年3月
岡山大学病院 消化器内科 講師
 
2007年4月
 - 
2007年12月
岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器内科 助教
 
2003年10月
 - 
2007年3月
岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器内科 助手
 
1999年4月
 - 
2003年3月
岡山大学医学部附属病院 第一内科 助手
 
1993年8月
 - 
1999年3月
岡山大学 医学部 研究生
 
1991年3月
 - 
1993年7月
ニューヨーク医科大学 微生物学・免疫学教室 博士研究員
 
1990年4月
 - 
1991年3月
岡山大学 医学部 研究生
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
岡山大学 大学院医学研究科 内科学第一
 
1980年4月
 - 
1986年3月
岡山大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年
 - 
2018年
岡山スポーツ医科学研究会  幹事
 
2017年
 - 
現在
岡山生活習慣病懇話会  役員
 
2008年
 - 
2015年
日本肝臓学会  学会評議員
 
2009年
 - 
現在
日本内科学会  支部評議員
 
2007年
 - 
現在
日本消化器病学会  学会評議員
 
2001年
 - 
現在
日本肝臓学会  支部評議員
 

受賞

 
1990年
(財)ウイルス肝炎研究財団 研究奨励金
 
2002年
日本肝臓学会 シングルトピック・カンファレンスTravel Award
 

論文

 
Wada N, Ikeda F, Mori C, Takaguchi K, Fujioka SI, Kobashi H, Morimoto Y, Kariyama K, Sakaguchi K, Hashimoto N, Moriya A, Kawaguchi M, Miyatake H, Hagihara H, Kubota J, Takayama H, Takeuchi Y, Yasunaka T, Takaki A, Iwasaki Y, Okada H
Acta Med Okayama   72(4) 401-406   2018年8月   [査読有り]
Kato K, Iwasaki Y, Kato Y, Kato K, Matsuda M
Clin Case Rep   6(7) 1387-1388   2018年7月   [査読有り]
Oo AKK, Calle AS, Nair N, Mahmud H, Vaidyanath A, Yamauchi J, Khayrani AC, Du J, Alam MJ, Seno A, Mizutani A, Murakami H, Iwasaki Y, Chen L, Kasai T, Seno M
Transl Oncol   11(3) 653-663   2018年6月   [査読有り]
Kato K,Iwasaki Y, Taniguchi M, Onodera K, Kawakami T, Matsuda M, Higuchi M, Kato K, Kato Y, Tamakawa S, Furukawa H
Int J Surg Case Rep   33 75-78   2017年2月   [査読有り]
Seki A, Ikeda F, Miyatake H, Takaguchi K, Hayashi S, Osawa T, Fujioka SI, Tanaka R, Ando M, Seki H, Iwasaki Y, Yamamoto K, Okada H
J Gastroenterol Hepatol   32(9) 1611-1616   2017年9月   [査読有り]
Kato K, Iwasaki Y, Onodera K, Matsuda M, Higuchi M, Kato K, Kato Y, Taniguchi M, Furukawa H
J Invest Surg   30(3) 193-200   2017年6月   [査読有り]
Iwamuro M, Tanaka T, Kanzaki H, Kawano S, Kawahara Y, Iwasaki Y, Okada H
Ecancermedicalscience   11 1-5   2017年1月   [査読有り]
Nair N, Calle AS, Zahra MH, Prieto-Vila M, Oo AKK, Hurley L, Vaidyanath A, Seno A, Masuda J, Iwasaki Y, Tanaka H, Kasai T, Seno M
Sci Rep   7(1) 6838-6838   2017年7月   [査読有り]
A new PDAC mouse model originated from iPSCs-converted pancreatic cancer stem cells (CSCcm).
Calle AS, Nair N, Oo AK, Prieto-Vila M, Koga M, Khayrani AC, Hussein M, Hurley L, Vaidyanath A, Seno A, Iwasaki Y, Calle M, Kasai T, Seno M
Am J Cancer Res   6(12) 2799-2815   2016年12月   [査読有り]
Nanba S, Ikeda F, Baba N, Takaguchi K, Senoh T, Nagano T, Seki H, Takeuchi Y, Moritou Y, Yasunaka T, Ohnishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Clin Pathol   69(3) 226-233   2016年3月   [査読有り]
Kato K, Iwasaki Y, Taniguchi M, Onodera K, Matsuda M, Tamakawa S, Furukawa H
Clin Case Rep   4(3) 307-309   2016年2月   [査読有り]
Kato K, Iwasaki Y, Onodera K, Higuchi M, Kato Y, Tsutsui M, Taniguchi M, Furukawa H
Int J Surg Case Rep   26 221-223   2016年7月   [査読有り]
Kato K, Iwasaki Y, Onodera K, Higuchi M, Kato Y, Matsuda M, Endo S, Kobashi Y, Taniguchi M
J Surg Oncol   114(8) 1024-1028   2016年12月   [査読有り]
Iwasaki Y, Okamoto R, Ishii Y, Araki Y, Hashimoto N, Yamamoto K
J Med Virol   87(12) 2082-2089   2015年12月   [査読有り]
Roles of alcohol consumption in fatty liver: a longitudinal study
Moriya A, Iwasaki Y, Ohguchi S, Kayashima E, Mitsumune T, Taniguchi H, Ando M, Yamamoto K
J Hepatol   62(4) 921-927   2015年4月   [査読有り]
Randomized trial of peginterferon alpha-2b plus low and escalating dose of ribavirin in patients with chronic hepatitis C with high viral load genotype 1
Iwasaki Y, Araki Y, Taniguchi H, Okamoto R, Kobashi H, Ikeda F, Miyake Y, Takaki A, Yamamoto K
J Med Virol   87(4) 625-633   2015年4月   [査読有り]
Reply to: "protective effects of moderate alcohol consumption on fatty liver: a spurious association?"
Moriya A, Iwasaki Y, Ohguchi S, Yamamoto K
J Hepatol   62(5) 1211-1212   2015年5月   [査読有り]
Enhancement of Programmed Death Ligand 2 on Hepatitis C Virus Infected Hepatocytes by Calcineurin Inhibitors
Koike K, Takaki A, Yagi T, Iwasaki Y, Yasunaka T, Sadamori H, Shinoura S, Umeda Y, Yoshida R, Sato D, Nobuoka D, Utsumi M, Miyake Y, Ikeda F, Shiraha H, Fujiwara T, Yamamoto K
Transplantation   99(7) 1447-1454   2015年7月   [査読有り]
Use of non-invasive serum glycan markers to distinguish non-alcoholic steatohepatitis from simple steatosis
Yamasaki Y, Nouso K, Miyahara K, Wada N, Dohi C, Morimoto Y, Kinugasa H, Takeuchi Y, Yasunaka T, Kuwaki K, Onishi H, Ikeda F, Miyake Y, Nakamura S, Shiraha H, Takaki A, Iwasaki Y, Amano M, Nishimura S, Yamamoto K
J Gastroenterol Hepatol   30(3) 528-534   2015年3月   [査読有り]
Computed tomography-gastro-colonography for percutaneous endoscopic gastrostomy using a helical computed tomography
Kato K, Taniguchi M, Iwasaki Y, Sasahara K, Nagase A, Onodera K, Matsuda M, Inaba Y, Kawakami T, Higuchi M, Kobashi Y, Furukawa H
Am J Surg   210(2) 374-381   2015年2月   [査読有り]
Primary colon cancer with a high serum PIVKA-II level
Kato K, Iwasaki Y, Taniguchi M, Onodera K, Matsuda M, Kawakami T, Higuchi M, Kato Y, Furukawa H
Int J Surg Case Rep   6 95-99   2015年12月   [査読有り]
Aberrant Expression of Keratin 7 in Hepatocytes as a Predictive Marker of Rapid Progression to Hepatic Failure in Asymptomatic Primary Biliary Cirrhosis
Seki H, Ikeda F, Nanba S, Moritou Y, Takeuchi Y, Yasunaka T, Onishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Nakamura M, Yamamoto K
Acta Med Okayama   69(3) 137-144   2015年6月   [査読有り]
Kinugasa H, Ikeda F, Takaguchi K, Mori C, Matsubara T, Shiraha H, Takaki A, Iwasaki Y, Toyooka S, Yamamoto K
Antivir Ther   21(1) 37-44   2015年1月   [査読有り]
Pravastatin-induced rhabdomyolysis and purpura fulminans in a patient with chronic renal failure
Kato K, Onodera K, Iwasaki Y, Matsuda M, Kawakami T, Higuchi M, Kato Y, Taniguchi M, Furukawa H
Int J Surg Case Rep   8 84-87   2015年1月   [査読有り]
Effectiveness of extending treatment duration in therapy with pegylated interferon and ribavirin for genotype 2 hepatitis C virus infection
Nanba S, Ikeda F, Fujioka S, Araki Y, Takaguchi K, Hashimoto N, Seki H, Takaki A, Iwasaki Y, Yamamoto K
Acta Med Okayama   69(4) 237-244   2015年8月   [査読有り]
Nanba S, Ikeda F, Baba N, Takaguchi K, Senoh T, Nagano T, Seki H, Takeuchi Y, Moritou Y, Yasunaka T, Ohnishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Clin Pathol   69(3) 226-233   2015年3月   [査読有り]
Alpha-fetoprotein before and after pegylated interferon therapy for predicting hepatocellular carcinoma development
Takeuchi Y, Ikeda F, Osawa T, Araki Y, Takaguchi K, Morimoto Y, Hashimoto N, Sakaguchi K, Sakata T, Ando M, Makino Y, Matsumura S, Takayama H, Seki H, Nanba S, Moritou Y, Yasunaka T, Ohnishi H, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Yamamoto K
World J Hepatol   7(19) 2220-2228   2015年9月   [査読有り]
Kato K, Nagase A, Iwasaki Y, Taniguchi M
Surgery   155(5) 956-957   2014年5月   [査読有り]
Tsuzaki R, Takaki A, Yagi T, Ikeda F, Koike K, Iwasaki Y, Shiraha H, Miyake Y, Sadamori H, Shinoura S, Umeda Y, Yoshida R, Nobuoka D, Utsumi M, Nakayama E, Fujiwara T, Yamamoto K
Acta Med Okayama   68(5) 291-302   2014年10月   [査読有り]
Assessment of health-related quality of life and how it predicts the outcome of pegylated interferon and ribavirin therapy for chronic hepatitis C
Matsushita H, Ikeda F, Iwasaki Y, Seki H, Nanba S, Takeuchi Y, Moritou Y, Yasunaka T, Onishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Yamamoto K
J Gastroenterol Hepatol   29(2) 337-343   2014年2月   [査読有り]
Necessity for reassessment of patients with serogroup 2 hepatitis C virus (HCV) and undetectable serum HCV RNA
Moritou Y, Ikeda F, Takeuchi Y, Seki H, Nanba S, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Clin Microbiol   52(2) 544-548   2014年2月   [査読有り]
Impact of comorbid hepatic steatosis on treatment of chronic hepatitis C in Japanese patients and the relationship with genetic polymorphism of IL28B, PNPLA3 and LDL receptor
Moritou Y, Ikeda F, Iwasaki Y, Baba N, Takaguchi K, Senoh T, Nagano T, Takeuchi Y, Yasunaka T, Ohnishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Yamamoto K
Acta Med Okayama   68(1) 17-22   2014年2月   [査読有り]
Computed tomography (CT) venography using a multidetector CT prior to the percutaneous external jugular vein approach for an implantable venous-access port
Kato K, Taniguchi M, Iwasaki Y, Sasahara K, Nagase A, Onodera K, Matsuda M, Higuchi M, Kobashi Y, Furukawa H
Ann Surg Oncol   21(4) 1391-1397   2014年4月   [査読有り]
A case of fulminant liver failure associated with hepatitis C virus
Kanzaki H, Takaki A, Yagi T, Ikeda F, Yasunaka T, Koike K, Miyake Y, Iwasaki Y, Nouso K, Sadamori H, Shinoura S, Umeda Y, Yoshida R, Utusmi M, Fujiwara T, Yamamoto K.
Clin J Gastroenterol   7(2) 170-174   2014年4月   [査読有り]
Central venous access via external jugular vein with CT-venography using a multidetector helical 16-section CT
Kato K, Taniguchi M, Iwasaki Y, Sasahara K, Nagase A, Onodera K, Matsuda M, Higuchi M, Nakano M, Kobashi Y, Furukawa H
J Invest Surg   27(3) 176-182   2014年6月   [査読有り]
Nursing support increases the efficacy of interferon therapy in patients with chronic hepatitis C
Namba S, Miyake K, Ikeda F, Hazama T, Hitobe Y, Yamasaki N, Shiraha H, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Yamamoto K
Acta Med Okayama   68(5) 263-268   2014年10月   [査読有り]
Hepatitis C virus-specific T-cell response correlates with hepatitis activity and donor IL28B genotype early after liver transplantatio
Tsuzaki R, Takaki A, Yagi T, Ikeda F, Koike K, Iwasaki Y, Shiraha H, Miyake Y, Sadamori H, Shinoura S, Umeda Y, Yoshida R, Nobuoka D, Utsumi M, Nakayama E, Fujiwara T, Yamamoto K
Acta Med Okayama   68(5) 291-302   2014年10月   [査読有り]
Predictive impact of polymorphism of PNPLA3 on HCC development after interferon therapy in Japanese patients with chronic hepatitis C
Moritou Y, Ikeda F, Iwasaki Y, Baba N, Takaguchi K, Senoh T, Nagano T, Takeuchi Y, Yasunaka T, Ohnishi H, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Yamamoto K
SpringerPlus   2(1) 251   2013年1月   [査読有り]
Roles of alcohol drinking pattern in fatty liver in Japanese women
Moriya A, Iwasaki Y, Ohguchi S, Kayashima E, Mitsumune T, Ikeda F, Ando M, Yamamoto K
Hepatol Int   7(3) 859-868   2013年7月   [査読有り]
The impact of patatin-like phospholipase domain-containing protein 3 polymorphism on hepatocellular carcinoma prognosis
Takeuchi Y, Ikeda F, Moritou Y, Hagihara H, Yasunaka T, Kuwaki K, Miyake Y, Ohnishi H, Nakamura S, Shiraha H, Takaki A, Iwasaki Y, Nouso K, Yamamoto K
J Gastroenterol   48(3) 405-412   2013年3月   [査読有り]
Serum oxidative-anti-oxidative stress balance is dysregulated in patients with hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma
Nishimura M, Takaki A, Tamaki N, Maruyama T, Onishi H, Kobayashi S, Nouso K, Yasunaka T, Koike K, Hagihara H, Kuwaki K, Nakamura S, Ikeda F, Iwasaki Y, Tomofuji T, Morita M, Yamamoto K
Hepatol Res   43(10) 1078-1092   2013年10月   [査読有り]
Yasunaka T, Ikeda F, Kobashi H, Miyake Y, Takaki A, Iwasaki Y, Hada H, Yamamoto K, Nakano M
Digestive Endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   24(2) 124   2012年3月   [査読有り]
Miyatake H, Kobayashi Y, Iwasaki Y, Nakamura S, Ohnishi H, Kuwaki K,. Toshimori J, Hagihara H, Nouso K, Yamamoto K
Dig Dis Sci   57(4) 1092-10101   2012年4月   [査読有り]
Ikeda F, Okamoto R, Baba N, Fujioka S, Shoji B, Yabushita K, Ando M, Matsumura S, Kubota J, Yasunaka T, Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Okada H, Yamamoto K
J Gastroenterol Hepatol   27(8) 1320-1328   2012年8月   [査読有り]
Ikeda F, Baba N, Takaguchi K, Kubota J, Miyoshi K, Fujioka S, Moritou Y, Takeuchi Y, Yasunaka T, Miyake Y, Takaki A, Iwasaki Y, Kobashi H, Yamamoto K
J Med Virol   84(10) 1562-1570   2012年10月   [査読有り]
Kato K, Nagase A, Onodera K, Matsuda M, Iwasaki Y, Kato Y, Kato K, Kawakami T, Taniguchi M, Furukawa H
Journal of medical case reports   5 521   2011年10月   [査読有り]
Kato K, Nagase A, Matsuda M, Kato Y, Onodera K, Kawakami T, Higuchi M, Iwasaki Y, Taniguchi M, Furukawa H
Case Rep Gastroenterol   5(2) 492-496   2011年5月   [査読有り]
Efficacy and cost-effectiveness of consensus interferon monotherapy with high-dose induction for hepatitis C patients with genotype 2.
Iwasaki Y, Tanaka H, Ikeada H, Okamoto R, Araki Y, Yabushita K, Kobashi H, Kariyama K, Kawaguchi M, Takaguchi K, Sakata T, Ando M, Sakaguchi K, Aoki N, Shiratori Y
Scand J Gastroenterol   46(1) 79-90   2011年1月   [査読有り]
Alcohol consumption appears to protect against non-alcoholic fatty liver disease
Moriya A, Iwasaki Y, Ohguchi S, Kayashima E, Mitsumune T, Taniguchi H, Ikeda F, Shiratori Y, Yamamoto K.
Aliment Pharmacol Ther   33(3) 378-388   2011年2月   [査読有り]
Ikeda F, Dansako H, Nishimura G, Mori K, Kawai Y, Ariumi Y, Miyake Y, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Ikeda M, Kato N, Yamamoto K
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   30(9) 1324-1331   2010年10月   [査読有り]
Iwadou S, Nouso K, Kuwaki K, Kobayashi Y, Nakamura S, Tanaka H, Miyoshi K, Ohnishi H, Miyake Y, Shiraha H, Iwasaki Y, Shiratori Y, Yamamoto K
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   30(7) 1027-1032   2010年8月   [査読有り]
Autoimmune hepatitis with acute presentation in Japan
Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Yamamoto K
Dig Liver Dis   42(1) 51-54   2010年1月   [査読有り]
Evolution of prognostic factors in hepatocellular carcinoma in Japan
Nouso K, Kobayashi Y, Nakamura S, Kobayashi S, Toshimori J, Kuwaki K, Hagihara H, Onishi H, Miyake Y, Ikeda F, Shiraha H, Takaki A, Iwasaki Y, Kobashi H, Yamamoto K
Aliment Pharmacol Ther   31(3) 407-414   2010年2月   [査読有り]
Application of radiofrequency ablation for the treatment of metastatic liver cancers.
Nouso K, Kobayashi Y, Nakamura S, Uematsu S, Shiraga K, Iwadou S, Araki Y, Taniguchi H, Tanaka H, Toshikuni N, Kaneyoshi T, Ikeda H, Fujioka S, Osawa T, Iwasaki Y, Shiraha H, Yamamoto K
Hepatogastroenterol   57(97) 117-120   2010年1月   [査読有り]
Clinical features of autoimmune hepatitis diagnosed based on simplified criteria of the International Autoimmune Hepatitis Group
Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Yamamoto K
Dig Liver Dis   42(3) 210-215   2010年3月   [査読有り]
Meta-analysis: interferon-alpha prevents the recurrence after curative treatment of hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma
Miyake Y, Takaki A, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Viral Hepat   17(4) 287-292   2010年4月   [査読有り]
Laparoscopic findings of reddish markings predict hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis B virus-related liver disease.
Shoji B, Ikeda F, Fujioka SI, Kobashi H, Yasunaka T, Miyake Y, Shiraha H, Takaki A, Nouso K, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Gastroenterol   45(11) 1172-82   2010年11月   [査読有り]
Hepatitis C virus NS4 protein impairs the Th1 polarization of immature dendritic cells
Takaki A, Tatsukawa M, Iwasaki Y, Koike K, Noguchi Y, Shiraha H, Sakaguchi K, Nakayama E, Yamamoto K
J Viral Hepat   17(8) 555-562   2010年8月   [査読有り]
Meta-analysis: reduced incidence of hepatocellular carcinoma in patients not responding to interferon therapy of chronic hepatitis C
Miyake Y, Iwasaki Y, Yamamoto K
Int J Cancer   127(4) 989-996   2010年8月   [査読有り]
Acute hepatitis due to hepatitis E virus genotype 1 as an imported infectious disease in Japan
Miyahara K, Miyake Y, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Iwasaki Y, Kobashi H, Kang JH, Takahashi K, Arai M, Yamamoto K
Intern Med   49(23) 2613-2616   2010年12月   [査読有り]
Iwasaki Y, Shiratori Y, Hige S, Nishiguchi S, Takagi H, Onji M, Yoshida H, Izumi N, Kohgo Y, Yamamoto K, Sato N, Shibuya A, Saito H, Sata M, Suzuki K, Kaneko S, Moriyama M, Omata M
Hepatol Int   3(3) 468-479   2009年9月   [査読有り]
Clinical features of antinuclear antibodies-negative type 1 autoimmune hepatitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Ando M, Sakaguchi K, Yamamoto K
Hepatol Res   39(3) 241-246   2009年3月   [査読有り]
Clinical features of type 1 autoimmune hepatitis in adolescence and early adulthood
Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Sakaguchi K, Ando M, Yamamoto K
Hepatol Res   39(8) 766-771   2009年8月   [査読有り]
Factors associated with adherence to combination therapy of interferon and ribavirin for patients with chronic hepatitis C: importance of patient's motivation and physician's treatment experience
Tanioka D, Iwasaki Y, Araki Y, Osawa T, Ikeda H, Ando M, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y, Yamamoto K
Liver Int   59(5) 721-729   2009年5月   [査読有り]
Two cases of development of entecavir resistance during entecavir treatment for nucleoside-naive chronic hepatitis B
Kobashi H, Fujioka S, Kawaguchi M, Kumada H, Yokosuka O, Hayashi N, Suzuki K, Okanoue T, Sata M, Tsubouchi H, Sato C, Kiyosawa K, Tanikawa K, Seriu T, Ishikawa H, Takaki A, Iwasaki Y, Osawa T, Takaki T, Sakaguchi K, Shiratori Y, Yamamoto K, Tenney DJ, Omata M
Hepatol Int   3(2) 403-410   2009年6月   [査読有り]
Mortality rate of patients with asymptomatic primary biliary cirrhosis diagnosed at age 55 years or older is similar to that of the general population
Kubota J, Ikeda F, Terada R, Kobashi H, Fujioka S, Okamoto R, Baba S, Morimoto Y, Ando M, Makino Y, Taniguchi H, Yasunaka T, Miyake Y, Iwasaki Y, Yamamoto K
J Gastroenterol   44(9) 1000-1006   2009年9月   [査読有り]
Efficacy of ursodeoxycholic acid for Japanese patients with autoimmune hepatitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Kobashi H, Yasunaka T, Ikeda F, Takaki A, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Ando M, Sakaguchi K, Yamamoto K
Hepatol Int   3(4) 556-562   2009年4月   [査読有り]
Miyake Y, Iwasaki Y, Takaki A, Onishi T, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Hepatol Res   38(1) 96-102   2008年1月   [査読有り]
A 27-year-old man who died of acute liver failure probably due to trichloroethylene abuse
Takaki A, Suzuki H, Iwasaki Y, Takigawa T, Ogino K, Matsuda H, Yagi T, Hanazaki M, Nakatsuka H, Katayama H, Matsumi M, Shoji B, Terada R, Kobashi H, Sakaguchi K
J Gastroenterol   43(3) 239-242   2008年3月   [査読有り]
A prospective and comparative cohort study on efficacy and drug resistance during long-term lamivudine treatment for various stages of chronic hepatitis B and cirrhosis
Nishida T, Kobashi H, Fujioka S, Fujio K, Takaguchi K, Ikeda H, Kawaguchi M, Ando M, Araki Y, Higashi T, Shoji B, Takaki A, Iwasaki Y, Sakaguchi K, Shiratori Y, Yamamoto K
J Gastroenterol Hepatol   23(5) 794-803   2008年5月   [査読有り]
Intrahepatic mRNA levels of type I interferon receptor and interferon-stimulated genes in genotype 1b chronic hepatitis C: Association between IFNAR1 mRNA level and sustained response to interferon therapy
Taniguchi H, Iwasaki Y, Takahashi A, Shimomura H, Moriya A, Yu PC, Umeoka F, Fujioka S, Koide N, Shiratori Y
Intervirology   50(1) 32-39   2007年1月   [査読有り]
Short-term high-dose followed by long-term low-dose hepatitis B immunoglobulin and lamivudine therapy prevented recurrent hepatitis B after liver transplantation
Takaki A, Yagi T, Iwasaki Y, Sadamori H, Matsukawa H, Matsuda H, Shinoura S, Umeda Y, Miyake Y, Terada R, Kobashi H, Sakaguchi K, Tanaka N, Shiratori Y
Transplantation   27(2) 231-233   2007年1月   [査読有り]
A homosexual Japanese man with acute hepatitis due to hepatitis B virus genotype ae, concurrent with amebic colitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Ishikawa S, Tatsukawa M, Nawa T, Kato J, Takaki A, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Acta Med Okayama   61(1) 35-39   2007年2月   [査読有り]
Peritoneal dissemination of hepatocellular carcinoma treated with a combination therapy of interferon-alpha-2b and oral tegafur/uracil
Miyake Y, Iwasaki Y, Shiraha H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Intern Med   46(9) 565-569   2007年5月   [査読有り]
Prognostic factors for fatal outcomes prior to receiving liver transplantation in patients with non-acetaminophen-related fulminant hepatic failure
Miyake Y, Iwasaki Y, Makino Y, Kobashi H, Takaguchi K, Ando M, Sakaguchi K, Shiratori Y
J Gastroenterol Hepatol   22(6) 855-861   2007年6月   [査読有り]
Systemic inflammatory response syndrome strongly affects the prognosis of patients with fulminant hepatitis B
Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Takaguchi K, Sakaguchi K, Shiratori Y
J Gastroenterol   42(6) 485-492   2007年6月   [査読有り]
Clinical features of Japanese type 1 autoimmune hepatitis patients with zone III necrosis
Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Onishi T, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Hepatol Res   37(10) 801-805   2007年10月   [査読有り]
Clinical features of Japanese elderly patients with type 1 autoimmune hepatitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Takaki A, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Intern Med   46(24) 1945-1949   2007年12月   [査読有り]
Terada R, Yamamoto K, Kobayashi K, Sakaguchi K, Iwasaki Y, Saheki T, Shiratori Y
J Gastroenterol Hepatol   21(10) 1634-1635   2006年10月   [査読有り]
Limitation of combination therapy of interferon and ribavirin for older patients with chronic hepatitis C
Iwasaki Y, Ikeda H, Araki Y, Osawa T, Kita K, Ando M, Shimoe T, Takaguchi K, Hashimoto N, Kobatake T, Tomita M, Kawaguchi M, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Hepatology   43(1) 54-63   2006年1月   [査読有り]
Long-term monitoring of platelet count, as a non-invasive marker of hepatic fibrosis progression and/or regression in patients with chronic hepatitis C after interferon therapy
Taniguchi H, Iwasaki Y, Fujiwara A, Sakaguchi K, Moriya A, Yu PC, Takaki A, Fujioka S, Shimomura H, Shiratori Y
J Gastroenterol Hepatol   21(1) 281-287   2006年1月   [査読有り]
Simple surrogate index of the fibrosis stage in chronic hepatitis C patients using platelet count and serum albumin level
Ohta T, Sakaguchi K, Fujiwara A, Fujioka S, Iwasaki Y, Makino Y, Araki Y, Shiratori Y
Acta Med Okayama   60(2) 77-84   2006年4月   [査読有り]
Clinical characteristics of fulminant-type autoimmune hepatitis: an analysis of eleven cases
Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Onishi T, Okamoto R, Sakai N, Sakaguchi K, Shiratori Y
Aliment Pharmacol Ther   23(9) 1347-1353   2006年5月   [査読有り]
Surveillance of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection may improve patient survival
Tanaka H, Nouso K, Kobashi H, Kobayashi Y, Nakamura S, Miyake Y, Ohnishi H, Miyoshi K, Iwado S, Iwasaki Y, Sakaguchi K, Shiratori Y
Liver Int   26(5) 543-551   2006年6月   [査読有り]
Early detection and quantification of lamivudine-resistant hepatitis B virus mutants by fluorescent biprobe hybridization assay in lamivudine-treated patients
Umeoka F, Iwasaki Y, Matsumura M, Takaki A, Kobashi H, Tatsukawa M, Shiraha H, Fujioka S, Sakaguchi K, Shiratori Y
J Gastroenterol   41(7) 693-701   2006年7月   [査読有り]
Gene expression profiling in biliary epithelial cells of primary biliary cirrhosis using laser capture microdissection and cDNA microarray
Baba N, Kobashi H, Yamamoto K, Terada R, Suzuki T, Hakoda T, Okano N, Shimada N, Fujioka S, Iwasaki Y, Shiratori Y
Transl Res   148(3) 103-113   2006年3月   [査読有り]
Persistent elevation of serum alanine aminotransferase levels leads to poor survival and hepatocellular carcinoma development in type 1 autoimmune hepatitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Okamaoto R, Ikeda H, Makino Y, Kobashi H, Takaguchi K, Sakaguchi K, Shiratori Y
Aliment Pharmacol Ther   24(8) 1197-1205   2006年10月   [査読有り]
Combination of 5-FU and IFNalpha enhances IFN signaling pathway and caspase-8 activity, resulting in marked apoptosis in hepatoma cell lines
Koike K, Takaki A, Tatsukawa M, Suzuki M, Shiraha H, Iwasaki Y, Sakaguchi K, Shiratori Y
Int J Oncol   29(5) 1253-1261   2006年11月   [査読有り]
Functional promoter upstream p53 regulatory sequence of IGFBP3 that is silenced by tumor specific methylation
Hanafusa T, Shinji T, Shiraha H, Nouso K, Iwasaki Y, Yumoto E, Ono T, Koide N
BMC Cancer   5 9-9   2005年1月   [査読有り]
Possible contribution of prior hepatitis B virus infection to the development of hepatocellular carcinoma
Tanaka H, Iwasaki Y, Nouso K, Kobayashi Y, Nakamura S, Matsumoto E, Toshikuni N, Kaneyoshi T, Ohsawa T, Takaguchi K, Fujio K, Senoh T, Ohnishi T, Sakaguchi K, Shiratori Y
J Gastroenterol Hepatol   20(6) 850-856   2005年6月   [査読有り]
Development of hepatocellular carcinoma in a woman with HBV- and HCV-negative autoimmune hepatitis with unsatisfactory response to Corticosteroid
Miyake Y, Sakaguchi K, Tanaka H, Nakamura S, Kobayashi Y, Fujioka S, Iwasaki Y, Shiratori Y
Intern Med   59(9) 949-953   2005年9月   [査読有り]
New prognostic scoring model for liver transplantation in patients with non-acetaminophen-related fulminant hepatic failure
Miyake Y, Sakaguchi K, Iwasaki Y, Ikeda H, Makino Y, Kobashi H, Araki Y, Ando M, Kita K, Shiratori Y
Transplantation   44(7) 930-936   2005年10月
Lamivudine treatment in patients with HBV-related hepatocellular carcinoma--using an untreated, matched control cohort
Piao CY, Fujioka S, Iwasaki Y, Fujio K, Kaneyoshi T, Araki Y, Hashimoto K, Senoh T, Terada R, Nishida T, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y
Acta Med Okayama   20(5) 217-224   2005年10月   [査読有り]
Persistent normalization of serum alanine aminotransferase levels improves the prognosis of type 1 autoimmune hepatitis
Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Takagi S, Okamaoto R, Ikeda H, Sakai N, Makino Y, Kobashi H, Takaguchi K, Sakaguchi K, Shiratori Y
J Hepatol   80(6) 951-957   2005年12月   [査読有り]
Risk factors for hepatocellular carcinoma in Hepatitis C patients with sustained virologic response to interferon therapy
Iwasaki Y, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Araki Y, Ando M, Kobashi H, Kobatake T, Tanaka R, Tomita M, Senoh T, Kawaguchi M, Shimoe T, Manabe K, Kita K, Shimamura J, Sakaguchi K, Shiratori Y
Liver Int   5(6) 603-610   2004年12月   [査読有り]
Nakajima H, Shimomura H, Iwasaki Y, Ikeda F, Umeoka F, Chengyu P, Taniguchi H, Ohnishi Y, Takagi SJ, Fujioka S, Shiratori Y
Acta Med Okayama   57(5) 217-225   2003年10月   [査読有り]
Hepatitis B virus gene in liver tissue promotes hepatocellular carcinoma development in chronic hepatitis C patients
Fujioka S, Shimomura H, Iwasaki Y, Fujio K, Nakagawa H, Onishi Y, Takagi S, Taniguchi H, Umeoka F, Nakajima H, Moriya A, Nanba K, Piao CY, Shinji T, Koide N, Shiratori Y
Dig Dis Sci   57(10) 1920-1924   2003年10月   [査読有り]
Regulation of circulating immune complexes by complement receptor type 1 on erythrocytes in chronic viral liver diseases
Miyaike J, Iwasaki Y, Takahashi A, Shimomura H, Taniguchi H, Koide N, Matsuura K, Ogura T, Tobe K, Tsuji T
Gut   48(4) 591-596   2002年10月   [査読有り]
Quantitative analysis of p40/p46 and p69/p71 forms of 2',5'-oligoadenylate synthetase mRNA by competitive PCR and its clinical application
Takahashi A, Iwasaki Y, Miyaike J, Taniguchi H, Shimomura H, Hanafusa T, Yumoto Y, Moriya A, Koide N, Tsuji T
Clin Chem   23(9) 1551-1559   2002年9月   [査読有り]
Laparoscopic features of primary biliary cirrhosis in AMA-positive and AMA-negative patients
Fujioka S, Yamamoto K, Okamoto R, Miyake M, Ujike K, Shimada N, et alFujioka S, Yamamoto K, Okamoto R, Miyake M, Ujike K, Shimada N, Terada R, Miyake Y, Nakajima H, Piao CY, Iwasaki Y, Tanimizu M, Tsuji T
Endoscopy   34(4) 318-321   2002年4月   [査読有り]

Misc

 
非アルコール性脂肪性肝疾患における遺伝子多型と非アルコール性脂肪肝炎関連因子の検討
岩崎 良章, 池田 房雄, 中山 光, 和田 望, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 岡田 裕之
肝臓   59(Suppl.2) A684-A684   2018年9月
保険診療下におけるパンジェノ型抗HCV治療の効果と安全性 -多施設共同研究(第1報)
田守 昭博, 岩佐 元雄, 南 祐仁, 能祖 一裕, 井上 和明, 加川 建弘, 山崎 隆弘, 岩崎 良章, 打田 爽子, 榎本 大, 河田 則文, Japan Real-world HCV
肝臓   59(Suppl.2) A700-A700   2018年9月
若年成人の非アルコール性脂肪性肝疾患の経過における遺伝子多型の解析
岩崎 良章, 中山 光, 池田 房雄, 和田 望, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 岡田 裕之
肝臓   59(Suppl.1) A353-A353   2018年4月
高アンモニア血症に対する高用量レボカルニチン製剤の有用性
間嶋 荘一郎, 守屋 昭男, 岩崎 良章
肝臓   59(Suppl.1) A369-A369   2018年4月
脂肪肝に対する飲酒開始/禁酒の影響
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平
肝臓   59(Suppl.1) A523-A523   2018年4月
人間ドック受診者における脂肪肝と飲酒量の変化
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 安東 正晴
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A340-A340   2018年4月
検診における脂肪肝とnon-HDLコレステロールの経時的相関
守屋 昭男, 山内 健司, 幡 英典, 岩崎 良章, 安東 正晴
肝臓   58(Suppl.3) A841-A841   2017年11月
腹腔鏡下肝生検による原発性胆汁性胆管炎の予後予測
安中 哲也, 池田 房雄, 足立 卓哉, 和田 望, 安中 幸, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 岡田 裕之
肝臓   58(Suppl.3) A907-A907   2017年11月
B型慢性肝炎におけるHBs抗原量と関連する臨床的背景の検討
谷口 英明, 相見 正史, 岩崎 良章
肝臓   58(Suppl.3) A910-A910   2017年11月
健康診断システムの更新について
山際 陽子, 影山 真希, 岡 香織, 古本 友里, 黒木 清美, 樋口 千草, 谷口 暁彦, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 岩崎 良章
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回 49-49   2017年11月
医療系学生における定期インターフェロンγ遊離試験の検査法と陽性率についての検討
谷口 暁彦, 樋口 千草, 中山 光, 古本 友理, 山際 陽子, 岡 香織, 黒木 清美, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 岩崎 良章
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回 85-85   2017年11月
大学新入生が抱える不安 全新入生ガイダンスにおける無記名アンケート結果から
清水 幸登, 福永 美加, 影山 真希, 河原 宏子, 兒山 志保美, 大西 勝, 谷口 暁彦, 樋口 千草, 岩崎 良章
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回 113-113   2017年11月
研修医へのメンタルヘルス支援 卒後研修センターとの連携
兒山 志保美, 大西 勝, 中西 順子, 古本 友里, 岡 香織, 黒木 清美, 樋口 千草, 谷口 暁彦, 河原 宏子, 清水 幸登, 岩崎 良章
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回 115-115   2017年11月
脂肪肝に対する飲酒の経時的役割
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 萱嶋 英三, 光宗 皇彦, 谷口 英明, 安東 正晴, 山本 和秀
香川県医師会誌   70(特別) 61-61   2017年10月
B型慢性肝炎におけるHBs抗原量と年齢との関係について
谷口 英明, 相見 正史, 岩崎 良章
肝臓   58(Suppl.2) A616-A616   2017年9月
若年成人の非アルコール性脂肪性肝疾患における遺伝子多型と白血球分画の検討
岩崎 良章, 中山 光, 池田 房雄, 和田 望, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 岡田 裕之
肝臓   58(Suppl.2) A636-A636   2017年9月
【ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患】 脂質代謝 若年成人NAFLDにおける遺伝子多型と脂質代謝
岩崎 良章, 中山 光, 池田 房雄
肝・胆・膵   75(1) 131-136   2017年7月
職員の尿中コチニン測定による大学敷地内全面禁煙前後の受動喫煙状況の比較
岩﨑良章,中山 光,谷口暁彦,影山真希,古本友理,山際陽子,岡 香織,黒木清美,河原宏子, 清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   54(2) 119-124   2017年5月
本学では受動喫煙防止対策として、平成26年4月1日より敷地内全面禁煙とした。措置後の職員における受動喫煙の状況を評価する目的で、本学津島地区定期健康診断を受診した職員を対象としてアンケート調査と尿中コチニン測定を行った。全面禁煙施行1年4ヵ月後の平成27年8月(措置後:アンケート1,122名、コチニン測定589名)の結果を、全面禁煙実施3年8ヵ月前の平成22年8月の定期健診時(措置前:アンケート1,112名、コチニン測定506名)の調査結果と比較した。尿中コチニンは、喫煙者では措置前後のい...
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるPNPLA3およびTM6SF2遺伝子多型の組織学的検討
岩崎 良章, 池田 房雄, 中山 光, 下村 泰之, 和田 望, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 岡田 裕之
肝臓   58(Suppl.1) A383-A383   2017年4月
FIB-4 Index上昇に関与する生活習慣病関連因子の検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 安東 正晴
肝臓   58(Suppl.1) A384-A384   2017年4月
研修医へのメンタルヘルス支援
大西 勝, 兒山 志保美, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 古本 友理, 岡 香織, 黒木 清美, 谷口 暁彦, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   54(1) 403-404   2017年3月
職員の尿中コチニン測定~敷地内全面禁煙前後の比較~
岩﨑良章,中山 光,谷口暁彦,影山真希,古本友理,山際陽子,岡 香織,黒木清美,河原宏子,清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   54(1) 265-265   2017年3月
研修医のメンタルヘルス支援
大西 勝,兒山志保美,妹尾明子,河原宏子,清水幸登,中西順子,古本友理,岡 香織,黒木清美,谷口暁彦,岩﨑良章,小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   54(1) 403-404   2017年
在校生健康診断における尿糖陽性者の検討
樋口千草,影山真希,山際陽子,古本友理,岡 香織,黒木清美,清水幸登,谷口暁彦,河原宏子,大西 勝,岩﨑良章
第47回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   47 26-29   2017年
医療系ワクチン接種体制の変更と今後の課題
黒木清美,中西順子,兒山志保美,古本友理,岡 香織,谷岡修司,樋口千草,谷口暁彦,河原宏子,清水幸登,大西 勝,岩﨑良章
第47回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   47 39-41   2017年
医療系地区事務職員の業務環境の特徴について
大西 勝,兒山志保美,中西順子,古本友理,岡 香織,黒木清美,樋口千草,谷口暁彦,河原宏子,清水幸登,岩﨑良章
第47回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   47 80-81   2017年
若年成人NAFLDにおける遺伝子多型と脂質代謝
岩崎 良章,中山 光,池田 房雄
肝・胆・膵   75(1) 131-136   2017年
職員の尿中コチニン測定 敷地内全面禁煙前後の比較
岩崎 良章, 中山 光, 谷口 暁彦, 影山 真希, 古本 友理, 山際 陽子, 岡 香織, 黒木 清美, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   54回 77-77   2016年9月
研修医のメンタルヘルス支援 支援の枠組について
大西 勝, 兒山 志保美, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 古本 友理, 岡 香織, 黒木 清美, 谷口 暁彦, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   54回 108-108   2016年9月
消化器疾患と代謝異常の関わり 若年成人の非アルコール性脂肪性肝疾患におけるTM6SF2遺伝子多型と脂質代謝の検討
岩崎 良章, 中山 光, 池田 房雄
肝臓   57(Suppl.2) A488-A488   2016年9月
肝硬変に至らない原発性胆汁性肝硬変が続発性骨粗鬆症の成因となりうるか?
關 杏奈, 池田 房雄, 宮武 宏和, 藤岡 真一, 安東 正晴, 高口 浩一, 和田 望, 森元 裕貴, 安中 幸, 竹内 康人, 安中 哲也, 桑木 健志, 大西 秀樹, 中村 進一郎, 白羽 英徳, 岩崎 良章, 能祖 一裕, 高木 章乃夫, 岡田 裕之
日本消化器病学会雑誌   113(臨増大会) A733-A733   2016年9月
耐糖能異常・脂質異常症と脂肪肝の経時的検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平
肝臓   57(Suppl.1) A297-A297   2016年4月
人間ドック受診者における喫煙と脂肪肝の相関に関する経時的検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 森藤 由記, 秋田 光洋, 幡 英典, 安東 正晴
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A402-A402   2016年3月
医療系学生における第3期・第4期予防接種実施前後の麻疹・風疹抗体の推移
岩﨑良章, 黒木清美, 今井あゆみ, 山際陽子, 岡 香織, 内藤恵子, 中西順子, 森田知子, 中山 光, 河原宏子, 清水幸登, 大西 勝, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   53(1) 283-285   2016年3月
医療系学生932名を対象とし、第3期・4期予防接種が導入される前の2003年、2007年に入学した群と、導入後の2010年、2014年に入学した群に分け、麻疹、風疹、水痘、ムンプスの抗体陽性率を群間比較した。結果、麻疹の抗体陽性率は2003年57%、2007年46%、2010年94%、2014年94%であり、導入後の群が有意に高値であった。風疹の抗体陽性率は2003年81%、2007年54%、2010年67%、2014年56%であり、2003年が最も高値であった。水痘は2003年97%、2...
岡山大学メンタルヘルス対策推進室の紹介 設立経緯と活動内容
清水幸登, 大西 勝, 妹尾明子, 河原宏子, 兒山志保美, 岡 香織, 中山 光, 岩﨑良章, 小倉俊郎, 明石 正, 峯 光弘, 川本章仁
CAMPUS HEALTH   53(1) 305-307   2016年3月
学生定期健康診断における胸部X線検査の有用性について
谷口暁彦,岩﨑良章,中山 光,古本友理,山際陽子,岡 香織,黒木清美,河原宏子,清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
第46回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   39-43   2016年
IGRA判定に関する一考察 ~本学における結核発生事例より~
岩﨑良章,中山 光,岡 香織,黒木清美,中西順子,山際陽子,河原宏子,清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
第46回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   72-76   2016年
敷地内全面禁煙に伴う学生の喫煙率および意識変化
古本友理,岩﨑良章,影山真希,山際陽子,岡 香織,黒木清美,谷口暁彦,河原宏子,清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
第46回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   98-101   2016年
新しく開講された新入生全学ガイダンスを担当して見えたもの
清水幸登,岸 めぐみ,妹尾明子,河原宏子,大西 勝,中山 光,谷口暁彦,岩﨑良章,小倉俊郎
第46回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   102-106   2016年
肝臓がんへ分化するがん幹細胞モデルの作成
堤 愛姫, 竹尻 崇人, 水谷 昭文, Vaidyanath Arun, 大原 利章, 岩崎 良章, 笠井 智成, 妹尾 昌治
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P1127]-[2P1127]   2015年12月
人間ドック受診者におけるFIB-4 Index上昇に関与する因子の検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 安東 正晴
肝臓   56(Suppl.3) A989-A989   2015年11月
医療系学生における第3期・第4期予防接種実施前後の麻疹・風疹抗体の推移
岩崎 良章, 黒木 清美, 今井 あゆみ, 山際 陽子, 岡 香織, 内藤 恵子, 中西 順子, 森田 知子, 中山 光, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   53回 76-76   2015年8月
岡山大学メンタルヘルス対策推進室の紹介 設立経緯と活動内容
清水 幸登, 大西 勝, 妹尾 明子, 河原 宏子, 兒山 志保美, 岡 香織, 中山 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎, 明石 正, 峯 光弘, 川本 章仁
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   53回 81-81   2015年8月
飲酒と脂肪肝の経時的相関
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平
肝臓   56(Suppl.1) A307-A307   2015年4月
非アルコール性脂肪性肝疾患における血清Irisinの検討
岩崎 良章, 池田 房雄, 下村 泰之, 和田 望, 森元 裕貴, 竹内 康人, 安中 哲也, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 山本 和秀
肝臓   56(Suppl.1) A348-A348   2015年4月
メタボリックシンドローム関連疾患と脂肪肝との経時的検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 吉田 賢司, 鎮守 さやか, 吉田 泰成, 森藤 由記, 堀口 正樹, 井上 謙太郎, 藤川 達也, 幡 英典, 米井 泰治, 安東 正晴
糖尿病   58(Suppl.1) S-479   2015年4月
マムシ咬傷初期治療の標準化の試み
黒瀬 匡雄, 塩田 哲也, 政近 房子, 前田 恵利子, 金島 敬子, 北谷 貞子, 武 進, 岩崎 良章
救急医学   39(4) 497-506   2015年4月
マムシ咬傷初期治療の標準化について検討した。臨床的にマムシ咬傷と診断した30例を対象とした。処置開始までの時間が0〜30分までの症例と初診時腫脹が指・趾までの症例では抗毒素を投与する必要がなかった。抗毒素使用の有無にかかわらず、死亡例や明瞭な臓器障害、DIC、腎不全などを起こした症例はなかった。抗毒素使用の有無に関する因子を単変量解析で検討したところ、来院から処置までの実時間(38分未満)、初診時腫脹上端及び初診時腫脹距離(8cm以下)が有意な関連を示した。血液検査では、血清CPK値、AS...
C型慢性肝炎症例に対するシメプレビル3剤併用療法の治療適応の検討、テラプレビルとの比較
池田 房雄, 岩崎 良章, 山本 和秀
日本消化器病学会雑誌   112(臨増総会) A355-A355   2015年3月
医療系ワクチン接種の現状における課題 看護職の立場から
黒木清美, 岩崎良章, 中西順子, 兒山志保美, 岡 香織, 内藤恵子, 谷岡修司, 古賀 光, 河原宏子, 清水幸登, 大西 勝, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   52(1) 246-247   2015年3月
大学新入生における腎機能の検討
古賀 光, 小倉俊郎, 内藤惠子, 岡 香織, 黒木清美, 山際陽子, 河原宏子, 清水幸登, 大西 勝, 岩崎良章
CAMPUS HEALTH   52(1) 258-260   2015年3月
平成26年度に本学の入学時健診を受けた学生のうち採血の同意が得られ実施した2206名(男子1272名、女子934名)を対象としてeGFRを含む腎機能測定を行い、若年者においてCKDやその予備軍がどの程度存在するのか、また、早期からの予防対策にはどのような視点が重要かを明らかにするための検討を行った。腎機能測定の結果、eGFRが90ml/min/1.73m2未満の者は男子110名(8.6%)、女子46名(4.9%)であった。血清クレアチニンが1.0mg/dl以上は男子39名(3.1%)で、女...
新人看護師への採用時のメンタルヘルス研修 たくましく生き延びるために
兒山志保美, 大西 勝, 妹尾明子, 河原宏子, 清水幸登, 中西順子, 岡 香織, 黒木清美, 内藤恵子, 古賀 光, 岩崎良章, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   52(1) 312-314   2015年3月
平成23年7月、岡山大学病院にメンタル系産業医が新たに配置されることになり、当保健管理センターの精神科医が担当となった。同病院では、平成24年度にメンタルヘルス不調が原因で3ヵ月以上休職した看護師が29名おり、このうち新人看護師が16名(55%)を占めていた。そこで当センターでは、新人看護師に対して早期からメンタルヘルス支援を行うことで、メンタルヘルス不調による休職者を減らせるのではないかと考え、平成25年から新人看護師採用時にメンタルヘルス研修を実施した。研修内容は、「社会人としての心構...
新人看護師のメンタルヘルス症候群
大西 勝, 兒山志保美, 妹尾明子, 河原宏子, 清水幸登, 中西順子, 岡 香織, 黒木清美, 内藤恵子, 古賀 光, 岩崎良章, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   52(1) 315-316   2015年3月
飲酒パターンと脂肪肝の発症・改善に関する経時的検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 松三 明宏, 寺澤 裕之, 森藤 由記, 幡 英典, 萱嶋 英三, 光宗 皇彦, 安東 正晴
日本内科学会雑誌   104(Suppl.) 244-244   2015年2月
当大学における電離放射線取扱者健診について~現状紹介と問題点~
山際陽子,岩﨑良章,森田知子,中西順子,岡 香織,内藤恵子,黒木清美,中山 光,河原宏子,清水幸登, 大西 勝,小倉俊郎
第45回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   51-54   2015年
職員健診におけるオプション検査の試み
中山 光,岡 香織,内藤恵子,黒木清美,森田知子,山際陽子,河原宏子,清水幸登,大西 勝,岩﨑良章,小倉俊郎
第45回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   55-57   2015年
保健管理センターでの外傷処置の現状~10年前との比較~
岡 香織,黒木清美,内藤恵子,森田知子,山際陽子,河原宏子,中山 光,清水幸登,岩﨑良章,大西 勝,小倉俊郎
第45回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   86-89   2015年
大学病院におけるメンタルヘルス産業医活動~4年間を振り返って~
大西 勝,兒山志保美,妹尾明子,河原宏子,清水幸登,中西順子,岡 香織,黒木清美,内藤恵子,中山 光,岩﨑良章,小倉俊郎
第45回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   92-94   2015年
脂肪肝は肥満・腹部肥満とは独立した生活習慣病の危険因子である
守屋 昭男, 岩崎 良章, 松三 明宏, 上田 英次郎, 須藤 梢, 寺澤 裕之, 竹内 桂子, 森藤 由記, 秋田 光洋, 遠藤 日登美, 神野 秀基, 幡 英典, 今川 敦, 中津 守人, 安東 正晴
香川県医師会誌   67(特別) 53-53   2014年10月
生活習慣と肝病態の変遷 明日の肝臓病学に向けて 脂肪肝および耐糖能異常の発症に関与する因子についての検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平
肝臓   55(Suppl.2) A570-A570   2014年9月
テラプレビルにおける早期皮疹へのcytokineの関与について
和田 望, 池田 房雄, 下村 泰之, 森元 裕貴, 竹内 康人, 安中 哲也, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 白藤 宜紀, 山本 和秀
肝臓   55(Suppl.2) A658-A658   2014年9月
【肝胆膵領域の光学医療;一見に如かず】 肝臓領域の腹腔鏡検査 代表的な肝疾患腹腔鏡アトラス(後世に残る図譜として)
安中 哲也, 池田 房雄, 下村 泰之, 和田 望, 森元 裕貴, 三宅 康広, 白羽 英則, 高木 章乃夫, 能祖 一裕, 岩崎 良章, 山本 和秀
肝・胆・膵   69(2) 169-176   2014年8月
医療系ワクチン接種の現状における課題 看護職の立場から
黒木 清美, 岩崎 良章, 中西 順子, 兒山 志保美, 岡 香織, 内藤 恵子, 谷岡 修司, 古賀 光, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52回 61-61   2014年8月
大学新入生における腎機能の検討
古賀 光, 小倉 俊郎, 内藤 恵子, 岡 香織, 黒木 清美, 山際 陽子, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 岩崎 良章
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52回 65-65   2014年8月
新人看護師への採用時のメンタルヘルス研修 たくましく生き延びるために
兒山 志保美, 大西 勝, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52回 77-77   2014年8月
新人看護師のメンタルヘルス症候群
大西 勝, 兒山 志保美, 妹尾 明子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52回 77-77   2014年8月
当院におけるC型肝硬変治療
安中 哲也, 高木 章乃夫, 保田 裕子, 池田 房雄, 岩崎 良章, 八木 孝仁, 山本 和秀
移植   49(1) 76-76   2014年5月
【大学における健康教育】 大学生への感染症教育の工夫
岩崎 良章, 古賀 光, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   51(2) 33-37   2014年5月
DMとNAFLD・NASHの病態を考える 診断と治療の新たな展開 空腹時血糖正常高値(100-109mg/dl)は脂肪肝発症のリスク因子である
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平
肝臓   55(Suppl.1) A52-A52   2014年4月
C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法における血清フェリチン値とIL28B遺伝子多型の検討
岩崎 良章, 池田 房雄, 小橋 春彦, 藤岡 真一, 橋本 訓招, 坂口 孝作, 荒木 康之, 岡本 良一, 馬場 伸介, 谷口 英明, 宮武 宏和, 高畠 弘行, 芦田 耕三, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 山本 和秀
肝臓   55(Suppl.1) A220-A220   2014年4月
慢性C型肝炎における8-OHdGと鉄代謝関連因子の関連と肝発癌予測因子としての有用性の検討
難波 真太郎, 池田 房雄, 馬場 伸介, 高口 浩一, 妹尾 知典, 永野 拓也, 関 博之, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 山本 和秀
肝臓   55(Suppl.1) A237-A237   2014年4月
当院での肝炎ウイルス検査陽性患者に対する取り組み
下村 泰之, 池田 房雄, 難波 真太郎, 關 博之, 安中 哲也, 高木 章乃夫, 能祖 一裕, 岩崎 良章, 山本 和秀
肝臓   55(Suppl.1) A352-A352   2014年4月
岡山大学における新入生のアレルギー疾患の調査
古賀 光, 岩崎 良章, 金廣 有彦, 宮原 信明, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 谷本 光音, 小倉 俊郎
アレルギー   63(3-4) 601-601   2014年4月
C型慢性肝炎患者のインスリン抵抗性に対するペグインターフェロン治療の影響について
下村 泰之, 池田 房雄, 竹内 康人, 安中 哲也, 萩原 宏明, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 山本 和秀
日本消化器病学会雑誌   111(臨増総会) A363-A363   2014年3月
当大学における学校保健安全法と労働安全衛生法の教育経験
清水幸登, 高野舞子, 兒山志保美, 河原宏子, 大西 勝, 岡 香織, 黒木清美, 内藤恵子, 古賀 光, 岩﨑良章, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   51(1) 206-208   2014年3月
新入生健康診断における甲状腺疾患のスクリーニング
小倉俊郎, 岩﨑良章, 岡 香織, 黒木清美, 内藤恵子, 古賀 光, 河原宏子, 清水幸登, 大西 勝
CAMPUS HEALTH   51(1) 296-296   2014年3月
当大学における障がい者雇用への支援 保健師の立場から
岡 香織, 清水幸登, 鈴木照明, 大塚 恵, 内藤恵子, 黒木清美, 安東節子, 古賀 光, 岩﨑良章, 河原宏子, 大西 勝, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   51(1) 340-342   2014年3月
当大学における障がい者雇用への支援 メンタルヘルスの立場から
安東節子, 清水幸登, 岡 香織, 鈴木照明, 大塚 恵, 高野舞子, 兒山志保美, 黒木清美, 内藤恵子, 河原宏子, 古賀 光, 岩﨑良章, 大西 勝, 小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   51(1) 545-547   2014年3月
画像・組織所見と臨床像が解離したB型劇症肝炎の1例
池田 弘, 田邊 渉, 詫間 義隆, 高畠 弘行, 守本 洋一, 山本 博, 能登原 憲司, 高木 章乃夫, 岩崎 良章
倉敷中央病院年報   76 85-92   2014年3月
症例は28歳女性.38℃台の発熱,嘔気,全身倦怠感にて発症.近医で感冒と診断され解熱薬を内服.第3病日より褐色尿を認め,黄疸も出現したため第6病日に当院に緊急入院.入院時,HBs抗原・IgM-HBc抗体陽性.トランスアミナーゼの著明な上昇とプロトロンビン(PT)活性の低下(14%)を認めるも,意識は清明で肝萎縮も認めなかった.lamivudine内服,ステロイドパルス療法で入院翌日にはトランスアミナーゼ値は急速に低下し,肝萎縮も認めなかったが,PT活性は14%と改善せず,急激な意識レベルの...
学生との連絡手段としてのメールについての一考察
清水幸登,妹尾明子,河原宏子,兒山志保美,大西 勝,岡 香織,黒木清美,内藤恵子,古賀 光,岩﨑良章,小倉俊郎
第44回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   46-49   2014年
当大学女子学生の月経異常の頻度とその対応―保健指導及び婦人科外来について―
岡 香織,森田知子,中西順子,内藤恵子,黒木清美,古賀 光,河原宏子,清水幸登,岩﨑良章,大西 勝,小倉俊郎,中塚一女
第44回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   55-58   2014年
大学新入生における男女別ヘモグロビン値の検討
岩﨑良章,今井あゆみ,山際陽子,森田知子,中西順子,岡 香織,黒木清美,内藤恵子,小林むつみ,古賀 光,河原宏子,清水幸登,大西 勝,小倉俊郎
第44回中国・四国大学保健管理研究集会報告書   68-70   2014年
大学生への感染症教育の工夫
岩﨑良章,古賀 光,小倉俊郎
CAMPUS HEALTH   51(2) 33-37   2014年
肝臓領域の腹腔鏡検査 代表的な肝疾患腹腔鏡アトラス(後世に残る図譜として)
安中 哲也, 池田 房雄, 下村 泰之, 和田 望, 森元 裕貴, 三宅 康広, 白羽 英則, 高木 章乃夫, 能祖 一裕, 岩崎 良章, 山本 和秀
肝胆膵   69(2) 169-176   2014年
脂肪肝の改善に関与する因子についての経時的な検討
守屋 昭男, 岩崎 良章, 藤原 学, 藤川 達也, 大口 創平, 安東 正晴
肝臓   54(Suppl.3) A797-A797   2013年11月
当大学における学校保健安全法と労働安全衛生法の教育経験
清水 幸登, 高野 舞子, 兒山 志保美, 河原 宏子, 大西 勝, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   51回 78-78   2013年10月
新入生健康診断における甲状腺疾患のスクリーニング
小倉 俊郎, 岩崎 良章, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   51回 88-88   2013年10月
当大学における障がい者雇用への支援 保健師の立場から
岡 香織, 清水 幸登, 鈴木 照明, 大塚 恵, 内藤 恵子, 黒木 清美, 安東 節子, 古賀 光, 岩崎 良章, 河原 宏子, 大西 勝, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   51回 93-93   2013年10月
当大学における障がい者雇用への支援 メンタルヘルスの立場から
安東 節子, 清水 幸登, 岡 香織, 鈴木 照明, 大塚 恵, 高野 舞子, 兒山 志保美, 黒木 清美, 内藤 恵子, 河原 宏子, 古賀 光, 岩崎 良章, 大西 勝, 小倉 俊郎
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   51回 115-115   2013年10月
検診受診者の脂肪肝スクリーニングにおけるfatty liver index(FLI)の有用性
守屋 昭男, 岩崎 良章, 寺澤 裕之, 榮 浩行, 吉田 泰成, 安原 ひさ恵, 遠藤 日登美, 神野 秀基, 加地 英輔, 幡 英典, 今川 敦, 中津 守人, 安東 正晴
肝臓   54(Suppl.2) A579-A579   2013年9月
肝細胞におけるCK7の発現はPBCの予後予測に有用である
関 博之, 池田 房雄, 竹内 康人, 森藤 由記, 難波 真太郎, 安中 哲也, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 山本 和秀
肝臓   54(Suppl.2) A646-A646   2013年9月
若年者の甲状腺疾患 大学新入生健康診断によるスクリーニング
小倉 俊郎, 岩崎 良章, 古賀 光, 三村 由香里, 稲垣 兼一, 三好 智子, 塚本 尚子, 大塚 文男
日本内分泌学会雑誌   89(2) 479-479   2013年9月
高齢者肝疾患に対する個別化医療 高齢C型慢性肝炎症例に対するテラプレビル+ペグインターフェロンα+リバビリン3剤併用療法の治療適応の検討
池田 房雄, 岩崎 良章, 山本 和七
日本高齢消化器病学会誌   16(1) 43-43   2013年7月
大学職員における受動喫煙の認識と尿中コチニン濃度を指標とした受動喫煙に関する調査
古賀 光,岩﨑良章,金廣有彦,清水幸登,大西 勝,宮原信明,谷本 安,谷本光音,小倉俊郎
日本呼吸器学会誌   2(3) 175-181   2013年5月
大学職員における受動喫煙の認識と実態把握を目的として、職員506名(うち喫煙者25名を含む)を対象に、尿中と血液中のニコチン代謝産物であるコチニンの濃度測定および喫煙・受動喫煙に関するアンケート調査を行った。尿中と血液中のコチニン濃度は有意に正の相関を示した(p<0.001)。「アンケートによる受動喫煙の自覚」と「尿中コチニン濃度から判定した受動喫煙の有無」の一致率は65.2%と、両者の間には乖離がみられた。受動喫煙の客観的評価に尿中コチニン濃度の測定は有用であり、受動喫煙防止対策にも有効...
メンタルヘルス不調で休業した看護職の復職支援
大西 勝, 兒山 志保美, 仁科 舞子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   50(2) 149-154   2013年5月
平成23年7月、岡山大学病院(以降、当院と略す)にメンタルヘルス系産業医が新たに配置されることになり、保健管理センターの常勤精神科医が担当になった。メンタルヘルス系産業医として活動するにあたり、独自に復職支援のガイドラインを作成し、これに基づいた支援を行った。本稿では、復職支援のガイドラインを紹介するとともに、産業医活動開始後1年間に関わったメンタルヘルス不調が原因で休業した看護職の復職支援の結果を報告する。ガイドラインの特徴は、支援チームで復職支援を行うこと、休業に入る時期や復職の時期の...
C型慢性肝炎患者におけるインターフェロン治療前AFP値と肝発癌予測
竹内 康人, 池田 房雄, 安中 哲也, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 岩崎 良章, 藤岡 真一, 大澤 俊哉, 宮武 和宏, 荒木 康之, 牧野 泰祐, 谷口 英明, 妹尾 知典, 高口 浩一, 松村 周治, 真鍋 康二, 山本 和秀
肝臓   54(Suppl.1) A130-A130   2013年4月
脂肪性肝疾患における血中Fetuin-Aの検討
岩崎 良章, 池田 房雄, 安中 哲也, 竹内 康人, 森藤 由記, 森元 裕貴, 三宅 康広, 高木 章乃夫, 山本 和秀
肝臓   54(Suppl.1) A308-A308   2013年4月
非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)およびNAFLDの有無別のALT異常に関与する因子
守屋 昭男, 岩崎 良章, 大口 創平, 安東 正晴
肝臓   54(Suppl.1) A394-A394   2013年4月
保健管理センターにおける危機管理対策 日常業務における「備え」について
内藤 恵子, 岡 香織, 黒木 清美, 森田 知子, 仁科 舞子, 河原 宏子, 古賀 光, 清水 幸登, 岩崎 良章, 大西 勝, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   50(1) 401-403   2013年3月
メンタルヘルス不調で休業した看護師の復職支援
大西 勝, 兒山 志保美, 仁科 舞子, 河原 宏子, 清水 幸登, 中西 順子, 岡 香織, 黒木 清美, 内藤 恵子, 古賀 光, 岩崎 良章, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   50(1) 577-577   2013年3月
大学生のアレルギー疾患に関する実態調査
古賀 光, 岩崎 良章, 内藤 恵子, 岡 香織, 黒木 清美, 今井 あゆみ, 小林 むつみ, 河原 宏子, 清水 幸登, 大西 勝, 小倉 俊郎
CAMPUS HEALTH   50(1) 313-313   2013年3月

書籍等出版物

 
肝障害と免疫療法
日本医学館   1988年   
肝臓病を理解するための免疫学
日本医学館   1989年   
最新内科学体系
中山書店   1991年   
自己免疫性肝疾患―その病態と治療
新興医学出版   1996年   
肝臓病と上手につき合う本
栄光出版社   1996年   

講演・口頭発表等

 
ELISA法によるB型肝炎ウイルスのpre-S(2)抗原定量化-ポリマー化アルブミンレセプター(pAR)活性との検討
第22回消化器と免疫研究会   1988年   
ラウンドテーブルディスカッション2:慢性肝炎のIFN療法 慢性B型肝炎のインターフェロン投与症例における肝組織内Pre-S(2)抗原の変動について
第30回日本消化器病学会大会   1988年   
B型慢性肝炎におけるIFN療法の予後について
第2回中国四国IFN研究会   1988年   
Serum hepatitis B virus associated polymerized human serum ablumin receptor (HBV-pAR) activity and pre-S(2) antigen (pre-S(2) Ag) level after interferon therapy to chronic active hepatitis B
The International Association for the Study of the Liver   1988年   
ELISA法によるB型肝炎ウイルスのpre-S(2)抗原測定 HBV-ポリマー化アルブミンレセプター活性との検討
第23回日本肝臓学会西部会   1988年   

競争的資金等の研究課題

 
人工多能性幹細胞を用いた肝がん幹細胞動物モデルの確立と応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(16K07116)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岩﨑 良章
若年成人の脂肪性肝疾患における多様性に寄与する遺伝的素因の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(26350891)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 古賀 光
肝疾患の治療反応性と予後に関連する遺伝子素因の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(2259073304)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 岩﨑 良章
生体系物質科学の創生と医科学への応用
岡山大学: 学内COE研究支援経費
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 槇野博史
肝癌増殖抑制因子としてのビタミンKの分子機構と進行肝癌に対する有効性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(17590646)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 小林功幸
HCV長期持続感染肝細胞からの発癌に関係するタンパク質プロテオーム解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(17590647)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 高木 章乃夫
C型慢性肝炎患者におけるB型肝炎ウイルス遺伝子の存在と発癌の関連
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(16590596)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 藤岡真一
C型肝炎慢性化機序の分子生物学的解析と治療応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)(15590649)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 岩﨑 良章

特許

 
特許6161828 : 胚細胞性由来がん幹細胞作成とがんモデルマスの作成
妹尾昌治、笠井智成、大原利章、岩崎良章、廣畑聡、加来田博貴
6161828