成田 年

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/21 20:10
 
アバター
研究者氏名
成田 年
URL
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/yakuri/Top.html
所属
星薬科大学 薬学部
部署
薬理学教室
職名
教授
学位
博士(薬学)
その他の所属
先端生命科学研究センター(L-StaR)

研究キーワード

 
 

受賞

 
2006年
国際アルコール医学会 Travel award
 
2003年
The 1st Phizer Science and Research Symposium Award
 
2002年
日本神経精神薬理学会 学術賞
 
2002年
星薬科大学 大谷賞
 

論文

 
Sakai H, Kimura M, Tsukimura Y, Yabe S, Isa Y, Kai Y, Sato F, Kon R, Ikarashi N, Narita M, Chiba Y, Kamei J
Clinical and experimental pharmacology & physiology   46(1) 19-28   2019年1月   [査読有り]
Iwasawa C, Kuzumaki N, Suda Y, Kagawa R, Oka Y, Hattori N, Okano H, Narita M
Molecular brain   12(1) 5   2019年1月   [査読有り]
Neyama H, Hamada Y, Tsukahara R, Narita M, Tsukamoto K, Ueda H
Peptides   107 10-16   2018年9月   [査読有り]
Meguro Y, Miyano K, Hirayama S, Yoshida Y, Ishibashi N, Ogino T, Fujii Y, Manabe S, Eto M, Nonaka M, Fujii H, Ueta Y, Narita M, Sata N, Yada T, Uezono Y
Journal of pharmacological sciences   137(1) 67-75   2018年5月   [査読有り]
Suda Y, Kuzumaki N, Narita M, Hamada Y, Shibasaki M, Tanaka K, Tamura H, Kawamura T, Kondo T, Yamanaka A, Narita M
Biochemical and biophysical research communications   496(4) 1102-1108   2018年2月   [査読有り]
Suda Y, Kuzumaki N, Sone T, Narita M, Tanaka K, Hamada Y, Iwasawa C, Shibasaki M, Maekawa A, Matsuo M, Akamatsu W, Hattori N, Okano H, Narita M
Molecular brain   11(1) 6   2018年2月   [査読有り]
Watanabe M, Sugiura Y, Sugiyama E, Narita M, Navratilova E, Kondo T, Uchiyama N, Yamanaka A, Kuzumaki N, Porreca F, Narita M
Molecular pain   14 1744806918754934   2018年1月   [査読有り]
Watanabe M, Narita M, Hamada Y, Yamashita A, Tamura H, Ikegami D, Kondo T, Shinzato T, Shimizu T, Fukuchi Y, Muto A, Okano H, Yamanaka A, Tawfik VL, Kuzumaki N, Navratilova E, Porreca F, Narita M
Molecular pain   14 1744806918756406   2018年1月   [査読有り]
Watanabe M, Narita M
Advances in experimental medicine and biology   1099 201-210   2018年   [査読有り]
Sakai H, Tabata S, Kimura M, Yabe S, Isa Y, Kai Y, Sato F, Yumoto T, Miyano K, Narita M, Uezono Y
Biological & pharmaceutical bulletin   40(12) 2134-2139   2017年   [査読有り]

Misc

 
モルヒネ耐性機構の新知見-最先端の研究と今後の課題-(共著)
綜合臨牀   50(9) 2446-2450   2001年
オピオイド受容体と薬物依存-モルヒネ依存の分子機構-(共著)
別冊医学の歩み   199-205   2001年
モルヒネ耐性、依存性の分子機構 (]G0025[)プロテインキナーゼCを中心に(共著)
オピオイド治療   95-106   2001年
精神依存と耐性の分子機構 : オピオイドを中心に(共著)
脳21   4(1) 9-18   2001年
薬物依存の形成メカニズム、最近の研究(共著)
保健の科学   43(2) 3-12   2001年
Morphine誘発自発運動促進作用に対する逆耐性形成時のμ-opioid受容体機能変化(共著)
日本神経精神薬理学会雑誌   21(2) 55-61   2001年
モルヒネの鎮痛作用に及ぼす脳内シクロオキシゲナーゼアイソフォームの役割(共著)
緩和医療学(別刷)   3(3) 291-299   2001年
Morphine誘発抗侵害効果の発現に対するphosphoinositide3-kinaseおよびphospholipase Cγの関与(共著)
日本神経精神薬理学雑誌   21 7-14   2001年
モルヒネ依存の分子機構(共著)
脳の化学   22 417-425   2000年