成田 年

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/21 12:11
 
アバター
研究者氏名
成田 年
URL
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/yakuri/Top.html
所属
星薬科大学 薬学部
部署
薬理学教室
職名
教授
学位
博士(薬学)
その他の所属
先端生命科学研究センター(L-StaR)

研究キーワード

 
 

受賞

 
2006年
国際アルコール医学会 Travel award
 
2003年
The 1st Phizer Science and Research Symposium Award
 
2002年
日本神経精神薬理学会 学術賞
 
2002年
星薬科大学 大谷賞
 

論文

 
Hori N, Narita M, Yamashita A, Horiuchi H, Hamada Y, Kondo T, Watanabe M, Igarashi K, Kawata M, Shibasaki M, Yamazaki M, Kuzumaki N, Inada E, Ochiya T, Iseki M, Mori T, Narita M
Synapse (New York, N.Y.)      2016年3月   [査読有り]
Sakai H, Sato K, Kai Y, Chiba Y, Narita M
Biological & pharmaceutical bulletin   39(1) 33-41   2016年1月   [査読有り]
Juliandi B, Tanemura K, Igarashi K, Tominaga T, Furukawa Y, Otsuka M, Moriyama N, Ikegami D, Abematsu M, Sanosaka T, Tsujimura K, Narita M, Kanno J, Nakashima K
Stem cell reports   5(6) 996-1009   2015年12月   [査読有り]
[Pain and emotional dysregulation: Cellular memory due to pain].
Narita M, Watanabe M, Hamada Y, Tamura H, Ikegami D, Kuzumaki N, Igarashi K
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   35(4) 89-95   2015年8月   [査読有り]
Descalzi G, Ikegami D, Ushijima T, Nestler EJ, Zachariou V, Narita M
Trends in neurosciences   38(4) 237-246   2015年4月   [査読有り]
Koh K, Hamada A, Hamada Y, Yanase M, Sakaki M, Someya K, Narita M, Kuzumaki N, Ikegami D, Sakai H, Iseki M, Inada E, Narita M
Neuroscience letters   589 200-206   2015年3月   [査読有り]
Yamamizu K, Hamada Y, Narita M
British journal of pharmacology   172(2) 268-276   2015年1月   [査読有り]
Suzuki M, Chiwaki F, Sawada Y, Ashikawa M, Aoyagi K, Fujita T, Yanagihara K, Komatsu M, Narita M, Suzuki T, Nagase H, Kushima R, Sakamoto H, Fukagawa T, Katai H, Nakagama H, Yoshida T, Uezono Y, Sasaki H
PloS one   10(4) e0123407   2015年   [査読有り]
Sakai H, Sagara A, Matsumoto K, Jo A, Hirosaki A, Takase K, Sugiyama R, Sato K, Ikegami D, Horie S, Matoba M, Narita M
Pharmacological research   87 71-79   2014年9月   [査読有り]
Sakai H, Sato K, Kai Y, Shoji T, Hasegawa S, Nishizaki M, Sagara A, Yamashita A, Narita M
Canadian journal of physiology and pharmacology   92(9) 789-796   2014年9月   [査読有り]

Misc

 
モルヒネ耐性機構の新知見-最先端の研究と今後の課題-(共著)
綜合臨牀   50(9) 2446-2450   2001年
オピオイド受容体と薬物依存-モルヒネ依存の分子機構-(共著)
別冊医学の歩み   199-205   2001年
モルヒネ耐性、依存性の分子機構 (]G0025[)プロテインキナーゼCを中心に(共著)
オピオイド治療   95-106   2001年
精神依存と耐性の分子機構 : オピオイドを中心に(共著)
脳21   4(1) 9-18   2001年
薬物依存の形成メカニズム、最近の研究(共著)
保健の科学   43(2) 3-12   2001年
Morphine誘発自発運動促進作用に対する逆耐性形成時のμ-opioid受容体機能変化(共著)
日本神経精神薬理学会雑誌   21(2) 55-61   2001年
モルヒネの鎮痛作用に及ぼす脳内シクロオキシゲナーゼアイソフォームの役割(共著)
緩和医療学(別刷)   3(3) 291-299   2001年
Morphine誘発抗侵害効果の発現に対するphosphoinositide3-kinaseおよびphospholipase Cγの関与(共著)
日本神経精神薬理学雑誌   21 7-14   2001年
モルヒネ依存の分子機構(共著)
脳の化学   22 417-425   2000年

書籍等出版物

 
香月 博志, 成田 年, 川畑 篤史
廣川書店   2015年   ISBN:9784567495103
成田 年
京都廣川書店   2014年   ISBN:9784906992416
成田 年
京都廣川書店   2013年   ISBN:9784906992256
垣花 学, 成田 年
克誠堂出版   2012年   ISBN:9784771903968
Smith Howard S., 井上 哲夫, 鈴木 勉( 薬学), 高橋 秀則, 長瀬 博, 成田 年, 益田 律子, 輪嶋 善一郎
エルゼビア・ジャパン   2005年   ISBN:486034846X