澤田 浩秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/02 02:58
 
アバター
研究者氏名
澤田 浩秀
 
サワダ ヒロヒデ
所属
神戸常盤大学
部署
医療検査学科
職名
助教授・准教授
学位
医学博士(藤田保健衛生大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1992年
藤田保健衛生大学病院 臨床検査技師
 
1992年
 - 
1999年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所難病治療共同研究部門 研究技術員
 
1999年
 - 
2005年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所難病治療共同研究部門 助手
 
2005年
 - 
2007年
藤田保健衛生大学 共同利用研究施設 講師
 
2007年
 - 
2010年
神戸常盤短期大学衛生技術科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
藤田保健衛生大学 衛生学部 衛生技術学科
 

Misc

 
Effects of subacute administration of methamphetamine and nicotine on locomotor activity in transgenic mice expressing the human tyrosine hydroxylase gene.
Nabeshima T., Itoh A., Kobayashi K., Morita S., Mizuguchi T., Sawada H., Nitta A., Hasegawa T., Hayashi K., Nagatsu T.
J. Neural. Transm. Gen. Sect.   97(1) 41-49   1994年
Ota A., Ichinose H., Kobayashi K., Morita S., Sawada H., Mizuguchi T., Nagatsu T.
Neurosci. Lett.   166(1) 55-58   1994年
Functional and high level expression of human dopamine beta-hydroxylase in transgenic mice.
Kobayashi K., Morita S., Mizuguchi T., Sawada H., Yamada K., Nagatsu I., Fujita K., Nagatsu T.
J. Biol. Chem.   269(47) 29725-29731   1994年
Sumi-Ichinose C., Hasegawa H., Ichinose H., Sawada H., Kobayashi K., Sakai M., Fujii T., Nomura H., Nomura T., Nagatsu I., Hagino Y., Fujita K., Nagatsu T.
J. Neurochem.   64(2) 514-524   1995年

書籍等出版物

 
Advances in Behavioral Biology Vol.53: Catecholamine Research, From Molecular Insights to Clinical Medicine “Dopamine neurons are not affected by expanded polyglutamine stretches in HD gene knock-in mice”
Kluwer Academic/ Plenum Publishers   2002年   
Role of microglia in inflammatory process in Parkinson’s disease
InTech Open Access Publisher   2011年   

講演・口頭発表等

 
筋生検(凍結切片)標本作製における Artifact について
第21回藤田学園医学会総会(豊明)   1989年   
神経内分泌的特徴を有する稀な肺大細胞癌の1例
第30回日本臨床細胞学会秋期大会(東京)   1991年   
ジーンターゲッティング法によるマウスチロシン水酸化酵素遺伝子の破壊
第67回日本生化学会大会(大阪)   1994年   
チロシン水酸化酵素遺伝子欠損マウスにおけるミュータント表現型のトランスジーン導入による回復
第68回日本生化学会大会(仙台)   1995年   
チロシン水酸化酵素遺伝子欠損マウスにおける変異表現型のトランスジーン導入によるレスキュー
第18回日本分子生物学会大会(名古屋)   1995年   

Works

 
National Cancer Institute (NCI), National Institutes of Health (NIH) との共同研究 「イムノトキシンを用いた細胞標的法に関する研究」
1992年 - 1997年
奈良先端科学技術大学院大学、名古屋大学医学部薬剤部との共同研究 「トランスジェニックマウスを利用したカテコールアミン神経細胞の機能に関する研究」
1996年 - 1998年
東京大学医学部神経内科との共同研究 「細胞内発現抗体を用いたハンチントン病の治療法に関する研究」
1996年 - 2002年
日本オルガノン(株)および大阪大学医学部保健学科との共同研究 「ADAM33 の機能に関する研究」
1999年 - 2002年
自治医科大学神経内科および岐阜大学工学部生命工学科との共同研究 「パーキンソン病におけるミクログリアの役割の解析」
2003年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
パーキンソン病発症におけるミクログリアの役割に関する研究
研究期間: 2003年 - 2011年
ノックインマウスを用いたハンチントン病発症機構と治療法開発
研究期間: 1998年 - 2011年