新津 望

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/01 15:13
 
アバター
研究者氏名
新津 望

経歴

 
 
   
 
埼玉医科大学 医学部国際医療センター 造血器腫瘍科 教授
 

論文

 
Niitsu N, Nakamine H, Okamoto M, Akamatsu H, Higashihara M, Honma Y, Okabe-Kado J, Hirano M
Clin Cancer Res   (10) 2482-2490   2004年5月
Niitsu NKohri M, Togano T, Nakamine H, Nakamura S, Iwabuchi K, Higashihara M.
Eur J Haematol   (73) 367-371   2004年6月
Phase I study of rituximab-CHOP regimen in combination with granulocyte colony-stimulating factor in patients with follicular lymphoma ---- effects on ADCC activity and Fc{gamma}RI (CD64) expression on neutrophils
Niitsu N,Hayama M, Okamoto M, Khori M, Higashihara M, Tamaru J, Hirano M
Clin Cancer Res   (10) 4077-4082   2004年6月
Iijima K, Honma Y, Niitsu N
Leuk Lymphoma   (45) 1017-1024   2004年8月
T細胞リンパ腫に関する最近の研究成果。nm23-H1発現と末梢T細胞リンパ腫患者の予後
新津望
血液・腫瘍科   221-228   2005年

書籍等出版物

 
悪性リンパ腫の病期分類と予後因子.
新津望
血液の事典,朝倉書店   2004年   
濾胞性リンパ腫でrituximabは有効か?
新津望
EBM 血液疾患の治療.中外医学社   2004年   
T/NK細胞リンパ腫2.末梢性T細胞性リンパ腫
新津望
悪性リンパ腫-臨床と病理-ALTSGの研究から-.先端医学社   2005年   
中高悪性度 B細胞リンパ腫2.び漫性大細胞型B細胞性リンパ腫
新津望
悪性リンパ腫-臨床と病理-ALTSGの研究から-.先端医学社   2005年   
低悪性度B細胞リンパ腫5マントル細胞リンパ腫
新津望
悪性リンパ腫-臨床と病理-ALTSGの研究から-.先端医学社   2005年   

講演・口頭発表等

 
Clinical features and prognosis of diffuse large B-cell lymphoma with t(14;18) and 8q24/c-MYC translocation.
(N.Niitsu), M Okamoto, M Bessho, I Miura
ASH Annual Meeting 2008   2008年12月   
Methotrexate関連リンパ増殖性疾患の臨床病理学的検討.
◎(新津 望)、郡 美佳、岡本昌隆、田苗 健、萩原由貴、高橋直樹、脇本直樹、田丸淳一、別所正美
第7回日本臨床腫瘍学会学術集会   2009年3月   
CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の臨床病理学的検討
◎(新津 望)、岡本昌隆、萩原由貴、本村茂樹、田苗 健、田丸淳一、青木定夫、別所正美、三浦偉久男、平野正美
第106回日本内科学会講演会   2009年4月   
濾胞性リンパ腫、rituximab導入後の治療成績.
◎岡本昌隆、(新津 望)、稲熊容子、半田幸、萩原由貴、田苗 健、長谷川明生、山本幸也、渡辺正人、都築基弘、水田秀一、丸山文夫、別所正美、恵美宣彦.
第106回日本内科学会講演会   2009年4月   
2000例を越える連続登録例の中央診断に基づいた悪性リンパ腫の病型頻度 -WHO分類第4版もふまえて-
◎岡本昌隆 、(新津望)、三浦偉久男 、吉野正 、中村直哉 、大島孝一 、中村栄男、田丸淳一、中峯寛和 、平野正美
第49回日本リンパ網内系学会総会   2009年7月   

競争的資金等の研究課題

 
悪性リンパ腫の新規化学療法の検討
研究期間: 2003年4月 - 2006年6月
悪性リンパ腫における予後因子の検討
研究期間: 2004年4月 - 現在
悪性リンパ腫における予後因子の検討
研究期間: 2004年4月 - 現在
び漫性大細胞型リンパ腫に対するリツキシマブ併用新規化学療法の検討
研究期間: 2005年4月 - 現在

特許

 
11-136962 : 2'-メチリデンヌクレオシドを含有するレチノイドの急性前骨髄球性白血病治療効果増強剤
松田彰,新津望
11-136962 : 2'-メチリデンヌクレオシドを含有するレチノイドの急性前骨髄球性白血病治療効果増強剤
松田彰、新津望
特許公開2000-304746 : 発明名称:nm23タンパク質の測定方法及びそれを用いた悪性腫瘍の診断方法
角 純子