原尻 英樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/26 02:47
 
アバター
研究者氏名
原尻 英樹
 
ハラジリ ヒデキ
所属
立命館大学
部署
産業社会学部現代社会学科
職名
教授
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

論文

 
재일 조선인과 중국 조선족의 재 발달에 관한 비교 연구
原尻英樹
中国朝鮮民族史学会誌   2017年 25-46   2017年7月
薩摩塔からみる海域内の交流:蓬莱と常世の観点から
原尻英樹
石造物研究会   1(1) 29-32   2014年3月
外国人登録法廃止と在留管理制度としての住民基本台帳:外国人管理の理念
立命館産業社会論集   48(4) 135-146   2013年3月
『韓国国籍取得同胞韓国生活早期適応定着をたすけるための政策討論会』報告書のなかの「国籍回復/取得同胞実態分析と政策改善方案」論考のII.国籍取得及び回復同胞実態分析(下)LEE Kyeong-Thae著
原尻英樹
立命館産業社会論集   47(4) 189-207   2012年3月
『韓国国籍取得同胞韓国生活早期適応定着をたすけるための政策討論会』報告書のなかの「国籍回復/取得同胞実態分析と政策改善方案」論考のII.国籍取得及び回復同胞実態分析(上)LEE Kyeong-Thae著
原尻英樹
立命館産業社会論集   47(3) 151-168   2011年11月

書籍等出版物

 
東シナ海域における朝鮮半島と日本列島:その基層文化と人々の生活(原文韓国語)
金明美
民俗苑(韓国語)   2017年3月   ISBN:978-89-285-1027-6
東シナ海域における朝鮮半島と日本列島:その基層文化と人々の生活
2015年8月   ISBN:978-4-906902-44-6
済州島的堂和壱岐島的堂:東亜海域共有化的文化与”神”
金健人主編・安成浩副主編
浙江大学出版社   2014年10月   ISBN:978-7-308-13895-6
しなやかな子どもの心身を求めて―義務教育化された武道教育
勉誠出版   2012年10月   ISBN:978-4585270140
済州島の堂壱岐島のお堂:東アジア海域における共有化された文化と「神」 『中国江南と韓国:交流と友好の歴史』(原文 中国語と韓国語)
朴元熇、葛振家、曹永禄など
浙江大学   2012年6月   

講演・口頭発表等

 
済州島の堂と壱岐島のお堂:東シナ海域で共有化される文化と「神」(原文は中国語と韓国語)
中韓修好20周年記念 中国江南と韓国、その交流と友好の歴史国際学術大会(原文 中国語と韓国語)   2012年6月22日   
済州島と壱岐島のお堂の比較研究:東シナ海域の共有化された文化
第3回鬱陵島フォーラム   2012年6月4日   
ディアスポラ・コリアンを統合する 「力」:中央アジア, 中国, 北朝鮮, そして韓国からロサンゼルスへの北朝鮮出身者
第42回アメリカ学会大会『部会A 越境する都市:ロサンゼルス』   2008年6月1日   

担当経験のある科目