仲秋 秀太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 19:47
 
アバター
研究者氏名
仲秋 秀太郎
 
ナカアキ シュウタロウ
所属
旧所属 名古屋市立大学 大学院医学研究科
職名
研究員
学位
医学博士(名古屋市立大学医学研究科博士課程 (精神医学専攻))
科研費研究者番号
80315879

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
名古屋市立大学医学部 精神医学講座 客員准教授
 
2016年4月
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
東北大学CYRIC 高齢者高次脳科学研究部門 研究教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 寄附講座「加齢と行動認知」 特任准教授
 
2006年4月
 - 
2012年3月
名古屋市立大学医学部 精神医学講座 臨床教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
名古屋市立大学 医学研究科 博士課程 精神医学
 
 
 - 
1991年
浜松医科大学 医学部 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本認知行動療法学会  評議委員
 
 
 - 
現在
日本老年行動学会  理事
 
 
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  評議委員
 
 
 - 
現在
日本神経心理学会  評議委員
 

受賞

 
2002年
平成14年日本老年精神医学会 奨励賞 受賞
 

論文

 
Akechi T, Suzuki M, Hashimoto N, Yamada T, Yamada A, Nakaaki S
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   17(6) 500-501   2017年11月   [査読有り]
Liu YC, Meguro K, Nakamura K, Akanuma K, Nakatsuka M, Seki T, Nakaaki S, Mimura M, Kawakami N
Frontiers in aging neuroscience   9 335   2017年   [査読有り]
Oka M, Nakaaki S, Negi A, Miyata J, Nakagawa A, Hirono N, Mimura M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   16(2) 121-134   2016年3月   [査読有り]
Tatsumi H, Nakaaki S, Satoh M, Yamamoto M, Chino N, Hadano K
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(1) 197-205   2016年1月   [査読有り]
Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   49(2) 571-579   2016年   [査読有り]
Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   49(2) 561-570   2016年   [査読有り]
Kawaguchi A, Nemoto K, Nakaaki S, Kawaguchi T, Kan H, Arai N, Shiraishi N, Hashimoto N, Akechi T
Frontiers in psychiatry   7 3   2016年   [査読有り]
Umehara H, Numata S, Kinoshita M, Watanabe S, Nakaaki S, Sumitani S, Ohmori T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 611-615   2016年   [査読有り]
Royall DR, Matsuoka T, Palmer RF, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Neuropsychology   29(5) 683-692   2015年9月   [査読有り]
Umehara H, Numata S, Tajima A, Kinoshita M, Nakaaki S, Imoto I, Sumitani S, Ohmori T
Human psychopharmacology   30(5) 372-376   2015年9月   [査読有り]
Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Uchida H, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
International psychogeriatrics   26(8) 1387-1397   2014年8月   [査読有り]
Banno K, Nakaaki S, Sato J, Torii K, Narumoto J, Miyata J, Hirono N, Furukawa TA, Mimura M, Akechi T
Neuropsychiatric disease and treatment   10 339-348   2014年   [査読有り]
Hashimoto N, Nakaaki S, Kawaguchi A, Sato J, Kasai H, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   10 1987-1996   2014年   [査読有り]
Kawaguchi A, Nakaaki S, Kawaguchi T, Hashimoto N, Ogawa S, Suzuki M, Ii T, Sugano K, Akechi T
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   26(4) E4-5   2014年   [査読有り]
Sato J, Nakaaki S, Torii K, Oka M, Negi A, Tatsumi H, Narumoto J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 9-14   2013年   [査読有り]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Oka M, Negi A, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 1-8   2013年   [査読有り]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Oka M, Negi A, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 25-29   2013年   [査読有り]
Yamanaka K, Kawano Y, Noguchi D, Nakaaki S, Watanabe N, Amano T, Spector A
Aging & mental health   17(5) 579-586   2013年   [査読有り]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Kawaguchi T, Kawaguchi A, Narumoto J, Mimura M
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(3) E65-6   2013年   [査読有り]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Kawaguchi T, Kawaguchi A, Narumoto J, Mimura M
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(4) E15-6   2013年   [査読有り]
Kawaguchi A, Nakaaki S, Kawaguchi T, Akechi T
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(4) E17-8   2013年   [査読有り]
Okamura A, Kitabayashi Y, Kohigashi M, Shibata K, Ishida T, Narumoto J, Morioka C, Kitabayashi M, Kashima A, Tani N, Nakaaki S, Mimura M, Fukui K
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   12(4) 242-247   2012年12月   [査読有り]
Maki Y, Amari M, Yamaguchi T, Nakaaki S, Yamaguchi H
American journal of Alzheimer's disease and other dementias   27(5) 339-345   2012年8月   [査読有り]
Torii K, Nakaaki S, Banno K, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Yamanaka K, Narumoto J, Mimura M, Akechi T, Furukawa TA
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   11(4) 212-220   2011年12月   [査読有り]
Kinoshita Y, Kingdon D, Kinoshita K, Kinoshita Y, Saka K, Arisue Y, Dayson D, Nakaaki S, Fukuda K, Yoshida K, Harris S, Furukawa TA
Social psychiatry and psychiatric epidemiology   46(8) 703-710   2011年8月   [査読有り]
Tatsumi H, Yamamoto M, Nakaaki S, Hadano K, Narumoto J
Psychiatry and clinical neurosciences   65(5) 533   2011年8月   [査読有り]
Hashimoto N, Nakaaki S, Omori IM, Fujioi J, Noguchi Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Torii K, Mimura M, Furukawa TA
Psychiatry research   187(1-2) 166-173   2011年5月   [査読有り]
Konishi M, Shishikura K, Nakaaki S, Komatsu S, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   7 365-372   2011年   [査読有り]
Nakanishi K, Hanihara T, Mutai H, Nakaaki S
Dementia and geriatric cognitive disorders   32(1) 39-44   2011年   [査読有り]
Azuma H, Segawa K, Nakaaki S, Murata Y, Kawakami K, Tohyama J, Iidaka T, Shinagawa Y, Nakano Y, Yamada A, Watanabe N, Hongo J, Akechi T, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   63(5) 685-692   2009年10月   [査読有り]
Katsumata R, Sagawa R, Akechi T, Shinagawa Y, Nakaaki S, Inagaki A, Okuyama T, Akazawa T, Furukawa TA
Japanese journal of clinical oncology   40(4) 365-368   2010年4月   [査読有り]
Yamanishi T, Nakaaki S, Omori IM, Hashimoto N, Shinagawa Y, Hongo J, Horikoshi M, Tohyama J, Akechi T, Soma T, Iidaka T, Furukawa TA
Psychiatry research   172(3) 242-250   2009年6月   [査読有り]
Tatsumi H, Nakaaki S, Torii K, Shinagawa Y, Watanabe N, Murata Y, Sato J, Mimura M, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   63(3) 374-384   2009年6月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Hirono N, Mimura M, Furukawa TA
International psychogeriatrics   20(5) 964-975   2008年10月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Hirono N, Mimura M, Furukawa TA
Alzheimer disease and associated disorders   22(4) 369-374   2008年10月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   62(3) 370   2008年6月   [査読有り]
Hongo J, Nakaaki S, Shinagawa Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Fukui T, Mimura M, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   26(6) 556-566   2008年   [査読有り]
Sato J, Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Matsui T, Hongo J, Tatsumi H, Akechi T, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   61(6) 672-677   2007年12月   [査読有り]
Shinagawa Y, Nakaaki S, Hongo J, Murata Y, Sato J, Matsui T, Tatsumi H, Akechi T, Furukawa TA
International journal of geriatric psychiatry   22(10) 951-956   2007年10月   [査読有り]
Omori IM, Murata Y, Yamanishi T, Nakaaki S, Akechi T, Mikuni M, Furukawa TA
Journal of psychiatric research   41(9) 776-784   2007年11月   [査読有り]
Azuma H, Fujita A, Otsuki K, Nakano Y, Kamao T, Nakamura C, Fujioi J, Otake H, Nishigaki M, Suzuki M, Kataoka M, Matsuzawa T, Sonoda M, Nakaaki S, Murata Y, Akechi T, Furukawa TA
The journal of ECT   23(3) 163-168   2007年9月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Mimura M, Furukawa TA
Cognitive and behavioral neurology : official journal of the Society for Behavioral and Cognitive Neurology   20(2) 121-125   2007年6月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Tatsumi H, Hirono N, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   23(4) 231-240   2007年   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Matsui T, Tatsumi H, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   61(1) 78-83   2007年2月   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Hongo J, Furukawa TA, Sato J, Tatsumi H
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   19(4) 487-488   2007年   [査読有り]
Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Hongo J, Furukawa TA, Sato J, Tatsumi H
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   19(4) 485-487   2007年   [査読有り]
Segawa K, Azuma H, Sato K, Yasuda T, Arahata K, Otsuki K, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Nakaaki S, Furukawa TA
Psychiatry research   147(2-3) 135-143   2006年10月   [査読有り]
Memory, attention, and executive functions before and after sine and pulse wave electroconvulsive therapies for treatment-resistant major depression.
Fujita A, Nakaaki S, Segawa K, Azuma H, Sato K, Arahata K, Otsuki K, Hori M, Mochida Y, Uchida M, Yamada T, Nakamura C, Akechi T, Furukawa TA
The journal of ECT   22(2) 107-112   2006年6月   [査読有り]
Semantic Priming in Patients With Alzheimer and Semantic dementia
Cortex   36 151-162   2000年
IKAWA M, NAKANISHI M, FURUKAWA T, NAKAAKI S, HORI S, YOSHIDA S
Psychiatry and Clinical Neurosciences   54(5) 537-541   2000年
Pure Amnesia Caused By Bilateral Temporal Lobe Astrocytoma -- Case Report.
Umemura A, Yamada K, Masago A, Tanigawa M, Nakaaki S, Hmanaka T
Neurologa Medico-Chirurgica   37(7) 556-559   1997年7月   [査読有り]
Matsui T, Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Tatsumi H, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   21(3) 182-191   2006年   [査読有り]
Dissociations between reading responses and semantic priming effects in a dyslexic patient
Nakamura H, Nakanishi M, Hmanaka T, NAKAAKI S, Furukawa T, Masui T
Cortex   33(4) 753-761   1997年12月   [査読有り]
Two cases of functional focal retrograde amnesia with impairment of object use.
Nakamura H, Kunori Y, Mori K, Nakaaki S, Yoshida S, Hamanaka T
Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior   38(4) 613-622   2002年9月   [査読有り]
Pure Amnesia caused by Bilateral Temporal Lobe Astrocytena (共著)
Neurologia medico-chirurgila   37(7) 556-559   1997年

Misc

 
山田峻寛, 山田峻寛, 佐藤順子, 佐藤順子, 佐藤順子, 仲秋秀太郎, 明智龍男
精神科治療学   32(9) 1235‐1238-1238   2017年9月
前頭側頭葉変性症では精神症状や行動障害が前景に立つが、前頭葉機能の低下から内省や神経症的な不安は減弱するとされており、パニック発作様の症状の報告は少ない。我々は前頭側頭葉変性症の1つである意味性認知症の患者のパニック発作様の症状に抗うつ薬が有効であった一例を経験した。症例は69歳で、うつ病の寛解後に意味性認知症を発症した。その後パニック発作様の症状を伴ったがparoxetineとescitalopramが有効で症状は消失した。患者の症状は意味性認知症に伴う精神症状と考えられたが、疾患に特徴...
独居の在宅高齢者(軽度認知障害)におけるコーピング能力と生活管理能力の検証
佐藤 博文, 仲秋 秀太郎, 山田 峻寛, 佐藤 順子, 色本 涼, 田里 久美子, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 193-193   2018年6月
仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 佐藤順子, 佐藤順子, 山田峻寛, 山田峻寛, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   28(増刊II) 208-208   2017年6月
アルツハイマー病の物盗られ妄想に関する記憶障害と前頭葉機能特性 Auditory-Verbal Learning Testを用いた検討
山田 峻寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 博文, 佐藤 順子, 色本 涼, 田里 久美子, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 199-199   2018年6月
山田峻寛, 山田峻寛, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 佐藤順子, 佐藤順子, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 128-128   2017年5月
アルツハイマー病患者の重症度別による患者と介護者のニードの特性検討 介護負担、QOLなどによる評価
色本 涼, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子, 山田 峻寛, 佐藤 博文, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 205-205   2018年6月
認知症の精神症状に対処するコーピングスキルに関する介護者の特性検討
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 川口 彰子, 山田 峻寛, 佐藤 博文
日本認知症ケア学会誌   17(1) 252-252   2018年4月
橋本伸彦, 橋本伸彦, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 山田峻寛, 山田峻寛, 佐藤順子, 佐藤順子, 佐藤順子
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 300-300   2017年7月
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 渡辺範雄
認知症の最新医療   6(4) 158‐162-162   2016年10月
アルツハイマー病治療薬の継続のためには副作用の管理だけではなく、服薬に関する家族への十分な説明と、患者と家族が服薬管理を適格に行える工夫が有効である。これらの取り組みは家族と患者間の関係性の緊密化にもつながり、認知症治療薬の継続のみならず患者のQOL(quality of life)の改善をもたらす可能性がある。(著者抄録)
アルツハイマー型認知症患者のQOLの神経基盤 脳血流SPECTによる検討
山田 峻寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子, 阪野 公一, 田里 久美子, 色本 涼, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   28(増刊II) 202-202   2017年6月
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 井上裕一, 阪野公一, 明智龍男
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   40th 129-129   2016年8月
辰巳寛, 仲秋秀太郎, 佐藤正之, 前島伸一郎, 山本正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357‐365   2017年4月
小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 藤本宏, 小川真由, 岡部佳世子, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 飯干紀代子
老年精神医学雑誌   27(増刊II) 249-249   2016年6月
研究と報告 メディカル・スタッフのための失語症の理解度評価尺度Aphasia Knowledge Test-20の開発
辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 正之, 前島 伸一郎, 山本 正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357-365   2017年4月
【目的】失語症者のケアに従事する専門スタッフの失語症に関する理解度を評価する新しい尺度Aphasia Knowledge Test-20(AKT-20)を開発し,失語症の啓発活動を行う際の課題について検討した.【方法】対象は医療・介護系スタッフ261名である.AKT-20はbiomedical knowledge(BK) 8問,coping knowledge(CK) 7問,services knowledge(SK) 5問からなる計20問で構成されている.AKT-20の信頼性係数[再テス...
アルツハイマー病治療薬継続のための工夫
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 渡辺範雄
認知症の最新医療   6 158-162   2016年
岡瑞紀, 仲秋秀太郎, 三村將
老年精神医学雑誌   26(12) 1351‐1358-1358   2015年12月
日本の道路交通法では、認知症はその重症度にかかわらず一律に運転が禁止されている。安全運転に必要な認知・予測・判断・操作が明らかに障害されていながら運転を中断しない認知症ドライバーの場合、医師による任意届出制度が利用できる。運転適性が実際に問題となる軽度認知障害(MCI)〜軽度認知症では、神経心理学的検査や運転シミュレータとともに、可能な限り実車による評価も行い、複合的に評価していくことが望ましい。(著者抄録)
辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 正之, 前島 伸一郎, 山本 正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357-365   2017年4月
辰巳寛, 仲秋秀太郎, 佐藤正之, 山本正彦
神経治療学   32(5) 863-863   2015年9月
劉議謙, 中村馨, 赤沼恭子, 中塚晶博, 関隆志, 目黒謙一, 仲秋秀太郎, 三村将, 川上憲人
Dement Jpn   29(3) 410-410   2015年9月
山田 峻寛, 仲秋 秀太郎, 渡辺 範雄
認知症の最新医療 : 認知症医療の今を伝える専門誌   6(4) 158-162   2016年10月
根木淳, 根木淳, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 佐藤順子, 阪野公一, 田里久美子, 岡瑞紀, 色本涼, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 173-173   2015年5月
加藤佑佳, 加藤佑佳, 松岡照之, 松岡照之, 岡部佳世子, 岡部佳世子, 小川真由, 小川真由, 中村佳永子, 谷口将吾, 谷口将吾, 藤本宏, 藤本宏, 江口洋子, 江口洋子, 飯干紀代子, 飯干紀代子, 小海宏之, 小海宏之, 古川壽亮, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 三村將, 三村將, 福居顯二, 成本迅, 成本迅
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 201-201   2015年5月
仲秋秀太郎, 川口彰子, 佐藤順子, 阪野公一, 根木淳, 根木淳, 田里久美子, 岡瑞紀, 色本涼, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 172-172   2015年5月
仲秋秀太郎, 佐藤順子
老年精神医学雑誌   26(3) 248-256   2015年3月
認知症における実行機能は日常生活と密接な関係があるので、日常生活における実行機能障害を適切に把握することが重要である。本稿では、まず、認知症における実行機能障害の適切な評価と解釈に言及し、評価の具体的な方法を述べた。次に、最近のトピックスのひとつである白質病変の臨床的な意義の観点から、白質病変と実行機能障害との関連に関する問題点を概説した。実行機能を評価するときには、複合的な視野が認知症における臨床にとって必要である。(著者抄録)
岡 瑞紀, 仲秋 秀太郎, 三村 將
老年精神医学雑誌   26(12) 1351-1358   2015年12月
川口彰子, 根本清貴, 仲秋秀太郎, 橋本伸彦, 山田峻寛, 川口毅恒, 西垣誠, 東英樹, 明智龍男
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   45th 207-207   2015年9月
認知症における自動車運転能力の総合評価
岡 瑞紀, 仲秋秀太郎, 三村 將
老年精神医学   26 1335-1342   2015年
実行機能;その概念と評価法
仲秋秀太郎,佐藤順子
老年精神医学   26 248-256   2015年
富岡大, 山縣文, 仲秋秀太郎, 加藤貴志, 藤田佳男, 堀田章悟, 清水拓未, 三村將
認知神経科学   16(2) 129-129   2014年6月
精神症状を併発する認知症の介護者うつと不眠に対する統合的な介入 パイロット研究 行動的介入療法と認知行動療法の統合的介入プログラムの開発
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 川口 彰子
日本認知症ケア学会誌   14(1) 179-179   2015年4月
アルツハイマー型認知症の精神症状・行動障害と家族の態度との関連 Family Attitude Scale(FAS)を用いて
石原 裕之, 穴水 幸子, 田内 正樹, 北沢 桃子, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   35(1) 51-51   2015年3月
【その患者に睡眠薬は必要か-眠れないという訴えにどう対応するか-】 その不眠をどう治療するか、あるいは治療しないか 高齢者の不眠の訴え
色本 涼, 仲秋 秀太郎
精神科治療学   29(11) 1359-1365   2014年11月
高齢者の不眠は、身体機能の低下や脳の生理的変化だけでなく、対人交流や外出の減少といった社会生活上の変化、精神疾患や身体疾患の合併など、多彩な要因を背景として起こる。その結果、日中の活動を阻害し、QOL低下、うつ病・生活習慣病・癌など、さらなる疾患発症の誘因となるものである。高齢者の不眠症を適切に治療することは、その健康維持に寄与する可能性を含んでいる。高齢者の不眠症に対しての薬物療法には副作用の観点から限界があり、治療法は非薬物療法が中心となる。非薬物療法には、睡眠衛生指導、睡眠制限療法、...
梅原英裕, 沼田周助, 田嶋敦, 木下誠, 仲秋秀太郎, 井本逸勢, 住谷さつき, 大森哲郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   24th-44th 173-173   2014年11月
石原裕之, 穴水幸子, 田内正樹, 北沢桃子, 仲秋秀太郎, 三村將
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   38th 171   2014年10月
石原裕之, 穴水幸子, 田内正樹, 仲秋秀太郎, 三村將
Dement Jpn   27(4) 532-532   2013年10月
仲秋秀太郎, 佐藤順子, 川口彰子
明治安田こころの健康財団研究助成論文集   (49) 148-154   2014年10月
加藤佑佳, 松岡照之, 小川真由, 谷口将吾, 藤本宏, 占部美恵, 柴田敬祐, 中村佳永子, 江口洋子, 飯干紀代子, 小海宏之, 仲秋秀太郎, 三村將, 福居顯二, 成本迅
老年精神医学雑誌   24(9) 928-936   2013年9月
【目的】身体疾患に対する医療行為を受ける必要がある認知機能が低下した患者2例にMacArthur Competence Assessment Tool-Treatment(MacCAT-T)で医療同意能力を評価し、考察を加えて報告した。【症例1】80歳女性、右乳がんの治療目的で入院となった。認知機能障害が顕著で痛みの自覚がなく、手術への同意は変動していた。MacCAT-Tの成績は低く手術の必要性について理解が得られず、同意能力は不十分と考えられた。最終的には本人と家族の同意を得て手術に至っ...
阪野公一, 仲秋秀太郎, 根木淳, 鳥井勝義, 佐藤順子, 宮田淳, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 228-228   2013年6月
仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   25 97   2014年5月
小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 小川真由, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 園田薫, 岸川雄介, 杉野正一
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 232-232   2013年6月
認知症の前駆症状・初期症状 アルツハイマー病の初期症状
仲秋 秀太郎
老年精神医学雑誌   25(増刊II) 97-97   2014年5月
加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 小川真由, 谷口将吾, 占部美恵, 柴田敬祐, 中村佳永子, 江口洋子, 飯干紀代子, 小海宏之, 仲秋秀太郎, 三村將, 福居顯二
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 231-231   2013年6月
前頭葉眼窩部とモラルの価値判断
船山 道隆, 村松 太郎, 加藤 元一郎, 三村 將, 仲秋 秀太郎
高次脳機能研究   34(1) 66-67   2014年3月
岡瑞紀, 仲秋秀太郎, 小西海香, 堀田章悟, 根木淳, 佐藤順子, 三村將
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 250-250   2013年6月
川口彰子, 川口毅恒, 仲秋秀太郎, 白石直, 橋本伸彦, 菅博人, 荒井信行
日本生物学的精神医学会誌   510   2014年
鳥井勝義, 佐藤順子, 仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   24(5) 441-448   2013年5月
エビデンスに基づいた医療は、老年精神医学分野における医療の意識改革をもたらし、臨床家が診断と治療などに関して、「慎重」になった。その結果、治療や予後における老年精神医学の最近のエビデンスは、現実の臨床においていくつかのジレンマをももたらした。本稿では、認知症における精神症状への介入および高齢者うつ病と認知症のうつ状態への介入に関して臨床家が直面するジレンマに言及し、老年精神医学をめぐるエビデンス精神医療の問題点に言及した。(著者抄録)
三村將, 仲秋秀太郎, 平野仁一, 岡瑞紀, 山本吾子, 小西海香, 堀田章悟, 富岡大, 岩波明, 兼子幸一, 朴盛弘, 野田隆政, 中込和幸
精神疾患の鑑別診断および転帰の予測における近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)の有用性に関する研究 平成23-25年度 総括研究報告書   63-64   2014年
梅原英裕, 沼田周助, 田嶋敦, 木下誠, 仲秋秀太郎, 井本逸勢, 住谷さつき, 大森哲郎
日本生物学的精神医学会誌   174   2014年
川口彰子, 仲秋秀太郎
月刊精神科   22(4) 353-362   2013年4月
橋本伸彦, 仲秋秀太郎, 川口彰子
日本摂食障害学会学術集会プログラム・講演抄録集   18th 116   2014年
船山道隆, 村松太郎, 加藤元一郎, 三村將, 仲秋秀太郎
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   37th 166   2013年11月
アルツハイマー病の焦燥感と関連する脳部位の検討 脳血流SPECTによる
阪野 公一, 仲秋 秀太郎, 根木 淳, 鳥井 勝義, 佐藤 順子, 宮田 淳, 成本 迅, 明智 龍男, 三村 將
日本老年医学会雑誌   50(Suppl.) 129-129   2013年5月
川口彰子, 仲秋秀太郎, 小川朝生, 稲垣正俊, 渡辺範雄, 橋本伸彦, 川口毅恒, 西垣誠, 東英樹, 明智龍男
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   109th(2013特別) S.387-387   2013年5月
EBMによりもたらされた変化
仲秋秀太郎, 鳥井勝義
老年精神医学雑誌   24 441-448   2013年
拡散強調画像(DTI)
川口彰子,仲秋秀太郎
精神科   22 353-362   2013年
辰巳寛, 山本正彦, 仲秋秀太郎, 波多野和夫
高次脳機能研究   32(3) 514-524   2012年9月
失語症者とのコミュニケーションに対する家族の自己効力感評価尺度を開発した。予備調査による内容的妥当性の検証を経て、16項目からなるコミュニケーション自己効力感尺度(Communication Self-Efficacy Scale:CSE)の原案を作成した。本調査では、失語症者の家族介護者86名にCSEと一般性セルフ・エフィカシー尺度(GSES)、Zarit介護負担感尺度(ZBI)、コミュニケーション介護負担感尺度(COM-B)、抑うつ評価尺度(GDS-15)を実施した。その結果、CSEの...
鳥井 勝義, 佐藤 順子, 仲秋 秀太郎
老年精神医学雑誌   24(5) 441-448   2013年5月
阪野公一, 仲秋秀太郎, 根木淳, 鳥井勝義, 橋本伸彦, 佐藤順子, 宮田淳, 成本迅, 明智龍男, 三村將
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   36th 173-173   2012年8月
認知症リハビリプログラムの開発の試み 多職種の協働によるグループセラピー
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 荻野 亮, 吉田 伸一, 阪野 公一
日本認知症ケア学会誌   12(1) 223-223   2013年4月
辰巳寛, 山本正彦, 仲秋秀太郎, 波多野和夫
総合リハビリテーション   40(6) 887-892   2012年6月   [査読有り]
[目的]脳卒中後の抑うつ症状(post-stroke depression;PSD)はリハビリテーションの重大な阻害要因であり,PSDの早期発見と早期介入は重要な臨床的課題の一つである.本研究では,Sutcliffe & Lincoln(1998)が開発したThe 10-item Stroke Aphasia Depression Questionnaireの日本語版(J-SADQ10)を作成し,その信頼性と妥当性を検証することを目的とした.[対象・方法]対象は失語症者とその家族介...
川口 彰子, 仲秋 秀太郎
精神科   22(4) 353-362   2013年4月
強迫性障害に対するメタ記憶への介入.強迫性障害精神療法の 実施方法と有効性に関する研究
古川壽亮,仲秋秀太郎
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)、平成22年度総括・分担研究報告書   30-33   2011年
認知症患者と家族の社会的孤立
佐藤順子, 仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   22 699-708   2011年
強迫性障害に対する行動療法のsymptom dimensionsへの治療効果. 精神療法の実施方法と有効性に関する研究
仲秋 秀太郎
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)、平成21年度総括・分担研究報告書   53-55   2010年
作話と脳
仲秋秀太郎, 三村 將
臨床精神医学   38 1613-1620   2009年
認知症の診療に役立つ神経心理学:初期記憶障害の特徴とその評価方法
仲秋秀太郎, 三村 將
老年精神医学雑誌   20 1071-1081   2009年
強迫性障害に対する行動療法のsymptom dimensionsへの治療効果. 精神療法の実施方法と有効性に関する研究
仲秋 秀太郎
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)、平成20年度総括・分担研究報告書   36-38   2008年
薬物治療抵抗性の強迫性障害に対する行動療法の治療効果. 精神療法の実施方法と有効性に関する研究
仲秋 秀太郎
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)、平成16-18年度 総合研究報告書   120-124   2007年
行動療法 に反応した強迫性障害における脳血流変化の画像解析
山西知愛, 仲秋秀太郎,大森一郎,村田佳江, 品川好広,本郷仁,堀越勝,古川壽亮
強迫性障害の研究   8 57-58   2007年
記憶障害を訴え続ける心気症(Mnestic hypochondria)の一例
村田佳江,仲秋秀太郎,早野順一郎
精神医学   49 171-174   2007年   [査読有り]
薬物治療抵抗性の強迫性障害に対する行動療法の治療マニュアル作成と 治療効果研究
仲秋 秀太郎
厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)、平成17年度総括・分担研究報告書   141-143   2006年
強迫性障害のサブタイプ における行動療前後の高次機能の変化の差異に関して
仲秋秀太郎,村田佳江,佐々木恵, 品川好広,古川壽亮,堀越勝
強迫性障害の研究   6 63-66   2005年
Milnacipranの投与後に、抑うつ状態と認知機能の一部(前頭葉機能)が改善したアルツハイマー型痴呆の1例
仲秋秀太郎,村田佳江,松井輝夫,佐藤順子, 辰巳寛,品川好広,古川壽亮,中村光
精神科治療学   20(9) 947-952   2005年   [査読有り]
アルツハイマー型痴呆における介護者のsocial support と介護負担に ついて
仲秋 秀太郎
老年精神医学   15 95-101   2004年
痴呆疾患診断・ 治療のガイドライン
仲秋 秀太郎
Cognition and Dementia   3(1) 75-83   2004年
アルツハイマー型痴呆の治療効果に関してのガランタミンと塩酸ドネペジルの長期比較
仲秋 秀太郎
Cognition and Dementia   3(1) 72-73   2004年
プロスペクティブメモリの障害に関する最近の話題
仲秋 秀太郎
臨床精神医学   32(12) 1501-1506   2003年
インターネットとオーディオテープを用いた暴露方法が奏効した自己の情報が他人に漏洩することを恐れる強迫観念の強いOCD の1例
仲秋秀太郎,田中康治,船山正,金井高広,安田年伸,堀越勝,古川壽亮
強迫性障害の研究   4 101-107   2003年
特集 アルツハイマー病をめぐる最近の諸問題;記憶障害
仲秋秀太郎,濱中淑彦
CURRENT THERAPY   18(4) 545-551   2000年
高齢者における統語的プライミング-- 第1報
濱中淑彦,中村 光,佐藤順子,古橋京子,太田久子,太田彰子,杉浦美依子,仲秋秀太郎,吉田伸一,中西雅夫,波多野和夫
平成10 年度厚生省厚生科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業総括・分担研究報告書   5-9   1999年
アルツハイマー病の脳波所見―神経心理検査, 特に記憶検査との関連について―
中西雅夫,井川 真,堀 士郎,品川好広,吉田伸一,仲秋秀太郎,濱中淑彦
Therapeutic Research   20(6) 1929-1934   1999年   [査読有り]
脳損傷者における言語と認知の変容をめぐって
濱中淑彦,吉田伸一,中村 光,原田浩美,中西雅夫,中嶋理香,松井明子,鈴木美代子,山田美幸,佐藤順子,仲秋秀太郎,波多野和夫,滝沢 透,浅野紀美子
文部省科学研究費補助金重点領域研究;認知・言語の成立(Ⅰ)   67-81   1998年
高齢者痴呆疾患患者の 包括的アセスメントに関する研究
吉田伸一,井川 真,仲秋秀太郎,堀 士郎,中西雅夫,濱中淑彦
Geriatric Medicine   36(12) 1751-1757   1998年   [査読有り]
仲秋 秀太郎, 吉田 伸一, 中島 理香, 濱中 淑彦, 中村 光
失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research   17(3) 249-257   1997年9月
左前頭葉後下部 (左下前頭回後部と中前頭回後部,中心前回下部) のほぼ同一の部位に限局した梗塞巣を持ちながら,発話流暢性や復唱などの点で異なった失語像を示した2症例を報告する。2症例とも発症直後は無言状態であったが,症例1は発症6日後には復唱不良な非流暢型失語を呈し,症例2は発症20日後には軽度の超皮質性感覚失語に移行した。発症早期に異なった失語像が出現した理由として,一過性に起こった病変部周囲の機能的障害が考えられた。また,中心前回下部への侵襲の微妙な相違も2症例の構音および復唱の障害の...
仲秋秀太郎, 佐藤順子, 鳥井勝義, 阪野公一, 根木惇, 宮裕昭, 成本迅, 山中克夫, 辰巳寛, 宮田淳, 川口毅恒, 三村將
老年精神医学雑誌   23(増刊II) 237-237   2012年6月
失語症者の家族のコミュニケーション自己効力感と介護負担感および精神的健康との関係性について
辰巳 寛, 山本 正彦, 仲秋 秀太郎, 波多野 和夫
高次脳機能研究   33(1) 61-61   2013年3月
佐藤順子, 仲秋秀太郎, 鳥井勝義, 阪野公一, 根木惇, 宮裕昭, 成本迅, 山中克夫, 辰巳寛, 三村將
老年精神医学雑誌   23(増刊II) 245-245   2012年6月
前頭葉眼窩部と悪および利他行為の価値判断
船山 道隆, 村松 太郎, 加藤 元一郎, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 91-92   2013年3月
アルツハイマー型認知症の家族の態度と関連する因子の検討 薬剤介入による経過
穴水 幸子, 石原 裕之, 高畑 圭輔, 及能 克宏, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 128-129   2013年3月
アルツハイマー型認知症の家族の態度と関連する因子の検討 Family Attitude Scale(FAS)を用いて
石原 裕之, 穴水 幸子, 高畑 圭輔, 及能 克宏, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 129-129   2013年3月
仲秋秀太郎, 橋本伸彦, 村田佳江, 佐藤順子, 宮田淳, 古川壽亮, 三村將
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   35th 100-100   2011年8月
古川壽亮, 中野有美, 渡辺範雄, 船山正, 小川成, 木下善弘, 木下久慈, 仲秋秀太郎, 橋本伸彦, 村田佳江, 本屋敷美奈, 篠原清美, 陳霈瑤, 今井必生, CHURCHILL Rachel, HUNOT Vivien, CALDWELL Debbi
精神療法の有効性の確立と普及に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書   27-46   2013年
佐藤順子, 仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   22(6) 699-708   2011年6月
介護者を孤立させないためにソーシャルサポートの役割は大きい。主観的なソーシャルサポートは、精神と身体的健康の双方に大きな影響があるサポートの中心である。充実したソーシャルサポートと介護者のQOLの関連は深い。本稿では、まず認知症患者のQOLの測定方法の問題点に言及し、認知症患者の精神症状とQOLとの関係を述べた。次に、主観的なソーシャルサポートと関連した認知症の介護の問題点を概説した。最後に、介護者の孤立感を改善する介入方法を紹介した。認知症の中核症状のみならず、精神症状に関しての適切な介...
川口毅恒, 仲秋秀太郎, 小林晋, 川口彰子, 明智龍男, 原眞咲, 芝本雄太
日本神経放射線学会プログラム・抄録集   42nd 164   2013年
仲秋秀太郎, 三村將
日本精神保健・予防学会学術集会プログラム・抄録集   17th 73   2013年
浜中淑彦, 中西雅夫, 仲秋秀太郎, 井上有史
老年精神医学雑誌   8(2) 113-128   1997年2月
脳血流SPECTによるアルツハイマー病の焦燥感と関連する脳部位の検討
阪野 公一, 仲秋 秀太郎, 根木 淳, 鳥井 勝義, 橋本 伸彦, 佐藤 順子, 宮田 淳, 成本 迅, 明智 龍男, 三村 將
神経心理学   28(4) 306-306   2012年12月

書籍等出版物

 
認知症トータルケア
仲秋 秀太郎 (担当:共著, 範囲:QOL-AD)
日本医師会   2018年10月   
臨床評価で読み解くこころ
仲秋 秀太郎 (担当:分担執筆, 範囲:[各論]VI. 精神症状の評価法 F. 脳器質障害に関連した臨床評価法 QOL 2. QOL-AD)
中山書店   2015年   
高齢者のこころ・からだ事典
阪野公一, 仲秋秀太郎 (担当:分担執筆, 範囲:診断1, 診断2)
中央法規出版   2014年   
精神疾患の脳画像ケースカンファレンス診断と治療へのアプローチ
仲秋秀太郎、川口彰子、橋本伸彦 (担当:分担執筆, 範囲:症例編 強迫性障害)
中山書店   2014年   
脳とこころのプライマリケア 第2巻 知能の衰え
仲秋秀太郎、三村將 (担当:分担執筆, 範囲:記憶障害)
シナジー出版   2013年   

講演・口頭発表等

 
アルツハイマー病患者の重症度別による患者と介護者のニードの特性検討
色本 涼,仲秋秀太郎,佐藤順子,山田峻寛,佐藤博文,三村 將
第33回日本老年精神医学会   2018年6月29日   
アルツハイマー病の物盗られ妄想に関する記憶障害と前頭葉機能特性ーAuditory-Verbal Learning Testを用いた検討ー
山田峻寛,仲秋秀太郎,佐藤博文,佐藤順子,色本 涼,田里久美子,明智龍男,三村 將
第33回日本老年精神医学会   2018年6月29日   
独居の在宅高齢者(軽度認知障害)におけるコーピング能力と生活管理能力の検証
佐藤博文, 仲秋秀太郎,山田峻寛,佐藤順子,色本 凉,田里久美子,明智龍男,三村 將
第33回日本老年精神医学会   2018年6月29日   
認知症の精神症状に対処するコーピングスキルに関する介護者の特性検討
佐藤順子,仲秋秀太郎,川口彰子,山田峻寛,佐藤博文
第19回認知症ケア学会   2018年6月16日   
Cognitive Behavioral Therapy with Time Monitoring Training for Obsessive‐Compulsive Disorder.
Nobuhiko Hashimoto, Hirofumi Sato, Takahiro Yamada, Junko Sato, Akiko Kawaguchi, Nakaaki Shutaro, Tatsuo Akechi
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   2018年2月15日   
Neural basis of quality of life in patients with Alzheimer’s disease: a brain SPECT analysis
Takahiro Yamada, Hirofumi Sato, Shutaro Nakaaki, Junko Sato, Nobuhiko Hashimoto, Banno Koichi, Ryo Shikimoto, Tatsuo Akechi, MasaruMimura
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   2018年2月15日   
Factor analysis of the Japanese version of the Quality of Life in Alzheimer’s Disease scale
Shutaro Nakaaki, Takahiro Yamada, Hirofumi Sato, Junko Sato, Nobuhiko Hashimoto, Banno Koichi, Ryo Shikimoto, Tatsuo Akechi, MasaruMimura
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   2018年2月15日   
強迫性障害における時間認知に関する認知行動療法の効果検討
橋本伸彦, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 山田峻寛, 佐藤順子
第17回日本認知療法・認知行動療法学会   2017年7月21日   
アルツハイマー型認知症患者のQOLの神経基盤 脳血流SPECTによる検討
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 佐藤順子, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
第32回日本老年精神医学会   2017年6月14日   
日本語版QOL-ADの因子構造に関する検討
仲秋秀太郎, 佐藤順子, 山田峻寛, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
第32回日本老年精神医学会   2017年6月14日   
遂行機能と生活機能との関連について. ワークショップIV 遂行機能: 生活と関連する神経心理
仲秋 秀太郎
第40回日本神経心理学会学術集会   2016年9月16日   
アルツハイマー病における被害妄想と誤認妄想の神経基盤の検討
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 井上裕一, 阪野公一, 明智龍男
第40回日本神経心理学会学術集会   2016年9月16日   
Effect Measurement Of The Neural Effect Of Switching From Donepezil To Galantamine Based On Near-Infrared Spectroscopy (Nirs) Findings In Patients With Alzheimer Disease
Mimura M, Oka M, Hotta S, Shikimoto R, Nakaaki S
International Psychogeriatric Association International meeting   2015年10月13日   
修正型電気けいれん療法後のagitationの予測因子に関する脳画像研究
川口彰子、根本清貴、仲秋秀太郎、橋本伸彦、山田峻寛、川口毅恒、西垣誠、東英樹、明智龍男
第37回日本生物学的精神医学会   2015年9月24日   
To explore the neural effects of switching cholinesterase inhibitors based on nead-infrared spectroscopy (NIRS) findings in patients with Alzheimer’s disease
Nakaaki S, Oka M, Shikimoto R, Tasato K, Hotta S, Mimua M
9 th ASAD   2015年9月15日   
精神症状を併発する認知症の介護者のうつと不眠に対する総合的な介入‐行動的介入療法と認知行動療法の統合的介入プログラムの開発‐
佐藤順子,仲秋秀太郎,川口彰子
第16回認知症ケア学会   2015年6月23日   
アルツハイマー型認知症患者の医療同意能力に関連する認知機能や精神症状の要因の検討
加藤佑佳,松岡照之,岡部佳世子,小川真由,中村佳永子,谷口将吾,藤本 宏,江口洋子,飯干紀代子,小海宏之,古川壽亮,仲秋秀太郎,三村 將,福居顯二,成本 迅
第30回日本老年精神医学会   2015年6月14日   
アルツハイマー病における妄想の縦断的変化の神経基盤
根木淳,仲秋秀太郎,川口彰子, 佐藤順子,阪野公一, 田里久美子, 岡瑞紀,色本凉, 成本迅, 明智龍男, 三村將
第30回日本老年精神医学会   2015年6月13日   
アルツハイマー病における生活習慣病、白質病変と精神症状との関連
仲秋秀太郎,川口彰子, 佐藤順子,阪野公一, 根木淳, 田里久美子, 岡瑞紀,色本凉, 成本迅, 明智龍男, 三村將
第30回日本老年精神医学会   2015年6月13日   
Neural basis of behavior therapy in obsessive-compulsive disorder
Hashimoto N, Kawaguchi A, Nakaaki S
111th JSPN   2015年6月5日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
多種脳画像による認知症の精神症状とQOLに関する神経ネットワーク障害の解明
文部科学省: 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 仲秋秀太郎
認知症の精神症状とQOLに関連する神経ネットワーク障害の差異を、認知症の疾患別に比較検討する
精神症状を併発する認知症患者と介護者の社会的孤立への統合的介入方法の検討
文部科学省: 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 研究代表者 佐藤順子、研究分担者 仲秋秀太郎 三村 將、 成本迅
精神症状を併発する認知症患者とその介護者を対象に、社会的孤立を緩和するための統合的介入方法の有効性を明らかにする
独居の在宅高齢者(軽度認知障害、軽度の認知症)における生活管理能力低下の検証:
勇美記念財団: 在宅医療助成勇美記念財団
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 研究代表者 仲秋秀太郎,  研究分担者 佐藤順子, 山田峻寛
独居高齢者の軽度認知障害患者を対象として、コーピング能力と遂行機能を主要評価項目として用いて、生活管理能力の障害を多面的に検討した
強迫性障害における時間認知の神経基盤と認知行動療法への応用の検討
文部科学省: 基盤研究C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 研究代表者 橋本伸彦、研究分担者 仲秋秀太郎、三村 將、川口彰子
本研究では強迫性障害における ① 時間認知の障害に関する神経基盤を高磁場MRIの形態および拡散テンソル画像から検討し、② 従来の認知行動療法に、時間認知に関するメタ認知的介入を検討した
ドライブレコーダと脳画像による高齢者の実車運転不安全行動に関する特性の検討
文部科学省: 基盤研究C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 研究代表者 三村 將、研究分担者 仲秋秀太郎
軽度認知障害や高次脳機能障害をもつ高齢ドライバーの自動車運転安全性について、神経心理学的検査、有効視野検査、簡易ドライビングシミュレータ、運転適性スクリーニング検査日本語版とともに、教習所内の実車行動に対する教習指導員の他覚的評価と、そのドライブレコーダー画像を見た作業療法士の事後評価、さらに実車前後の対象者自身の自己評価とを比較検討した