NAKAAKI Shutaro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2018 at 19:47
 
Avatar
Name
NAKAAKI Shutaro
Affiliation
Former Institution /Organization Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
Job title
Research Assistant
Degree
(BLANK), (BLANK)
Research funding number
80315879

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1998
Graduate School, Division of Medicine, Nagoya City University
 
 
 - 
1991
Faculty of Medicine, Hamamatsu University School of Medicine
 

Published Papers

 
Akechi T, Suzuki M, Hashimoto N, Yamada T, Yamada A, Nakaaki S
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   17(6) 500-501   Nov 2017   [Refereed]
Liu YC, Meguro K, Nakamura K, Akanuma K, Nakatsuka M, Seki T, Nakaaki S, Mimura M, Kawakami N
Frontiers in aging neuroscience   9 335   2017   [Refereed]
Oka M, Nakaaki S, Negi A, Miyata J, Nakagawa A, Hirono N, Mimura M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   16(2) 121-134   Mar 2016   [Refereed]
Tatsumi H, Nakaaki S, Satoh M, Yamamoto M, Chino N, Hadano K
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(1) 197-205   Jan 2016   [Refereed]
Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   49(2) 571-579   2016   [Refereed]
Royall DR, Palmer RF, Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Journal of Alzheimer's disease : JAD   49(2) 561-570   2016   [Refereed]
Kawaguchi A, Nemoto K, Nakaaki S, Kawaguchi T, Kan H, Arai N, Shiraishi N, Hashimoto N, Akechi T
Frontiers in psychiatry   7 3   2016   [Refereed]
Umehara H, Numata S, Kinoshita M, Watanabe S, Nakaaki S, Sumitani S, Ohmori T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 611-615   2016   [Refereed]
Royall DR, Matsuoka T, Palmer RF, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
Neuropsychology   29(5) 683-692   Sep 2015   [Refereed]
Umehara H, Numata S, Tajima A, Kinoshita M, Nakaaki S, Imoto I, Sumitani S, Ohmori T
Human psychopharmacology   30(5) 372-376   Sep 2015   [Refereed]
Matsuoka T, Kato Y, Taniguchi S, Ogawa M, Fujimoto H, Okamura A, Shibata K, Nakamura K, Uchida H, Nakaaki S, Koumi H, Mimura M, Fukui K, Narumoto J
International psychogeriatrics   26(8) 1387-1397   Aug 2014   [Refereed]
Banno K, Nakaaki S, Sato J, Torii K, Narumoto J, Miyata J, Hirono N, Furukawa TA, Mimura M, Akechi T
Neuropsychiatric disease and treatment   10 339-348   2014   [Refereed]
Hashimoto N, Nakaaki S, Kawaguchi A, Sato J, Kasai H, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   10 1987-1996   2014   [Refereed]
Kawaguchi A, Nakaaki S, Kawaguchi T, Hashimoto N, Ogawa S, Suzuki M, Ii T, Sugano K, Akechi T
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   26(4) E4-5   2014   [Refereed]
Sato J, Nakaaki S, Torii K, Oka M, Negi A, Tatsumi H, Narumoto J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 9-14   2013   [Refereed]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Oka M, Negi A, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 1-8   2013   [Refereed]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Oka M, Negi A, Nakamae T, Narumoto J, Miyata J, Furukawa TA, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   9 25-29   2013   [Refereed]
Yamanaka K, Kawano Y, Noguchi D, Nakaaki S, Watanabe N, Amano T, Spector A
Aging & mental health   17(5) 579-586   2013   [Refereed]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Kawaguchi T, Kawaguchi A, Narumoto J, Mimura M
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(3) E65-6   2013   [Refereed]
Nakaaki S, Sato J, Torii K, Kawaguchi T, Kawaguchi A, Narumoto J, Mimura M
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(4) E15-6   2013   [Refereed]
Kawaguchi A, Nakaaki S, Kawaguchi T, Akechi T
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   25(4) E17-8   2013   [Refereed]
Okamura A, Kitabayashi Y, Kohigashi M, Shibata K, Ishida T, Narumoto J, Morioka C, Kitabayashi M, Kashima A, Tani N, Nakaaki S, Mimura M, Fukui K
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   12(4) 242-247   Dec 2012   [Refereed]
Maki Y, Amari M, Yamaguchi T, Nakaaki S, Yamaguchi H
American journal of Alzheimer's disease and other dementias   27(5) 339-345   Aug 2012   [Refereed]
Torii K, Nakaaki S, Banno K, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Yamanaka K, Narumoto J, Mimura M, Akechi T, Furukawa TA
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   11(4) 212-220   Dec 2011   [Refereed]
Kinoshita Y, Kingdon D, Kinoshita K, Kinoshita Y, Saka K, Arisue Y, Dayson D, Nakaaki S, Fukuda K, Yoshida K, Harris S, Furukawa TA
Social psychiatry and psychiatric epidemiology   46(8) 703-710   Aug 2011   [Refereed]
Tatsumi H, Yamamoto M, Nakaaki S, Hadano K, Narumoto J
Psychiatry and clinical neurosciences   65(5) 533   Aug 2011   [Refereed]
Hashimoto N, Nakaaki S, Omori IM, Fujioi J, Noguchi Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Torii K, Mimura M, Furukawa TA
Psychiatry research   187(1-2) 166-173   May 2011   [Refereed]
Konishi M, Shishikura K, Nakaaki S, Komatsu S, Mimura M
Neuropsychiatric disease and treatment   7 365-372   2011   [Refereed]
Nakanishi K, Hanihara T, Mutai H, Nakaaki S
Dementia and geriatric cognitive disorders   32(1) 39-44   2011   [Refereed]
Azuma H, Segawa K, Nakaaki S, Murata Y, Kawakami K, Tohyama J, Iidaka T, Shinagawa Y, Nakano Y, Yamada A, Watanabe N, Hongo J, Akechi T, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   63(5) 685-692   Oct 2009   [Refereed]
Katsumata R, Sagawa R, Akechi T, Shinagawa Y, Nakaaki S, Inagaki A, Okuyama T, Akazawa T, Furukawa TA
Japanese journal of clinical oncology   40(4) 365-368   Apr 2010   [Refereed]
Yamanishi T, Nakaaki S, Omori IM, Hashimoto N, Shinagawa Y, Hongo J, Horikoshi M, Tohyama J, Akechi T, Soma T, Iidaka T, Furukawa TA
Psychiatry research   172(3) 242-250   Jun 2009   [Refereed]
Tatsumi H, Nakaaki S, Torii K, Shinagawa Y, Watanabe N, Murata Y, Sato J, Mimura M, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   63(3) 374-384   Jun 2009   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Hirono N, Mimura M, Furukawa TA
International psychogeriatrics   20(5) 964-975   Oct 2008   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Hirono N, Mimura M, Furukawa TA
Alzheimer disease and associated disorders   22(4) 369-374   Oct 2008   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   62(3) 370   Jun 2008   [Refereed]
Hongo J, Nakaaki S, Shinagawa Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Fukui T, Mimura M, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   26(6) 556-566   2008   [Refereed]
Sato J, Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Matsui T, Hongo J, Tatsumi H, Akechi T, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   61(6) 672-677   Dec 2007   [Refereed]
Shinagawa Y, Nakaaki S, Hongo J, Murata Y, Sato J, Matsui T, Tatsumi H, Akechi T, Furukawa TA
International journal of geriatric psychiatry   22(10) 951-956   Oct 2007   [Refereed]
Omori IM, Murata Y, Yamanishi T, Nakaaki S, Akechi T, Mikuni M, Furukawa TA
Journal of psychiatric research   41(9) 776-784   Nov 2007   [Refereed]
Azuma H, Fujita A, Otsuki K, Nakano Y, Kamao T, Nakamura C, Fujioi J, Otake H, Nishigaki M, Suzuki M, Kataoka M, Matsuzawa T, Sonoda M, Nakaaki S, Murata Y, Akechi T, Furukawa TA
The journal of ECT   23(3) 163-168   Sep 2007   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Hongo J, Tatsumi H, Mimura M, Furukawa TA
Cognitive and behavioral neurology : official journal of the Society for Behavioral and Cognitive Neurology   20(2) 121-125   Jun 2007   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Tatsumi H, Hirono N, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   23(4) 231-240   2007   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Matsui T, Tatsumi H, Furukawa TA
Psychiatry and clinical neurosciences   61(1) 78-83   Feb 2007   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Hongo J, Furukawa TA, Sato J, Tatsumi H
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   19(4) 487-488   2007   [Refereed]
Nakaaki S, Murata Y, Shinagawa Y, Hongo J, Furukawa TA, Sato J, Tatsumi H
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   19(4) 485-487   2007   [Refereed]
Segawa K, Azuma H, Sato K, Yasuda T, Arahata K, Otsuki K, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Nakaaki S, Furukawa TA
Psychiatry research   147(2-3) 135-143   Oct 2006   [Refereed]
Fujita A, Nakaaki S, Segawa K, Azuma H, Sato K, Arahata K, Otsuki K, Hori M, Mochida Y, Uchida M, Yamada T, Nakamura C, Akechi T, Furukawa TA
The journal of ECT   22(2) 107-112   Jun 2006   [Refereed]
Semantic Priming in Patients With Alzheimer and Semantic dementia
Cortex   36 151-162   2000
IKAWA M, NAKANISHI M, FURUKAWA T, NAKAAKI S, HORI S, YOSHIDA S
Psychiatry and Clinical Neurosciences   54(5) 537-541   2000
Umemura A, Yamada K, Masago A, Tanigawa M, Nakaaki S, Hmanaka T
Neurologa Medico-Chirurgica   37(7) 556-559   Jul 1997   [Refereed]
Matsui T, Nakaaki S, Murata Y, Sato J, Shinagawa Y, Tatsumi H, Furukawa TA
Dementia and geriatric cognitive disorders   21(3) 182-191   2006   [Refereed]
Dissociations between reading responses and semantic priming effects in a dyslexic patient
Nakamura H, Nakanishi M, Hmanaka T, NAKAAKI S, Furukawa T, Masui T
Cortex   33(4) 753-761   Dec 1997   [Refereed]
Two cases of functional focal retrograde amnesia with impairment of object use.
Nakamura H, Kunori Y, Mori K, Nakaaki S, Yoshida S, Hamanaka T
Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior   38(4) 613-622   Sep 2002   [Refereed]
Neurologia medico-chirurgila   37(7) 556-559   1997

Misc

 
山田峻寛, 山田峻寛, 佐藤順子, 佐藤順子, 佐藤順子, 仲秋秀太郎, 明智龍男
精神科治療学   32(9) 1235‐1238-1238   Sep 2017
前頭側頭葉変性症では精神症状や行動障害が前景に立つが、前頭葉機能の低下から内省や神経症的な不安は減弱するとされており、パニック発作様の症状の報告は少ない。我々は前頭側頭葉変性症の1つである意味性認知症の患者のパニック発作様の症状に抗うつ薬が有効であった一例を経験した。症例は69歳で、うつ病の寛解後に意味性認知症を発症した。その後パニック発作様の症状を伴ったがparoxetineとescitalopramが有効で症状は消失した。患者の症状は意味性認知症に伴う精神症状と考えられたが、疾患に特徴...
独居の在宅高齢者(軽度認知障害)におけるコーピング能力と生活管理能力の検証
佐藤 博文, 仲秋 秀太郎, 山田 峻寛, 佐藤 順子, 色本 涼, 田里 久美子, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 193-193   Jun 2018
仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 佐藤順子, 佐藤順子, 山田峻寛, 山田峻寛, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   28(増刊II) 208-208   Jun 2017
アルツハイマー病の物盗られ妄想に関する記憶障害と前頭葉機能特性 Auditory-Verbal Learning Testを用いた検討
山田 峻寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 博文, 佐藤 順子, 色本 涼, 田里 久美子, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 199-199   Jun 2018
山田峻寛, 山田峻寛, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 佐藤順子, 佐藤順子, 阪野公一, 田里久美子, 色本涼, 明智龍男, 三村將
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 128-128   May 2017
アルツハイマー病患者の重症度別による患者と介護者のニードの特性検討 介護負担、QOLなどによる評価
色本 涼, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子, 山田 峻寛, 佐藤 博文, 三村 將
老年精神医学雑誌   29(増刊II) 205-205   Jun 2018
認知症の精神症状に対処するコーピングスキルに関する介護者の特性検討
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 川口 彰子, 山田 峻寛, 佐藤 博文
日本認知症ケア学会誌   17(1) 252-252   Apr 2018
橋本伸彦, 橋本伸彦, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 山田峻寛, 山田峻寛, 佐藤順子, 佐藤順子, 佐藤順子
日本うつ病学会総会プログラム・抄録集   14th 300-300   Jul 2017
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 渡辺範雄
認知症の最新医療   6(4) 158‐162-162   Oct 2016
アルツハイマー病治療薬の継続のためには副作用の管理だけではなく、服薬に関する家族への十分な説明と、患者と家族が服薬管理を適格に行える工夫が有効である。これらの取り組みは家族と患者間の関係性の緊密化にもつながり、認知症治療薬の継続のみならず患者のQOL(quality of life)の改善をもたらす可能性がある。(著者抄録)
アルツハイマー型認知症患者のQOLの神経基盤 脳血流SPECTによる検討
山田 峻寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子, 阪野 公一, 田里 久美子, 色本 涼, 明智 龍男, 三村 將
老年精神医学雑誌   28(増刊II) 202-202   Jun 2017
山田峻寛, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 井上裕一, 阪野公一, 明智龍男
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   40th 129-129   Aug 2016
小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 藤本宏, 小川真由, 岡部佳世子, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 飯干紀代子
老年精神医学雑誌   27(増刊II) 249-249   Jun 2016
辰巳寛, 仲秋秀太郎, 佐藤正之, 前島伸一郎, 山本正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357‐365   Apr 2017
岡瑞紀, 仲秋秀太郎, 三村將
老年精神医学雑誌   26(12) 1351‐1358-1358   Dec 2015
日本の道路交通法では、認知症はその重症度にかかわらず一律に運転が禁止されている。安全運転に必要な認知・予測・判断・操作が明らかに障害されていながら運転を中断しない認知症ドライバーの場合、医師による任意届出制度が利用できる。運転適性が実際に問題となる軽度認知障害(MCI)〜軽度認知症では、神経心理学的検査や運転シミュレータとともに、可能な限り実車による評価も行い、複合的に評価していくことが望ましい。(著者抄録)
辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 正之, 前島 伸一郎, 山本 正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357-365   Apr 2017
【目的】失語症者のケアに従事する専門スタッフの失語症に関する理解度を評価する新しい尺度Aphasia Knowledge Test-20(AKT-20)を開発し,失語症の啓発活動を行う際の課題について検討した.【方法】対象は医療・介護系スタッフ261名である.AKT-20はbiomedical knowledge(BK) 8問,coping knowledge(CK) 7問,services knowledge(SK) 5問からなる計20問で構成されている.AKT-20の信頼性係数[再テス...
辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 佐藤 正之, 前島 伸一郎, 山本 正彦
総合リハビリテーション   45(4) 357-365   Apr 2017
辰巳寛, 仲秋秀太郎, 佐藤正之, 山本正彦
神経治療学   32(5) 863-863   Sep 2015
劉議謙, 中村馨, 赤沼恭子, 中塚晶博, 関隆志, 目黒謙一, 仲秋秀太郎, 三村将, 川上憲人
Dement Jpn   29(3) 410-410   Sep 2015
根木淳, 根木淳, 仲秋秀太郎, 川口彰子, 佐藤順子, 阪野公一, 田里久美子, 岡瑞紀, 色本涼, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 173-173   May 2015
加藤佑佳, 加藤佑佳, 松岡照之, 松岡照之, 岡部佳世子, 岡部佳世子, 小川真由, 小川真由, 中村佳永子, 谷口将吾, 谷口将吾, 藤本宏, 藤本宏, 江口洋子, 江口洋子, 飯干紀代子, 飯干紀代子, 小海宏之, 小海宏之, 古川壽亮, 仲秋秀太郎, 仲秋秀太郎, 三村將, 三村將, 福居顯二, 成本迅, 成本迅
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 201-201   May 2015
仲秋秀太郎, 川口彰子, 佐藤順子, 阪野公一, 根木淳, 根木淳, 田里久美子, 岡瑞紀, 色本涼, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   26(増刊II) 172-172   May 2015
仲秋秀太郎, 佐藤順子
老年精神医学雑誌   26(3) 248-256   Mar 2015
認知症における実行機能は日常生活と密接な関係があるので、日常生活における実行機能障害を適切に把握することが重要である。本稿では、まず、認知症における実行機能障害の適切な評価と解釈に言及し、評価の具体的な方法を述べた。次に、最近のトピックスのひとつである白質病変の臨床的な意義の観点から、白質病変と実行機能障害との関連に関する問題点を概説した。実行機能を評価するときには、複合的な視野が認知症における臨床にとって必要である。(著者抄録)
岡 瑞紀, 仲秋 秀太郎, 三村 將
老年精神医学雑誌   26(12) 1351-1358   Dec 2015
川口彰子, 根本清貴, 仲秋秀太郎, 橋本伸彦, 山田峻寛, 川口毅恒, 西垣誠, 東英樹, 明智龍男
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   45th 207-207   Sep 2015
富岡大, 山縣文, 仲秋秀太郎, 加藤貴志, 藤田佳男, 堀田章悟, 清水拓未, 三村將
認知神経科学   16(2) 129-129   Jun 2014
精神症状を併発する認知症の介護者うつと不眠に対する統合的な介入 パイロット研究 行動的介入療法と認知行動療法の統合的介入プログラムの開発
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 川口 彰子
日本認知症ケア学会誌   14(1) 179-179   Apr 2015
アルツハイマー型認知症の精神症状・行動障害と家族の態度との関連 Family Attitude Scale(FAS)を用いて
石原 裕之, 穴水 幸子, 田内 正樹, 北沢 桃子, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   35(1) 51-51   Mar 2015
仲秋 秀太郎, 佐藤 順子
老年精神医学雑誌   26(3) 248-256   Mar 2015
【その患者に睡眠薬は必要か-眠れないという訴えにどう対応するか-】 その不眠をどう治療するか、あるいは治療しないか 高齢者の不眠の訴え
色本 涼, 仲秋 秀太郎
精神科治療学   29(11) 1359-1365   Nov 2014
高齢者の不眠は、身体機能の低下や脳の生理的変化だけでなく、対人交流や外出の減少といった社会生活上の変化、精神疾患や身体疾患の合併など、多彩な要因を背景として起こる。その結果、日中の活動を阻害し、QOL低下、うつ病・生活習慣病・癌など、さらなる疾患発症の誘因となるものである。高齢者の不眠症を適切に治療することは、その健康維持に寄与する可能性を含んでいる。高齢者の不眠症に対しての薬物療法には副作用の観点から限界があり、治療法は非薬物療法が中心となる。非薬物療法には、睡眠衛生指導、睡眠制限療法、...
梅原英裕, 沼田周助, 田嶋敦, 木下誠, 仲秋秀太郎, 井本逸勢, 住谷さつき, 大森哲郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   24th-44th 173-173   Nov 2014
石原裕之, 穴水幸子, 田内正樹, 北沢桃子, 仲秋秀太郎, 三村將
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   38th 171   Oct 2014
石原裕之, 穴水幸子, 田内正樹, 仲秋秀太郎, 三村將
Dement Jpn   27(4) 532-532   Oct 2013
仲秋秀太郎, 佐藤順子, 川口彰子
明治安田こころの健康財団研究助成論文集   (49) 148-154   Oct 2014
加藤佑佳, 松岡照之, 小川真由, 谷口将吾, 藤本宏, 占部美恵, 柴田敬祐, 中村佳永子, 江口洋子, 飯干紀代子, 小海宏之, 仲秋秀太郎, 三村將, 福居顯二, 成本迅
老年精神医学雑誌   24(9) 928-936   Sep 2013
【目的】身体疾患に対する医療行為を受ける必要がある認知機能が低下した患者2例にMacArthur Competence Assessment Tool-Treatment(MacCAT-T)で医療同意能力を評価し、考察を加えて報告した。【症例1】80歳女性、右乳がんの治療目的で入院となった。認知機能障害が顕著で痛みの自覚がなく、手術への同意は変動していた。MacCAT-Tの成績は低く手術の必要性について理解が得られず、同意能力は不十分と考えられた。最終的には本人と家族の同意を得て手術に至っ...
阪野公一, 仲秋秀太郎, 根木淳, 鳥井勝義, 佐藤順子, 宮田淳, 成本迅, 明智龍男, 三村將
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 228-228   Jun 2013
仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   25 97   May 2014
小海宏之, 加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 谷口将吾, 小川真由, 三村將, 仲秋秀太郎, 江口洋子, 園田薫, 岸川雄介, 杉野正一
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 232-232   Jun 2013
認知症の前駆症状・初期症状 アルツハイマー病の初期症状
仲秋 秀太郎
老年精神医学雑誌   25(増刊II) 97-97   May 2014
Shutaro Nakaaki, Shinichi Yoshida, Rika Nakajima, Toshihiko Hamanaka, Hikaru Nakamura
Higher Brain Function Research   17(3) 249-257   Sep 1997
    We report two cases of aphasia after infarctions restricted in the inferoposterior region of the left frontal lobe. The two patients showed clear differences in speech fluency and repetition capability despite nearly the same ex...
加藤佑佳, 成本迅, 松岡照之, 小川真由, 谷口将吾, 占部美恵, 柴田敬祐, 中村佳永子, 江口洋子, 飯干紀代子, 小海宏之, 仲秋秀太郎, 三村將, 福居顯二
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 231-231   Jun 2013
前頭葉眼窩部とモラルの価値判断
船山 道隆, 村松 太郎, 加藤 元一郎, 三村 將, 仲秋 秀太郎
高次脳機能研究   34(1) 66-67   Mar 2014
岡瑞紀, 仲秋秀太郎, 小西海香, 堀田章悟, 根木淳, 佐藤順子, 三村將
老年精神医学雑誌   24(増刊II) 250-250   Jun 2013
川口彰子, 川口毅恒, 仲秋秀太郎, 白石直, 橋本伸彦, 菅博人, 荒井信行
日本生物学的精神医学会誌   510   2014
鳥井勝義, 佐藤順子, 仲秋秀太郎
老年精神医学雑誌   24(5) 441-448   May 2013
エビデンスに基づいた医療は、老年精神医学分野における医療の意識改革をもたらし、臨床家が診断と治療などに関して、「慎重」になった。その結果、治療や予後における老年精神医学の最近のエビデンスは、現実の臨床においていくつかのジレンマをももたらした。本稿では、認知症における精神症状への介入および高齢者うつ病と認知症のうつ状態への介入に関して臨床家が直面するジレンマに言及し、老年精神医学をめぐるエビデンス精神医療の問題点に言及した。(著者抄録)
三村將, 仲秋秀太郎, 平野仁一, 岡瑞紀, 山本吾子, 小西海香, 堀田章悟, 富岡大, 岩波明, 兼子幸一, 朴盛弘, 野田隆政, 中込和幸
精神疾患の鑑別診断および転帰の予測における近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)の有用性に関する研究 平成23-25年度 総括研究報告書   63-64   2014
梅原英裕, 沼田周助, 田嶋敦, 木下誠, 仲秋秀太郎, 井本逸勢, 住谷さつき, 大森哲郎
日本生物学的精神医学会誌   174   2014
川口彰子, 仲秋秀太郎
月刊精神科   22(4) 353-362   Apr 2013
橋本伸彦, 仲秋秀太郎, 川口彰子
日本摂食障害学会学術集会プログラム・講演抄録集   18th 116   2014
アルツハイマー病の焦燥感と関連する脳部位の検討 脳血流SPECTによる
阪野 公一, 仲秋 秀太郎, 根木 淳, 鳥井 勝義, 佐藤 順子, 宮田 淳, 成本 迅, 明智 龍男, 三村 將
日本老年医学会雑誌   50(Suppl.) 129-129   May 2013
川口彰子, 仲秋秀太郎, 小川朝生, 稲垣正俊, 渡辺範雄, 橋本伸彦, 川口毅恒, 西垣誠, 東英樹, 明智龍男
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   109th(2013特別) S.387-387   May 2013
船山道隆, 村松太郎, 加藤元一郎, 三村將, 仲秋秀太郎
日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録   37th 166   Nov 2013
認知症リハビリプログラムの開発の試み 多職種の協働によるグループセラピー
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 荻野 亮, 吉田 伸一, 阪野 公一
日本認知症ケア学会誌   12(1) 223-223   Apr 2013
失語症者の家族のコミュニケーション自己効力感と介護負担感および精神的健康との関係性について
辰巳 寛, 山本 正彦, 仲秋 秀太郎, 波多野 和夫
高次脳機能研究   33(1) 61-61   Mar 2013
辰巳寛, 山本正彦, 仲秋秀太郎, 波多野和夫
高次脳機能研究   32(3) 514-524   Sep 2012
失語症者とのコミュニケーションに対する家族の自己効力感評価尺度を開発した。予備調査による内容的妥当性の検証を経て、16項目からなるコミュニケーション自己効力感尺度(Communication Self-Efficacy Scale:CSE)の原案を作成した。本調査では、失語症者の家族介護者86名にCSEと一般性セルフ・エフィカシー尺度(GSES)、Zarit介護負担感尺度(ZBI)、コミュニケーション介護負担感尺度(COM-B)、抑うつ評価尺度(GDS-15)を実施した。その結果、CSEの...
前頭葉眼窩部と悪および利他行為の価値判断
船山 道隆, 村松 太郎, 加藤 元一郎, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 91-92   Mar 2013
阪野公一, 仲秋秀太郎, 根木淳, 鳥井勝義, 橋本伸彦, 佐藤順子, 宮田淳, 成本迅, 明智龍男, 三村將
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   36th 173-173   Aug 2012
アルツハイマー型認知症の家族の態度と関連する因子の検討 薬剤介入による経過
穴水 幸子, 石原 裕之, 高畑 圭輔, 及能 克宏, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 128-129   Mar 2013
辰巳寛, 山本正彦, 仲秋秀太郎, 波多野和夫
総合リハビリテーション   40(6) 887-892   Jun 2012   [Refereed]
[目的]脳卒中後の抑うつ症状(post-stroke depression;PSD)はリハビリテーションの重大な阻害要因であり,PSDの早期発見と早期介入は重要な臨床的課題の一つである.本研究では,Sutcliffe & Lincoln(1998)が開発したThe 10-item Stroke Aphasia Depression Questionnaireの日本語版(J-SADQ10)を作成し,その信頼性と妥当性を検証することを目的とした.[対象・方法]対象は失語症者とその家族介...
アルツハイマー型認知症の家族の態度と関連する因子の検討 Family Attitude Scale(FAS)を用いて
石原 裕之, 穴水 幸子, 高畑 圭輔, 及能 克宏, 仲秋 秀太郎, 三村 將
高次脳機能研究   33(1) 129-129   Mar 2013
仲秋秀太郎, 佐藤順子, 鳥井勝義, 阪野公一, 根木惇, 宮裕昭, 成本迅, 山中克夫, 辰巳寛, 宮田淳, 川口毅恒, 三村將
老年精神医学雑誌   23(増刊II) 237-237   Jun 2012
脳血流SPECTによるアルツハイマー病の焦燥感と関連する脳部位の検討
阪野 公一, 仲秋 秀太郎, 根木 淳, 鳥井 勝義, 橋本 伸彦, 佐藤 順子, 宮田 淳, 成本 迅, 明智 龍男, 三村 將
神経心理学   28(4) 306-306   Dec 2012
認知症の精神症状に対する行動的介入療法の効果研究 予備的な研究
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 鳥井 勝義, 阪野 公一, 根木 惇, 辰巳 寛, 三村 將
日本認知症ケア学会誌   11(1) 289-289   Apr 2012
失語症者の家族介護者における会話効力感尺度(Communication Self-Efficacy Scale:CSE)の開発
辰巳 寛, 山本 正彦, 仲秋 秀太郎, 波多野 和夫
高次脳機能研究   32(1) 135-135   Mar 2012
仲秋秀太郎, 橋本伸彦, 村田佳江, 佐藤順子, 宮田淳, 古川壽亮, 三村將
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   35th 100-100   Aug 2011
脳形態画像と高次脳機能による強迫性障害における行動療法の治療反応性の検討
仲秋 秀太郎, 橋本 伸彦, 村田 佳江, 佐藤 順子, 宮田 淳, 古川 壽亮, 三村 將
神経心理学   27(4) 339-339   Dec 2011
慢性期在宅失語症患者の家族介護者における介護負担感とその関連要因に関する検討
辰巳 寛, 神谷 茜, 黒崎 芳子, 仲秋 秀太郎, 山本 正彦, 波多野 和夫
高次脳機能研究   30(1) 195-195   Mar 2010
アルツハイマー型認知症患者のQOLに関する縦断的研究
辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 村田 佳江, 佐藤 順子
高次脳機能研究   28(1) 88-89   Mar 2008
AIDS恐怖をともなう強迫性障害に行動療法が奏功した一例
村田 佳江, 仲秋 秀太郎, 早野 順一郎
最新精神医学   12(1) 65-73   Jan 2007
AIDS恐怖症は、AIDSにかかるのではないかという不合理な不安と強い回避行動を伴うため難治例のケースも多い。AIDS恐怖症を伴う重篤な強迫性障害に行動療法を施行し、AIDS恐怖が軽減し、強迫症状も改善したので、本例における治療の進め方と治療工夫に関して詳細に報告する。本例は、治療の開始時点では、暴露課題への不安が強く、治療の継続が困難に思われたので、さまざまな治療工夫を加えることで、治療意欲を高め、行動療法を展開できた。AIDS恐怖へのワーストシナリオを用いたテープを用いた課題や自宅・病...
仲秋 秀太郎, 東 英樹, 品川 好広, 古川 壽亮, 遠山 順子, 中村 光
精神医学   48(1) 89-92   Jan 2006
脱抑制的な行動を示した進行麻痺の1例(51歳男性,右利き)に,ペニシリンの大量投与を行い,精神症状の改善後,脳血流のSPECTの一部改善と神経心理学検査結果の改善を認めた.本例の感染の時期や経過は明らかではないが,頭部MRIで形態学的異常を認めたことから,初期感染の時期ではなかったかと考えられた.前頭葉における障害が,神経梅毒により最も影響を受け,ペニシリンの大量投与によっても前頭葉の血流低下や機能検査は改善しなかったと考えられた.治療後も意欲や発動性の低下が残存したことも,前頭葉の障害が...
アルツハイマー型痴呆の病態失認に関する質問紙(Anosognosia Questionnaire-Dementia;AQ-D)の信頼性と妥当性の検討
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 松井 輝夫, 品川 好広, 本郷 仁, 村田 佳江, 辰巳 寛, 古川 壽亮
神経心理学   21(4) 267-267   Dec 2005
アルツハイマー型痴呆の病識(Anosognosia Questionnaire-Dementia;AQ-D)に関する質問紙の信頼性と妥当性
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 松井 輝夫, 品川 好広, 本郷 仁, 村田 佳江, 辰巳 寛, 古川 壽亮
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   29回 70-70   Aug 2005
【強迫性障害の研究】 強迫性障害のサブタイプにおける行動療法前後の高次脳機能の変化の差異に関しての検討 洗浄強迫と確認強迫
仲秋 秀太郎, 村田 佳江, 佐々木 恵, 山西 知愛, 品川 好広, 古川 壽亮, 堀越 勝
強迫性障害の研究   6 63-66   Apr 2005
薬物抵抗性のOCD患者で,入院治療(男性6名,女性11名),外来治療(男性10名,女性11名)を対象にした行動療法のオープン臨床試験を施行した.約3ヵ月の行動療法にて,洗浄強迫主体のOCDと確認強迫主体のOCDの患者17名は,ともにY-BOCSが40%以上の改善をみた.双方の患者群とも記憶課題の一部の成績は改善した.しかし,前頭葉の機能で前頭葉底部と関連する機能に関しては,洗浄強迫の患者では,行動療法後に改善したにもかかわらず,確認強迫の患者では,その成績は改善しなかった
【アルツハイマー型痴呆の診断・治療と患者・家族を考える】 アルツハイマー型痴呆患者・家族の負担とフォローを考える 痴呆患者の家族の介護負担について考える アルツハイマー型痴呆における介護者のsocial supportと介護負担について
仲秋 秀太郎
老年精神医学雑誌   15(増刊) 95-101   Dec 2004
アルツハイマー型痴呆の主介護者を支えるソーシャルサポートは,介護状況の負担に大きな影響を及ぼす要因のひとつである.一般に,ソーシャルサポートとは,主観的なソーシャルサポート(perceived social support)と実際のソーシャルサポート(received social support)に分類される.主観的なソーシャルサポートとは,サポートしてくれる人への主観的な満足感を表し,実際のソーシャルサポートとは実際にサポートしてくれる人の数で示されるが,一般には,主観的なソーシャルサ...
緩徐進行性失語で発症した前頭側頭葉変性症の一例の8年間の経過報告(1) 臨床経過
吉田 伸一, 佐藤 順子, 濱中 淑彦, 中村 光, 仲秋 秀太郎, 中西 雅夫
神経心理学   20(4) 278-278   Dec 2004
緩徐進行性失語で発症した前頭側頭葉変性症の一例の8年間の経過2(言語症状)
佐藤 順子, 吉田 伸一, 濱中 淑彦, 中村 光, 仲秋 秀太郎, 中西 雅夫
神経心理学   20(4) 278-278   Dec 2004
左手書字による鏡像書字を認めた1例
水口 マリア, 石井 文康, 松川 則之, 小鹿 幸生, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子
神経心理学   20(4) 281-281   Dec 2004
Unawarenessによる歩行障害の一例 麻痺側肢に対する身体意識について
石井 文康, 水口 マリア, 松川 則之, 小鹿 幸生, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子
神経心理学   20(4) 285-285   Dec 2004
Unawarenessによる歩行障害の一例 麻痺側肢に対する身体意識について
石井 文康, 水口 マリア, 松川 則之, 小鹿 幸生, 仲秋 秀太郎, 佐藤 順子
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   28回 70-70   Aug 2004
確認強迫と洗浄強迫の患者群における前頭葉機能のパターンの違い
仲秋 秀太郎, 村田 佳江, 佐藤 起代江, 小川 成, 加藤 健徳, 田中 康治, 橋本 伸彦, 鈴木 美乃, 古川 壽亮, 杉山 通, 堀越 勝
強迫性障害の研究   5 133-135   May 2004
MOCIの質問紙により,洗浄強迫が主体の強迫性障害の患者(9名)と確認強迫が主体の強迫性障害の患者(9名)に分類し,包括的な神経心理検査を施行した.両群で年齢,性別,Y-BOCSの得点,SSRIの投与量に有意差はなかった.神経心理検査には,知能(RCPM),記録検査(WMS-R),意味記憶(WF),前頭葉機能検査(Stroop Test,Trail Making Test,Digit Symbol,LF,Pencil and Paper Test:二重課題の検査,GO-NO GO検査など)...
躁状態を主症状とした神経ベーチェット病の一例
石井 和夫, 安田 年伸, 仲秋 秀太郎, 古川 壽亮, 前田 貴生, 金井 高広, 竹内 浩
総合病院精神医学   15(Suppl.) S112-S112   Nov 2003
生活環境が健常高齢者の前頭葉機能に与える影響 地域住民と老人ホームの住人との比較
仲秋 秀太郎, 松井 輝夫, 佐藤 順子, 吉田 伸一, 渡辺 はま, Connor Lisa T.
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   27回 100-100   Sep 2003
アルツハイマー型痴呆における抑うつ症状の前頭葉機能検査に及ぼす影響
仲秋 秀太郎, 村田 佳江, 松井 輝夫, 古川 壽亮, 渡辺 はま, 佐藤 順子, 辰巳 寛
老年精神医学雑誌   14(5) 622-622   May 2003
インターネットとオーディオテープ(MD)を用いた曝露方法が奏効した,自己の情報が他人に漏洩することを恐れる強迫観念の強いOCDの1例
仲秋 秀太郎, 田中 康治, 船山 正, 金井 高広, 安田 年伸, 古川 壽亮, 堀越 勝
強迫性障害の研究   4 101-107   May 2003
31歳男.物を捨てたり,人に渡すときに,それらに自分のクレジットカード番号等の重要な情報を書いてしまったのではないか,何かが身体に触れると,触れた対象に自己の重要な情報を転写してしまったのではないかと気にする.妻を巻き込み,たびたび確認行為を要求するようになり,その後も強迫症状及び両親への確認行為の要求は持続した.森田療法を開始したところ,ある程度症状改善し,退院となったが,強迫症状が再燃した.行動療法を望んで,入院となった.入院時現症は,既に述べた強迫観念と強迫行為,不眠,希死念慮が認め...
複雑部分発作が遷延し鑑別診断にSPECTが有用であった脳炎の一例
野島 逸, 中野 弘克, 金井 高広, 東 英樹, 仲秋 秀太郎, 古川 壽亮, 辻 正保, 鈴木 日子, 朴 将哲, 田中 覚
精神神経学雑誌   105(1) 139-139   Jan 2003
成人Still病とステロイド精神病の経過中にPick病が発症した一例
佐川 竜一, 安田 年伸, 東 英樹, 仲秋 秀太郎, 古川 壽亮
精神神経学雑誌   105(1) 140-140   Jan 2003
右下前頭葉領域の脳梗塞後に固執傾向・時刻表的な生活が出現した1例
仲秋 秀太郎, 新藤 琢生, 金井 高弘, 松井 輝夫, 佐藤 順子, 渡辺 はま, 加藤 公子, 古川 壽亮
神経心理学   18(4) 254-254   Dec 2002
右下前頭葉領域の脳梗塞後に固執傾向・時刻表的な生活が出現した1例
仲秋 秀太郎, 新藤 琢生, 金井 高弘, 松井 輝夫, 佐藤 順子, 渡辺 はま, 加藤 公子, 古川 壽亮
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   26回 86-86   Aug 2002
特異な経過をたどり前頭葉の著明な萎縮を欠く前頭側頭型痴呆を発症した一例
船山 正, 仲秋 秀太郎, 安田 年伸, 東 英樹, 古川 壽亮, 渡辺 はま, 佐藤 順子, 加藤 公子
老年精神医学雑誌   13(6) 720-721   Jun 2002
健常高齢者の呼称能力
中西 雅夫, 藤原 奈佳子, 濱島 秀樹, 原田 浩美, 佐藤 順子, 古橋 京子, 太田 彰子, 仲秋 秀太郎, 鈴木 美代子, 辰巳 寛
失語症研究   22(1) 39-40   Mar 2002
健常高齢者の認知能力 Trail Making Testは手先の器用さを評価している
中西 雅夫, 藤原 奈佳子, 濱島 秀樹, 佐藤 順子, 古橋 京子, 太田 彰子, 辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 吉田 伸一, 濱中 淑彦
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   25回 83-83   Aug 2001
物品の認知・使用障害を呈した「機能性」孤立性逆向健忘の2症例
中村 光, 九里 葉子, 森 加代子, 仲秋 秀太郎, 吉田 伸一, 濱中 淑彦
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   25回 129-129   Aug 2001
健常高齢者におけるGood NamersとPoor Namersのverbal memoryの成績の縦断的検討
仲秋 秀太郎, Connor Lisa T., Albert Martin L., Lindfield Kimberly C., Goodglass Harold, 古川 壽亮
日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   25回 123-123   Aug 2001
中村 光, 中西 雅夫, 濱中 淑彦, 仲秋 秀太郎, 吉田 伸一
失語症研究   20(2) 136-144   Jun 2000
症例1はAlzheimer型痴呆,症例2と症例3は意味痴呆(semantic dementia).3例は共に仮名語及び仮名非語の音読は良好で,漢字語の音読は不良かつ誤りの多くは熟語中の各漢字に文字の別の発音を当てはめるものであった.症例2と症例3は典型的表層失読と考えられた.この2例は漢字語の音読において,英語例と同じく著明な一貫性効果と親近性効果を示した.ただし漢字語において無反応の誤りも多かった
【アルツハイマー病をめぐる最近の諸問題】 大脳高次機能障害(中核症状) 記憶障害
仲秋 秀太郎, 濱中 淑彦
カレントテラピー   18(4) 545-551   Mar 2000
左前頭葉梗塞により失書を呈した1例
古橋 京子, 佐藤 順子, 杉浦 美依子, 中村 光, 仲秋 秀太郎, 中西 雅夫, 黒川 和幸, 鈴木 美代子, 吉田 伸一, 濱中 淑彦
失語症研究   20(1) 55-56   Mar 2000
職能訓練開始後に精神症状が増悪した頭部外傷後遺症の3例
小川 鉄男, 蒲澤 秀洋, 阿部 順子, 長野 友里, 仲秋 秀太郎
リハビリテーション医学   37(1) 69-70   Jan 2000
右側頭葉に優位な萎縮を認めた意味痴呆の1例
佐藤 順子, 仲秋 秀太郎, 中村 光, 杉浦 誠, 中西 雅夫, 吉田 伸一, 濱中 淑彦
神経心理学   15(4) 275-275   Dec 1999
右側頭葉優位の萎縮を呈した意味痴呆の1例
杉浦 誠, 仲秋 秀太郎, 中西 雅夫, 吉田 伸一, 佐藤 順子
精神神経学雑誌   101(9) 759-760   Sep 1999
アルツハイマー型痴呆における定量脳波と神経心理学的所見の関連性について
品川 好広, 中西 雅夫, 堀 士郎, 吉田 伸一, 濱中 淑彦, 井川 真, 仲秋 秀太郎
精神神経学雑誌   101(5) 458-458   May 1999

Conference Activities & Talks

 
Cognitive Behavioral Therapy with Time Monitoring Training for Obsessive‐Compulsive Disorder.
Nobuhiko Hashimoto, Hirofumi Sato, Takahiro Yamada, Junko Sato, Akiko Kawaguchi, Nakaaki Shutaro, Tatsuo Akechi
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   15 Feb 2018   
Neural basis of quality of life in patients with Alzheimer’s disease: a brain SPECT analysis
Takahiro Yamada, Hirofumi Sato, Shutaro Nakaaki, Junko Sato, Nobuhiko Hashimoto, Banno Koichi, Ryo Shikimoto, Tatsuo Akechi, MasaruMimura
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   15 Feb 2018   
Factor analysis of the Japanese version of the Quality of Life in Alzheimer’s Disease scale
Shutaro Nakaaki, Takahiro Yamada, Hirofumi Sato, Junko Sato, Nobuhiko Hashimoto, Banno Koichi, Ryo Shikimoto, Tatsuo Akechi, MasaruMimura
11th International Congress of the International Neuropsychiatric Association   15 Feb 2018   
Effect Measurement Of The Neural Effect Of Switching From Donepezil To Galantamine Based On Near-Infrared Spectroscopy (Nirs) Findings In Patients With Alzheimer Disease
Mimura M, Oka M, Hotta S, Shikimoto R, Nakaaki S
International Psychogeriatric Association International meeting   13 Oct 2015   
To explore the neural effects of switching cholinesterase inhibitors based on nead-infrared spectroscopy (NIRS) findings in patients with Alzheimer’s disease
Nakaaki S, Oka M, Shikimoto R, Tasato K, Hotta S, Mimua M
9 th ASAD   15 Sep 2015   
Neural basis of behavior therapy in obsessive-compulsive disorder
Hashimoto N, Kawaguchi A, Nakaaki S
111th JSPN   5 Jun 2015   
Small Right Caudate Volume Predicts Poor Response to Modified Electroconvulsive Therapy in Patients with Major Depressive Disorder
Kawaguchi A, Nemoto K, Nakaaki S, Kawaguchi T, Watanabe N, Hashimoto N, Ogawa S, Suzuki M, Azuma H, Akechi T
WPA Regional Congress   4 Jun 2015   
To explore the neural effects of cholinesterase inhibitors on the frontal lobe function in AD patients.
Mimura M, Oka M, Nakaaki S
14th ICGP & 19th JSNP Joint Congress   3 Oct 2014   
Neural bases basis of embarrassment for of self-face recognition in patients with social anxiety disorders: A functional magnetic resonance imaging study
Kawaguchi A, Morita T, Kawaguchi T,Nakaaki S, Hashimoto N, Akechi T
29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology   22 Jul 2014   
The study of the relationship between white matter hyperintensities and neuropsychiatric symptoms in Alzheimer’s disease
Nakaaki S, Torii K, Oka mizuki, Konishi M, Anamizu S, Mimura M
8th International congress on vascular dementia & The first cognitive impairment European Meeting (ICVD 2013)   17 Oct 2013   
Health care decision-making support for people with dementia in Japan (J-DECS)
Narumoto J, Kato Y, Ogawa M, Matsuoka T, Taniguchi S , Ayani N, Fujimoto H, Kamimura H, Sawada C, Eguchi Y, Nakaaki S, Mimura M, Iiboshi K, Koumi H, Ogano S, Shulman K. I, Fukui K
International Psychogeriatric Association International meeting   2 Oct 2013   
Validation of the Japanese version of the Executive Interview (J-EXIT25)
Kato Y, Narumoto J, Matsuoka T, Taniguchi S, Ogawa M, Nakamura K, Uchida H, Nakaaki S, Mimura M, Koumi H, Fukui K
International Psychogeriatric Association 16th International Congress   1 Oct 2013   
Hippocampal volume increased after cognitive behavioral therapy in a patient with social anxiety disorder: A case report
Kawaguchi A, Nakaaki S, Ogawa S, Suzuki M, Hashimoto N, Kawaguchi T, Akechi T
The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference   23 Aug 2013   
Distinct pattern of insight into memory capacity (meta- memory) in obsessive-compulsive disorder patients with checking symptoms"Checkers" and those with washing symptoms "Washers"
Kudo Y, Nakaaki S, Mimura M
20th Annual conference of International OCD foundation   18 Jul 2013   
Hippocampal volume and effectiveness of modified electro convulsive therapy in patients with pharmacotherapy-resistant major depressive episode
Kawaguchi A, Nakaaki S, Ogawa A, Inagaki M, Watanabe N, Hashimoto N, Kawaguhi T, Nishigaki M, Azuma H, Akechi T
11th World Congress of Biological Psychiatry   23 Jun 2013   
Different neural basis of persecutory delusions and misidentified delusions in Alzheimer’s disease
Oka M, Nakaaki S, Mimura M
Japanese Psychogeriatric Society Asian Workshop on Geriatric Psychiatry   15 Sep 2012   
A case with Hodgkin lymphoma and front-temporal lobular degeneration (FTLD)-like dementia facilitated by chemotherapy
Sagawa R, Katsumata R, Akechi T, Nakaaki S, Okuyama T, Furukawa TA
12th world congress of Psycho-oncology   25 May 2010   
Influence of depression and apathy on executive function , as assessed using the Frontal Assessment Battery (FAB) and the dual task, in patients with Alzheimer’s diseased
Nakaaki S, Hongo J, Shinagawa Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Hirono N, Furukawa TA
The International Psychogeriatric Association 25th   14 Sep 2007   
Prediction of therapeutic response to donepezil in patients with Alzheimer’s disease using SPECT
Hongo J, Nakaaki S, Shinagawa Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Furukawa TA
The International Psychogeriatric Association 25th   14 Sep 2007   
The differential impact of executive attention dysfunction on episodic memory in obsessive-compulsive disorder patients with checking symptoms vs. those with washing symptoms
Omori IM, Murata Y, Yamanishi T, Nakaaki S, Akechi T, Mikuni M, Furukawa TA
59th American Psycghiatric Association Annual Meeting   17 May 2006   

Research Grants & Projects

 
Study on Higher Brain Functions in Brain Damaged Patients
The Other Research Programs