各務 行雅

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/16 21:45
 
アバター
研究者氏名
各務 行雅
 
カガミ ユキマサ
所属
愛知産業大学
部署
経営学部 総合経営学科
職名
准教授
学位
修士(教育学)(オクラホマシティー大学(アメリカ))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
『カタカナ英語に関するアンケ-ト』にみる英語発音習得度-短大生の場合
『学術論文集 英語音声学』 英語音声学会   (2) 289-304   1998年
効果的な英語音声指導に関する一考察
愛知産業大学短期大学紀要   (10) 173-188   1997年
効果的な英語発音指導の一方法
愛知産業大学短期大学紀要   (11) 181-196   1998年
カタカナ発音表記付き英和辞書の有効性と実用性
愛知産業大学短期大学紀要   (12) 155-170   1999年
日本語との音声的対比を生かした英語音声指導-知っておきたい10のポイント
中部地区英語教育学会紀要   (29) 95-100   2000年

書籍等出版物

 
『改訂版 もしも、こんな英語の授業に出会っていたら? 英語の「なぜ?」を解き明かす55の秘話』
各務 行雅
三恵社   2015年12月   
『もしも、こんな英語の授業に出会っていたら? 英語の「なぜ?」を解き明かす50の秘話』
各務 行雅
三恵社   2014年12月   
『英語コミュニケーション活動と人間形成』
各務 行雅 (担当:共著, 範囲:Ⅰ章 理論編 4,Ⅱ章 現状分析編 3)
成美堂   2006年8月   
『アメリカ留学に夢を求めて』
各務 行雅
近代文藝社   1995年11月   
『実務英語Ⅰ-Life in America』
各務 行雅
愛知産業大学出版局   1996年4月   
『どうしてそんな英語使うの? 教室では学べないネイティブ感覚の英語』
各務 行雅
研究社出版   1997年4月   
『老外會怎麼説?』
各務 行雅
三民書局(台湾)   1999年11月   
『通訳英作文-Communicative English for Writing』
各務 行雅
愛知産業大学出版局   2000年4月   

競争的資金等の研究課題

 
日本語音声を生かした効果的な英語音声指導
カタカナ英語とロ-マ字英語の音声的学習影響度
カタカナ表記を活用した英語音声指導について