川田 暁

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 16:39
 
アバター
研究者氏名
川田 暁
 
カワダ アキラ
所属
近畿大学
部署
医学部 皮膚科
職名
教授
学位
(医学)博士(東京医科歯科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東京医科歯科大学 医学部 医学
 

論文

 
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Morita A, Igarashi A, Okuyama R, Kawada A
The Journal of dermatology   46(2) 169-170   2019年2月   [査読有り]
Zhu CY, Li Y, Sun QN, Takada A, Kawada A
European journal of dermatology : EJD      2019年2月   [査読有り]
Kato M, Oiso N, Uchida S, Yanagihara S, Sano H, Tohda Y, Kawada A
The Journal of dermatology      2019年2月   [査読有り]
Matsuo K, Hatanaka S, Kimura Y, Hara Y, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Kabashima K, Nakayama T
Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   109 1437-1444   2019年1月   [査読有り]
Natsuga K, Oiso N, Kurokawa I, Tsubura A, Nakamura H, Maya Y, Nishie W, Kawada A, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD      2019年1月   [査読有り]
Kitahata K, Matsuo K, Hara Y, Naganuma T, Oiso N, Kawada A, Nakayama T
Journal of pharmacological sciences   138(4) 284-288   2018年12月   [査読有り]
Uchida S, Oiso N, Komeda Y, Kudo M, Kawada A
European journal of dermatology : EJD      2018年11月   [査読有り]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Yanagihara S, Sano A, Tohda Y, Hashimoto T, Tsuruta D, Kawada A
The Journal of dermatology      2018年9月   [査読有り]
Yamauchi K, Oiso N, Iwanaga T, Tatsumi Y, Matsumura I, Tohda Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(6) e150-e151   2018年6月   [査読有り]
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Morita A, Igarashi A, Okuyama R, Kawada A, working group of the epidemiological survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology      2018年8月   [査読有り]
【足趾の皮膚病】 <臨床例>爪下外骨腫 非典型的な臨床像を呈した2症例
渡辺 圭子, 志賀 久里子, 柳原 茂人, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   40(4) 389-392   2018年4月
<症例のポイント>・爪下外骨腫は青少年期の指趾に好発する良性骨腫瘍である。・臨床的に指趾尖端部や爪周囲に角化を伴う常色ドーム状に隆起する有痛性の結節を示すことが多い。・爪甲下に黄白色結節を示した例と赤色の肉芽腫様結節を示した例を提示した。前者はグロームス腫瘍、後者は毛細血管拡張性肉芽腫に類似する臨床所見であった。・指趾部の皮膚腫瘍を診察する際には骨X線検査を、症例によってはMRI検査を行うことが望ましいと考えた。(著者抄録)
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Wada M, Katoh N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(3) 419-421   2018年4月   [査読有り]
Oiso N, Sakai K, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(3) 414-415   2018年4月   [査読有り]
Ogawa E, Okuyama R, Seki T, Kobayashi A, Oiso N, Muto M, Nakagawa H, Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 314-317   2018年3月   [査読有り]
Yamamoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 273-278   2018年3月   [査読有り]
Ito T, Takahashi H, Kawada A, Iizuka H, Nakagawa H, Japanese Society For Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   45(3) 293-301   2018年3月   [査読有り]
Matsuo K, Nagakubo D, Komori Y, Fujisato S, Takeda N, Kitamatsu M, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
The Journal of investigative dermatology   138(8) 1764-1773   2018年3月   [査読有り]
Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 251   2018年3月   [査読有り]
Yamamoto S, Matsuo K, Nagakubo D, Higashiyama S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Journal of pharmacological sciences   136(3) 165-171   2018年3月   [査読有り]
Uchida S, Oiso N, Sanjoba C, Matsumoto Y, Yanagihara S, Annoura T, Kato Y, Shirano M, Goto Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(9) e240-e241   2018年3月   [査読有り]
【原因が明らかになった皮膚病】 <臨床例>結節性類天疱瘡
山内 康平, 渡辺 圭子, 三宅 雅子, 内田 修輔, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   40(2) 185-188   2018年2月
<症例のポイント>結節性類天疱瘡は水疱性類天疱瘡の一亜型であり、結節性痒疹や多形慢性痒疹の臨床症状が先行し、経過の途中で水疱が生じることが多い。ナローバンドUVB照射5日間後に水疱が出現した結節性類天疱瘡の1例を報告した。結節性痒疹の皮疹に紅斑やびらんを伴った場合や水疱が出現した場合は結節性類天疱瘡を考慮して、血清抗体価の測定や生検を施行するべきである。自験例では紫外線照射によるkoebner現象が水疱の出現に関与したことが示唆された。(著者抄録)
Yoshida A, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Ida H, Sakurai T, Komeda Y, Yamao K, Takenaka M, Enoki E, Kimura M, Miyake M, Kawada A, Kudo M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(17) 2505-2509   2018年   [査読有り]
Matsuo K, Kitahata K, Kawabata F, Kamei M, Hara Y, Takamura S, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Frontiers in immunology   9 2775   2018年   [査読有り]
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Kawada A, Working Group of the Epidemiological Survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   44(6) e121   2017年3月   [査読有り]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(1) 126-128   2018年2月   [査読有り]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(1) 130-131   2018年2月   [査読有り]
Oiso N, Sakai K, Nishio K, Kawada A
Pigment cell & melanoma research   30(2) 269-272   2017年3月   [査読有り]
Teramura T, Mizuno M, Asano H, Naru E, Kawara S, Kamide R, Kawada A
The Journal of dermatology   45(2) 145-149   2018年2月   [査読有り]
Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H
Human immunology   78(2) 185-189   2017年2月   [査読有り]
Oiso N, Sakai K, Narita T, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
The Journal of dermatology   45(1) e5-e6   2018年1月   [査読有り]
Kogame T, Uetsu N, Nguyen CTH, Kawada A, Okamoto H
The Journal of dermatology   44(9) e214-e215   2017年9月   [査読有り]
Oiso N, Tatebayashi M, Hoshiyama Y, Kawada A
Contact dermatitis   77(1) 51-53   2017年7月   [査読有り]
Miyake M, Oiso N, Ishii K, Hide M, Kawada A
The Journal of dermatology   44(4) e58-e59   2017年4月   [査読有り]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Miyake M, Uchida S, Matsuda H, Kitano M, Hida J, Kawai S, Sano A, Hashimoto T, Kawada A
The British journal of dermatology      2017年2月   [査読有り]
Oiso N, Narita T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   27(1) 77-78   2017年2月   [査読有り]
Oiso N, Kawada A
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(2) e77-e79   2017年2月   [査読有り]
【シミ】 内服によるシミ治療
川田 暁
Bella Pelle   2(1) 24-26   2017年2月
【外国語で表現されやすい皮膚病】 <臨床例> orofacial granulomatosis
三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   39(2) 167-170   2017年2月
<症例のポイント>歯根嚢胞に対する歯科治療後に症状が改善したorofacial granulomatosis(以下、OFG)の1例を報告した。OFGの病因は不明であり、本邦報告例も少ない。自験例では歯根嚢胞の治療後に治癒したことから、歯原性の慢性炎症が契機となった可能性が考えられた。本症は全身症状を伴わない顔面の特発性肉芽腫性疾患であり、肉芽腫性口唇炎はOFGに含まれると考えられている。(著者抄録)
Oiso N, Tatebayashi M, Kawada A
Contact dermatitis   76(1) 53-54   2017年1月   [査読有り]
Takeichi T, Sugiura K, Nomura T, Sakamoto T, Ogawa Y, Oiso N, Futei Y, Fujisaki A, Koizumi A, Aoyama Y, Nakajima K, Hatano Y, Hayashi K, Ishida-Yamamoto A, Fujiwara S, Sano S, Iwatsuki K, Kawada A, Suga Y, Shimizu H, McGrath JA, Akiyama M
JAMA dermatology   153(1) 66-70   2017年1月   [査読有り]
Oiso N, Wakamatsu K, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(6) 622-623   2016年12月   [査読有り]
川田 暁
Hospitalist   4(4) 780-782   2016年12月
光線過敏型薬疹は、薬物の内服または注射後に露光部に限局して生じる皮膚病変である。薬物の副作用の1つとして、注意が必要である。皮膚症状としては紅斑、丘疹、小水疱、鱗屑、痒みなどがみられる。原因となる紫外線は、ほとんどの場合UVAである。原因薬物には抗菌薬、NSAIDs、高脂血症治療薬、利尿薬、抗癌薬などが多い。最近、高血圧治療薬に含まれるヒドロクロロチアジドでの報告例が増加している。検査にはスクリーニングの光線テスト、光パッチテスト、内服照射テストがある。(著者抄録)
山本 晴代, 高田 文香, 川田 暁
皮膚の科学   15(6) 493-501   2016年12月
尋常性ざ瘡に対しては薬物治療に加えて,医師の指導のもとにスキンケアやメイクアップを行うことは極めて重要である。しかし,スキンケアやメイクアップが実際にどの程度患者の満足度や QOL に影響を与えるかを検討した報告は少ない。本研究では,尋常性ざ瘡の女性患者に対してざ瘡治療に加えて,スキンケアとメイクアップの指導をおこない,その患者満足度と QOL に与える影響について検討を行った。Visual Analog Scale(VAS)による満足度は,指導直後および1ヶ月経過後も開始時と比較して有意...
Oiso N, Kawada A
The Journal of dermatology   43(11) 1388-1389   2016年11月   [査読有り]
【天疱瘡とその周辺】 <臨床例>大量γグロブリン静注療法により好中球減少症をきたした尋常性天疱瘡
山内 康平, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   38(11) 1085-1088   2016年11月
<症例のポイント>難治性尋常性天疱瘡に対する大量γグロブリン静注療法(intravenous immunoglobulin;IVIg療法)により好中球減少が生じた1例を報告した。本邦ではIVIg療法による好中球減少症が自験例を含め6例の報告されている。そのうちの2例が尋常性天疱瘡の治療中に生じていた。IVIgによる好中球減少症の病態はいまだ明らかでないが、注意すべき副作用の1つと考え報告した。(著者抄録)
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Kawada A, Working Group of the Epidemiological Survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   43(10) 1193-1196   2016年10月   [査読有り]
【高齢者の皮膚疾患-老年科医に知ってほしい"とっておき"の皮膚病変の診かた-】 皮膚の加齢要因 紫外線による光老化
川田 暁
Geriatric Medicine   54(10) 961-963   2016年10月
皮膚の老化は内因性老化と外因性老化に分けられる。外因性老化のうち、慢性に紫外線に曝露されることによって生じるものを「光老化」という。光老化ではシミ・シワが増え、皮膚がたるむ。前癌病変や有棘細胞癌・基底細胞癌・悪性黒色腫などの皮膚癌を合併する。これらの光老化にみられる諸症状は、日常的に光防御を実行することによって、その発症や悪化を防ぐことができる。光防御としては衣服などの物理的防御に加えて、サンスクリーン剤を使用する。(著者抄録)
Ishikawa O, Kawada A, Ichihashi M, Morita A
Experimental dermatology   25 Suppl 3 1   2016年8月   [査読有り]
Kishimoto I, Ueda-Hayakawa I, Oiso N, Kawada A, Okamoto H
European journal of dermatology : EJD   26(4) 388-389   2016年8月   [査読有り]
Matsuo K, Itoh T, Koyama A, Imamura R, Kawai S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Cancer letters   378(1) 16-22   2016年8月   [査読有り]
皮膚科医が安心できる化粧品
川島 眞, 野間 自子, 川田 暁
Bella Pelle   1(1) 55-58   2016年8月
Oiso N, Kawada A
International journal of dermatology   55(6) e366-8   2016年6月   [査読有り]
森田 明理, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 伊藤 寿啓, 根本 治, 上出 良一, 川田 暁, 日本乾癬学会光線療法ガイドライン作成委員会
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1239-1262   2016年6月
森田 玲子, 内田 修輔, 高田 文香, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(3) 119-124   2016年6月
60歳代,女性。3ヵ月前から口腔内にびらんが生じ,体幹にも紅斑が出現した。初診時,口唇,口腔粘膜,舌にびらん,背部に紅斑を認めた。血清抗デスモグレイン1抗体と抗デスモグレイン3抗体陽性,病理組織で基底層直上での水疱形成と水疱内棘融解細胞,蛍光抗体直接法で表皮角化細胞間にIgGの沈着を認め尋常性天疱瘡と診断した。ステロイド全身療法に抵抗性で,シクロスポリン全身投与と免疫グロブリン大量療法(intravenous immunoglobulin;IVIG)を併用して寛解した。経過中にステロイド性...
Uchida S, Oiso N, Shiga K, Narita T, Kawada A
Case reports in dermatology   8(2) 207-209   2016年5月   [査読有り]
Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A
Acta dermato-venereologica   96(4) 568-569   2016年5月   [査読有り]
Oiso N, Okubo Y, Utani A, Kawada A
The Journal of dermatology   43(4) 454-456   2016年4月   [査読有り]
川島 眞, 川田 暁, 錦織 千佳子, 森田 明理, 宮地 良樹
臨床皮膚科   70(5) 173-175   2016年4月
皮膚科医にとっては,太陽光線により老徴が出現し,さらには皮膚癌の発生につながること,そしてそれを光老化と呼称することには共通の認識がある.また,サンスクリーン剤を長期にわたって使用することにより光老化が予防できることも常識である.しかし,本邦においてサンスクリーン剤の効能表現として許可されているのは,「日やけを防ぐ」「日やけによるしみ,そばかすを防ぐ」の2つのみであり,サンスクリーン剤の効果の一部にすぎない.その理由の1つに,光老化の言葉そのものの一般への浸透が低いことが挙げられ,事実,最...
Folliculotropic mycosis fungoidesの1例
森田 玲子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 68-74   2016年4月
70歳代,男性。初診の1年半前に,頸部に結節が出現し,その後体幹にも皮疹が出現した。頸部の結節は近医でのステロイド剤局所注射療法で縮小した。その後,顔面に腫脹,びらんが出現し,近医でベタメタゾン内服,クロベタゾールプロピオン酸エステル外用療法を受けたが改善なく,精査加療目的で当科を紹介された。初診時,顔面に軽度そう痒を伴う浸潤を触れる紅色から紅褐色の紅斑と局面が多発し,その多くは融合していた。体幹・四肢は紅色から紅褐色の紅斑が多発し,融合傾向を示していた。当科での1回目の生検では毛包内と毛...
三宅 早苗, 松田 洋昌, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 80-84   2016年4月
70歳代,女性。7年前に右乳癌と診断され,乳房温存術と術後放射線照射療法を施行された。1年前に右乳房に紫紅色局面が出現し,徐々に増大したため紹介受診となった。右乳房下部に境界不明瞭な濃淡のある紫紅色局面と直径2cm大の黒色結節を認めた。自覚症状はなく,皮下出血と浸潤を伴っていた。病理組織学的に血管肉腫と診断した。Weeklyパクリタキセル療法を施行し,その後胸筋温存乳房切除術を施行したが,初診の2年後多発転移により死亡した。近年乳癌に対する乳房温存術と術後放射線照射が普及しており,今後放射...
Nagai H, Oiso N, Tomida S, Sakai K, Fujiwara S, Nakamachi Y, Kawano S, Kawada A, Nishio K, Nishigori C
The British journal of dermatology   174(3) 633-635   2016年3月   [査読有り]
Microsporum canisによる小児の体部白癬の1例
三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
日本小児皮膚科学会雑誌   35(1) 47-50   2016年3月
12歳、女児。アトピー性皮膚炎の既往がある。初診の数年前よりネコを飼育していた。1ヵ月前から頸部と胸部にそう痒を伴う紅斑が出現し、ベタメタゾン吉草酸エステル含有軟膏を外用するも改善しないため当科を受診した。胸部に薄い鱗屑を伴う淡い環状の紅斑を認めた。直接検鏡で隔壁を有する菌糸、真菌培養で辺縁淡黄色絨毛状のコロニー、スライド培養で細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子と菌糸に側生する棍棒状の小分生子を認めた。リボゾームDNAのinternal transcribed spacer 1(ITS1)領...
Narita T, Oiso N, Taketomo Y, Okahashi K, Yamauchi K, Sato M, Uchida S, Matsuda H, Kawada A
The Journal of dermatology   43(2) 210-214   2016年2月   [査読有り]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 100-101   2016年1月   [査読有り]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 91-92   2016年1月   [査読有り]
【痒みのない皮膚病】 <臨床例> 形質細胞性口唇炎
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(12) 1155-1158   2015年12月
<症例のポイント>形質細胞性口唇炎の1例を報告した。左下口唇に10mm大の境界明瞭で出血・痂疲を伴うびらんを認め、有棘細胞癌や疣状癌などとの鑑別を要した。生検後に自然消褪したが、半年後に再発した。クロベタゾン酢酸エステル軟膏外用で略治した。(著者抄録)
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   14(6) 403-410   2015年12月
非ステロイド性抗炎症薬含有テープ剤などの貼付剤は皮膚と密着し,主剤の皮膚への浸透性を高めて効果を発揮するが,各種成分へのアレルギー感作が成立し,アレルギー性接触皮膚炎や光アレルギー性接触皮膚炎が生じうる。貼付により皮膚バリア機能が低下すると,アレルゲンの皮膚内への浸透性が高まり,感作がより生じやすくなる。しかしながら,貼付剤による皮膚バリア機能におよぼす影響はほとんど評価されていない。20歳以上の本研究に同意が得られた健常人ボランティア20例を対象にロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤と...
Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Sakurai T, Kawada A, Kudo M
Hepatology (Baltimore, Md.)   62(5) 1638-1639   2015年11月   [査読有り]
私の治療 皮膚科 光線過敏症への対応
川田 暁
アレルギーの臨床   35(12) 1192-1194   2015年11月
光線(日光)によって皮膚症状が生じる疾患を光線過敏症という。それぞれの疾患によって原因となる光線の種類(作用波長)が異なる。作用波長が紫外線、可視光、両者かによって防御対策が異なる。全ての光線過敏症に共通するものが物理的な防御である。作用波長が紫外線の場合は物理的防御に加えてサンスクリーン剤の、作用波長が可視光の場合は物理的防御に加えてファンデーション剤の、使用が望ましい。(著者抄録)
【手の皮膚病】 <臨床例> メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹
佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(11) 1057-1060   2015年11月
<症例のポイント>メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例を報告した。自験例では左第III指基部、下腹部、腰部に紅斑を、口腔内に水疱を認めた。メシル酸ガレノキサシン水和物は2007年に保険収載されたレスピラトリーキノロン系経口抗菌薬であり、固定薬疹の報告が多いので注意が必要である。(著者抄録)
【再発する皮膚病】 臨床例 骨髄異形成症候群に生じたSweet病
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(9) 853-856   2015年9月
<症例のポイント>骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome、以下、MDS)に合併し、再発を繰り返したSweet病を経験した。顔面、四肢に痛みを伴う大小の紅色結節が多発し、一部で排膿を認めた。既往に結核性肝膿瘍があり、皮膚結核とも鑑別を要した。自験例はtrisomy 8の染色体異常があり、再発を繰り返した原因と考えられた。(著者抄録)
Toyokuni S, Jiang L, Wang S, Hirao A, Wada T, Soh C, Toyama K, Kawada A
Pathology international   65(8) 415-419   2015年8月   [査読有り]
Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   42(8) 844-845   2015年8月   [査読有り]
【皮膚科疾患における光線療法の実際】 エキシマライトの有用性
川田 暁
Derma.   (234) 21-26   2015年8月
光線療法のうち局所性病変を「ターゲット」として照射するものを「ターゲット型光線療法」という。ターゲット型光線療法の光源の一つとしてエキシマライトがある。これはUVBのうちの308nm単色光を用いる。適応疾患はナローバンドUVBのそれとほぼ同様で、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹、菌状息肉症、扁平苔癬などがある。臨床症状が高度で病変が限局しているもの、全身用照射装置では照射しにくい部位に有用である。健常皮膚の副作用がなく、小児にも使用しやすい。副作...
Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例
安達 融, 切目 栄司, 廣瀬 智之, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻井 農亜, 白川 治
精神科治療学   30(8) 1111-1116   2015年8月
薬剤性過敏症症候群(DIHS)は抗てんかん薬など特定の薬剤により発症する、全身症状と臓器障害を伴う重症薬疹の一型である。今回我々は統合失調感情障害の治療中、lamotrigineによりDIHSを呈した1例を経験したので報告する。患者は遅発性の発症と原因薬剤中止後の遷延化、免疫グロブリン減少などのDIHSとして特徴的な所見を認め、ウイルス学的検査ではヒトヘルペスウイルス6型の再活性化も確認された。Lamotrigineによる重症薬疹としては、Stevens-Johnson症候群や中毒性表皮壊...
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(7) 758-759   2015年7月   [査読有り]
Okahashi K, Oiso N, Yano Y, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(6) 741-742   2015年7月   [査読有り]
ハイドロキノンの再評価
川田 暁
Aesthetic Dermatology   25(2) 79-83   2015年7月
ハイドロキノンは美白成分としての認可を受けておらず、「医薬部外品」ではなく「化粧品」として扱われている。本邦では2002年に認可されて以来、皮膚科などの医療機関で自費購入が可能となっている。肝斑を筆頭に多くの色素性病変に使用されている。その有効性についてはすでに多くの報告があるが、その安全性についての認識はまだ低いのが現状である。ハイドロキノンのおもな副作用は一次刺激や接触皮膚炎である。他に非可逆性の白皮症、尋常性白斑、褐色の色素沈着(組織褐変症)、指趾末端や爪甲の色素沈着などがある。本邦...
菌状息肉症の治療経過中に進行性の有棘細胞癌が併発した1例
栗本 貴弘, 川田 暁
皮膚科の臨床   57(8) 1323-1327   2015年7月
65歳男。35歳頃より全身に紅斑を認め、61歳時に菌状息肉症の診断を受け、副腎皮質ステロイド外用による治療を行っていた。今回、2ヵ月前より右大腿後面に結節が出現し、急速に腫大した。近医の生検で有棘細胞癌(SCC)と診断され、加療目的に当科を受診した。初診時、右大腿後面に45×51mm大の腫瘤を認め、その周囲には数個の角化性小結節がみられた。体幹・四肢にびまん性に紅斑・鱗屑を認めた。病理組織学的に右大腿部の腫瘤はSCC、背部の紅斑部は菌状息肉症と診断した。SCCに対し拡大切除術および全層植皮...
Morita R, Oiso N, Ishii N, Tatebayashi M, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(6) 657-658   2015年6月   [査読有り]
【呼吸器と皮膚】 臨床例 皮膚腺病
森田 玲子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(6) 553-556   2015年6月
<症例のポイント>頸部に生じた皮膚腺病の1例を報告した。自験例は当初、他院で感染性疾患を疑われ、切開や抗菌薬内服で経過をみられていた。改善がみられず、膿汁から培養された抗酸菌のDNA-DNAハイブリダイゼーション法でMycobacterium tuberculosis complexが同定されたため当科を紹介受診された。皮膚結核はいまだ年間100例ほどの報告がされており、依然注意が必要な疾患である。(著者抄録)
Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   100(5) 1976-1983   2015年5月   [査読有り]
Matsuda H, Oiso N, Ishii N, Sato M, Tatebayashi M, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(5) 610-611   2015年5月   [査読有り]
Oiso N, Okamoto N, Akiduki-Yachi M, Tatebayashi M, Itoh T, Satou T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   25(2) 184-185   2015年4月   [査読有り]
Oiso N, Sugawara K, Yonamine A, Tsuruta D, Kawada A
The Journal of dermatology   42(4) 408-410   2015年4月   [査読有り]
Hirakawa Y, Oiso N, Ishii N, Koga H, Tatebayashi M, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(4) 493-494   2015年4月   [査読有り]
Shiga K, Oiso N, Narita T, Kimura M, Kawada A
The Journal of dermatology   42(3) 339-341   2015年3月   [査読有り]
【自己免疫疾患治療の最新知見】 皮膚関連疾患 乾癬治療の変遷
川田 暁
クリニシアン   62(2) 234-238   2015年2月
第5趾に生じた爪下外骨腫の1例
藤田 美幸, 川田 暁
日本小児皮膚科学会雑誌   34(1) 25-28   2015年2月
13歳、男児。半年前に右第5趾爪甲下に結節が出現した。疼痛などの症状がなく放置していたが、徐々に増大したため他院を受診し、治療目的に紹介され当科を受診した。初診時右第5趾爪甲下から趾尖部にかけて常色、骨様硬の皮下結節を認めた。被覆皮膚には毛細血管拡張がみられた。骨X線像では右第5趾末節骨先端に台形の淡い骨陰影を認めた。爪下外骨腫を疑い、局所麻酔下に結節を切除した。病理組織学的所見では硝子軟骨を介さずに線維性結合組織から骨組織に移行している所見を認め、外骨腫型の爪下外骨腫と診断した。術後3年...
志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
Skin Cancer   29(3) 298-302   2015年2月
2004年1月から2013年12月までの10年間に当科で経験した頭部血管肉腫15例をまとめ臨床的に検討した。性別はすべて男性で、初診時平均年齢は74.1歳であった。症状発現から受診までの平均期間は2.4ヵ月であり、2例に外傷の既往があった。詳細な経過が不明の2例を除いた12例で局所再発や転移を認めた。2003年度北里大学皮膚科治療方針によるステージングではステージIaが7例、Ibが7例、IIIが1例であった。全15症例のうち転院などで転機不明な5例を除いた10例では、死亡例は7例、生存例は...
Kato M, Tsuji-Kawahara S, Kawasaki Y, Kinoshita S, Chikaishi T, Takamura S, Fujisawa M, Kawada A, Miyazawa M
Journal of virology   89(2) 1468-1473   2015年1月   [査読有り]
Nakagawa K, Oshimo T, Okabayashi A, Kinoshita R, Tatebayashi M, Kawada A, Imanishi H, Ozawa T, Tsuruta D
The Journal of dermatology   41(12) 1115-1116   2014年12月   [査読有り]
五十嵐 敦之, 大槻 マミ太郎, 川田 暁, 佐伯 秀久, 佐野 栄紀, 照井 正, 根本 治, 森田 明理, 中川 秀己
臨床皮膚科   68(13) 1083-1089   2014年12月
ヒトIL-12/23p40に対するヒトIgG1κモノクローナル抗体製剤であるウステキヌマブ(ステラーラ45mg皮下注シリンジ)は,2011年1月に乾癬(尋常性乾癬,関節症性乾癬)の適応を取得した.ウステキヌマブを含む生物学的製剤の使用にあたっては,日本皮膚科学会・生物学的製剤検討委員会が作成した「乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル(2011年版)」の遵守と,安全かつ適正に使用されることが求められている.今回,同マニュアルの内容をもとに,国内外で新たに得られたウステキ...
山内 康平, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁
皮膚の科学   13(6) 421-425   2014年12月
71歳,男性。数年前より陰部に紅斑・びらんが出現し,徐々に拡大した。初診時,下腹部から両大腿,陰部に自覚症状のない紅色局面を認めた。生検で表皮内にPaget細胞の増殖を認め乳房外Paget病と診断した。真皮中層から下層に膠原線維の走行の不明瞭化,弾性線維の糸くず状の変性,Elastica van Gieson染色で弾性線維の変性,Kossa染色でカルシウム沈着を認めた。病理所見を評価した後に,頸部,鼠径部,大腿部を診察したところ,1.3mm大の黄色の丘疹が多数集簇していた。頸部病変からも病...
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
皮膚の科学   13(6) 431-434   2014年12月
10歳,女児。初診の2ヵ月前より頭部に脱毛が出現し,近医数ヶ所にて円形脱毛症の診断でステロイド外用の治療を開始された。その後脱毛が拡大し,びらん・膿疱・結節を認めたため当科を初診。患部の毛髪の直接検鏡にて菌糸と胞子を確認した。巨大培養で放射状に拡大したクリーム色コロニーを確認し,さらにスライドカルチャーにて細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子を認めた。RibosomalDNAのinternal transcribed spacer 1領域の遺伝子配列をpolymerase chain reac...
Kunitomo J, Yoshikawa M, Fushimi M, Kawada A, Quinn JF, Oki H, Kokubo H, Kondo M, Nakashima K, Kamiguchi N, Suzuki K, Kimura H, Taniguchi T
Journal of medicinal chemistry   57(22) 9627-9643   2014年11月   [査読有り]
Uchida S, Oiso N, Koga H, Ishii N, Okahashi K, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1003-1005   2014年11月   [査読有り]
Kato M, Oiso N, Nozaki Y, Inoue A, Hosono Y, Funauchi M, Mimori T, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1034-1036   2014年11月   [査読有り]

Misc

 
手遅れになると危険な皮膚病
川田 暁
大阪保険医雑誌   34 87-89   2006年
光アレルギーの考え方
川田 暁
マルホ皮膚科セミナー 放送内容集   180 18-21   2006年
サンスクリーンの限界
川田 暁
太陽紫外線防御研究委員会報告書   15(1) 41-42   2005年
光老化 (しみ) の治療と予防
川田 暁 (近畿大)
毎日ライフ   36(6) 42-45   2005年
「尋常性乾癬の治療薬」「乾癬の最新の治療方法について、ビタミンDとの関連も含めて。」
川田 暁
日本医事新報、質疑応答   (4169) 112-113   2004年3月
「紫外線と皮膚障害」女性の医学最前線 101回
川田 暁
婦人公論   87(14) 78-80   2002年7月
近畿大学”しみ外来”
川田 暁
JAMA JAMA   23(1) 16   2002年1月
名医が勧める治療法89 先進医療PART5 正しいスキンケア 紫外線対策
川田 暁
週間朝日   106(18) 104-106   2001年4月
印象記「第9回ヨーロッパ皮膚性病学会 (EADV) 」
川田 暁
臨床皮膚科55 (2): 188-189, 2001   55(2) 188-189   2001年2月
2000年10月11-14日にスイスのジュネーブで行われた第9回ヨーロッパ皮膚性病学会の内容を紹介した。
「第9回ヨーロッパ皮膚性病学会(EADV)」印象記
川田 暁
臨床皮膚科   55(2) 188-189   2001年2月

書籍等出版物

 
川田 暁
中外医学社   2017年   ISBN:9784498063624
川田 暁
金芳堂   2015年   ISBN:9784765316231
川田 暁
全日本病院出版会   2012年   ISBN:9784881176412
川田 暁
中外医学社   2011年   ISBN:9784498063549
川田 暁, 森田 明理
医学評論社   2010年   ISBN:9784872119886
皮膚科診療実践ガイド, Addison病
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2009年4月   
皮膚科診療実践ガイド, 光線性花弁状色素斑
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2009年4月   
皮膚疾患診療実践ガイド第2版, 摩擦メラノーシス
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2009年4月   
新 皮膚科レジデント戦略ガイド, 近畿大学医学部皮膚科からのメッセージ
川田 暁 (担当:共著)
診断と治療社   2009年4月   
宮地良樹編集
新 皮膚科レジデント戦略ガイド, 美容皮膚科
川田 暁 (担当:共著)
診断と治療社   2009年4月   
宮地良樹編集
眼科プラクティス26巻 「眼科レーザー治療」, レーザーによるシワ取り手術
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2009年3月   
田野保雄編集
眼科プラクティス26巻 「眼科レーザー治療」, レーザー形成手術
川田 暁, 遠藤 英樹 (担当:共著)
文光堂   2009年3月   
田野保雄編集
顔の皮膚病最前線, 光線過敏症からCADまで
川田 暁 (担当:共著)
メディカルレビュー社   2009年2月   
宮地良樹編集
皮膚疾患 最新の治療 2009-2010, 光線療法の話題 (IPL, PDT)
川田 暁 (担当:共著)
南江堂   2009年1月   
瀧川雅浩、渡辺晋一編集
川田 暁, 木村 雅友 (担当:共著)
金原出版   2008年10月   
代表的な皮膚疾患について,見開き頁に臨床像と病理組織像を対比させながら解説し,臨床と病理組織像を関連させながら疾患を理解できるようにした。
現場の疑問に答える 皮膚病治療薬Q&A, PK/PD, 初期殺菌能, PAEってなに?
川田 暁 (担当:共著)
中外医学社   2008年9月   
PK/PD, 初期殺菌能, PAEについて解説した。
宮地良樹、大谷道輝編集
現場の疑問に答える 皮膚病治療薬Q&A, SPF, PAってなに?
川田 暁 (担当:共著)
中外医学社   2008年9月   
SPF, PAについて解説した。
宮地良樹、大谷道輝編集
よくわかる病態生理9 皮膚疾患, 発疹
川田 暁 (担当:共著)
日本医事新報社   2008年7月   
川田 暁編集
薬疹のすべて エキスパートにまなぶ診療の実際, 抗菌薬
川田 暁 (担当:共著)
南江堂   2008年7月   
抗菌薬による薬疹を解説した。
池澤善郎、相原道子編集
皮膚科診療カラーアトラス大系, 皮膚?痒症
川田 暁 (担当:共著)
講談社   2008年6月   
皮膚?痒症について解説した。
鈴木啓之、神崎 保編集
皮膚科サブスペシャリティシリーズ 1冊でわかる光皮膚科, サンバーンとサンタン
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2008年4月   
サンバーンとサンタンについて解説した。
森田明理、宮地良樹、清水 宏編集
皮膚科サブスペシャリティシリーズ 1冊でわかる光皮膚科, サンスクリーン
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2008年4月   
サンスクリーン剤について解説した。
森田明理、宮地良樹、清水 宏編集
皮膚科サブスペシャリティシリーズ 1冊でわかる光皮膚科, スキンタイプ
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2008年4月   
スキンタイプについて解説した。
森田明理、宮地良樹、清水 宏編集
皮膚の事典, 日焼け止めクリーム (サンスクリーン)
川田 暁 (担当:共著)
朝倉書店   2008年2月   
溝口昌子、大原國章、相馬良直、高戸毅、日野治子、松永佳代子、渡辺晋一編集
スキンケア最前線, 光老化
川田 暁 (担当:共著)
メディカルレビュー社   2008年2月   
光老化について解説した。
宮地良樹編集
今日の治療指針2008年版-私はこう治療している, 結節性紅斑
川田 暁 (担当:共著)
医学書院   2008年1月   
結節性紅斑について解説した。
山口 徹、北原光夫、福井次矢総編集
川田 暁, 松尾 理
日本医事新報社   2008年   ISBN:9784784915804
川田 暁, 木村 雅友
金原出版   2008年   ISBN:9784307400442
皮膚科診療プラクティス, サンスクリーン剤の使い方
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2007年4月   
編集戸倉新樹、瀧川雅浩、宮地良樹
皮膚科診療プラクティス第20巻, ペラグラ
川田 暁, 川原 繁 (担当:共著)
文光堂   2007年4月   
Environmental Dermatology ?環境・職業からみた皮膚疾患-
編集戸倉新樹、瀧川雅浩、宮地良樹
今日の治療指針2007年版-私はこう治療している ポケット版, 毛孔性苔癬
川田 暁 (担当:共著)
医学書院   2007年1月   
毛孔性苔癬について解説した。
山口 徹、北原光夫、福井次矢総編集
皮膚疾患 最新の治療 2007-2008, アミロイドーシス
川田 暁 (担当:共著)
南江堂   2006年12月   
アミロイドーシスについて解説した。
瀧川雅浩、渡辺晋一編集
皮膚科のコツと落とし穴シリーズ(4)治療編, 顔面の色素性病変に対するレーザーなどの光治療のコツ
川田 暁 (担当:共著)
中山書店   2006年6月   
西岡 清編集
今日の治療指針 2006年版 (ポケット版), レーザー療法
川田 暁 (担当:共著)
医学書院   2006年1月   
レーザー療法について解説した。
化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学, 紫外線と皮膚
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2005年6月   
光老化皮膚 , 光老化皮膚の諸症状の診断と鑑別診断
川田 暁 (担当:共著)
南山堂    2005年5月   
光老化皮膚, Qスイッチルビーレーザー(「光老化皮膚」より)
遠藤 英樹, 川田 暁 (担当:共著)
株式会社 南山堂   2005年5月   
Qスイッチルビーレーザーに効く、光老化皮膚疾患や実際の使用方法、副作用や注意について述べた。
皮膚科診療プラクティス, 炎症性ニキビのClearLightによる治療
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2005年4月   
てこずる外来皮膚疾患100の対処法, サンスクリーンにかぶれるようになり、使用できないといわれたとき
川田 暁 (担当:共著)
メディカルレビュー社、東京   2005年2月   
今日の治療指針 2006年版, レーザー療法
川田 暁 (担当:共著)
医学書院   2005年1月   
レーザー療法について解説した。
皮膚疾患 最新の治療 2005-2006, ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
川田 暁 (担当:共著)
南江堂、東京   2005年1月   
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群について解説した。
実践外来診療に必要な皮膚科検査法ハンドブック, 光線過敏症に関する検査
川田 暁 (担当:共著)
全日本病院出版会、東京   2004年11月   
最新皮膚科学大系 特巻 新生児 小児 高齢者の皮膚疾患, 小児の乾癬
川田 暁 (担当:共著)
中山書店、東京   2004年4月   
患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問 - 達人はどう答え、どう対応するか-, 今飲んでいる薬剤は止めたほうがいいでしょうか?
川田 暁 (担当:共著)
メディカルレビュー社    2004年4月   
薬剤性光線過敏症について解説した。
患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問 - 達人はどう答え、どう対応するか-, サンスクリーンはどんなものを使えばいいでしょうか?
川田 暁 (担当:共著)
メディカルレビュー社   2004年4月   
サンスクリーン剤の選択の仕方と使用方法について解説した。
カラーアトラス「皮膚を診ると全身が見える」, LEOPARD症候群
川田 暁 (担当:共著)
診断と治療社、東京   2004年4月   
皮膚科診療プラクティス16巻「乾癬にせまる」, 本邦における乾癬患者の推移
川田 暁 (担当:共著)
文光堂 pp. 54-55/237   2004年3月   
本邦における乾癬患者の推移を解説した。
玉置邦彦総編集 最新皮膚科学大系 第5巻 薬疹・中毒疹, キノロン系抗菌薬による薬疹
川田 暁 (担当:共著)
中山書店、東京   2004年2月   
皮膚科専門医試験解説集-既出問題とその解説-, 紫外線 1) 光線-1
川田 暁 (担当:共著)
金原出版   2003年5月   
皮膚疾患 最新の治療 2003-2004, 膿痂疹
川田 暁 (担当:共著)
南江堂、東京   2003年2月   
光線過敏症 改訂3版 金原出版、東京, 光防御とサンスクリーン剤
川田 暁 (担当:共著)
金原出版、東京   2002年9月   
今日の皮膚疾患治療指針 第3版 , サンスクリーン
川田 暁 (担当:共著)
医学書院、東京   2002年6月   
今日の皮膚疾患治療指針 第3版 , 光線テスト
川田 暁 (担当:共著)
医学書院、東京   2002年6月   
皮膚科診療プラクティス 14. 機器を用いたスキンクリニック, Intense Pulsed Lightによるシミの治療
川田 暁 (担当:共著)
文光堂、東京   2002年5月   
21世紀の乾癬とその治療, 乾癬の疫学
川田 暁 (担当:共著)
Toppan Medical Communications、東京   2002年5月   
皮膚科診療実践ガイド, Addison病
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2002年4月   
皮膚科診療実践ガイド , 光線性花弁状色素斑
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2002年4月   
皮膚科診療実践ガイド , 摩擦メラノーシス
川田 暁 (担当:共著)
文光堂   2002年4月   
皮膚疾患 最新の治療 2001-2002, 乾癬
川田 暁 (担当:共著)
南江堂   2001年2月   

講演・口頭発表等

 
骨髄異形成症候群(MDS)に生じたSweet病の1例
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   2014年8月   
Three hematologic malignancies in different lineages in a patient during the short period
宮武 淳一, 川内 超矢, 芹澤 憲太郎, 江本 正克, 谷口 康博, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 川田 暁, 松村 到
第75回日本血液学会学術集会   2013年10月   第75回日本血液学会学術集会
持久性隆起性紅斑に見られた周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例
坂本 万寿夫, 福田 昌彦, 渡邊 敬三, 沼田 卓也, 杉岡 孝二, 大磯 直毅, 川田 暁, 下村 嘉一, はら眼科クリニック
第66回日本臨床眼科学会   2012年10月   第66回日本臨床眼科学会
緒言:持久性隆起性紅斑は皮膚に限局する壊死性血管炎を主とする自己免疫疾患であり、四肢伸側に好発する紅斑を特徴とし、膠原病や骨髄腫などの合併が報告されている。今回我々は持久性隆起性紅斑患者に見られた、特異な周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の症例を経験したので報告する。
症例:59歳男性。平成18年に持久性隆起性紅斑を発症し治療中であった。平成23年1月より左眼鼻側に周辺部角膜潰瘍を認めたため近医にて経過観察されていたが6月下旬に流涙、眼痛出現、角膜穿孔を認めたため当院紹介受診となった。初診時左眼矯正...
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
第55回日本糖尿病学会年次学術集会   2012年5月   第55回日本糖尿病学会年次学術集会
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
第109回日本内科学会総会・講演会   2012年4月   第109回日本内科学会総会・講演会
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 錦野 真理子, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里実, 東本 貴弘, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
第84回日本内分泌学会学術集会   2011年4月   第84回日本内分泌学会学術集会
Clumping melanosomes: 第13染色体モノソミー患者における角化細胞内メラノソーム形成異常
大磯 直毅, 山本 晴代, 成田 智彦, 川田 暁, 鶴田大輔 今西久幹 小林裕美
第22回日本色素細胞学会学術大会   2010年12月   第22回日本色素細胞学会学術大会
第13染色体モノソミー患者において母斑細胞母斑内の角化細胞のメラノソームに形成異常を伴宇症例を報告した。
Histopathological and ultrastracural study for a Japanese female child case of erythema dyschromicum perstans.
大磯 直毅, 川田 暁, 鶴田 大輔 今西 久幹 小林 裕美
The 35th Annual Meeting of the Japanses Society for Investigative Dermatology   2010年12月   The 35th Annual Meeting of the Japanses Society for Investigative Dermatology
女児 erythema dyschromicum perstans における組織学的・電子顕微鏡的解析を実施して報告した。
Dyschromatosis symmetrica hereditaria: consideration of the pathogenesis with dermoscopic features.
大磯 直毅, 川田 暁, Murata I Hayashi M Suzuki T
The American Society of Human Genetics 60th Annual Meeting   2010年11月   The American Society of Human Genetics 60th Annual Meeting
遺伝性対側性色素異常症におけるダーモスコピー所見と遺伝子異常との発症機構を考察した。
顆粒変性をともなったfocal palmoplantar keratoderma
大磯 直毅, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
第60回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2010年10月   第60回日本皮膚科学会中部支部学術大会
顆粒変性をともなったfocal palmoplantar keratoderma の1例を報告した。
Mild phenotype of the dominant negative mutation in the tyrosine kinase domain of KIT may suggest a second modifier gene for piebaldism.
大磯 直毅, 川田 暁, Suzuki T, Fukai K Hozumi Y, Motokawa T Yokoyama K
The American Society of Human Genetics 59th Annual Meeting.   2010年10月   The American Society of Human Genetics 59th Annual Meeting.
まだら症の原因遺伝子KITのチロシンキナーゼドメインのミスセンス変異は重症型になる傾向にあるが、軽症型の症例を経験したので報告した。
組織学的にheterogeneityを認めた外陰部無色素性黒色腫
大磯 直毅, 吉田 益喜, 川原 繁, 川田 暁
第61回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2010年9月   第61回日本皮膚科学会中部支部学術大会
無色素性黒色腫において、組織学的にheterogeneityを証明できた症例を報告した。
ダーモスコピーで多彩な脈管像を呈したinfantile hemangioma precursor の1例
大磯 直毅, 木村 雅友, 川原 繁, 川田 暁
第37回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会)   2010年7月   第37回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会)
ダーモスコピーで多彩な脈管像を呈したinfantile hemangioma precursor 1例を報告した。ダーモスコピーが扁平なイチゴ状血管腫と単純性血管腫の鑑別に有用であることを示した。
爪峡部領域に爪甲形成異常を認めた2例
大磯 直毅, 成田 智彦, 川原 繁, 川田 暁, 黒川一郎, 鶴田大輔
第109回日本皮膚科学会総会   2010年4月   第109回日本皮膚科学会総会
爪峡部領域に爪甲形成異常を認めた2例を報告した。1例は腹側翼状爪、もう1例は先天性異所爪であり、ともに最近提唱された爪峡部領域の異常で生じる疾患であることを初めて明らかにした。
まだら症患者における色素再生部の電顕的検討
牧野輝彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 柳原 誠 古市 恵 松井恒太郎 清水忠道
第109回日本皮膚科学会総会   2010年4月   第109回日本皮膚科学会総会
まだら症で、白斑部に色素再生してくる場合がある。色素再生部位を電子顕微鏡的に解析した。
Milder piebald family with a dominant negative mutation in the tyrosine kinase domain of the KIT gene: is there a second modifier gene?
大磯 直毅, 川田 暁, Tamio Suzuki Yuko Abe Yutaka Hozumi, Kazuyoshi Fukai, Tomonori Motokawa Koji Yokoyama
The 34th annual meeting of the Japanses society for investigative dermatology.   2009年12月   The 34th annual meeting of the Japanses society for investigative dermatology.
まだら症原因遺伝子KITの変異パターンから予想される臨床症状よりも軽症家系の発症機構について考察を加えて報告した。
13染色体モノソミーと表皮角化細胞内メラノソームの形成異常
大磯 直毅, 山本 晴代, 成田 智彦, 川田 暁, 鶴田大輔 今西久幹 小林裕美
第36回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会)   2009年11月   第36回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会)
13染色体モノソミーを有する患者の色素細胞母斑の表皮角化細胞内メラノソームの形成異常を電子顕微鏡的に詳細に解析して報告した。
Auburn hair color in a Japanese piebald patient with a loss-of-function mutation in the KIT gene and a homozygous inactive variant in the MC1R gene.
大磯 直毅, 川田 暁, Kousuke Kishida Yoshihiko Mitsuhashi Ryoji Tsuboi, Kazuyoshi Fukai, Tomonori Motokawa, Naoko Hosomi, Tamio Suzuki
3rd Asian Society for Pigment Cell Research   2009年6月   3rd Asian Society for Pigment Cell Research
日本人まだら症患者における赤色毛髪とKIT、MC1Rのクロストークの可能性を報告した。
Pigmentary mosaicism with hyperpigmented streaks on the palmoplantar lesion.
大磯 直毅, 天津 朗典, 川原 繁, 川田 暁
3rd Asian Society for Pigment Cell Research   2009年6月   3rd Asian Society for Pigment Cell Research
しょうせきに黒色色素線条を認めたPigmentary mosaicism の1例を報告した。
新規KIT遺伝子変異とMC1R遺伝子多型により赤茶色頭髪を生じた日本人まだら症
大磯 直毅, 川田 暁, 岸田功典 三橋善比古 坪井良治, 深井和吉, 本川智紀, 細見尚子, 鈴木民夫
第108回日本皮膚科学会総会   2009年4月   第108回日本皮膚科学会総会
KIT遺伝子変異とMC1R遺伝子多型により赤茶色頭髪を生じた日本人まだら症患者の臨床症状を報告した。
爪甲末端分界溝に生じた角化異常症?
大磯 直毅, 成田 智彦, 川原 繁, 川田 暁, 鶴田大輔
第9回南大阪皮膚疾患病診連携カンファレンス   2008年12月   第9回南大阪皮膚疾患病診連携カンファレンス
腹側翼状爪の角化異常について病理組織学的に解析した。
Human piebaldism: a novel mutation of KIT gene and relationship between phenotype and site of the mutation.
大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, Tamio Suzuki, Ryoji Tsuboi Yoshihiko Mitsuhashi, Tadamichi Shimizu Teruhiko Makino, Kazuyoshi Fukai, Naoko Hosomi, Roberto L. Rezende Ana P. Manzoni Fernanda Lauermann
XXth International Pigment Cell Conference IPCC2008, Vth International Melanoma Research Congress IM   2008年5月   XXth International Pigment Cell Conference IPCC2008, Vth International Melanoma Research Congress IM
まだら症の遺伝子解析を実施して、新規遺伝子変異を同定した。既知遺伝子変異を含めて、genotype-phenotype relationship について、考察を加えて。
Aberrantly expressed Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia.
大磯 直毅, 中山 隆志, 稗島 州雄, 荒尾 徳三, 川原 繁, 西尾 和人, 義江 修, 川田 暁
International Investigative Dermatology   2008年5月   International Investigative Dermatology
成人T細胞性白血病において、Fra-2の過剰発現がCCR4と細胞増殖を引き起こすことを報告した。
Preverence of atopic dermatitis determined by clinical examination in Japanese adults.
Saeki H, 大磯 直毅, 川田 暁, Tamaki K
International Investigative Dermatology   2008年5月   International Investigative Dermatology
日本人成人型アトピー性皮膚炎の罹患率を臨床的に解析した。
アトピー性皮膚炎診断のための質問票(U.K. diagnostic criteria)の日本の学童における有用性の検討
佐伯秀久, 大磯 直毅, 川田 暁, 手塚 正, 玉置邦彦, 占部和敬 古江増隆, 飯塚 一, 赤坂俊英, 北島康雄, 秀 道広 山本昇壯, 小玉 肇
第37回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会総会学術大会   2007年12月   第37回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会総会学術大会
アトピー性皮膚炎診断のための質問票が、アトピー性皮膚炎の臨床的診断とどの程度一致するかを解析した。
ケトプロフェンとロジンによる光接触皮膚炎の1例
大磯 直毅, 成田 佳香, 平尾 文香, 和田 珠恵, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
第37回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会総会学術大会   2007年12月   第37回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会総会学術大会
ケトプロフェンとロジンによる光接触皮膚炎の1例を報告した。
「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法」に関するアンケートの集計結果報告
大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
第58回日本皮膚科学会中部支部学術学会   2007年10月   第58回日本皮膚科学会中部支部学術学会
「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法」に関して、全国の教育的医療機関にアンケートを実施して実態調査を行い、その結果を公表した。
腹部正中部に線状に列序する色素沈着斑:Dowling-Degos disease の亜型か?
大磯 直毅, 天津 朗典, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 鶴田大輔 今西久幹 小林裕美 石井正光
第32回日本研究皮膚科学会   2007年4月   第32回日本研究皮膚科学会
腹部正中部に線状に列序する色素沈着斑を病理組織・電子顕微鏡を用いて解析した。Dowling-Degos disease の亜型かどうか、検討を加えた。
Dowling-Degos 病の一亜型、第20回日本色素細胞学会
大磯 直毅, 太田 知子, 川田 暁, 鶴田大輔 小林裕美
第20回日本色素細胞学会   2006年11月   第20回日本色素細胞学会
Dowling-Degos 病の一亜型を経験し、病理組織学的。電子顕微鏡的に解析して報告した。
NF-YとSp1/Sp3はヒト角化細胞におけるpeptidylarginine deiminase type III (PADI3)の転写制御に関与する
大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, Sijun Dong 高原英成
第21回角化症研究会   2006年8月   第21回角化症研究会
NF-YとSp1/Sp3はヒト角化細胞におけるpeptidylarginine deiminase type III (PADI3)の転写制御に関与することを報告した。
IL-4RA promoter 領域はアトピー性皮膚炎と尋常性乾癬の発症に相関する
大磯 直毅, 川田 暁
第5回アレルギー細胞ネットワーク研究会、(財団法人 地域医学研究基金)    2006年8月   第5回アレルギー細胞ネットワーク研究会、(財団法人 地域医学研究基金) 
IL-4RA promoter 領域の遺伝子多型の解析で、アトピー性皮膚炎と尋常性乾癬の発症に相関することを同定して、その報告を行った。
神経線維腫にサットン現象を呈し尋常性白斑を合併した神経線維腫症1型
大磯 直毅, 井庭 慶典, 川原 繁, 川田 暁
第105回日本皮膚科学会総会   2006年6月   第105回日本皮膚科学会総会
神経線維腫にサットン現象を呈し尋常性白斑を合併した神経線維腫症1型の症例を発症メカニズムを考察して報告した。
さざなみ状の分布不均一な網状色素沈着症における光顕と電顕による解析
大磯 直毅, 太田 知子, 吉田 益喜, 川田 暁, 鶴田大輔 石井正光
日本研究皮膚科学会第31回年次学術大会   2006年5月   日本研究皮膚科学会第31回年次学術大会
Dowling-Degos syndrome の1亜型を病理組織学的・電子顕微鏡学的に解析した。
ヒト表皮・毛嚢で発現するPeptidylarginine deiminase 遺伝子群
菫 四君, 川田 暁, 小島 俊雄 白岩 雅和 高原 英成
日本農芸化学会2006年度大会   2006年3月   日本農芸化学会2006年度大会
ヒト表皮・毛嚢で発現するPeptidylarginine deiminase 遺伝子群の発現制御機構を検討した。
「スキントーン・カラースケール」による顔面色素性病変の評価
小西 奈津子, 川田 暁, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁
394回日本皮膚科学会大阪地方会   2006年3月   394回日本皮膚科学会大阪地方会
スキントーン・カラースケールを用いて顔面の色素性病変の評価を行った。
Apocrine hydrocystomaの一例
鈴木 高子, 川田 暁, 吉永 英司, 大磯 直毅, 吉田 益喜
69回日本皮膚科学会東京支部学術大会   2006年2月   69回日本皮膚科学会東京支部学術大会
Apocrine hydrocystomaについて免疫組織像学的に検討した。
紅皮症を呈した落葉状天疱瘡の1例
太田 知子, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 大磯 直毅, 川原 繁
393回日本皮膚科学会大阪地方会   2006年2月   393回日本皮膚科学会大阪地方会
紅皮症の原疾患として落葉状天疱瘡の重要性を報告した。
Pagetoid Bowen病の1例
井庭 慶典, 吉永 英司, 大磯 直毅, 吉田 益喜, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会 大阪地方会   2006年   日本皮膚科学会 大阪地方会
Fan flapを用いて再建手術を行った口唇部verrucous carcinoma
南 幸, 川田 暁, 吉田 益喜, 大磯 直毅
392回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年12月   392回日本皮膚科学会大阪地方会
口唇部verrucous carcinomaに対してfan flapを用いて再建手術を行った。
肺小細胞癌の皮膚転移の1例
多田 倫子, 川田 暁, 遠藤 英樹, 大磯 直毅
392回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年12月   392回日本皮膚科学会大阪地方会
肺小細胞癌の皮膚転移について病理組織像学的に検討した。
顔面に生じた先天性色素性母斑のレーザー治療効果について
遠藤 英樹, 吉田 益喜, 栗本 貴弘, 荒金 兆典, 川田 暁, 中津皮膚科クリニック
第25回日本レーザー医学会総会   2005年11月   第25回日本レーザー医学会総会
顔面に生じた30×30mm以上の大きさの先天性色素性母斑のレーザー治療効果について検討した。乳児7例にQスイッチルビーレーザーと脱毛レーザーの併用治療をおこなったところ、2例著効、4例有効という優れた成績が得られた。
巨大な病変を生じた壊疽性膿皮症の1例
太田 知子, 川田 暁, 南 幸, 遠藤 英樹, 磯貝 理恵子
57回日本皮膚科学会西部支部学術大会   2005年10月   57回日本皮膚科学会西部支部学術大会
巨大な病変を生じ難治であった壊疽性膿皮症の1例を報告した。
陰茎部verrucous carcinomaの1例
吉田 益喜, 川田 暁, 深尾 真希子
57回日本皮膚科学会西部支部学術大会   2005年10月   57回日本皮膚科学会西部支部学術大会
陰茎部verrucous carcinomaについて病理組織学的に検討した。
Primary cutaneous anaplastic large cell lymphomaの再発に対してVNCOP-B療法が有効であった一例
磯貝 理恵子, 川田 暁, 深尾 真希子, 前田 裕弘
57回日本皮膚科学会西部支部学術大会   2005年10月   57回日本皮膚科学会西部支部学術大会
CD30(+) anaplastic large cell lymphomaの再発病変に対してVNCOP-B療法が有効であった症例を報告した。
ロボスキンアナライザーによる光老化皮膚の色素性病変の評価
小西 奈津子, 川田 暁, 大磯 直毅
391回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年10月   391回日本皮膚科学会大阪地方会
新規に開発したロボスキンアナライザーを用いて光老化皮膚の色素性病変を評価した。
掌蹠角化症に対するマキサカルシトール軟膏の臨床効果
遠藤 英樹, 川田 暁, 大磯 直毅
391回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年10月   391回日本皮膚科学会大阪地方会
掌蹠角化症に対するマキサカルシトール軟膏の臨床効果を検討したところ、有効であった。
Eruptive syringomaの1例
井庭 慶典, 川田 暁, 小西 奈津子, 吉永 英司, 大磯 直毅
391回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年10月   391回日本皮膚科学会大阪地方会
Eruptive syringomaの1例について炭酸ガスレーザーを施行したところ有効であった。
経過中に丘疹集簇性局面を呈した家族性良性慢性天疱瘡の一例
磯貝 理恵子, 川田 暁, 木村 雅友
56回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2005年9月   56回日本皮膚科学会中部支部学術大会
経過中に丘疹集簇性局面を呈した家族性良性慢性天疱瘡について病理組織像学的に検討した。
無痛性の炭酸ガスレーザーの使用経験
栗本 貴弘, 川田 暁, 小西 奈津子, 遠藤 英樹
56回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2005年9月   56回日本皮膚科学会中部支部学術大会
皮膚良性腫瘍に対してMレーザーMC-70SP を使用し疼痛を評価した。
苺状血管腫に対する早期パルスダイレーザーの治療効果 (色、大きさ、texture)
遠藤 英樹, 川田 暁, 栗本 貴弘
56回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2005年9月   56回日本皮膚科学会中部支部学術大会
苺状血管腫に対する早期パルスダイレーザーの治療効果を検討した。
皮膚良性腫瘍に対するMレーザーMC-70SP (炭酸ガスレーザー) の使用経験と疼痛評価
遠藤 英樹, 川田 暁, 栗本 貴弘, 小西 奈津子
26回日本レーザー医学会総会   2005年9月   26回日本レーザー医学会総会
皮膚良性腫瘍に対してMレーザーMC-70SP を使用し疼痛を評価した。
ネオーラル治療における腎機能モニタリング: 尿中α1ミクログロブリンと微量アルブミン測定における腎機能低下の検出感度の向上
荒金 兆典, 川田 暁, 嶋村 純, 森嶋 祥之, 秋山 利行, 遠藤 英樹, 磯貝 理恵子
20回日本乾癬学会   2005年9月   20回日本乾癬学会
皮膚疾患に対する光治療 - レーザー治療を中心に
川田 暁
日本皮膚科学会岡山地方会・日本臨床皮膚科医会   2005年9月   日本皮膚科学会岡山地方会・日本臨床皮膚科医会
UVBの免疫抑制作用-その生物学的機序と臨床応用の可能性について-
荒金 兆典, 川田 暁, Schwarz T
27回日本光医学・光生物学会、12回日本光生物学協会年会   2005年8月   27回日本光医学・光生物学会、12回日本光生物学協会年会
UVBの免疫抑制作用について解説した。
顆粒細胞腫の1例
太田 知子, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 蔡 顯眞
390回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年7月   390回日本皮膚科学会大阪地方会
顆粒細胞腫について免疫組織像学的に検討した。
光線過敏症の過去・現在・未来
川田 暁
21回日本臨床皮膚科医会近畿支部総会および学術大会   2005年7月   21回日本臨床皮膚科医会近畿支部総会および学術大会
光線過敏症について解説した。
骨髄性プロトポルフィリン症におけるフェロキラターゼ遺伝子変異検索の有用性:肝障害の併発を推定し得るか?
中野 創, 川田 暁, 森次 龍太 花田 勝美, 松尾 聿朗, 加藤 卓郎
29回日本小児皮膚科学会   2005年7月   29回日本小児皮膚科学会
骨髄性プロトポルフィリン症におけるフェロキラターゼ遺伝子変異検索の有用性を検討した。
巨大な病変を生じた壊疽性膿皮症の1例
南 幸, 川田 暁, 遠藤 英樹, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典
98回近畿皮膚科集談会   2005年6月   98回近畿皮膚科集談会
巨大な病変を生じた壊疽性膿皮症について病理組織像学的に検討した。
CAPD導入後に熱性好中球性皮膚症(Sweet病)を併発した骨髄線維症の1症例
坂口 美佳, 松尾 晃樹, 松岡稔明, 内木 義人, 長谷川 廣文, 磯貝 理恵子, 川田 暁
第50(社)日本透析医学会学術集会・総会   2005年6月   第50(社)日本透析医学会学術集会・総会
子宮肉腫の皮膚転移の1例
鈴木 高子, 川田 暁, 磯貝 理恵子
389回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年5月   389回日本皮膚科学会大阪地方会
子宮肉腫の皮膚転移の1例について病理組織像学的に検討した。
レボフロキサシン (400 mg/日) の短期間内服は炎症性ざ瘡に有効である
遠藤 英樹, 川田 暁, 荒金 兆典
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
レボフロキサシン (400 mg/日) の短期間内服が炎症性ざ瘡に有効であることを報告した。
先天性色素性母斑の大きさと母斑性色素細胞の真皮内分布像の相関性について
吉田 益喜, 川田 暁, 手塚 正
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
先天性色素性母斑の大きさと母斑性色素細胞の真皮内分布像の相関性について検討した。
アトピー性皮膚炎及び乾燥性皮膚疾患におけるスキンケアクリーム「ネリバス」の有用性
橋本 佳子, 川田 暁, 荒金 兆典, 手塚 正
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
アトピー性皮膚炎及び乾燥性皮膚疾患におけるスキンケアクリーム「ネリバス」の有用性を検討した。
DH-4243 (トラネキサム酸配合経口しみ改善薬) の肝斑患者を対象とした無作為化比較試験
林 伸和, 川田 暁, 川島 眞 滝脇 弘嗣, 水野 惇子, 森 俊二
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
DH-4243 (トラネキサム酸配合経口しみ改善薬) の肝斑患者を対象とした無作為化比較試験について報告した。
新規皮膚画像解析システムによる色素沈着の程度判定
門間 智之, 川田 暁
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
新規皮膚画像解析システムによって色素沈着の程度を判定した。
「スキントーン・カラースケール」による色素沈着の程度判定
川田 暁, 水野 惇子, 森本 佳伸 輪竹 麻美
104回日本皮膚科学会総会   2005年4月   104回日本皮膚科学会総会
「スキントーン・カラースケール」によって色素沈着の程度判定を行った。
右上腕部にみられたeccrine porocarcinoma
RIND 知子, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典
388回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年3月   388回日本皮膚科学会大阪地方会
サンスクリーンの限界
川田 暁
太陽紫外線防御研究委員会第15回シンポジウム   2005年3月   太陽紫外線防御研究委員会第15回シンポジウム
サンスクリーンの限界について解説した。
シンポジウム
食道病変を合併した尋常性天疱瘡の1例
南 幸, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典
387回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年2月   387回日本皮膚科学会大阪地方会
食道病変を合併した尋常性天疱瘡について報告し、食道内視鏡の重要性について報告した。
前医で老人性乾燥性湿疹と診断された疥癬の1例
木村 瑞穂, 川田 暁, 村山 政昭 村山 行信
42回埼玉県医学会総会   2005年2月   42回埼玉県医学会総会
前医で老人性乾燥性湿疹と診断された疥癬の1例について臨床所見について報告した。
組織学的にコレステリン結晶がみられたproliferating trichilemmal cystの1例
上埜 剣吾, 川田 暁, 山崎 文恵, 前田 晃, 弓立 達夫, 荒金 兆典, 手塚 正
52回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会   2005年   52回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会
proliferating trichilemmal cystの1例について組織学的に検討したところ、コレステリン結晶がみられた。
組織学的に結晶様構造を認めたdermatofibromaの1例
山崎 文恵, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 手塚 正
第362回日本皮膚科学会大阪地方会   2005年   第362回日本皮膚科学会大阪地方会
皮膚線維腫の1例を報告。病理組織学的にコレステリン結晶を認めた。世界で過去に1例のみが報告されていた。
膀胱直腸障害をともなった帯状疱疹の1例
深尾 真希子, 松本 成史, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 川田 暁, 清水 信貴
第386回 日本皮膚科学会大阪地方会   2004年12月   第386回 日本皮膚科学会大阪地方会
顔面に生じた先天性色素性母斑のレーザー治療効果について
遠藤 英樹, 川田 暁, 吉田 益喜, 栗本 貴弘, 荒金 兆典, 手塚 正
25回日本レーザー医学会総会   2004年11月   25回日本レーザー医学会総会
顔面に生じた先天性色素性母斑に対するQスイッチ・ルビーレーザーの治療効果について検討した。
湿疹様皮疹を呈した疥癬の1例
磯貝 理恵子, 川田 暁, 荒金 兆典
56回日本皮膚科学会西部支部学術大会   2004年11月   56回日本皮膚科学会西部支部学術大会
湿疹様皮疹を呈した疥癬についてイベルメクチンで治療した。
各種抗アレルギー剤のサイトカイン産生抑制
弓立 達夫, 川田 暁, Mohammad Ashenagar, 上埜 剣吾, 手塚 正
54回日本アレルギー学会   2004年11月   54回日本アレルギー学会
各種抗アレルギー剤のサイトカイン産生抑制について検討した。
光老化皮膚の治療と予防
川田 暁
56回日本皮膚科学会茨城地方会   2004年10月   56回日本皮膚科学会茨城地方会
特別講演,招待講演
Intravascular papillary endothelial hyperplasiaの1例
吉田 益喜, 川田 暁
68回日本皮膚科学会東部支部学術大会   2004年10月   68回日本皮膚科学会東部支部学術大会
Intravascular papillary endothelial hyperplasiaについて組織学的に検討した。
各種抗アレルギー剤のサイトカイン産生抑制
弓立 達夫, Mohammad Ashenager, 上埜 剣吾, 荒金 兆典, 川田 暁, 手塚 正
第54回日本アレルギー学会総会   2004年9月   第54回日本アレルギー学会総会
Syringocystadenoma papilliferumの1例
重 麻梨子, 川田 暁, 小田 香織, 磯貝 理恵子, 吉田 益喜, 荒金 兆典
385回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年9月   385回日本皮膚科学会大阪地方会
Syringocystadenoma papilliferumについて病理組織学的に検討した。
光老化の治療と予防ー最近のトピックスー
川田 暁
55回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2004年9月   55回日本皮膚科学会中部支部学術大会
光老化の治療と予防についての最近のトピックスを中心に解説した。
イブニングセミナー
皮膚疾患とレーザー治療
川田 暁
55回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2004年9月   55回日本皮膚科学会中部支部学術大会
皮膚疾患とレーザー治療について解説した。
教育講演,招待講演,ミニレクチャー
リンパ節転移に対してDocetaxelが有効であった乳房外ページェット病の1例
栗本 貴弘, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 吉田 益喜, 荒金 兆典
55回日本皮膚科学会中部支部学術大会   2004年9月   55回日本皮膚科学会中部支部学術大会
リンパ節転移に対してDocetaxelが有効であった乳房外ページェット病の1例を画像で検討して報告した。
イトラコナゾールによる接触過敏反応の抑制
弓立 達夫, 上埜 剣吾, Markova Tvetanka, Ashnager Mohammad, 荒金 兆典, 川田 暁, 手塚 正
第32回日本臨床免疫学会総会   2004年8月   第32回日本臨床免疫学会総会
UVBにより誘導される接触過敏反応の免疫学的トレランスは胸腺依存性である
荒金 兆典, 川田 暁
26回光医学光生物学会   2004年7月   26回光医学光生物学会
UVBにより誘導される接触過敏反応の免疫学的トレランスが胸腺依存性であることを報告した
バイクグリップに含まれたmercaptobenzothiazoleによる接触皮膚炎の1例
鈴木 高子, 川田 暁, 橋本 佳子, 荒金 兆典, 手塚 正
34回日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会   2004年7月   34回日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会
ゴムの添加剤の1つであるmercaptobenzothiazoleによる稀な接触皮膚炎の1例を報告した。
先天性色素性母斑における組織学的検討:母斑と伊棒の真皮内分布像と母斑の大きさに関する相関性について
吉田 益喜, 川田 暁, 手塚 正, 上石 弘
44回日本先天異常学会学術集会   2004年7月   44回日本先天異常学会学術集会
Anaplastic large cell lymphomaの1例
栗本 貴弘, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 松田 光弘
384回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年7月   384回日本皮膚科学会大阪地方会
Anaplastic large cell lymphomaについて免疫組織化学的に検討した。
糖尿病にみられたpalmoplantar fibromatosis
RIND 知子, 川田 暁, 磯貝 理恵子, 吉田 益喜, 荒金 兆典
384回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年7月   384回日本皮膚科学会大阪地方会
糖尿病患者にみられたpalmoplamtar fibromatosisについて糖尿病との関連について考察した。
リンパ節転移に対してDocetaxelが有効であった乳房外ページェット病の1例
磯貝 理恵子, 川田 暁, 栗本 貴弘, 瀬里 亜希子, 吉田 益喜, 荒金 兆典
97回近畿皮膚集談会   2004年6月   97回近畿皮膚集談会
リンパ節転移に対してDocetaxelが有効であった乳房外ページェット病の1例を画像で検討して報告した。
疣贅状局面を伴った陰茎部Bowen病の1例
吉田 益喜, 川田 暁, 栗本 貴弘, 手塚 正
20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会   2004年5月   20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会
HPV-DNAを検討したところ,HPV16型が検出された。
紅皮症を呈したanaplastic large cell lymphomaの1例
小田 香織, 川田 暁, 橋本 佳子, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 手塚 正, 辰巳 陽一, 木村 芳毅
383回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年5月   383回日本皮膚科学会大阪地方会
anaplastic large cell lymphomaで稀な皮膚症状である紅皮症について報告した。
胃癌が発見された皮膚筋炎の1例
南 幸, 川田 暁, 橋本 佳子, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 手塚 正
383回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年5月   383回日本皮膚科学会大阪地方会
皮膚筋炎で入院中胃癌を発見できた症例を報告した。
SLE患者に合併した壊疽性膿皮症
上埜 剣吾, 川田 暁, 橋本 佳子, 磯貝 理恵子, 弓立 達夫, 荒金 兆典, 手塚 正
383回日本皮膚科学会大阪地方会   2004年5月   383回日本皮膚科学会大阪地方会
SLEと壊疽性膿皮症の稀な合併例を報告した。
イトラコナゾールによる接触過敏反応の抑制
弓立 達夫, 上埜 剣吾, Mohammad Ashenager, Markova Tvetanka, 荒金 兆典, 川田 暁, 手塚 正
第103回日本皮膚科学会総会   2004年4月   第103回日本皮膚科学会総会
Suppression of cytokine responses by anti-allergic drugs
Mohammad A, 川田 暁, 弓立 達夫, 上埜 剣吾, Tzvetanka M, 荒金 兆典, 手塚 正
103回日本皮膚科学会総会   2004年4月   103回日本皮膚科学会総会
抗アレルギー剤による種々のサイトカインに対する抑制効果を検討した。
イトラコナゾールによる接触過敏反応の抑制
弓立 達夫, 川田 暁, 上埜 剣吾, Tzvetanka M, Mohammad A, 荒金 兆典, 手塚 正
103回日本皮膚科学会総会   2004年4月   103回日本皮膚科学会総会
イトラコナゾールによる接触過敏反応の抑制を検討した。
Acneに対するClearLightによる光治療の臨床効果の検討
深尾 真希子, 川田 暁, 橋本 佳子, 荒金 兆典, 手塚 正
103回日本皮膚科学会総会   2004年4月   103回日本皮膚科学会総会
Acneに対するClearLightによる光治療の臨床効果を検討した。
イトラコナゾール連続療法の臨床効果と爪中濃度の検討
川田 暁, 荒金 兆典, 手塚 正
103回日本皮膚科学会総会   2004年4月   103回日本皮膚科学会総会
イトラコナゾールの連続投与における臨床効果と爪中濃度を検討した。
イトラコナゾールによる接触過敏反応の抑制
弓立 達夫, 上埜 剣吾, Mohammad Ashenager, Markova Tvetanka, 荒金 兆典, 川田 暁, 手塚 正
第16回日本アレルギー学会春季臨床大会   2004年3月   第16回日本アレルギー学会春季臨床大会

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ペプチジルアルギニンディミナーゼの皮膚における生理機能の解析
光老化皮膚の治療と予防