KAWADA Akira

J-GLOBAL         Last updated: Mar 14, 2019 at 16:39
 
Avatar
Name
KAWADA Akira
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine, Department of Dermatology
Job title
Professor
Degree
(BLANK)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1973
Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 

Published Papers

 
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Morita A, Igarashi A, Okuyama R, Kawada A
The Journal of dermatology   46(2) 169-170   Feb 2019   [Refereed]
Zhu CY, Li Y, Sun QN, Takada A, Kawada A
European journal of dermatology : EJD      Feb 2019   [Refereed]
Kato M, Oiso N, Uchida S, Yanagihara S, Sano H, Tohda Y, Kawada A
The Journal of dermatology      Feb 2019   [Refereed]
Matsuo K, Hatanaka S, Kimura Y, Hara Y, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Kabashima K, Nakayama T
Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   109 1437-1444   Jan 2019   [Refereed]
Natsuga K, Oiso N, Kurokawa I, Tsubura A, Nakamura H, Maya Y, Nishie W, Kawada A, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD      Jan 2019   [Refereed]
Kitahata K, Matsuo K, Hara Y, Naganuma T, Oiso N, Kawada A, Nakayama T
Journal of pharmacological sciences   138(4) 284-288   Dec 2018   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Komeda Y, Kudo M, Kawada A
European journal of dermatology : EJD      Nov 2018   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Yanagihara S, Sano A, Tohda Y, Hashimoto T, Tsuruta D, Kawada A
The Journal of dermatology      Sep 2018   [Refereed]
Yamauchi K, Oiso N, Iwanaga T, Tatsumi Y, Matsumura I, Tohda Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(6) e150-e151   Jun 2018   [Refereed]
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Morita A, Igarashi A, Okuyama R, Kawada A, working group of the epidemiological survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology      Aug 2018   [Refereed]
【足趾の皮膚病】 <臨床例>爪下外骨腫 非典型的な臨床像を呈した2症例
渡辺 圭子, 志賀 久里子, 柳原 茂人, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   40(4) 389-392   Apr 2018
<症例のポイント>・爪下外骨腫は青少年期の指趾に好発する良性骨腫瘍である。・臨床的に指趾尖端部や爪周囲に角化を伴う常色ドーム状に隆起する有痛性の結節を示すことが多い。・爪甲下に黄白色結節を示した例と赤色の肉芽腫様結節を示した例を提示した。前者はグロームス腫瘍、後者は毛細血管拡張性肉芽腫に類似する臨床所見であった。・指趾部の皮膚腫瘍を診察する際には骨X線検査を、症例によってはMRI検査を行うことが望ましいと考えた。(著者抄録)
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Wada M, Katoh N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(3) 419-421   Apr 2018   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(3) 414-415   Apr 2018   [Refereed]
Ogawa E, Okuyama R, Seki T, Kobayashi A, Oiso N, Muto M, Nakagawa H, Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 314-317   Mar 2018   [Refereed]
Yamamoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 273-278   Mar 2018   [Refereed]
Ito T, Takahashi H, Kawada A, Iizuka H, Nakagawa H, Japanese Society For Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   45(3) 293-301   Mar 2018   [Refereed]
Matsuo K, Nagakubo D, Komori Y, Fujisato S, Takeda N, Kitamatsu M, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
The Journal of investigative dermatology   138(8) 1764-1773   Mar 2018   [Refereed]
Kawada A
The Journal of dermatology   45(3) 251   Mar 2018   [Refereed]
Yamamoto S, Matsuo K, Nagakubo D, Higashiyama S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Journal of pharmacological sciences   136(3) 165-171   Mar 2018   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Sanjoba C, Matsumoto Y, Yanagihara S, Annoura T, Kato Y, Shirano M, Goto Y, Kawada A
The Journal of dermatology   45(9) e240-e241   Mar 2018   [Refereed]
【原因が明らかになった皮膚病】 <臨床例>結節性類天疱瘡
山内 康平, 渡辺 圭子, 三宅 雅子, 内田 修輔, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   40(2) 185-188   Feb 2018
<症例のポイント>結節性類天疱瘡は水疱性類天疱瘡の一亜型であり、結節性痒疹や多形慢性痒疹の臨床症状が先行し、経過の途中で水疱が生じることが多い。ナローバンドUVB照射5日間後に水疱が出現した結節性類天疱瘡の1例を報告した。結節性痒疹の皮疹に紅斑やびらんを伴った場合や水疱が出現した場合は結節性類天疱瘡を考慮して、血清抗体価の測定や生検を施行するべきである。自験例では紫外線照射によるkoebner現象が水疱の出現に関与したことが示唆された。(著者抄録)
Yoshida A, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Ida H, Sakurai T, Komeda Y, Yamao K, Takenaka M, Enoki E, Kimura M, Miyake M, Kawada A, Kudo M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(17) 2505-2509   2018   [Refereed]
Matsuo K, Kitahata K, Kawabata F, Kamei M, Hara Y, Takamura S, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Frontiers in immunology   9 2775   2018   [Refereed]
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Kawada A, Working Group of the Epidemiological Survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   44(6) e121   Mar 2017   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(1) 126-128   Feb 2018   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   28(1) 130-131   Feb 2018   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Nishio K, Kawada A
Pigment cell & melanoma research   30(2) 269-272   Mar 2017   [Refereed]
Teramura T, Mizuno M, Asano H, Naru E, Kawara S, Kamide R, Kawada A
The Journal of dermatology   45(2) 145-149   Feb 2018   [Refereed]
Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H
Human immunology   78(2) 185-189   Feb 2017   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Narita T, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
The Journal of dermatology   45(1) e5-e6   Jan 2018   [Refereed]
Kogame T, Uetsu N, Nguyen CTH, Kawada A, Okamoto H
The Journal of dermatology   44(9) e214-e215   Sep 2017   [Refereed]
Oiso N, Tatebayashi M, Hoshiyama Y, Kawada A
Contact dermatitis   77(1) 51-53   Jul 2017   [Refereed]
Miyake M, Oiso N, Ishii K, Hide M, Kawada A
The Journal of dermatology   44(4) e58-e59   Apr 2017   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Miyake M, Uchida S, Matsuda H, Kitano M, Hida J, Kawai S, Sano A, Hashimoto T, Kawada A
The British journal of dermatology      Feb 2017   [Refereed]
Oiso N, Narita T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   27(1) 77-78   Feb 2017   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(2) e77-e79   Feb 2017   [Refereed]
【シミ】 内服によるシミ治療
川田 暁
Bella Pelle   2(1) 24-26   Feb 2017
【外国語で表現されやすい皮膚病】 <臨床例> orofacial granulomatosis
三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   39(2) 167-170   Feb 2017
<症例のポイント>歯根嚢胞に対する歯科治療後に症状が改善したorofacial granulomatosis(以下、OFG)の1例を報告した。OFGの病因は不明であり、本邦報告例も少ない。自験例では歯根嚢胞の治療後に治癒したことから、歯原性の慢性炎症が契機となった可能性が考えられた。本症は全身症状を伴わない顔面の特発性肉芽腫性疾患であり、肉芽腫性口唇炎はOFGに含まれると考えられている。(著者抄録)
Oiso N, Tatebayashi M, Kawada A
Contact dermatitis   76(1) 53-54   Jan 2017   [Refereed]
Takeichi T, Sugiura K, Nomura T, Sakamoto T, Ogawa Y, Oiso N, Futei Y, Fujisaki A, Koizumi A, Aoyama Y, Nakajima K, Hatano Y, Hayashi K, Ishida-Yamamoto A, Fujiwara S, Sano S, Iwatsuki K, Kawada A, Suga Y, Shimizu H, McGrath JA, Akiyama M
JAMA dermatology   153(1) 66-70   Jan 2017   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(6) 622-623   Dec 2016   [Refereed]
川田 暁
Hospitalist   4(4) 780-782   Dec 2016
光線過敏型薬疹は、薬物の内服または注射後に露光部に限局して生じる皮膚病変である。薬物の副作用の1つとして、注意が必要である。皮膚症状としては紅斑、丘疹、小水疱、鱗屑、痒みなどがみられる。原因となる紫外線は、ほとんどの場合UVAである。原因薬物には抗菌薬、NSAIDs、高脂血症治療薬、利尿薬、抗癌薬などが多い。最近、高血圧治療薬に含まれるヒドロクロロチアジドでの報告例が増加している。検査にはスクリーニングの光線テスト、光パッチテスト、内服照射テストがある。(著者抄録)
山本 晴代, 高田 文香, 川田 暁
皮膚の科学   15(6) 493-501   Dec 2016
尋常性ざ瘡に対しては薬物治療に加えて,医師の指導のもとにスキンケアやメイクアップを行うことは極めて重要である。しかし,スキンケアやメイクアップが実際にどの程度患者の満足度や QOL に影響を与えるかを検討した報告は少ない。本研究では,尋常性ざ瘡の女性患者に対してざ瘡治療に加えて,スキンケアとメイクアップの指導をおこない,その患者満足度と QOL に与える影響について検討を行った。Visual Analog Scale(VAS)による満足度は,指導直後および1ヶ月経過後も開始時と比較して有意...
Oiso N, Kawada A
The Journal of dermatology   43(11) 1388-1389   Nov 2016   [Refereed]
【天疱瘡とその周辺】 <臨床例>大量γグロブリン静注療法により好中球減少症をきたした尋常性天疱瘡
山内 康平, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   38(11) 1085-1088   Nov 2016
<症例のポイント>難治性尋常性天疱瘡に対する大量γグロブリン静注療法(intravenous immunoglobulin;IVIg療法)により好中球減少が生じた1例を報告した。本邦ではIVIg療法による好中球減少症が自験例を含め6例の報告されている。そのうちの2例が尋常性天疱瘡の治療中に生じていた。IVIgによる好中球減少症の病態はいまだ明らかでないが、注意すべき副作用の1つと考え報告した。(著者抄録)
Yamamoto T, Ohtsuki M, Sano S, Igarashi A, Morita A, Okuyama R, Kawada A, Working Group of the Epidemiological Survey in the Japanese Society for Psoriasis Research.
The Journal of dermatology   43(10) 1193-1196   Oct 2016   [Refereed]
【高齢者の皮膚疾患-老年科医に知ってほしい"とっておき"の皮膚病変の診かた-】 皮膚の加齢要因 紫外線による光老化
川田 暁
Geriatric Medicine   54(10) 961-963   Oct 2016
皮膚の老化は内因性老化と外因性老化に分けられる。外因性老化のうち、慢性に紫外線に曝露されることによって生じるものを「光老化」という。光老化ではシミ・シワが増え、皮膚がたるむ。前癌病変や有棘細胞癌・基底細胞癌・悪性黒色腫などの皮膚癌を合併する。これらの光老化にみられる諸症状は、日常的に光防御を実行することによって、その発症や悪化を防ぐことができる。光防御としては衣服などの物理的防御に加えて、サンスクリーン剤を使用する。(著者抄録)
Ishikawa O, Kawada A, Ichihashi M, Morita A
Experimental dermatology   25 Suppl 3 1   Aug 2016   [Refereed]
Kishimoto I, Ueda-Hayakawa I, Oiso N, Kawada A, Okamoto H
European journal of dermatology : EJD   26(4) 388-389   Aug 2016   [Refereed]
Matsuo K, Itoh T, Koyama A, Imamura R, Kawai S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Cancer letters   378(1) 16-22   Aug 2016   [Refereed]
皮膚科医が安心できる化粧品
川島 眞, 野間 自子, 川田 暁
Bella Pelle   1(1) 55-58   Aug 2016
Oiso N, Kawada A
International journal of dermatology   55(6) e366-8   Jun 2016   [Refereed]
森田 明理, 江藤 隆史, 鳥居 秀嗣, 伊藤 寿啓, 根本 治, 上出 良一, 川田 暁, 日本乾癬学会光線療法ガイドライン作成委員会
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1239-1262   Jun 2016
森田 玲子, 内田 修輔, 高田 文香, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(3) 119-124   Jun 2016
60歳代,女性。3ヵ月前から口腔内にびらんが生じ,体幹にも紅斑が出現した。初診時,口唇,口腔粘膜,舌にびらん,背部に紅斑を認めた。血清抗デスモグレイン1抗体と抗デスモグレイン3抗体陽性,病理組織で基底層直上での水疱形成と水疱内棘融解細胞,蛍光抗体直接法で表皮角化細胞間にIgGの沈着を認め尋常性天疱瘡と診断した。ステロイド全身療法に抵抗性で,シクロスポリン全身投与と免疫グロブリン大量療法(intravenous immunoglobulin;IVIG)を併用して寛解した。経過中にステロイド性...
Uchida S, Oiso N, Shiga K, Narita T, Kawada A
Case reports in dermatology   8(2) 207-209   May 2016   [Refereed]
Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A
Acta dermato-venereologica   96(4) 568-569   May 2016   [Refereed]
Oiso N, Okubo Y, Utani A, Kawada A
The Journal of dermatology   43(4) 454-456   Apr 2016   [Refereed]
川島 眞, 川田 暁, 錦織 千佳子, 森田 明理, 宮地 良樹
臨床皮膚科   70(5) 173-175   Apr 2016
皮膚科医にとっては,太陽光線により老徴が出現し,さらには皮膚癌の発生につながること,そしてそれを光老化と呼称することには共通の認識がある.また,サンスクリーン剤を長期にわたって使用することにより光老化が予防できることも常識である.しかし,本邦においてサンスクリーン剤の効能表現として許可されているのは,「日やけを防ぐ」「日やけによるしみ,そばかすを防ぐ」の2つのみであり,サンスクリーン剤の効果の一部にすぎない.その理由の1つに,光老化の言葉そのものの一般への浸透が低いことが挙げられ,事実,最...
Folliculotropic mycosis fungoidesの1例
森田 玲子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 68-74   Apr 2016
70歳代,男性。初診の1年半前に,頸部に結節が出現し,その後体幹にも皮疹が出現した。頸部の結節は近医でのステロイド剤局所注射療法で縮小した。その後,顔面に腫脹,びらんが出現し,近医でベタメタゾン内服,クロベタゾールプロピオン酸エステル外用療法を受けたが改善なく,精査加療目的で当科を紹介された。初診時,顔面に軽度そう痒を伴う浸潤を触れる紅色から紅褐色の紅斑と局面が多発し,その多くは融合していた。体幹・四肢は紅色から紅褐色の紅斑が多発し,融合傾向を示していた。当科での1回目の生検では毛包内と毛...
三宅 早苗, 松田 洋昌, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 80-84   Apr 2016
70歳代,女性。7年前に右乳癌と診断され,乳房温存術と術後放射線照射療法を施行された。1年前に右乳房に紫紅色局面が出現し,徐々に増大したため紹介受診となった。右乳房下部に境界不明瞭な濃淡のある紫紅色局面と直径2cm大の黒色結節を認めた。自覚症状はなく,皮下出血と浸潤を伴っていた。病理組織学的に血管肉腫と診断した。Weeklyパクリタキセル療法を施行し,その後胸筋温存乳房切除術を施行したが,初診の2年後多発転移により死亡した。近年乳癌に対する乳房温存術と術後放射線照射が普及しており,今後放射...
Nagai H, Oiso N, Tomida S, Sakai K, Fujiwara S, Nakamachi Y, Kawano S, Kawada A, Nishio K, Nishigori C
The British journal of dermatology   174(3) 633-635   Mar 2016   [Refereed]
Microsporum canisによる小児の体部白癬の1例
三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
日本小児皮膚科学会雑誌   35(1) 47-50   Mar 2016
12歳、女児。アトピー性皮膚炎の既往がある。初診の数年前よりネコを飼育していた。1ヵ月前から頸部と胸部にそう痒を伴う紅斑が出現し、ベタメタゾン吉草酸エステル含有軟膏を外用するも改善しないため当科を受診した。胸部に薄い鱗屑を伴う淡い環状の紅斑を認めた。直接検鏡で隔壁を有する菌糸、真菌培養で辺縁淡黄色絨毛状のコロニー、スライド培養で細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子と菌糸に側生する棍棒状の小分生子を認めた。リボゾームDNAのinternal transcribed spacer 1(ITS1)領...
Narita T, Oiso N, Taketomo Y, Okahashi K, Yamauchi K, Sato M, Uchida S, Matsuda H, Kawada A
The Journal of dermatology   43(2) 210-214   Feb 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 100-101   Jan 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 91-92   Jan 2016   [Refereed]
【痒みのない皮膚病】 <臨床例> 形質細胞性口唇炎
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(12) 1155-1158   Dec 2015
<症例のポイント>形質細胞性口唇炎の1例を報告した。左下口唇に10mm大の境界明瞭で出血・痂疲を伴うびらんを認め、有棘細胞癌や疣状癌などとの鑑別を要した。生検後に自然消褪したが、半年後に再発した。クロベタゾン酢酸エステル軟膏外用で略治した。(著者抄録)
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   14(6) 403-410   Dec 2015
非ステロイド性抗炎症薬含有テープ剤などの貼付剤は皮膚と密着し,主剤の皮膚への浸透性を高めて効果を発揮するが,各種成分へのアレルギー感作が成立し,アレルギー性接触皮膚炎や光アレルギー性接触皮膚炎が生じうる。貼付により皮膚バリア機能が低下すると,アレルゲンの皮膚内への浸透性が高まり,感作がより生じやすくなる。しかしながら,貼付剤による皮膚バリア機能におよぼす影響はほとんど評価されていない。20歳以上の本研究に同意が得られた健常人ボランティア20例を対象にロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤と...
Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Sakurai T, Kawada A, Kudo M
Hepatology (Baltimore, Md.)   62(5) 1638-1639   Nov 2015   [Refereed]
私の治療 皮膚科 光線過敏症への対応
川田 暁
アレルギーの臨床   35(12) 1192-1194   Nov 2015
光線(日光)によって皮膚症状が生じる疾患を光線過敏症という。それぞれの疾患によって原因となる光線の種類(作用波長)が異なる。作用波長が紫外線、可視光、両者かによって防御対策が異なる。全ての光線過敏症に共通するものが物理的な防御である。作用波長が紫外線の場合は物理的防御に加えてサンスクリーン剤の、作用波長が可視光の場合は物理的防御に加えてファンデーション剤の、使用が望ましい。(著者抄録)
【手の皮膚病】 <臨床例> メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹
佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(11) 1057-1060   Nov 2015
<症例のポイント>メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例を報告した。自験例では左第III指基部、下腹部、腰部に紅斑を、口腔内に水疱を認めた。メシル酸ガレノキサシン水和物は2007年に保険収載されたレスピラトリーキノロン系経口抗菌薬であり、固定薬疹の報告が多いので注意が必要である。(著者抄録)
【再発する皮膚病】 臨床例 骨髄異形成症候群に生じたSweet病
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(9) 853-856   Sep 2015
<症例のポイント>骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome、以下、MDS)に合併し、再発を繰り返したSweet病を経験した。顔面、四肢に痛みを伴う大小の紅色結節が多発し、一部で排膿を認めた。既往に結核性肝膿瘍があり、皮膚結核とも鑑別を要した。自験例はtrisomy 8の染色体異常があり、再発を繰り返した原因と考えられた。(著者抄録)
Toyokuni S, Jiang L, Wang S, Hirao A, Wada T, Soh C, Toyama K, Kawada A
Pathology international   65(8) 415-419   Aug 2015   [Refereed]
Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   42(8) 844-845   Aug 2015   [Refereed]
【皮膚科疾患における光線療法の実際】 エキシマライトの有用性
川田 暁
Derma.   (234) 21-26   Aug 2015
光線療法のうち局所性病変を「ターゲット」として照射するものを「ターゲット型光線療法」という。ターゲット型光線療法の光源の一つとしてエキシマライトがある。これはUVBのうちの308nm単色光を用いる。適応疾患はナローバンドUVBのそれとほぼ同様で、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹、菌状息肉症、扁平苔癬などがある。臨床症状が高度で病変が限局しているもの、全身用照射装置では照射しにくい部位に有用である。健常皮膚の副作用がなく、小児にも使用しやすい。副作...
Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例
安達 融, 切目 栄司, 廣瀬 智之, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻井 農亜, 白川 治
精神科治療学   30(8) 1111-1116   Aug 2015
薬剤性過敏症症候群(DIHS)は抗てんかん薬など特定の薬剤により発症する、全身症状と臓器障害を伴う重症薬疹の一型である。今回我々は統合失調感情障害の治療中、lamotrigineによりDIHSを呈した1例を経験したので報告する。患者は遅発性の発症と原因薬剤中止後の遷延化、免疫グロブリン減少などのDIHSとして特徴的な所見を認め、ウイルス学的検査ではヒトヘルペスウイルス6型の再活性化も確認された。Lamotrigineによる重症薬疹としては、Stevens-Johnson症候群や中毒性表皮壊...
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(7) 758-759   Jul 2015   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Yano Y, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(6) 741-742   Jul 2015   [Refereed]
ハイドロキノンの再評価
川田 暁
Aesthetic Dermatology   25(2) 79-83   Jul 2015
ハイドロキノンは美白成分としての認可を受けておらず、「医薬部外品」ではなく「化粧品」として扱われている。本邦では2002年に認可されて以来、皮膚科などの医療機関で自費購入が可能となっている。肝斑を筆頭に多くの色素性病変に使用されている。その有効性についてはすでに多くの報告があるが、その安全性についての認識はまだ低いのが現状である。ハイドロキノンのおもな副作用は一次刺激や接触皮膚炎である。他に非可逆性の白皮症、尋常性白斑、褐色の色素沈着(組織褐変症)、指趾末端や爪甲の色素沈着などがある。本邦...
菌状息肉症の治療経過中に進行性の有棘細胞癌が併発した1例
栗本 貴弘, 川田 暁
皮膚科の臨床   57(8) 1323-1327   Jul 2015
65歳男。35歳頃より全身に紅斑を認め、61歳時に菌状息肉症の診断を受け、副腎皮質ステロイド外用による治療を行っていた。今回、2ヵ月前より右大腿後面に結節が出現し、急速に腫大した。近医の生検で有棘細胞癌(SCC)と診断され、加療目的に当科を受診した。初診時、右大腿後面に45×51mm大の腫瘤を認め、その周囲には数個の角化性小結節がみられた。体幹・四肢にびまん性に紅斑・鱗屑を認めた。病理組織学的に右大腿部の腫瘤はSCC、背部の紅斑部は菌状息肉症と診断した。SCCに対し拡大切除術および全層植皮...
Morita R, Oiso N, Ishii N, Tatebayashi M, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(6) 657-658   Jun 2015   [Refereed]
【呼吸器と皮膚】 臨床例 皮膚腺病
森田 玲子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(6) 553-556   Jun 2015
<症例のポイント>頸部に生じた皮膚腺病の1例を報告した。自験例は当初、他院で感染性疾患を疑われ、切開や抗菌薬内服で経過をみられていた。改善がみられず、膿汁から培養された抗酸菌のDNA-DNAハイブリダイゼーション法でMycobacterium tuberculosis complexが同定されたため当科を紹介受診された。皮膚結核はいまだ年間100例ほどの報告がされており、依然注意が必要な疾患である。(著者抄録)
Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   100(5) 1976-1983   May 2015   [Refereed]
Matsuda H, Oiso N, Ishii N, Sato M, Tatebayashi M, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(5) 610-611   May 2015   [Refereed]
Oiso N, Okamoto N, Akiduki-Yachi M, Tatebayashi M, Itoh T, Satou T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   25(2) 184-185   Apr 2015   [Refereed]
Oiso N, Sugawara K, Yonamine A, Tsuruta D, Kawada A
The Journal of dermatology   42(4) 408-410   Apr 2015   [Refereed]
Hirakawa Y, Oiso N, Ishii N, Koga H, Tatebayashi M, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(4) 493-494   Apr 2015   [Refereed]
Shiga K, Oiso N, Narita T, Kimura M, Kawada A
The Journal of dermatology   42(3) 339-341   Mar 2015   [Refereed]
【自己免疫疾患治療の最新知見】 皮膚関連疾患 乾癬治療の変遷
川田 暁
クリニシアン   62(2) 234-238   Feb 2015
第5趾に生じた爪下外骨腫の1例
藤田 美幸, 川田 暁
日本小児皮膚科学会雑誌   34(1) 25-28   Feb 2015
13歳、男児。半年前に右第5趾爪甲下に結節が出現した。疼痛などの症状がなく放置していたが、徐々に増大したため他院を受診し、治療目的に紹介され当科を受診した。初診時右第5趾爪甲下から趾尖部にかけて常色、骨様硬の皮下結節を認めた。被覆皮膚には毛細血管拡張がみられた。骨X線像では右第5趾末節骨先端に台形の淡い骨陰影を認めた。爪下外骨腫を疑い、局所麻酔下に結節を切除した。病理組織学的所見では硝子軟骨を介さずに線維性結合組織から骨組織に移行している所見を認め、外骨腫型の爪下外骨腫と診断した。術後3年...
志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
Skin Cancer   29(3) 298-302   Feb 2015
2004年1月から2013年12月までの10年間に当科で経験した頭部血管肉腫15例をまとめ臨床的に検討した。性別はすべて男性で、初診時平均年齢は74.1歳であった。症状発現から受診までの平均期間は2.4ヵ月であり、2例に外傷の既往があった。詳細な経過が不明の2例を除いた12例で局所再発や転移を認めた。2003年度北里大学皮膚科治療方針によるステージングではステージIaが7例、Ibが7例、IIIが1例であった。全15症例のうち転院などで転機不明な5例を除いた10例では、死亡例は7例、生存例は...
Kato M, Tsuji-Kawahara S, Kawasaki Y, Kinoshita S, Chikaishi T, Takamura S, Fujisawa M, Kawada A, Miyazawa M
Journal of virology   89(2) 1468-1473   Jan 2015   [Refereed]
Nakagawa K, Oshimo T, Okabayashi A, Kinoshita R, Tatebayashi M, Kawada A, Imanishi H, Ozawa T, Tsuruta D
The Journal of dermatology   41(12) 1115-1116   Dec 2014   [Refereed]
五十嵐 敦之, 大槻 マミ太郎, 川田 暁, 佐伯 秀久, 佐野 栄紀, 照井 正, 根本 治, 森田 明理, 中川 秀己
臨床皮膚科   68(13) 1083-1089   Dec 2014
ヒトIL-12/23p40に対するヒトIgG1κモノクローナル抗体製剤であるウステキヌマブ(ステラーラ45mg皮下注シリンジ)は,2011年1月に乾癬(尋常性乾癬,関節症性乾癬)の適応を取得した.ウステキヌマブを含む生物学的製剤の使用にあたっては,日本皮膚科学会・生物学的製剤検討委員会が作成した「乾癬における生物学的製剤の使用指針および安全対策マニュアル(2011年版)」の遵守と,安全かつ適正に使用されることが求められている.今回,同マニュアルの内容をもとに,国内外で新たに得られたウステキ...
山内 康平, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁
皮膚の科学   13(6) 421-425   Dec 2014
71歳,男性。数年前より陰部に紅斑・びらんが出現し,徐々に拡大した。初診時,下腹部から両大腿,陰部に自覚症状のない紅色局面を認めた。生検で表皮内にPaget細胞の増殖を認め乳房外Paget病と診断した。真皮中層から下層に膠原線維の走行の不明瞭化,弾性線維の糸くず状の変性,Elastica van Gieson染色で弾性線維の変性,Kossa染色でカルシウム沈着を認めた。病理所見を評価した後に,頸部,鼠径部,大腿部を診察したところ,1.3mm大の黄色の丘疹が多数集簇していた。頸部病変からも病...
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
皮膚の科学   13(6) 431-434   Dec 2014
10歳,女児。初診の2ヵ月前より頭部に脱毛が出現し,近医数ヶ所にて円形脱毛症の診断でステロイド外用の治療を開始された。その後脱毛が拡大し,びらん・膿疱・結節を認めたため当科を初診。患部の毛髪の直接検鏡にて菌糸と胞子を確認した。巨大培養で放射状に拡大したクリーム色コロニーを確認し,さらにスライドカルチャーにて細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子を認めた。RibosomalDNAのinternal transcribed spacer 1領域の遺伝子配列をpolymerase chain reac...
Kunitomo J, Yoshikawa M, Fushimi M, Kawada A, Quinn JF, Oki H, Kokubo H, Kondo M, Nakashima K, Kamiguchi N, Suzuki K, Kimura H, Taniguchi T
Journal of medicinal chemistry   57(22) 9627-9643   Nov 2014   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Koga H, Ishii N, Okahashi K, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1003-1005   Nov 2014   [Refereed]
Kato M, Oiso N, Nozaki Y, Inoue A, Hosono Y, Funauchi M, Mimori T, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1034-1036   Nov 2014   [Refereed]

Books etc

 
Photoaging skin, Q-switched ruby laser (「Photoaging skin」)
May 2005   

Conference Activities & Talks

 
骨髄異形成症候群(MDS)に生じたSweet病の1例
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   Aug 2014   
Three hematologic malignancies in different lineages in a patient during the short period
Oct 2013   
Histopathological and ultrastracural study for a Japanese female child case of erythema dyschromicum perstans.
The 35th Annual Meeting of the Japanses Society for Investigative Dermatology   Dec 2010   The 35th Annual Meeting of the Japanses Society for Investigative Dermatology
Dyschromatosis symmetrica hereditaria: consideration of the pathogenesis with dermoscopic features.
The American Society of Human Genetics 60th Annual Meeting   Nov 2010   The American Society of Human Genetics 60th Annual Meeting
Mild phenotype of the dominant negative mutation in the tyrosine kinase domain of KIT may suggest a second modifier gene for piebaldism.
The American Society of Human Genetics 59th Annual Meeting.   Oct 2010   The American Society of Human Genetics 59th Annual Meeting.
Milder piebald family with a dominant negative mutation in the tyrosine kinase domain of the KIT gene: is there a second modifier gene?
The 34th annual meeting of the Japanses society for investigative dermatology.   Dec 2009   The 34th annual meeting of the Japanses society for investigative dermatology.
Auburn hair color in a Japanese piebald patient with a loss-of-function mutation in the KIT gene and a homozygous inactive variant in the MC1R gene.
3rd Asian Society for Pigment Cell Research   Jun 2009   3rd Asian Society for Pigment Cell Research
Pigmentary mosaicism with hyperpigmented streaks on the palmoplantar lesion.
3rd Asian Society for Pigment Cell Research   Jun 2009   3rd Asian Society for Pigment Cell Research
Human piebaldism: a novel mutation of KIT gene and relationship between phenotype and site of the mutation.
XXth International Pigment Cell Conference IPCC2008, Vth International Melanoma Research Congress IM   May 2008   XXth International Pigment Cell Conference IPCC2008, Vth International Melanoma Research Congress IM
Aberrantly expressed Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia.
International Investigative Dermatology   May 2008   International Investigative Dermatology
Preverence of atopic dermatitis determined by clinical examination in Japanese adults.
International Investigative Dermatology   May 2008   International Investigative Dermatology
Light and electron microscopic study to a novel asymmetrical ripple-like reticular hypermelanosis
May 2006   
A case of sebaceous trichofolliculoma
Dec 2003   
A case of median raphe cyst of the penis
Jul 2003   
Acne Vulgarisに対するClearLightによる光治療の臨床効果の検討
Jul 2002   
Discussion of the treatment of cutaneous lesions with Diolite532 laser system
Jun 2002   
Laser treatments of the pigmented macules on the palm and soles of infant
May 2002   
The selective role of Dectin-2 in UVB-induced tolerance
Sep 2001   
Terfenadine selectively suppresses gene expression of Th2 type cytokines in peripheral T cells possibly via interfering with activation of Jun-B
Sep 2001   
Toe ulcer in a patient with Burger disease successfully treated with PGE1
Feb 2001   
UVB suppresses acute phase of contact hypersensitivity induced by repeated hapten challenge
Sep 2000   
A case of atrophic dermatofibroma
Dec 1999   

Research Grants & Projects

 
Physiological role of peptidylarginine deiminase in the skin
Therapy and protection for photoaging skin
Drug allergy