USUI Noriaki

J-GLOBAL         Last updated: Jun 9, 2019 at 05:58
 
Avatar
Name
USUI Noriaki
Affiliation
Osaka Women's and Children's Hospital
Section
Department of Pediatric Surgery
Job title
Chief Director
Degree
Doctor(Medical), PhD
Research funding number
30273626

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
大阪母子医療センター
 
Apr 2016
 - 
Today
Director of Department of Surgical Branch, Osaka Women's and Children's Hospital
 
Jul 2014
 - 
Today
Chief Director, Department of Pediatric Surgery, Osaka Women's and Children's Hospital
 
2007
   
 
- Osaka University Graduate School of Medicine, assistant professor(lecturer)
 

Education

 
 
 - 
1993
Graduate School, Division of Medicine, Osaka University
 
 
 - 
1993
Graduate School, Division of Medicine, Osaka University
 
 
 - 
1993
Graduate School, Division of Medicine, Osaka University
 
 
 - 
1985
Faculty of Medicine, Osaka University
 
 
 - 
1985
Faculty of Medicine, Osaka University
 

Awards & Honors

 
Oct 1998
Novartis Prize, International Symposium of Pediatric Surgical Research
 

Published Papers

 
Masahata K, Soh H, Tachibana K, Sasahara J, Hirose M, Yamanishi T, Ibuka S, Okuyama H, Usui N
Pediatric surgery international      Jun 2019   [Refereed]
Terui K, Usui N, Tazuke Y, Nagata K, Ito M, Okuyama H, Hayakawa M, Taguchi T, Sato Y, Yoshida H
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   61(5) 482-488   Mar 2019   [Refereed]
【NCDをどう活用するか】 小児外科におけるNCDデータの有効活用
臼井 規朗
外科   81(4) 349-354   Apr 2019
<文献概要>小児外科領域でも2011年にNational Clinical Database(NCD)への登録を開始した.2015年からは医療品質評価を目的としたNCD-Pへの登録を開始し,その後NCD-Pを利用したリスクモデルの構築と公募研究を開始した.小児外科領域ではアウトカムイベントの頻度が低い,術式分布が広範囲にわたる,病態や個体差が大きいなどの特徴があるが,難易度の高い手術やリスクの高い病態に対象を絞り込むことにより,適切なリスクモデルを構築し,大規模研究を推進して医療水準の向上...
Fumino S, Tajiri T, Usui N, Tamura M, Sago H, Ono S, Nosaka S, Yoneda A, Souzaki R, Higashi M, Sakai K, Takahashi K, Sugiura T, Taguchi T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society      Mar 2019   [Refereed]
十二指腸壁内に嚢胞状の異所性胆管組織を伴った胆道閉鎖症の1例
當山 千巌, 樋渡 勝平, 児玉 匡, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗, 松岡 圭子
日本小児外科学会雑誌   55(1) 78-82   Feb 2019
われわれは十二指腸壁内に異所性胆管組織増殖を伴った胆道閉鎖症を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は日齢12の女児。出生前に胎児超音波検査で肝門部付近に嚢胞像を指摘されていた。他院にて出生し、膵頭部付近に腹腔内嚢胞を認めたため精査目的に当院に紹介された。腹部超音波検査では十二指腸重複症を疑って待機的に手術を予定していた。日齢99日に黄疸と灰白色便を認め、精査の結果、胆道閉鎖症が疑われた。日齢106日に開腹術を施行し、手術所見から胆道閉鎖症IIIb1v型と診断し、肝門部空腸吻合術を施...
Ueno S, Fujino A, Morikawa Y, Iwanaka T, Kinoshita Y, Ozeki M, Nosaka S, Matsuoka K, Usui N
Surgery today   49(5) 410-419   Feb 2019   [Refereed]
近藤琢也, 近藤琢也, 永田公二, 永田公二, 照井慶太, 臼井規朗, 田口智章, 田口智章
小児外科   51(1) 31‐34   Jan 2019
正畠和典, 臼井規朗
小児外科   50(10) 990‐994   Oct 2018
正畠和典, 東堂まりえ, 岩崎駿, 安部孝俊, 山道拓, 村上紫津, 曹英樹, 臼井規朗
日本小児救急医学会雑誌   17(3) 443‐449   Oct 2018
Ueno Shigeru, Fujino Akihiro, Morikawa Yasuhide, Iwanaka Tadashi, Kinoshita Yoshiaki, Ozeki Michio, Nosaka Shunsuke, Matsuoka Kentaro, Usui Noriaki
SURGERY TODAY   48(7) 716-725   Jul 2018   [Refereed]
照井 慶太, 臼井 規朗, 田附 裕子, 永田 公二, 伊藤 美春, 奥山 宏臣, 早川 昌弘, 田口 智章, 佐藤 泰憲, 吉田 英生
小児外科   50(6) 588-592   Jun 2018   [Invited]
臼井 規朗
小児外科   50(6) 579-582   Jun 2018   [Invited]
正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗
手術   72(6) 891-898   May 2018   [Invited]
National Clinical Database(小児外科領域)Annual Report 2013-2014
臼井 規朗, 岡本 晋弥, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤代 準, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 米倉 竹夫, 家入 里志, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 高安 肇, 尾藤 祐子, 宮田 裕章, 江角 元史郎, 日本小児外科学会NCD連絡委員会
日本小児外科学会雑誌   54(2) 314-335   Apr 2018
正畠 和典, 臼井 規朗
小児科診療   81(3) 361-366   Mar 2018   [Invited]
新生児期の消化器疾患の診断には、排便状態、便の性状、便の色調にも注意が必要である。腸回転異常症は中腸軸捻転を発症し、治療が遅れると腸管壊死をきたし、短腸症候群の原因となる。新生児に消化器症状を認めた場合は、器質的疾患以外に消化管アレルギーも念頭におく必要がある。胆道閉鎖症は、診断が遅れると予後に重大な影響を及ぼす疾患で見逃さないよう注意が必要である。(著者抄録)
臼井規朗
新薬と臨床   67(2) 172-175   Feb 2018   [Invited]
Okuyama Hiroomi, Tazuke Yuko, Ueno Takehisa, Yamanaka Hiroaki, Takama Yuichi, Saka Ryuta, Usui Noriaki, Soh Hideki, Yonekura Takeo
ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   11(1) 30-34   Feb 2018   [Refereed]
秦 直樹, 野村 元成, 藤田 賢司, 花岡 信太朗, 數田 高男, 濱 浩隆, 森田 こころ, 若原 良平, 今村 卓司, 塩田 光隆, 臼井 規朗, 西村 章
小児科臨床   71(1) 15-19   Jan 2018
症例は1歳5ヵ月の男児。喘鳴および犬吠様咳嗽を認め、クループ症候群と診断した。ステロイド点滴などでいったん軽快も退院後に増悪し再入院となった。CT検査を施行し、食道近傍に嚢胞状構造を認めた。消化管奇形を疑い摘出術を施行したところ嚢胞と食道に交通を認め、病理学的にも食道組織と考えられ、食道重複症と診断した。入院時の胸部X線検査については当初は異常なしと判断したが、後方視的に評価すると空気を含む異常構造物の存在が示唆された。今回治療抵抗性のクループ症候群に対してCT検査を実施し食道重複症の診断...
Oue Takaharu, Yoneda Akihiro, Usui Noriaki, Sasaki Takashi, Zenitani Masahiro, Tanaka Natsumi, Uehara Shuichiro, Ibuka Soji, Takama Yuichi, Okuyama Hiroomi
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   34(1) 29-34   Jan 2018   [Refereed]
井深奏司, 井深奏司, 合田太郎, 奈良啓悟, 曹英樹, 臼井規朗
日本小児外科学会雑誌   54(4) 989‐993(J‐STAGE)   2018
正畠 和典, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   53(7) 1257-1263   Dec 2017   [Refereed]
【目的】当施設で経験した乳児ビタミンK欠乏性出血症を呈した胆道閉鎖症(BA)を検討し、その臨床像を明らかにすることを研究の目的とした。【方法】当施設で経験したBA76例を対象とし、ビタミンK欠乏性出血症を呈した9例をA群、ビタミンK欠乏性出血症を呈さなかった67例をB群に分け、入院時日齢、手術時日齢、血液検査、臨床・周術期パラメータ、頭蓋内出血の合併、黄疸消失率、術後10年の自己肝累積生存率について統計学的解析を行った。さらにビタミンK欠乏性出血症を呈した9例については、患者背景や臨床パラ...
Kawahara Hisayoshi, Tazuke Yuko, Soh Hideki, Usui Noriaki, Okuyama Hiroomi
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   33(10) 1073-1079   Oct 2017   [Refereed]
臼井規朗、新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ
小児外科   49(8) 810-814   Aug 2017   [Invited]
K. Terui, K. Nagata, Y. Kanamori, S. Takahashi, M. Hayakawa, H. Okuyama, N. Inamura, H. Yoshida, T. Taguchi, N. Usui
Journal of Perinatology   37 805-808   Jul 2017
© 2017 Nature America, Inc., part of Springer Nature. All rights reserved. Objective: To establish a simple risk stratification system for patients with congenital diaphragmatic hernia (CDH) based on postnatal information within 24 h after birth. ...
Okuyama Hiroomi, Tazuke Yuko, Uenoa Takehisa, Yamanaka Hiroaki, Takama Yuichi, Saka Ryuta, Nara Keigo, Usui Noriaki
SURGERY TODAY   47(7) 872-876   Jul 2017   [Refereed]
Yumoto Yasuo, Jwa Seung Chik, Wada Seiji, Takahashi Yuichiro, Ishii Keisuke, Kato Kiyoko, Usui Noriaki, Sago Haruhiko
PRENATAL DIAGNOSIS   37(7) 686-692   Jul 2017   [Refereed]
Masahata Kazunori, Yoneyama Chizu, Tsukada Ryo, Toyama Chiyoshi, Ibuka Souji, Nara Keigo, Soh Hideki, Usui Noriaki
JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY CASE REPORTS   22 20-24   Jul 2017   [Refereed]
正畠和典, 臼井規朗
小児外科   49(4) 405-408   Apr 2017   [Invited]
臼井規朗
周産期医学   47(4) 544-548   Apr 2017   [Invited]
臼井規朗
Neonatal Care   2017春季増刊 53-58   Mar 2017   [Invited]
臼井 規朗
日本新生児成育医学会雑誌   29(1) 13-16   Feb 2017   [Invited]
先天性横隔膜ヘルニアは、かつて予後不良な新生児疾患であったが、近年では出生前診断やNO吸入療法、gentle ventilationの普及に伴って治療成績が向上してきた。2011年にわが国で初めて全国調査が実施され、2015年に国内外で初めて診療ガイドラインがまとめられた。全国調査では2010年までの5年間に診療された614例について調査され、うち84.7%がIsolated症例であり、72.0%が出生前診断例であった。Isolated症例の生存率は84.0%であった。私どもの施設では本年...
Okuyama H, Usui N, Hayakawa M, Taguchi T, Japanese CDH study group.
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   33(2) 133-138   Feb 2017   [Refereed]
Wada Seiji, Jwa Seung Chik, Yumoto Yasuo, Takahashi Yuichiro, Ishii Keisuke, Usui Noriaki, Sago Haruhiko
PRENATAL DIAGNOSIS   37(2) 184-192   Feb 2017   [Refereed]
臼井 規朗
小児科   58(1) 73-79   Jan 2017   [Invited]
臼井規朗
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   1‐29 (WEB ONLY)   2017
田尻達郎, 臼井規朗, 田村正徳, 左合治彦, 小野滋, 野坂俊介, 米田光宏, 宗崎良太
小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   201610013A0006 (WEB ONLY)   2017
臼井規朗
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究 平成27-28年度 総合研究報告書(Web)   53P (WEB ONLY)   2017
Hattori T, Hayakawa M, Ito M, Sato Y, Tamakoshi K, Kanamori Y, Okuyama H, Inamura N, Takahashi S, Fujino Y, Taguchi T, Usui N
J Perinatol   37 265-269   2017   [Refereed]
米倉 竹夫, 古村 眞, 臼井 規朗, 家入 里志, 高安 肇, 尾藤 祐子, 藤代 準, 藤野 明浩, 伊勢 一哉, 佐々木 英之, 下野 隆一, 寺脇 幹, 岡本 晋弥, 佐々木 隆士, 照井 慶太, 永田 公二, 江角 元史郎, 平原 憲道, 宮田 裕章, 渡辺 栄一郎, 前田 貢作, 日本小児外科学会データベース委員会
日本小児外科学会雑誌   52(7) 1350-1359   Dec 2016   [Refereed]
臼井 規朗
周産期医学   46(増刊) 778-780   Dec 2016   [Invited]
Yamoto Masaya, Inamura Noboru, Terui Keita, Nagata Kouji, Kanamori Yutaka, Hayakawa Masahiro, Tazuke Yuko, Yokoi Akiko, Takayasu Hajime, Okuyama Hiroomi, Fukumoto Koji, Urushihara Naoto, Taguchi Tomoaki, Usui Noriaki
JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   51(12) 1926-1930   Dec 2016   [Refereed]
Japanese Study Group of Pediatric Chest Surgery., Kuroda T, Nishijima E, Maeda K, Fuchimoto Y, Hirobe S, Tazuke Y, Watanabe T, Usui N
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   32(9) 827-831   Sep 2016   [Refereed]
Takayasu H, Masumoto K, Goishi K, Hayakawa M, Tazuke Y, Yokoi A, Terui K, Okuyama H, Usui N, Nagata K, Taguchi T, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group.
PEDIATRICS INTERNATIONAL   58(9) 877-886   Sep 2016   [Refereed]
高安 肇, 増本 幸二, 田口 智章, 臼井 規朗, 新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ
小児外科   48(5) 504-508   May 2016   [Invited]
臼井 規朗, 新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ
小児外科   48(5) 433-437   May 2016   [Invited]
臼井 規朗
日本医事新報   4805(4805) 38-43   May 2016   [Invited]
<point>▼かつて不良であった新生児先天性横隔膜ヘルニアの生命予後は近年急速に改善している▼軽症例も含め、新生児先天性横隔膜ヘルニアの70%以上は出生前診断される▼診療ガイドラインではgentle ventilationと呼ばれる呼吸管理を推奨している▼重症例では術後慢性期に様々な合併症や後遺症を発症するので長期フォローアップが重要である(著者抄録)
Satoshi Umeda, Noriaki Usui, Takeshi Kanagawa, Taku Yamamichi, Keigo Nara, Takehisa Ueno, Mitsugu Owari, Shuichiro Uehara, Takaharu Oue, Tadashi Kimura, Hiroomi Okuyama
European Journal of Pediatric Surgery   26 200-202   Apr 2016   [Refereed]
© 2016 Georg Thieme Verlag KG Stuttgart. New York. Purpose The aim of this study was to clarify the prenatal and postnatal clinical courses of an urachus identified as an allantoic cyst in the umbilical cord. Methods Allantoic cysts in the umbilic...
Zenitani Masahiro, Uehara Shuichiro, Nara Keigo, Ueno Takehisa, Soh Hideki, Usui Noriaki, Okuyama Hiroomi
SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES   26(2) 167-170   Apr 2016   [Refereed]
食道閉鎖症 【ケースでみる・わかる 新生児の画像検査】
臼井 規朗
Neonatal Care   2016春季増刊 105-109   Mar 2016   [Invited]
Yoneda Akihiro, Nishikawa Masanori, Uehara Shuichiro, Oue Takaharu, Usui Noriaki, Inoue Masami, Fukuzawa Masahiro, Okuyama Hiroomi
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   32(3) 209-214   Mar 2016   [Refereed]
Kuroda Tatsuo, Nishijima Eiji, Maeda Kosaku, Fuchimoto Yasushi, Hirobe Seiichi, Tazuke Yuko, Nozawa Kumiko, Matsuoka Kentaro, Usui Noriaki
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   26(1) 91-95   Feb 2016   [Refereed]
Terui Keita, Nagata Kouji, Hayakawa Masahiro, Okuyama Hiroomi, Goishi Keiji, Yokoi Akiko, Tazuke Yuko, Takayasu Hajime, Yoshida Hideo, Usui Noriaki
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   26(1) 60-66   Feb 2016   [Refereed]
Yoneda Akihiro, Nishikawa Masanori, Uehara Shuichiro, Oue Takaharu, Usui Noriaki, Inoue Masami, Fukuzawa Masahiro, Okuyama Hiroomi
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   26(1) 117-122   Feb 2016   [Refereed]
新生児科PNACに対する経口的ω3系脂肪酸製剤投与
位田 忍, 惠谷 ゆり, 西本 裕紀子, 曹 英樹, 臼井 規朗
小児外科   48(1) 100-106   Jan 2016   [Invited]
短腸症候群に対するω3系脂肪酸製剤/cyclic TPN無効例
田附 裕子, 米田 光宏, 曹 英樹, 山中 宏晃, 野村 元成, 野口 侑記, 児玉 匡, 野崎 昌俊, 恵谷 ゆり, 位田 忍, 臼井 規朗
小児外科   48(1) 75-80   Jan 2016   [Invited]
症例は在胎23週680gで出生した男児で、生後3ヵ月に壊死性腸炎(多発小腸穿孔)に対し小腸瘻を造設した。生後2ヵ月に短腸症候群と診断し、完全静脈栄養管理を開始した。体重は5kgに増加し、生後8ヵ月に損傷腸管修復術と腸管吻合術を施行した。術後、肝機能障害を認め、ω3系脂肪酸製剤を投与した。T/D-Bil値は改善傾向にあったが、カテーテル関連血流感染により再上昇した。ω3系脂肪酸製剤を中止したところ、T/D-Bil値の悪化はなくなり、体重も増加した。1歳3ヵ月に残存小腸が拡張し、STEP手術を...
先天性気道閉塞疾患に対する外科治療
臼井規朗、野村元成、奈良啓悟、曺 英樹、佐々木隆士、田附裕子、窪田昭男、奥山宏臣
日本周産期・新生児医会誌   51(5) 1553-1556   2016   [Invited]
臼井規朗
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   1‐28   2016
田尻達郎, 臼井規朗, 田村正徳, 左合治彦, 小野滋, 野坂俊介, 米田光宏, 宗崎良太, 文野誠久, 東真弓, 坂井宏平, 側島久典, 高橋健, 杉浦崇浩
小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   323‐334   2016
眞弓 あずさ, 澤田 明久, 五百井 彩, 樋口 紘平, 清水 真理子, 佐藤 真穂, 安井 昌博, 市田 和香子, 樋口 勝平, 児玉 匡, 野村 元成, 赤松 貴彬, 井坂 華奈子, 竹内 宗之, 臼井 規朗, 西川 正則, 井上 雅美
大阪府立母子保健総合医療センター雑誌   31(2) 75-79   Dec 2015   [Refereed]
症例は8歳女児。腹痛で受診時、ショック症状を呈し、CTで肝右葉巨大腫瘤、肝左葉多発腫瘤、肺多発結節影、腹腔内液体貯留を認め、肝腫瘍破裂と診断した。肝動脈の経カテーテル動脈塞栓術(TAE)で止血し、腹部膨満による呼吸障害に対し人工呼吸を要したが、腎機能低下あるも透析は回避でき、全身状態は安定した。α-fetoproteinが高値で、腹膜播腫と肺転移を伴うPRETEXT IVの進行期肝芽腫として化学療法を開始し、後に肝芽腫の組織診断を得た。化学療法中に生じた再破裂に対し再度肝動脈のTAEを施行...
河島 茉澄, 樋渡 勝平, 野村 美緒子, 井深 奏司, 森 大樹, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
大阪府立母子保健総合医療センター雑誌   31(2) 63-69   Dec 2015   [Refereed]
【目的】当院は2次救急から3次救急までを担う小児専門病院であり、腸重積症の診療については前医で整復困難であった症例や器質的病変の存在が疑われる症例に対して、より確実な診断と治療が求められる。本研究の目的は、かかる小児専門病院における小児腸重積症の特徴を明らかにすることである。【方法】2003年から2015年までの間に当院で経験した121例(101症例)について、診療録を用いて後方視的に検討した。【結果】前医で非観血的に整復困難であった63例中、58例に対して当院で再度非観血的整復術を行い、...
Tazuke Yuko, Okuyama Hiroomi, Uehara Shuichiro, Ueno Takehisa, Nara Keigo, Yamanaka Hiroaki, Kawahara Hisayoshi, Kubota Akio, Usui Noriaki, Soh Hideki, Nomura Motonari, Oue Takaharu, Sasaki Takashi, Nose Satoko, Saka Ryuta
JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   50(12) 2009-2011   Dec 2015   [Refereed]
松浦 玲, 田附 裕子, 米田 光宏, 臼井 規朗
小児外科   47(11) 1161-1164   Nov 2015   [Invited]
症例1(男児、在胎37週3日目に経腟分娩にて出生)。臍右側に腹壁欠損孔を認め、索状物が体外に連続して、その先にクローバー型の管状構造物を認めた。出生当日に手術を施行したところ、拡張した小腸と離断型小腸閉塞を認め、離断している小腸の腸管膜から伸びた索状物は体外に脱出する管状構造物と連続していた。以後、治療は回盲弁切除と腸吻合により短腸症になる可能性を考慮して単孔式回腸瘻を造設、肛門側端はそのまま腹腔内に留置した。そして、生後77日目に回盲弁を温存した小腸小腸吻合を行なった後、短腸症に対して腸...
谷 岳人, 田附 裕子, 上原 秀一郎, 大植 孝治, 臼井 規朗, 中畠 賢吾, 奥山 宏臣
小児外科   47(10) 1054-1057   Oct 2015   [Invited]
過去20年間の胎児卵巣嚢腫26例の自然経過から嚢胞穿刺治療の適応について検討した。胎児超音波検査では、診断時から胎児経過中にsimple cyst(嚢腫内が無エコーで壁が薄い)のまま変化がなかったものが20例、診断時simple cystであったが経過中にcomplex cyst(嚢腫内にdebrisや隔壁等を伴う)に変化したものが6例、診断時からcomplex cystであったものが3例であった。嚢腫径4cm以上でsimple cystがcomplex cystに変化した移行率は28%で...
Kawahara Hisayoshi, Tazuke Yuko, Soh Hideki, Usui Noriaki, Fukuzawa Masahiro
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   31(10) 917-923   Oct 2015   [Refereed]
Terui Keita, Nagata Kouji, Ito Miharu, Yamoto Masaya, Shiraishi Masayuki, Taguchi Tomoaki, Hayakawa Masahiro, Okuyama Hiroomi, Yoshida Hideo, Masumoto Kouji, Kanamori Yutaka, Goishi Keiji, Urushihara Naoto, Kawataki Motoyoshi, Inamura Noboru, Kimura Osamu, Okazaki Tadaharu, Toyoshima Katsuaki, Usui Noriaki
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   31(10) 891-897   Oct 2015   [Refereed]
臼井 規朗, 中畠 賢吾, 銭谷 昌弘, 奈良 啓悟, 上野 豪久, 上原 秀一郎, 大植 孝治, 松岡 健太郎
日本小児放射線学会雑誌   31(2) 132-137   Sep 2015   [Invited]
新しい疾患概念に基づいて分類された先天性嚢胞性肺疾患に関する臨床所見と胎児超音波所見を比較した。対象症例36例の内訳は気管支閉鎖17例、先天性肺気道形成異常(CPAM)12例、肺分画症7例で、CPAMの92%と肺分画症の71%では新生児期に何らかの呼吸器症状を認めており、CPAMの半数以上が新生児遷延性肺高血圧症(PPHN)を発症していたが、気管支閉鎖では無症候性のことが多く、PPHNの発症はなかった。また、胎児超音波検査では健側肺の肺胸郭断面積比、嚢胞の性状、嚢胞以外の病変部の高輝度エコ...
曹 英樹, 野口 侑記, 児玉 匡, 野村 元成, 森 大樹, 上原 秀一郎, 田附 裕子, 臼井 規朗, 福澤 正洋
外科と代謝・栄養   49(4) 155-159   Aug 2015   [Invited]
短腸症候群、ヒルシュスプルング病類縁疾患などの腸管不全患児においては中心静脈栄養(TPN)の成否が患児の予後、QOL改善のために重要な役割を果たす。一方でTPN施行中はカテーテル関連血流感染、カテーテルの閉塞、破損などのカテーテル留置に起因する合併症、中心静脈に伴う肝機能障害などの代謝に起因する合併症を来すリスクが常にあり、そのリスクはTPN期間が長期になればなるほど高くなる。そしてそのような合併症の予防が長期TPNを成功させ、腸管不全の小児の予後を改善させる最も重要な鍵となる。合併症を起...
Inamura Noboru, Usui Noriaki, Okuyama Hiroomi, Nagata Kouji, Kanamori Yutaka, Fujino Yuji, Takahashi Shigehiro, Hayakawa Masahiro, Taguchi Tomoaki
PEDIATRICS INTERNATIONAL   57(4) 682-686   Aug 2015   [Refereed]
臼井 規朗
大阪小児科医会会報   174(174) 3-6   Jul 2015   [Invited]
Yamamichi Taku, Oue Takaharu, Yonekura Takeo, Owari Mitsugu, Nakahata Kengo, Umeda Satoshi, Nara Keigo, Ueno Takehisa, Uehara Shuichiro, Usui Noriaki
JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   50(5) 833-836   May 2015   [Refereed]
曹 英樹, 福澤 正洋, 野口 侑記, 児玉 匡, 野村 元成, 森 大樹, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
小児外科   47(4) 393-396   Apr 2015   [Invited]
出生前診断 最近の話題と問題点と現状
臼井 規朗
チャイルド ヘルス   18(3) 185-188   Mar 2015   [Invited]
奈良 啓悟, 大植 孝治, 上原 秀一郎, 上野 豪久, 大割 貢, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   51(1) 69-73   Feb 2015   [Refereed]
腎芽腫微小肺転移巣に対し、フック型ワイヤーを使用しCTガイド下マーキングを行い摘出した症例を経験したので報告する。症例は3歳の女児。右腎原発の腎芽腫で、両側肺および骨髄に転移していた。まず原発巣の右腎腫瘍摘出術を施行した。その後、化学療法および放射線治療を行い、骨髄転移は消失したが、肺転移巣が1ヶ所残存し、治療方針を決定するため摘出することとした。しかし、病巣は小さく、肉眼での確認が困難と考えられたため、CTガイド下でマーキングをしたのち胸腔鏡下に摘出した。本症例では、肺転移巣は肉眼でも触...
高間 勇一, 上野 豪久, 井深 奏司, 上原 秀一郎, 曹 英樹, 臼井 規朗, 福澤 正洋, 奥山 宏臣
日本小児外科学会雑誌   51(1) 51-57   Feb 2015   [Refereed]
【目的】先天性門脈体循環シャントは、門脈血が直接体循環へ流入することで高アンモニア血症、肝肺症候群、肝性脳症などを来す疾患である。無症候性の場合もあるが有症状例にはシャント血流遮断が必要となる。当院で施行した先天性門脈体循環シャントに対する外科治療をまとめ、安全性と有用性について検討する。【方法】2000年1月から2012年12月に外科治療を施行した5例を対象とした。術前状態、術中門脈圧や術後経過を、診療録をもとに後方視的に検討した。一期的結紮術の適応は、シャント血管結紮後の至適門脈圧に関...
Uehara Shuichiro, Oue Takaharu, Nakahata Kengo, Nara Keigo, Ueno Takehisa, Owari Mitsugu, Usui Noriaki, Miyamura Takako, Hashii Yoshiko
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   25(1) 118-122   Feb 2015   [Refereed]
Oue Takaharu, Miyoshi Yoko, Hashii Yoshiko, Uehara Shuichiro, Ueno Takehisa, Nara Keigo, Usui Noriaki, Ozono Keiichi
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   25(1) 123-127   Feb 2015   [Refereed]
Nagata Kouji, Usui Noriaki, Terui Keita, Takayasu Hajime, Goishi Keiji, Hayakawa Masahiro, Tazuke Yuko, Yokoi Akiko, Okuyama Hiroomi, Taguchi Tomoaki
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   25(1) 9-14   Feb 2015   [Refereed]
臼井規朗
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   1‐32   2015
田尻達郎, 臼井規朗, 田村正徳, 左合治彦, 野坂俊介, 米田光宏, 宗崎良太, 文野誠久, 東真弓, 加藤稲子, 左勝則, 杉浦崇浩, 難波文彦
小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   51‐67   2015
児玉 匡, 曹 英樹, 田附 裕子, 山中 宏晃, 野村 元成, 野口 侑記, 米田 光宏, 福澤 正洋, 臼井 規朗, 近藤 統, 眞弓 あずさ, 井上 雅美, 谷 正司, 礒橋 文明, 西川 正則
大阪府立母子保健総合医療センター雑誌   30(2) 87-92   Dec 2014   [Refereed]
Kasabach-Merritt症候群(以下KMS)を生じた血管腫に対し放射線療法が著効した症例を報告する。症例は日齢33の女児。在胎39週1日、体重3,462gで出生した。生下時より左側腹部に紫斑を認め、日齢7に前医を受診した。日齢22に血小板が0.7×10^4/mm3と急激に低下し、CTで左横隔膜から後腹膜にかけて巨大な血管腫を認めた。KMSの診断でステロイド、βブロッカーによる加療を行ったが効果がなく、日齢33に当院に転院した。ビンクリスチンによる化学療法を開始したが、血小板の増加が...
下大静脈・右房内進展をきたした右副腎原発神経芽腫
上原 秀一郎, 高間 勇一, 吉田 寿雄, 銭谷 昌弘, 宮村 能子, 橋井 佳子, 大植 孝治, 臼井 規朗
小児外科   46(12) 1279-1281   Dec 2014   [Invited]
3歳女児。突然の右上腹部痛を主訴とした。造影CTで右腹部に約8cm大の腫瘤を、超音波検査で下大静脈から右心房内に伸びる腫瘍塞栓を認め、腎原発腫瘍の下大静脈内進展が疑われた。また、CTで多発性肺転移を認めた。右房内の腫瘍や血栓の一部が遊離し、肺梗塞をきたす可能性があったことから、緊急開腹生検後に化学療法を施行した。病理診断を待たずに生検翌日からDD-4Aで化学療法を開始し、血栓防止目的にヘパリン化を開始した。しかし、開始6日後に後腹膜出血を認め、急激な貧血の進行からヘパリン化を中止した。生検...
Terui K, Taguchi T, Goishi K, Hayakawa M, Tazuke Y, Yokoi A, Takayasu H, Okuyama H, Yoshida H, Usui N, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group.
PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL   30(11) 1129-1134   Nov 2014   [Refereed]
プロバイオティクスの使い方 【特集:基本を教えて!小児慢性機能性便秘症】
田附 裕子, 曹 英樹, 山中 宏晃, 野村 元成, 野口 侑記, 児玉 匡, 臼井 規朗
小児外科   46(9) 959-961   Sep 2014   [Invited]
Zenitani Masahiro, Ueno Takehisa, Nara Keigo, Nakahata Kengo, Uehara Shuichiro, Soh Hideki, Oue Takaharu, Kondo Hiroki, Nagano Hiroaki, Usui Noriaki
PEDIATRIC TRANSPLANTATION   18(6) E197-E199   Sep 2014   [Refereed]
Usui Noriaki, Okuyama Hiroomi, Kanamori Yutaka, Nagata Kouji, Hayakawa Masahiro, Inamura Noboru, Takahashi Shigehiro, Taguchi Tomoaki
JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   49(8) 1191-1196   Aug 2014   [Refereed]
Shiono Nobuko, Inamura Noboru, Takahashi Shigehiro, Nagata Kouji, Fujino Yuji, Hayakawa Masahiro, Usui Noriaki, Okuyama Hiroomi, Kanamori Yutaka, Taguchi Tomoaki, Minakami Hisanori
PEDIATRICS INTERNATIONAL   56(4) 553-558   Aug 2014   [Refereed]
Miyagawa Shuji, Maeda Akira, Eguchi Hiroshi, Kawamura Takuji, Kashiyama Noriyuki, Ueno Takehisa, Usui Noriaki, Kondo Sachiko, Nakano Kazuaki, Matsunari Hitomi, Watanabe Masahito, Nagashima Hiroshi
TRANSPLANT IMMUNOLOGY   31(1) 48-53   Jun 2014   [Refereed]
大植 孝治, 高間 勇一, 上原 秀一郎, 中畠 賢吾, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   50(1) 103-107   Feb 2014   [Refereed]
症例は6歳男児。腹部超音波検査、CTにて左後腹膜に9×7cm大の腫瘍を認め、神経芽腫が疑われて開腹生検を施行したが、病理組織診断はganglioneuromaであった。しかし腫瘍マーカー高値が持続するため中央病理診断に再検討をお願いし、最終的にganglioneuroblastomaとの診断を得た。INSS Stage 2aで、JNBSG LI-Bによる化学療法3クール施行後、腫瘍摘出術を施行した。摘出腫瘍の割面は肉眼的に白色調と褐色調の部分が混在して不均一で、組織所見では白色調の部分は生...
Usui Noriaki, Nagata Kouji, Hayakawa Masahiro, Okuyama Hiroomi, Kanamori Yutaka, Takahashi Shigehiro, Inamura Noboru, Taguchi Tomoaki
EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY   24(1) 31-38   Feb 2014   [Refereed]
Miyagawa Shuji, Maeda Akira, Kawamura Takuji, Ueno Takehisa, Usui Noriaki, Kondo Sachiko, Matsumoto Shinichi, Okitsu Teru, Goto Masafumi, Nagashima Hiroshi
GLYCOBIOLOGY   24(2) 125-138   Feb 2014   [Refereed]
A. Maeda, T. Kawamura, K. Nakahata, T. Ueno, N. Usui, H. Eguchi, S. Miyagawa
Transplantation Proceedings   46 1254-1255   Jan 2014
Background Myeloid-derived suppressor cells (MDSCs) were initially found to contribute to immunosuppression in tumor patients and have recently been recognized as a subset of innate immune cells that are capable of regulating adaptive immunity. A ...
A. Maeda, T. Kawamura, K. Nakahata, T. Ueno, N. Usui, H. Eguchi, S. Miyagawa
Transplantation Proceedings   46 1256-1258   Jan 2014
Macrophages play an important role in xenogenic rejection and therefore may represent a major obstacle in clinical application of xenograft. CD33-related sialic acid-binding immunoglobulin-like lectins (Siglecs) belong to the immunoglobulin superf...
Maeda Akira, Kawamura Takuji, Ueno Takehisa, Usui Noriaki, Miyagawa Shuji
XENOTRANSPLANTATION   21(1) 46-56   Jan 2014   [Refereed]
臼井規朗
胎児・新生児肺低形成の診断・治療実態に関する調査研究 平成24-25年度 総合研究報告書   262P   2014
高安肇, 増本幸二, 田口智章, 臼井規朗, 奥山宏臣, 早川昌弘, 金森豊, 吉田英生, 稲村昇, 中村知夫, 五石圭司
胎児・新生児肺低形成の診断・治療実態に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   91-99   2014
臼井規朗
胎児・新生児肺低形成の診断・治療実態に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   1-41   2014
Lally KP, Lasky RE, Lally PA, Bagolan P, Davis CF, Frenckner BP, Hirschl RM, Langham MR, Buchmiller TL, Usui N, Tibboel D, Wilson JM, Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group.
Journal of pediatric surgery   48(12) 2408-2415   Dec 2013   [Refereed]
出生前診断 【他領域からのトピックス 他科における最新の診断方法】
臼井 規朗
日本耳鼻咽喉科学会会報   116(12) 1273,np1-1281,np1   Dec 2013   [Invited]
先天奇形による外科疾患を出生前に診断することは、周産期管理や出生後早期からの治療を行う上で有用であるだけでなく、胎児治療を行う上でも必要不可欠である。トリソミーなどの染色体異常のスクリーニングには、母体血清マーカー検査、母体血中細胞フリー胎児DNA検査、超音波ソフトマーカー検査などが用いられる。しかし、これらはあくまで非確定的な検査であり、確定診断には羊水穿刺や絨毛採取、臍帯穿刺などで得た胎児細胞の染色体検査を行う必要がある。また、これらの遺伝学的検査は遺伝カウンセリングを十分行い、インフ...
臼井 規朗
周産期医学   43(12) 1567-1571   Dec 2013   [Invited]
中畠 賢吾, 上原 秀一郎, 大植 孝治, 上野 豪久, 銭谷 昌弘, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗, 堀 由美子, 森井 英一
日本小児外科学会雑誌   49(7) 1240-1243   Dec 2013
症例は7歳男児。Lowe症候群で当院小児科に通院中であった。近医での超音波検査で肝右葉に腫瘤を認めたため、当科に紹介となった。造影CTでは辺縁が強く造影されたが、中心部は造影効果がなく、周囲に結節が多発していた。造影MRIではT1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号を呈した。血管内皮腫などの良性腫瘍が考えられた一方で、未分化肉腫などの悪性腫瘍も否定できず、右葉切除を施行し腫瘍を全摘した。病理組織診断では先天性血管腫または血管奇形の1病変であるcapillary malformationの...

Books etc

 
Operative General Surgery in Neonates and Infants
Edited by Tomoaki Taguchi, Tadashi Iwanaka, Takao Okamatsu (Part:Contributor, Thoracotomy and laparotomy)
Springer, Japan   Jul 2016   ISBN:9784431558743
This book focuses on standard operative techniques for important diseases in pediatric surgery, especially in neonates and infants, while also offering a wealth of schematic drawings and photographs to help readers understand the surgical techniqu...

Conference Activities & Talks

 
照井慶太, 永田公二, 永田公二, 早川昌弘, 早川昌弘, 奥山宏臣, 奥山宏臣, 甘利昭一郎, 甘利昭一郎, 増本幸二, 増本幸二, 漆原直人, 漆原直人, 岡崎任晴, 岡崎任晴, 稲村昇, 稲村昇, 豊島勝昭, 豊島勝昭, 内田恵一, 内田恵一, 古川泰三, 古川泰三, 岡和田学, 岡和田学, 佐藤泰憲, 佐藤泰憲, 田口智章, 田口智章, 臼井規朗, 臼井規朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   1 Jan 2019   
正畠和典, 臼井規朗, 曹英樹, 笹原淳, 岡本陽子, 金川武司, 石井桂介, 光田信明, 吉田美寿々, 望月成隆, 和田和子, 橘一也, 市田和香子, 西川正則, 廣瀬正幸, 山西整, 奥山宏臣, 奈良啓悟, 前川昌平, 井深奏司
日本周産期・新生児医学会雑誌   1 Jan 2019   
ヒルシュスプルング病手術の現在 ヒルシュスプルング病根治術術後遠隔期の排便機能
曹 英樹, 奈良 啓悟, 正畠 和典, 臼井 規朗, 米倉 竹夫, 奥山 宏臣
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2018   
正畠和典, 東堂まりえ, 岩崎駿, 安部孝俊, 山道拓, 村上紫津, 曹英樹, 惠谷ゆり, 位田忍, 臼井規朗
日本胆道閉鎖症研究会プログラム・演題抄録集   Nov 2018   
出生後の気道確保困難が予想された巨大な頭頸部胚細胞腫瘍の治療経験
正畠 和典, 東堂 まりえ, 岩崎 駿, 安部 孝俊, 山道 拓, 村上 紫津, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2018   
泌尿器・生殖器の治療戦略 総排泄腔遺残症における女性生殖器機能長期予後
松井 太, 野井 拡, 松山 聡子, 矢澤 浩治, 松本 富美, 島田 憲次, 山道 拓, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗, 窪田 昭男
日本小児外科学会雑誌   Oct 2018   
総排泄腔遺残の初期診療と手術 胎児腹水を伴っていた総排泄腔遺残症症例の検討
山道 拓, 奈良 啓悟, 岩崎 駿, 東堂 まりえ, 安倍 孝俊, 村上 紫津, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗, 奥山 宏臣
日本小児外科学会雑誌   Oct 2018   
黒田達夫, 西島英治, 渕本康史, 野澤久美子, 松岡健太郎, 臼井規朗
日本小児呼吸器学会雑誌   31 Aug 2018   
臼井規朗, 臼井規朗, 奥山宏臣, 照井慶太, 早川昌弘, 増本幸二, 豊島勝昭, 甘利昭一郎, 漆原直人, 稲村昇, 横井暁子, 岡崎任晴, 岡和田学, 古川泰三, 内田恵一, 田口智章
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
神経芽腫に対する内鏡視外科手術の検討
山道 拓, 曹 英樹, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児血液・がん学会雑誌   Jun 2018   
胎児治療後も難治性胸水を呈した肺葉外肺分画症に対して新生児期に胸腔鏡下分画肺切除術を施行した1例
當山 千巌, 臼井 規朗, 南園 京子, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹
日本小児外科学会雑誌   Jun 2018   
術前検査により先天性限局性腸管拡張症と診断し得た1新生児例
井深 奏司, 合田 太郎, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Jun 2018   
我々は、術前検査により先天性限局性腸管拡張症と診断し、手術を施行した新生児例を経験したので報告する。症例は在胎39週6日、3,042gで出生した男児。胎児超音波検査で異常は指摘されていなかった。出生後より哺乳が緩慢で、体重減少と腹部膨満の増悪を認め、腹部レントゲン検査で右上腹部に著明な拡張腸管像と大腸に腸管ガスを認め腸閉鎖症は否定された。上部消化管造影検査で空腸上部に拡張腸管は造影されず、注腸検査では結腸全長が正常径を示し拡張腸管は造影されなかった。また、拡張腸管内に減圧目的に留置したチュ...
米田 光宏, 白石 淳, 臼井 規朗, 春本 研, 奥山 宏臣, 市場 博幸
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
伊藤 美春, 照井 慶太, 田附 裕子, 早川 昌弘, 奥山 宏臣, 臼井 規朗, 田口 智章, 新生児横隔膜ヘルニア研究グループ
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
和田 誠司, 杉林 里佳, 小澤 克典, 佐藤 正規, 金森 豊, 伊藤 裕司, 遠藤 誠之, 奥山 宏臣, 笹原 淳, 臼井 規朗, 小谷 友美, 早川 昌弘, 加藤 聖子, 田口 智章, 左合 治彦
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
川西 陽子, 遠藤 誠之, 甘利 昭一郎, 臼井 規朗, 内田 恵一, 漆原 直人, 岡和田 学, 金森 豊, 田口 智章, 照井 慶太, 豊島 勝昭, 早川 昌弘, 古川 泰三, 横井 暁子, 奥山 宏臣
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
前川 昌平, 南園 京子, 當山 千巌, 山道 拓, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
山道 拓, 曹 英樹, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
曹 英樹, 南園 京子, 當山 千厳, 前川 昌平, 山道 拓, 正畠 和典, 奈良 敬悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
上野 滋, 藤野 明浩, 木下 義晶, 岩中 督, 森川 康英, 小関 道夫, 野坂 俊介, 松岡 健太郎, 臼井 規朗, 小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査および診療ガイドライン作成に関する研究班(臼井班)
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
正畠 和典, 南園 京子, 當山 千巌, 山道 拓, 前川 昌平, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
文野 誠久, 臼井 規朗, 小野 滋, 米田 光宏, 宗崎 良太, 東 真弓, 坂井 宏平, 田口 智章, 田尻 達郎
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
當山 千巌, 南園 京子, 前川 昌平, 山道 拓, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
平原 憲道, 藤代 準, 富田 紘史, 照井 慶太, 渡辺 栄一郎, 古村 眞, 米倉 竹夫, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
照井 慶太, 平原 憲道, 立森 久照, 加藤 直広, 藤代 準, 渡辺 栄一郎, 富田 紘史, 岡本 竜弥, 藤雄木 亨真, 古村 眞, 米倉 竹夫, 岡本 晋弥, 臼井 規朗, NCD連絡委員会
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
藤代 準, 岡本 竜弥, 富田 紘史, 藤雄木 亨真, 渡辺 栄一郎, 上原 秀一郎, 小笠原 有紀, 古賀 寛之, 佐々木 隆士, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤野 明浩, 文野 誠久, 古村 眞, 平原 憲道, 岡本 晋弥, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, NCD連絡委員会
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
佐々木 英之, 山高 篤行, 家入 里志, 伊勢 一哉, 臼井 規朗, 風間 理郎, 古賀 寛之, 古村 眞, 佐々木 隆士, 下野 隆一, 寺脇 幹, 照井 慶太, 藤野 明浩, 文野 誠久, 松浦 俊治, 米倉 竹夫, 渡邉 佳子, データベース委員会
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
三好 博実, 清水 義之, 籏智 武志, 稲田 雄, 内藤 祐介, 奥村 純平, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 臼井 規朗, 市田 和香子, 位田 忍, 竹内 宗之
日本小児救急医学会雑誌   25 Apr 2018   
小児に発症する嚢胞性肺疾患 先天性嚢胞性肺疾患の臨床像と診療ガイドライン 出生前診断から外科的治療まで
臼井 規朗
日本病理学会会誌   Apr 2018   
小児に発症する嚢胞性肺疾患 先天性嚢胞性肺疾患の臨床像と診療ガイドライン 出生前診断から外科的治療まで
臼井 規朗
日本病理学会会誌   Apr 2018   
身体所見の再評価により診断に至った5p欠損症候群に発症した盲腸捻転症の1例
三好 博実, 清水 義之, 籏智 武志, 稲田 雄, 内藤 祐介, 奥村 純平, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 臼井 規朗, 市田 和香子, 位田 忍, 竹内 宗之
日本小児救急医学会雑誌   Apr 2018   
左下葉気管支で閉鎖し無気肺像を呈した先天性気管支閉鎖症の1症例
南園 京子, 當山 千厳, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Apr 2018   
右肺の上下葉にわたる気管支閉鎖症と肺葉外分画症に対して胸腔鏡補助下手術を施行した1例
前川 昌平, 南園 京子, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Apr 2018   
当施設における男児中間位鎖肛に対するPSARPとLAARPの検討
奈良 啓悟, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Apr 2018   
梅田聡, 田附裕子, 阪龍太, 阪龍太, 山中宏晃, 高間勇一, 上野豪久, 臼井規朗, 上原秀一郎, 米田光宏, 神山雅史, 米倉竹夫, 澤井利夫, 八木誠, 野瀬聡子, 松尾吉庸, 大植孝治, 奥山宏臣
日本小児外科学会雑誌   2018   
正畠和典, 當山千巌, 塚田遼, 東堂まりえ, 岩崎駿, 安部孝俊, 山道拓, 村上紫津, 曹英樹, 臼井規朗
日本小児外科学会雑誌   2018   
近藤琢也, 近藤琢也, 三好きな, 三好きな, 内田恵一, 漆原直人, 岡崎任晴, 岡和田学, 永田公二, 奥山宏臣, 金森豊, 照井慶太, 古川泰三, 増本幸二, 横井暁子, 臼井規朗, 田口智章, 田口智章
日本小児外科学会雑誌   2018   
伊勢一哉, 伊勢一哉, 内田恵一, 内田恵一, 上原秀一郎, 渡邉稔彦, 照井慶太, 照井慶太, 藤代準, 小笠原友紀, 平原憲道, 平原憲道, 渡辺栄一郎, 渡辺栄一郎, 富田紘史, 富田紘史, 八木實, 古村眞, 古村眞, 石井智浩, 井上幹大, 大橋祐介, 小林めぐみ, 望月響子, 矢本真也, 臼井規朗
日本小児外科学会雑誌   2018   
腹腔鏡補助による人工肛門閉鎖術の利点
奈良 啓悟, 當山 千巌, 前川 昌平, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
当科における神経芽腫に対する内視鏡手術の検討
曹 英樹, 當山 千厳, 正畠 和典, 奈良 敬悟, 臼井 規朗
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
奈良 啓悟, 米山 知寿, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌   25 Dec 2017   
鼠径ヘルニア術後に鼠径部の嚢腫による腹痛で発症したRokitansky症候群の1例
南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2017   
当院における胎児腹水症例の検討
前川 昌平, 曹 英樹, 南園 京子, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2017   
思春期早発症に対し腹腔鏡補助下卵巣嚢腫核出術が有効であったMcCune-Albright症候群の1幼児例
南園 京子, 曹 英樹, 當山 千巌, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2017   
超低出生体重で出生したA型long gap食道閉鎖症の1例
當山 千巌, 南園 京子, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2017   
照井慶太, 藤代準, 富田紘史, 渡辺栄一郎, 平原憲道, 古村眞, 米倉竹夫, 岡本晋弥, 臼井規朗
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
家入里志, 古賀寛之, 佐々木英之, 古村眞, 臼井規朗, 山高篤行, 米倉竹夫, 家入里志, 古賀寛之, 佐々木英之, 古村眞, 臼井規朗, 山高篤行, 米倉竹夫
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
平原憲道, 藤代準, 富田紘史, 照井慶太, 渡辺栄一郎, 古村眞, 米倉竹夫, 臼井規朗
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
佐々木英之, 山高篤行, 伊勢一哉, 風間理郎, 古賀寛之, 下野隆一, 寺脇幹, 照井慶太, 文野誠久, 松浦俊治, 渡邉佳子, 臼井規朗, 古村眞, 米倉竹夫
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
照井慶太, 照井慶太, 永田公二, 伊藤美春, 矢本真也, 白石真之, 豊島勝昭, 吉田英生, 吉田英生, 田口智章, 臼井規朗
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
藤代準, 平原憲道, 渡辺栄一郎, 照井慶太, 富田紘史, 古村眞, 岡本晋弥, 臼井規朗, 佐々木英之, 米倉竹夫, 山高篤行
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
正畠和典, 南園京子, 當山千巌, 前川昌平, 井深奏司, 奈良啓悟, そう英樹, 惠谷ゆり, 位田忍, 臼井規朗
日本胆道閉鎖症研究会プログラム・演題抄録集   Oct 2017   
副腎原発神経芽腫に対する腹腔鏡下手術の検討
曹 英樹, 當山 千巌, 南園 京子, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 敬悟, 樋口 紘平, 竹内 真, 西川 正則, 井上 雅美, 臼井 規朗
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2017   
3兄弟に家族性発症した乳児筋線維腫症
井深 奏司, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昇平, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 山田 淳二, 市川 千宙, 松岡 圭子, 竹内 真, 臼井 規朗
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2017   
出生直後より発症し長期間治療に難渋したIsolated Hypoganglionosis症例の臨床経過
井深 奏司, 曹 英樹, 南園 京子, 當山 千巌, 前川 昌平, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 窪田 昭男, 位田 忍, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Oct 2017   
西本 裕紀子, 加嶋 倫子, 伊藤 真緒, 曹 英樹, 臼井 規朗, 惠谷 ゆり, 位田 忍
日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   30 Sep 2017   
曹 英樹, 當山 千厳, 南園 京子, 前川 昌平, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   25 Aug 2017   
診断に難渋した胸壁腫瘤の1例
塚田 遼, 曹 英樹, 米山 知寿, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Aug 2017   
井深奏司, 當山千巌, 奈良啓悟, 曹英樹, 臼井規朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2017   
臼井規朗, 井深奏司, 正畠和典, 奈良啓悟, 曹英樹, 梅田聡, 田附裕子, 奥山宏臣
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2017   
當山 千巌, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2017   
新生児期に消化管手術を要した極低出生体重児の予後 当院における消化管手術を施行された超低出生体重児の生命および発達予後の検討
井深 奏司, 當山 千巌, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   Jun 2017   
曹 英樹, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 敬吾, 田附 裕子, 惠谷 ゆり, 位田 忍, 臼井 規朗
外科と代謝・栄養   15 Jun 2017   
奥山 宏臣, 田附 裕子, 上野 豪久, 山中 宏晃, 高間 勇一, 阪 龍太, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
外科と代謝・栄養   15 Jun 2017   
正畠 和典, 米山 知寿, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
奈良 啓悟, 當山 千巌, 米山 知寿, 塚田 遼, 井深 奏司, 正畠 和典, 曹 英樹, 松岡 圭子, 竹内 真, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
曹 英樹, 米山 知寿, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 敬悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
當山 千巌, 臼井 規朗, 塚田 遼, 米山 知寿, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
米山 知寿, 曹 英樹, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
塚田 遼, 井深 奏司, 米山 知寿, 當山 千巌, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
井深 奏司, 當山 千厳, 塚田 遼, 米山 知寿, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
川原 央好, 田附 裕子, 曹 英樹, 臼井 規朗, 奥山 宏臣
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
照井 慶太, 臼井 規朗, 田附 裕子, 永田 公二, 伊藤 美春, 奥山 宏臣, 早川 昌弘, 田口 智章, 佐藤 泰憲, 吉田 英生
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
上野 滋, 藤野 明浩, 木下 義晶, 岩中 督, 森川 康英, 小関 道夫, 野坂 俊介, 松岡 健太郎, 臼井 規朗, 小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査および診療ガイドライン作成に関すす研究班(臼井班)
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
上野 滋, 藤野 明浩, 木下 義晶, 岩中 督, 森川 康英, 小関 道夫, 野坂 俊介, 松岡 健太郎, 臼井 規朗, 小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査および診療ガイドライン作成に関する研究班(臼井班)
日本小児外科学会雑誌   10 May 2017   
市田和香子, 山田利栄, 西川正則, 塚田遼, 曹英樹, 臼井規朗, 松岡圭子, 竹内真
日本小児放射線学会雑誌(Web)   30 Apr 2017   
金川 武司, 臼井 規朗, 味村 和哉, 笹原 淳, 遠藤 誠之, 石井 桂介, 木村 正, 光田 信明
超音波医学   15 Apr 2017   
照井 慶太, 臼井 規朗, 田附 裕子, 永田 公二, 伊藤 美春, 奥山 宏臣, 早川 昌弘, 田口 智章, 吉田 英生
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
井深 奏司, 曹 英樹, 米山 知寿, 塚田 遼, 當山 千巌, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
塚田 遼, 奈良 啓悟, 米山 知寿, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
臼井 規朗, 米山 知寿, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 奏司, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 前田 貢作
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
十二指腸壁に異所性胆管組織増殖を伴った胆道閉鎖症の1例
樋渡 勝平, 河島 茉澄, 野村 美緒子, 児玉 匡, 井深 奏司, 森 大樹, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗, 松岡 圭子, 竹内 真
日本小児外科学会雑誌   Feb 2017   
井深奏司, 正畠和典, 森大樹, 奈良啓悟, そう英樹, 臼井規朗, 上原秀一郎, 米田光宏
日本周産期・新生児医学会雑誌   Jan 2017   
井深奏司, そう英樹, 米山知寿, 塚田遼, 當山千巌, 正畠和典, 奈良啓悟, 臼井規朗
日本小児外科学会雑誌   2017   
先天性食道閉鎖症内視鏡下手術 胸腔鏡下先天性食道閉鎖症手術 当施設の成績と工夫
奥山 宏臣, 山中 宏晃, 田附 裕子, 上野 豪久, 高間 勇一, 阪 龍太, 米倉 竹夫, 神山 雅史, そう 英樹, 臼井 規朗
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2016   
河島 茉澄, 曹 英樹, 樋渡 勝平, 野村 美緒子, 井深 泰司, 森 大樹, 奈良 啓悟, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2016   
井深 奏司, 曹 英樹, 樋渡 勝平, 河島 茉澄, 野村 美緒子, 森 大樹, 奈良 啓悟, 藤原 香緒里, 山本 勝輔, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2016   
當山 千巌, 井深 奏司, 米山 知寿, 塚田 遼, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2016   
塚田 遼, 井深 奏司, 米山 知寿, 當山 千巌, 正畠 和典, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 山田 寛之, 恵谷 ゆり, 位田 忍, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2016   
米山 知寿, 正畠 和典, 塚田 遼, 當山 千巌, 井深 秦司, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Dec 2016   
EOB・プリモビストを用いたMRI検査が再発肝芽腫の術前評価に有用であった1例
井深 奏司, 正畠 和典, 曹 英樹, 樋口 紘平, 井上 雅美, 臼井 規朗
日本小児血液・がん学会雑誌   Nov 2016   
Wilms腫瘍の摘出術に関連する画像因子(Imaging factors associated with the surgical risks in the patients with Wilms tumor)
大植 孝治, 米田 光宏, 上原 秀一郎, 佐々木 隆士, 銭谷 昌弘, 井深 奏司, 臼井 規朗, 中畠 賢吾, 奥山 宏臣
日本小児血液・がん学会雑誌   Nov 2016   
臼井 規朗
日本新生児成育医学会雑誌   15 Nov 2016   
正畠和典, 當山千巌, 米山知寿, 塚田遼, 井深奏司, 奈良啓悟, 曹英樹, 惠谷ゆり, 位田忍, 臼井規朗
日本胆道閉鎖症研究会プログラム・演題抄録集   Oct 2016   
野村 美緒子, 樋渡 勝平, 井深 奏司, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2016   
奈良啓悟, 井深奏司, 塚田遼, 米山知寿, 當山千巌, 正畠和典, 曹英樹, 臼井規朗
日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会プログラム・抄録集   15 Jun 2016   
新生児期の両側総腸骨動脈閉塞による結腸狭窄術後も排便障害が継続している1例
河島 茉澄, 奈良 啓悟, 樋渡 勝平, 野村 美緒子, 井深 奏司, 森 大樹, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Jun 2016   
嚢胞性肺疾患に関する小児外科施設全国調査の解説
黒田 達夫, 西島 英治, 前田 貢作, 渕本 康史, 田附 裕子, 広部 誠一, 野澤 久美子, 松岡 健太郎, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Jun 2016   
Nuss手術後4年半経過後にバー抜去した1例
野村 美緒子, 河島 茉澄, 樋渡 勝平, 井深 奏司, 森 大樹, 奈良 啓悟, 曹 英樹, 臼井 規朗
日本小児外科学会雑誌   Jun 2016   

Works

 
Research on Congenital Diaphragmatic Hernia
USUI Noriaki   The Others   2005 - Today
Research on prenatal diagnosis
USUI Noriaki   The Others   1991 - Today
Research on regeneration medicine for pediatric trachea and bronchus
USUI Noriaki   The Others   2008 - 2015
Research of bacterial tranlocation
USUI Noriaki   The Others   1997 - 2001
Research on tracheobronchial abnormalities in tracheoesophageal fistura
USUI Noriaki   The Others   1992 - 1997

Research Grants & Projects

 
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): OUE Takaharu
先天性呼吸器・胸郭形成異常疾患に関する診療ガイドライン作成ならびに診療体制の構築普及に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Policy Studies in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): USUI Noriaki
先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究
Japan Agency for Medical Research and Development: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Practical Application in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): OKUYAMA Hiroomi
先天性胆道拡張症における胆道癌発癌機構解明に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): MORI Hiroki
小児期から移行期・成人期を包括する希少難治性慢性消化器疾患の医療政策に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Policy Studies in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): TAGUCHI Tomoaki
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Policy Studies in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): USUI Noriaki
小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Policy Studies in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): TAGUCHI Tomoaki
脱細胞化した気管・気管支を足場とした気管・気管支再生に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): USUI Noriaki
新生児外科の健診モデル構築とトランジション可能な長期フォローアップ電子手帳の開発
Ministry of Health, Labor and Welfare: 
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016    Investigator(s): KINOSHITA Yoshiaki
小児呼吸器形成異常・低形成疾患に関する実態調査ならびに診療ガイドライン作成に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Policy Studies in Intractable Diseases
Project Year: Apr 2014 - Mar 2015    Investigator(s): USUI Noriaki
胎児・新生児肺低形成の診断・治療実態に関する調査研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Overcoming Intractable Diseases
Project Year: Apr 2012 - Mar 2014    Investigator(s): USUI Noriaki
脂肪組織由来幹細胞を用いた気管軟骨再生法に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): USUI Noriaki
機能的層構造を有する小児の気管再生法に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): KAMIYAMA Masafumi
新生児横隔膜ヘルニアの重症度別治療指針の作成に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Overcoming Intractable Diseases
Project Year: Apr 2011 - Mar 2012    Investigator(s): USUI Noriaki
胎児仙尾部奇形腫の実態把握・治療指針作成に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Overcoming Intractable Diseases
Project Year: Apr 2010 - Mar 2012    Investigator(s): TAGUCHI Tomoaki
新素材を足場骨格に応用した小児の気管・気管支再生に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011    Investigator(s): USUI Noriaki
胎児仙尾部奇形腫の実態把握・治療指針作成に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health and Labour Sciences Research Grants for Research on Overcoming Intractable Diseases
Project Year: Apr 2009 - Mar 2010    Investigator(s): KITANO Yoshihiro
先天性横隔膜ヘルニア肺低形成に対する遺伝子治療の研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007    Investigator(s): KAMATA Shinkichi
先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児期薬剤治療の研究:アドレノメデュリンの効果
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2002 - Mar 2004    Investigator(s): KAMATA Shinkichi
腸管上皮内リンパ球が腸管粘膜透過性に及ぼす影響に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2000 - Mar 2003    Investigator(s): USUI Noriaki
NOと活性酸素の相互作用によるポリADPリボースポリメラーゼの活性化とDNA障害
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 2000 - Mar 2002    Investigator(s): YONEKURA Takeo
新生児ECMOに続発する循環不全及び臓器障害の病態に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (C)
Project Year: Apr 1997 - Mar 1999    Investigator(s): USUI Noriaki
新生児阻血性腸疾患の病態に関する研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Scientific Research Basic Section (B)
Project Year: Apr 1996 - Mar 1998    Investigator(s): OKADA Akira
新生児・乳児における膜型人工肺(ECMO)の末梢血管透過性に及ぼす影響
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in Aid for Early-Career Scientists
Project Year: Apr 1996 - Mar 1997    Investigator(s): USUI Noriaki
Study on Congential Tracheoesophageal Fistula
Study on Bacterial Translocation
Study on Tracheobroncheal Anomalies
Study on antenatal diagnosis
Study on congenital diaphragmatic hernia