関島 恒夫

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/23 00:00
 
アバター
研究者氏名
関島 恒夫
 
セキジマ ツネオ
所属
新潟大学
部署
大学院自然科学研究科 環境科学専攻
職名
助教授
学位
博士(農学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
1998年
神奈川科学技術アカデミー 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1993年
東京大学 農学系研究科 林学
 
 
 - 
1986年
筑波大学 第二学群 農林学類
 

委員歴

 
1998年
   
 
哺乳類学会  英文編集委員
 
1999年
 - 
2001年
哺乳類学会  英文誌編集委員
 

Misc

 
ヒメネズミ Apodemus argenteusとアクネズミ A.speciosusの微生息環境利用の季節的変化
哺乳類科学   39(2) 229-237   1999年
冬眠できない動物の低体温現象
生物の化学「遺伝」   Vol.56,No.1,61-67    2002年
森林伐採後の植生回復過程におけるヒメネズミApodems argentersとアクネズミA.spciouws個体群特性
哺乳類課科学   41巻1号,pp.1-11    2001年

書籍等出版物

 
冬眠する哺乳類
東京大学出版   2000年   
猛禽類アセスメントの問題と今後の取り組み
技術情報協会   2001年   

Works

 
植物研究園における野生動物の利用動態に関する研究
2000年
イヌワシの生態に関する研究
2000年

競争的資金等の研究課題

 
哺乳類における冬眠の進化に関する研究
希少猛禽類イヌワシの保全に関する研究
研究期間: 2002年