加太 英明

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/31 19:50
 
アバター
研究者氏名
加太 英明
 
カブト ヒデアキ
所属
香川県立保健医療大学
部署
教養部
職名
教授
学位
博士(学術)(岡山大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
名古屋大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Decreased Protein and Increased Triglycerides and EPA Concentrations in Human Colostrum Produced Three to Five Days Postpartum by Japanese Mothers
Journal of Kagawa Prefectural University of Health Sciences   9 21-25   2018年   [査読有り]
Oral Administration of Eicosapentaenoic Acid or Docosahexaenoic Acid Modifies Cardiac Function and Ameliorates Congestive Heart Failure in Male Rats.
J. Nutrition,   12 1-8   2014年   [査読有り]
DHA製品の開発と機能性評価
万倉三正,西岡功志,加太英明,山主智子,戸谷永生,中本賀寿夫,金行孝雄,高山房子
ジャパンフードサイエンス   49(1) 45-52   2010年   [査読有り]

Misc

 
香川県の河川水における界面活性剤LAS,ビスフェノールAおよびノニルフェノールについて
獅々堀 彊,加太英明,岡崎尋美,岡野亜希子
香川県立医療短期大学紀要   4 121-127   2003年
ポリスチレン製食器および調理済み即席麺中のスチレンダイマーおよびトリマーの測定
獅々堀彊,加太英明,岡野亜希子,岡崎尋美
香川県立医療短期大学紀要   3 9-16   2002年
高松市およびその周辺の水系におけるビスフェノールAおよびp-n-ノニルフェノール濃度の年間変動
加太英明,獅々堀彊,藤本千草
香川県立医療短期大学紀要   3 1-7   2002年
Determination of nitrite and nitrate in blood specimens by flow injection analysis.
Bulletin of Kagawa Prefectural College of Health Sciences   1 11-18   1999年
Determination of Nitrite and Nitrate in Blood Specimens by Flow Injection Analysis (共著)
Bulletin of Kagawa Prefectural College of Health Sciences   1 11-18   1999年

Works

 
活性酸素種消去剤による外傷性てんかん発症予防の研究
2001年 - 2003年
活性酸素消去剤による外傷性てんかん焦点形成予防対策に関する研究
1998年 - 2000年
香川県内主要河川における外因性内分泌攪乱物質等の定期的測定およびは体への影響に関する研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
ドコサヘキサエン酸による心臓拍動制御の変化に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山主 智子
スクアレン及びスクアランのパーキンソン病モデルマウスに対する影響
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 加太 英明
ドコサヘキエン酸代謝物レゾルビンD1の炎症収束作用による心疾患抑制に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 山主 智子
パーキンソン病モデル動物における,香辛料成分の発症後病態進行抑制効果に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 加太 英明
活性酸素消去剤による外傷性てんかん発症予防の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 横井 功