柳瀬 笑子

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/22 08:39
 
アバター
研究者氏名
柳瀬 笑子
 
ヤナセ エミコ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 応用生命科学講座 分子生命科学系 生物有機化学研究室
職名
准教授
学位
修士(農学)(岐阜大学), 博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
連合農学研究科応用生物科学研究科

プロフィール

食品や和漢薬等の中には、様々な生体調節機能を持つ有機化合物が含まれており、それらから特に機能性物質の一群であるポリフェノール類に着目して有効成分の探索、分離、化学的な特徴の解析(構造決定)を行ってる。さらにポリフェノール類が、植物の生育環境、食品の製造工程でどのような変化をうけるのか、有機化学的な視点から分子レベルで明らかにすることを目的として研究をおこなっている。/発酵茶(紅茶・烏龍茶)高分子ポリフェノールの生成機構/アントシアニン類のラジカル酸化反応/スプラウト機能性成分への生育環境の影響/赤米の濃色化機構/機能性物質の効率的な分離法と分析法確立など

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 准教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 助手
 
2004年4月
 - 
2011年3月
岐阜大学 助教
 
2011年4月
   
 
岐阜大学 准教授
 
2002年10月
 - 
2011年3月
長良サイエンス(株) 取締役
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
岐阜大学 農学研究科 生物資源利用学
 
 
 - 
2005年
岐阜大学  
 
 
 - 
1996年
岐阜大学 農学部 生物資源利用学
 
1998年4月
 - 
1999年4月
岐阜大学連合農学研究科  
 

論文

 
Kazuki Ogawa, Sayumi Hirose, Satoshi Nagaoka, Emiko Yanase
Journal of Agricultural and Food Chemistry   64(1) 204-209   2016年
© 2015 American Chemical Society. The molecular mechanism by which tea polyphenols decrease the micellar solubility of cholesterol is not completely clear. To clarify this mechanism, this study investigated the interaction between tea polyphenols ...
Kazuki Ogawa, Sayumi Hirose, Hitomi Yamamoto, Masaya Shimada, Satoshi Nagaoka, Emiko Yanase
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   25 749-752   2015年1月
© 2015 Elsevier Ltd. The synthesis of oolongtheanins (1a-. d) was accomplished from EGC and/or EGCg in three steps. Oolongtheanin-3'-. O-gallate (1b) showed more potent inhibitory activity on micellar cholesterol solubility than did EGCg.
Haruna Kamiya, Emiko Yanase, Shin-ichi Nakatsuka
Food chemistry   155 221-226   2014年
The radical oxidation mechanism of anthocyanin derivatives was investigated by the reaction of cyanidin 3-O-glucoside in the presence of radical initiator 2,2′-azobis-(2,4-dimethyl)valeronitrile (AMVN) in EtOH and aqueous CH 3CN. Six different oxi...
Sayumi Hirose, Kaoru Tomatsu, Emiko Yanase
Tetrahedron letters   54(51) 7040-7043   2013年
Oolongtheanin-3′-O-gallate (2b) was obtained by treatment of (-)-EGCg (1d) with CuCl2. This transformation was achieved over three steps, with the isolation of two intermediates; their chemical structures were determined through derivatization rea...
Bao, Y., Yanase, E. and Nakatsuka, S.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   77(4) 877-879   2013年
Campesteryl ferulate (3a, 24R/α) and epi-campesteryl ferulate (3b, 24S/β), components of rice bran γ- oryzanol, were isolated by the preparative recycle HPLC system using a combination of ODS silica and cholester packed columns at over 99% purity....

Misc

 
烏龍茶ポリフェノールの分子構造解明と生理機能発現機構の分子解析
柳瀬 笑子
アグリバイオ   1(4) 470-473   2017年   [依頼有り]

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 柳瀬 笑子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 柳瀬 笑子
ウーロンテアニン類の生成機構の解明を目指し、本年度はカテキン類であるエピガロカテキンガレート(EGCg)およびエピガロカテキン(EGC)を用いて酸化反応中の変化について機器分析等を用いて詳細に追跡した。その結果、EGCg及びEGCは、3段階の反応を経てウーロンテアニン類へと変換されており、2種の中間体I、IIの存在が明らかとなった。各種機器分析及び誘導化反応を用いてその単離、構造決定を行ったところ中間体Iは、同じくウーロン茶中から単離されているテアシネンシン類の中間体として報告されているD...
生理機能解明を指向したウーロン茶ポリフェノールの生成機構解明及びその合成
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 柳瀬 笑子
生理機能解明を指向したウーロン茶ポリフェノールの生成機構解明及びその合成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 柳瀬 笑子
生理機能解明を指向したウーロン茶ポリフェノールの生成機構解明及びその合成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 柳瀬 笑子

特許

 
WO 2009064485 : Antioxidant flavonoid derivatives.

その他

 
2002年12月
甲種危険物取扱者