柳瀬 笑子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
柳瀬 笑子
 
ヤナセ エミコ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 応用生命科学講座 分子生命科学系 生物有機化学研究室
職名
准教授
学位
修士(農学)(岐阜大学), 博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
連合農学研究科応用生物科学研究科

プロフィール

茶カテキン類に関する研究/茶の機能性成分であるカテキン類を大量かつ純粋に取り出す方法を確立し、これを材料に誘導体の合成や化学的性質及び生理活性発現機構の解明しより有用な誘導体の創出を目指しています。/紅茶テアフラビン類に関する研究/紅茶の紅色色素であるテアフラビン類の生成機構を解明しその効率的なな合成法の確立を目指している。またこれを材料に誘導体の合成や化学的性質及び生理活性発現機構の解明しより創出を目指している/ナシ黒斑病菌毒素の研究/ナシ黒斑病菌の放出する宿主特異的毒素について分離精製、構造解析及び合成すると共に菌体内での毒素生成機構や毒性を示す機構等について研究し、将来は病気の予防、防除法へと発展させたい。/食品、和漢薬成分の研究/茶、大豆、センブリ等から有効成分を大量かつ純粋に取り出す方法を確立し、これを材料に誘導体の合成や化学的性質及び生理活性発現機構の解明を目指している。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 准教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 助手
 
2004年4月
 - 
2011年3月
岐阜大学 助教
 
2011年4月
   
 
岐阜大学 准教授
 
2002年10月
 - 
2011年3月
長良サイエンス(株) 取締役
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
岐阜大学 農学研究科 生物資源利用学
 
 
 - 
2005年
岐阜大学  
 
 
 - 
1996年
岐阜大学 農学部 生物資源利用学
 
1998年4月
 - 
1999年4月
岐阜大学連合農学研究科  
 

論文

 
Synthesis of monomethyl and dimethyl derivatives of Epicatechin gallate and their photo-sensitivity.
Yanase Emiko(Gifu Univ.),Nakatsuka Shin-ichi(Gifu Univ.)
Hetelocyclic Commun.   5(4) 339-342   1999年3月
非天然型β―メチルフェニルアラニン添加によるナシ黒斑病菌のAK-毒素生産能の制御.
柳瀬 笑子(岐阜大学),中塚 進一(岐阜大学)
23-26   1999年5月
Novel dimerization products of N-Acylindoles with AlCl3.
Fujino Kazutaka(Gifu Univ.),Yanase Emiko(Gifu Univ.),Nakatsuka Shin-ichi(Gifu Univ.)
Hetelocyclic Commun   10 265-268   2004年4月
Origomerization of N-Tosylindols with aluminum chloride.
Fujino Kazutaka(Gifu Univ.),Yanase Emiko(Gifu Univ.),Shinoda Yoshihiko(The United Graduate School of Agricultural Science, Gifu University,),Nakatsuka Shin-ichi(Gifu Univ.)
Biosci. Biotechnol. Biochem.   68 764-766   2004年4月
Synthesis and structure revision of (±)-Megasporizine
Nohara Satoshi(The United Graduate School of Agricultural Science),Emiko Yanase(Faculty of Agriculture),Sawaki Kaori(Faculty of Agriculture),Nakatsuka Shin-ichi(Faculty of Agriculture)
ITE Letters on batteries, new technologies&Medicine   5(4) 369-372   2004年7月

Misc

 
Umakanta Chowra, Emiko Yanase, Hiroyuki Koyama, Sanjib Kumar Panda
Protoplasma   1-10
© 2016 Springer-Verlag Wien Aluminium-induced oxidative damage caused by excessive ROS production was evaluated in black gram pulse crop. Black gram plants were treated with different aluminium (Al3+) concentrations (10, 50 and 100 μM with pH 4.7)...
So R. Kim, Jiangtao He, Emiko Yanase, Emiko Yanase, Young P. Jang, Nina Berova, Janet R. Sparrow, Janet R. Sparrow, Janet R. Sparrow, Koji Nakanishi, Koji Nakanishi
Biochemistry   46 10122-10129
Bisretinoid lipofuscin pigments that accumulate in retinal pigment epithelial cells are implicated in the etiology of several forms of macular degeneration, including juvenile onset Stargardt disease, Best vitelliform macular degeneration, and age...
Nobuyoshi Ishino, Emiko Yanase, Shin Ichi Nakatsuka
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   74 875-877
Tea catechins in a buffer at pH 7 with N 2 replacing O 2 epimerized rapidly at 80 °C with less than 10% of oxidative side reactions and gave catechin epimers in a 50-63% yield. The epimerization of catechins with three hydroxyl groups was faster t...
Mayumi Hattori, Tokimitsu Ohki, Emiko Yanase, Yoshihito Ueno
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   22 253-257
A reliable and simple method for detecting nucleobase mutations is very important clinically because sequence variations in human DNA cause genetic diseases and genetically influenced traits. A majority of sequence variations are attributed to sin...
Formation Mechanism of Theaflavins
The39th IUPAC Congres and the 86th Conference of The Canadian Society for Chemistry   239    2003年

講演・口頭発表等

 
5位にエステル置換基をもつベンゾトロポロン誘導体の合成
柳瀬 笑子(岐阜大学),石野 暢好(岐阜大学),中塚 進一(岐阜大学)
2009年3月   
Efficient preparation of four blackcurrant anthocyanins by combination of normal phase and reversed phase chromatography.
中塚 進一(岐阜大学),岡野 慎司(岐阜大学),柳瀬笑子(岐阜大学)
5th international workshop on anthocyanins, 2009 in Japan   2009年9月   
Formation Mechanism of Oolong Tea Polyphenol : Oolongtheanins
Sayumi Hirose, Kaoru Tomatsu , and Emiko Yanase
The 5th international conference on O-CHA culture and science   2013年10月   
Formation mechanism of Theaflavins
Yanase Emiko(GifuUniv.),SawakiKaori(Gifu Univ.),Maruyama Hiroe(Gifu Univ.),Nakatsuka Shin-ichi(Gifu Univ.)
2003年8月   
Formation mechanism of theaflavins
Nakatsuka Shin-ichi(Gifu Univ.)
2005年6月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 柳瀬 笑子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 柳瀬 笑子
ウーロンテアニン類の生成機構の解明を目指し、本年度はカテキン類であるエピガロカテキンガレート(EGCg)およびエピガロカテキン(EGC)を用いて酸化反応中の変化について機器分析等を用いて詳細に追跡した。その結果、EGCg及びEGCは、3段階の反応を経てウーロンテアニン類へと変換されており、2種の中間体I、IIの存在が明らかとなった。各種機器分析及び誘導化反応を用いてその単離、構造決定を行ったところ中間体Iは、同じくウーロン茶中から単離されているテアシネンシン類の中間体として報告されているD...
ナシ黒斑病菌のAK毒素生産能に関する研究
茶カテキン類の化学的反応性に関する研究
紅茶色素テアフラビン類の化学的研究

特許

 
WO 2009064485 : Antioxidant flavonoid derivatives.

社会貢献活動

 
研究成果活用兼業
【】  2003年10月1日
長良サイエンス㈱取締役
イノベーションジャパン2005大学見本市出展
【】  2005年9月27日 - 2005年9月30日
岐阜大学フェア出展
【】  2005年9月30日 - 2005年10月2日
ITE Letter 審査
【】  2006年1月26日
ITE Letter 060117-06の審査
ITE Letter誌審査
【】  2006年1月26日
ITE Letter 060117-05の審査

その他

 
2002年12月
甲種危険物取扱者
2005年   生命科学研究支援センター機器分析分野協力員
質量分析装置フーリエ変換核磁気共鳴装置