八代田 真人

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
八代田 真人
 
ヤヨタ マサト
eメール
yayogifu-u.ac.jp
URL
http://www.gifu-u.ac.jp/~animal/index.htm
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 生物生産科学講座 応用動物科学系 動物生産栄養学研究室
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学大学院)
その他の所属
地域協学センター応用生物科学研究科連合農学研究科

プロフィール

耕作放棄地および放棄林地の牛による放牧利用/中山間地域に増加しつつある耕作放棄地および放棄林地を和種繁殖牛により放牧利用することで,土地の再利用を目標とする。・放棄地における和種繁殖牛の放牧飼養管理技術の開発・放牧のと放棄地植生の生態学的相互作用の評価/放牧野草の反芻胃および下部消化管における消化動態の解明/放棄地や林地,牧野の植生である野草が反芻動物の消化管内でどのような消化特性をもち,利用されていくかを明らかにすることを目的とする。/反芻動物における採食生態

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 准教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程 岐阜大学応用生物科学部生産環境科学課程 准教授
 
2004年
   
 
岐阜大学応用生物科学部 助教
 
2000年
   
 
岐阜大学農学部 助手
 
2000年8月
 - 
2004年3月
岐阜大学農学部
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
帯広畜産大学 畜産学部 畜産管理
 
1995年4月
 - 
1997年3月
北海道大学大学院農学研究科 博士前期課程  
 
1995年4月
 - 
2000年6月
北海道大学大学院農学研究科 博士後期課程  
 

受賞

 
2004年3月
日本草地学会 日本草地学会研究奨励賞 放牧を主体とした酪農における効率的土地利用法の解明と構築
 

論文

 
Noriaki Nakajima, Kazuya Doi, Sae Tamiya, Masato Yayota:
Livestock Science   281 44-49   2018年   [査読有り]
多様な植生下における放牧家畜の連続的な bite モニタリング.
八代田真人,土井和也
日本草地学会誌   64 119-124   2017年   [査読有り]
Yanti Y., Yayota M.
Reviews in Agriculture   5 65-76   2017年   [査読有り]
Yayota M., Doi K., Kawamura K., Ogura S
Journal of Integrated Field Science   14 39-47   2017年   [査読有り]
Hanny CT., Shibata M., Yayota M., Iwasawa A.
Reviews in Agriculture Science,   5 45-55   2017年   [査読有り]
Hanny CT., Shibata M., Yayota M., Darras VM., Iwasawa A
Journal of Reproduction and Development   63 463-472   2017年   [査読有り]
Xu W., Iwasawa A., Yayota M
Metabolomics   13 90   2017年   [査読有り]
Xu W., Okayama N., Iwasawa A., Yayota M
Animal Science Journal   88(9) 1352-1363   2017年   [査読有り]
塩田幸弘,八代田真人,河村あゆみ,田中正之
日本畜産学会報   88 9-17   2017年   [査読有り]
草地に関わる教育の現状と課題:専門教育の体系化と学校・社会教育への展開.
八代田 真人
日本草地学会誌   62 232-238   2017年   [査読有り]
Xu W., Taki Y., Iwasawa A., Yayota M.
Journal of Animal Physiology and Animal Nutrition   100 1023-1030   2016年   [査読有り]
石田仁,黒米皓次,土井和也,八代田真人
日本緑化工学会誌   41 133-138   2015年   [査読有り]
絶食日の規則性がアムールトラ餌料消化率および常同行動に及ぼす影響.
山下千果,八代田真人,関根潤一,西尾砂美,渡辺千絵,井出健,奥田龍太,大谷滋. 
日本動物園水族館雑誌   56 33-44   2015年   [査読有り]
Matsuda, I., Tuuga, A., Hashimoto, C., Bernard, H., Yamagiwa, J., Fritz, J., Tsubokawa, K.., Yayota, M., Murai, T., Iwata, Y., Clauss, M.
Oecologia   174 1127-1137   2014年   [査読有り]
Tani, Y, Yokota, Y, Yayota, M, and Ohtani, S.
Computers and Electronics in Agriculture   92 54-65   2013年1月
Yayota, M., Tsukamoto, M., Yamada, Y. and Ohtani, S.
Journal of Dairy Science   96 5174-5183   2013年   [査読有り]
29. Okada, K., Sato, I., Deguchi, Y., Morita, S., Yasue, T., Yayota, M., Takeda, K. and Sato, S.
Animal Science Journal   84 798-801   2013年   [査読有り]
Effect of plant form on the ingestive behavior and intake rate of grazing cattle: A preliminary report
Yayota, M., Kato, A. and Ohtani, S
Proceedings of the 4th Japan-China-Korea Grassland Conference   264-265   2011年   [査読有り]
Short-term intake rate and ingestive behavior of cattle grazing dwarf bamboo (sasa senanensis)
Yayota, M., Tani, Y., Ohtani, S.
roceedings of the 44th congress of the international society for applied ethology (ISAE)   210   2010年   [査読有り]
Effect of mobile bag and sample sizeson intestinal digestibility of forage in sheep
Yayota, M, Kouketsu, T, Karashima, J, Nakano, M. and Ohtani, S.
Asian-Australasian Journal of Animal Science   22 1620-1624   2009年12月
大規模な野草地,牧草地および野草牧草混在草地に放牧した黒毛和種繁殖牛の血液性状による栄養状態の評価
中野美和,葛間風花子,八代田真人,大谷滋
日本草地学会誌   55 21-28   2009年4月
Yayota, M., Karashima, J., Kouketsu, T., Nakano, M. and Ohtani, S.
Animal Feed Science and Technology   149 89-101   2009年2月
Strategy for the nutritional management of cattle grazing in native grasslands in Japan.
Yayota, M., Nakano, M. and Ohtani. S.
Journal of the Korean Society of grassland and Forage Science   29 97-102   2009年   [招待有り]
Hnin Yi Soe, Yayota, M. and Ohtani, S
The Journal of Poultry Science   46(3) 203-211   2009年   [査読有り]
野草の放牧利用-飼料としての特徴と活用方法-
八代田 真人
臨床獣医   26 8-12   2008年11月
Yayota, M., Nakano, M., Karashima, J. and Ohtani, S.
Grassland Science   54(1) 33-39   2008年1月
芦原茜,吉岡豪,今枝紀明,八代田真人,大谷滋
日本畜産学会報   79(2) 221-226   2008年   [査読有り]
23. 芦原茜,吉岡豪,今枝紀明,八代田真人,大谷滋
日本畜産学会報   79(2) 227-234   2008年   [査読有り]
Hnin Yi Soe, Yayota, M. and Ohtani, S
The Journal of Poultry Science   45(2) 101-109   2008年   [査読有り]
Nakano, M., Yayota, M. and Ohtani, S.
Grassland Science   54(2) 62-68   2008年   [査読有り]
Hnin Yi Soe, Makino, Y., Mochizuki, S., Yayota, M. and Ohtani, S.
The Journal of Poultry Science   44(4) 366-374   2007年10月
北海道東部の放牧利用酪農家における自給粗飼料の利用に影響する要因
八代田真人,花田正明,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦:
日本草地学会誌   122-126   2007年3月
北海道東部の放牧利用酪農家における自給粗飼料の利用に影響する要因.
八代田真人・花田正明・中辻浩喜・近藤誠司・大久保正彦
日本草地学会誌   52 122–126   2007年
芦原茜・吉岡豪・今枝紀明・八代田真人・大谷滋
日本畜産学会報   78(4) 435-440   2007年
Nakatsuji,H., Nishimichi, Y., Yayota, M., Takahashi, M., Ueda, K., Kondo, S. and Okubo, M.
Grassland Science   52(4) 175-180   2006年12月
Hnin Yi Soe,Makino, Y., Uozumi, N., Yayota, M. and Ohtani, S.
44(2) 153-160   2006年
放牧野草の反芻胃と下部消化管における消化および通過特性の解明
八代田真人,辛嶋純,纐纈司,中野美和,大谷滋
平成16年度食肉に関する助成研究調査成果報告書   23 132-137   2005年12月
Takasu, M., Yayota, M., Nakano, M., Nishii, N., Ohba, Y., Okada, K., Maeda, S., Miyazawa, K. and Kitagawa, H.
The Journal of Veterinary Medical Science   67(12) 1269-1271   2005年12月
Ruminal disappearance and passage rates in fresh Nezasa dwarf bamboo growing in Japanese native pasture
Yayota, M., Karashima, J., Kouketsu, T., Nakano, M. and Ohtani, S.:
Proceedings of XX International Grassland congress   238-238   2005年7月
野草放牧における和種繁殖牛の栄養管理方法の開発
八代田真人,中野美和,辛嶋純,大谷滋
平成15年度食肉に関する助成研究調査成果報告書   22 168-173   2004年12月
A comparison of nutrient intake and digestibility in beef cows grazed on Nezasadwarf bamboo (Pleioblastus chino var. viridis) dominated pasture and improved grass pasture.
Yayota, M., Kobayashi, M. and Ohtani, S
Grassland Science   49 430-437   2003年12月
Effect of stocking rate and grazing initiation date on milk production per unit area under rotational grazing system
Yayota, M., Nishimichi, Y., Yayota, C., Nakatsuji, H., Kondo, S. and Okubo, M
Grassland Science   48 407-411   2002年12月
Effect of pre-grazing grass height on milk production bydairy cows under rotational grazing.
Yayota, M., Nishimichi, Y., Yayota, C., Nakatsuji, H., Kondo, S. and Okubo, M
Grassland Science   48 401-406   2002年12月
Dietary energy source and supplements in broiler diets containing defatted rice bran
Adrizal, Ohtani, S. and Yayota, M.
11 410-417   2002年
泌乳牛を輪換放牧したペレニアルライグラス優占草地における放牧前イネ科草高が牧草生産量と利用草量に及ぼす影響
西道由紀子,八代田真人,八代田千鶴,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦
日本草地学会誌   47 594-598   2002年
泌乳牛の輪換放牧下における放牧頭数および放牧開始時期が年間利用草量に及ぼす影響
西道由紀子,八代田真人,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦
日本草地学会誌   48 22-26   2002年
草地型酪農地域の酪農家における土地利用方法と土地からの牛乳生産の関係
八代田真人,藤芳雅人,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦
日本草地学会誌   47 399-404   2001年12月
草地型酪農地域の酪農家における土地利用実態
八代田真人,藤芳雅人,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦
日本草地学会誌   47 393-398   2001年12月
春季の放牧開始時のイネ科草高が牧草生産量および泌乳牛の利用草量に及ぼす影響
西道由紀子,八代田真人,谷川珠子,中辻浩喜,近藤誠司,大久保正彦
日本草地学会誌   47 269-273   2001年

Misc

 
Masato Yayota, Aki Kato, Megumi Ishida, Shigeru Ohtani
Livestock Science   180 113-120
© 2015 Elsevier B.V. Tall grasses (>1 m tall) are an important forage resource for grazing ruminants. Understanding the ingestive behavior and short-term intake rate of cattle grazing on tall grasses will help facilitate grazing management of tall...
Miwa Nakano, Miwa Nakano, Masato Yayota, Shigeru Ohtani
Animal Science Journal   86 689-697
© 2014 Japanese Society of Animal Science. The nutritional status of cows grazing on a 120-ha public alpine forestland pasture dominated by the dwarf bamboo Sasa senanensis located in central Japan was evaluated over the course of 2 years. Data we...

書籍等出版物

 
動物園動物管理学.
八代田 真人 (担当:共訳, 範囲:第3部 栄養)
文永堂   2014年   
レポートの書き方からプレゼンテーションまで:大学生のための情報リテラシー.加藤正吾・大場伸也・八代田真人(分担)加藤正吾(編)
三恵社. 愛知   2005年   ISBN:978-4883613045
大学生のための情報リテラシー レポートの書き方からプレゼンテーションまで
加藤正吾,大場伸哉,八代田真人 (担当:共著)
三恵社   2005年4月   ISBN:4-88361-304-6
OpenOffice.orgによる大学生のための情報リテラシー-情報検索・レポートの書き方・図表作成・プレゼンテーション術-.加藤正吾・八代田真人(分担)加藤正吾(編).
加藤正吾,八代田真人,花岡 創 (担当:共著)
三恵社   2007年4月   ISBN:978-4-88361-523-0
新版 酪農用語解説
八代田 真人 (担当:共著)
デーリィ・ジャパン社   2008年1月   ISBN:978-4-924506-43-5

講演・口頭発表等

 
Ruminal disappearance and passage rates in fresh Nezasa dwarf bamboo growing in Japanese native pasture.
XX International Grassland congress   2005年   
Seasonal changesin nutrient intake of grazing beef cows on an alpine pasture in Japan
八代田 真人(岐阜大学応用生物科学部)
International Grassland Congress   2008年7月   国際草地会議
Spatial distribution of forage intake by grazing beef cows on an alpine pasture in Japan.
中野美和(岐阜大学連合大学院),八代田 真人(岐阜大学応用生物科学部)
International Grassland Congress   2008年7月   国際草地会議
山地放牧での牛群の栄養管理-野草をうまく利用するために- [招待有り]
八代田 真人(岐阜大学応用生物科学部)
中山間地有畜農業ワークショップ2008   2008年10月   (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
Strategy for the nutritional management of cattle grazing in native grasslands in Japan [招待有り]
Yayota Masato(Gifu University),Nakano Miwa(National Institute of Livestock and Grassland Science ),Ohtani Shigeru(Gifu University)
第3回 日中韓草地会議   2009年7月   日中韓草地会議

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 八代田 真人
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 八代田 真人
本研究の目的は,再造林放棄地などのササ型野草地における放牧牛の採食行動および採食速度,ササの反芻胃内での消化動態を明らかにすることである。ササに対する放牧牛の採食速度は牧草と比較して有意な差は認められず,放牧牛は採食行動(バイト,咀嚼およびそれらの複合顎運動)をササの形態に応じて変化させることで採食速度を維持していた。また,ササは牧草に比べ,反芻胃内から流出する飼料片粒度が大きく,これにより反芻胃内の充満度が低下しやすく,採食行動が誘起されることで採食量を維持していることが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 八代田 真人
目的と方法中山間地域の耕作放棄地,放棄林地および牧野を黒毛和種繁殖雌牛の放牧飼養により積極的に活用することを目的に,これらの土地の草資源と想定される野草の(1)反璃胃および消化管内での消化特性(2)野草地植生の季節変化とそこでの放牧牛の栄養利用変化を検討した。結果と考察(1)野草(ネザサ)と牧草(イタリアンライグラス)の反芻胃内分解率を比較した結果,乾物,繊維(NDF)および粗蛋白質のいずれにおいても野草の分解率が牧草よりも低かった。消化管内の通過速度も野草が牧草に比べ遅い傾向にあった。こ...
放牧主体型酪農における土地利用法に関する研究
放牧家畜の栄養生態学
研究期間: 2005年   

社会貢献活動

 
放牧の技術を考える
【】  岐阜県農林水産局畜産振興室  岐阜県農林水産局畜産振興室  2004年9月3日
日本型放牧技術検討会及び公共牧場広域利用推進会議
移行期の栄養管理・乳生産・周産期病-農家調査と牛群検定データからの考察-
【】  岐阜県畜産協会  岐阜県畜産協会  2005年2月2日
東海・北陸地区国立大学法人等技術専門職員研修
【】  2005年8月26日
食と緑と命の学校「牛乳の機能・バター作りと搾乳見学」
【】  岐阜大学応用生物科学部岐阜フィールド科学教育研究センター  岐阜大学応用生物科学部岐阜フィールド科学教育研究センター  2007年3月13日
実習講師
食と緑と命の学校「牛乳の機能・バター作りと搾乳見学」
【】  岐阜大学応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センター  岐阜大学応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センター  2008年3月13日