YOSHIMUNE Kazuaki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:57
 
Avatar
Name
YOSHIMUNE Kazuaki
E-mail
yoshimune.kazuakinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Industrial Technology, Department of Applied Molecular Chemistry
Job title
Professor
Degree
Ph. D.(Kyoto University)
Research funding number
50325700

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 2000
 - 
Mar 2006
Faculty of Engineering, Oita University, Assistant Professor
 
Apr 2006
 - 
Sep 2010
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
 
Oct 2010
 - 
Mar 2011
Faculty of Agriculture, Kyushu University
 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
Department of Applied Molecular Chemistry, College of Industrial Technology, Nihon University
 
Apr 2012
 - 
Mar 2018
日本大学生産工学部応用分子化学科・准教授
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 1998
Division of Agricultural Chemistry, Graduate School, Division of Agriculture, Kyoto University, Graduate School of Agriculture
 
Apr 1998
 - 
May 2000
Division of Applied Life Sciences, Graduate School, Division of Agriculture, Kyoto University
 
Apr 1992
 - 
Mar 1996
Department of Agricultural Chemistry, Faculty of Agriculture, Kyoto University
 

Awards & Honors

 
Jun 2006
麹菌Aspergillus oryzae 由来耐塩性グルタミナーゼの開発, 第7回酵素応用シンポジウム奨励賞
 

Published Papers

 
Formation of Proton Motive Force Under Low-Aeration Alkaline Conditions in Alkaliphilic Bacteria
Toshihide Matsuno, Toshitaka Goto, Shinichi Ogami, Hajime Morimoto, Koji Yamazaki, Norio Inoue, Hidetoshi Matsuyama, Kazuaki Yoshimune and Isao Yumoto
Frontiers in Microbiology   9 2331   Oct 2018   [Refereed]
好アルカリ性細菌の呼吸に関わるプロトン駆動力に関する文献をまとめた
Kohei Ogata, Yui Yajima, Sanenori Nakamura, Ryosuke Kaneko, Masaru Goto, Toshihisa Ohshima & Kazuaki Yoshimune
Scientific Reports   8 5749   Apr 2018   [Refereed]
超好熱アーキアSulfolobus tokodaii由来ホモセリン脱水素酵素がシステインで阻害される際に、NADと共有結合していることを示した。
Yoshimune K, M. Yamamoto, T. Aoyagi and I Yumoto
Fermentation Technology   6(1)    Dec 2016   [Refereed]
好アルカリ性乳酸菌を用いてアルカリ条件(pH9)において稲わらを原料とした乳酸発酵を行い、高効率でL-乳酸を得ることができた。この方法により将来的に滅菌を行わない開放系の乳酸発酵が可能となる。
Assay of hemoglobin A1c using lectin from Aleuria aurantia
AMB Express      Dec 2016   [Refereed]
糖尿病のバイオマーカーであるヘモグロビンA1cと糖鎖結合タンパク質レクチンAALが結合することを明らかにし、新しい糖尿病診断方法を提案した。
Copper ions enhance signal intensity of sandwich ELISA for amorphous aggregates of Amyloid-β42
Akira Itakura, Yoshio F. Kanematsu, Ryoko Suzuki, Hideki Kohno, Kazuaki Yoshimune
Advances in Bioscience and Biotechnology   7 343-349   Aug 2016   [Refereed]
アルツハイマー病に関係するAβとその凝集体との特異的抗体との反応性が銅イオンによって向上することを明らかにした。

Books etc

 
カラー コア生化学
リーバーマン/ライサー (Part:Joint Work, 6〜8章)
西村書店   Jul 2018   ISBN:978-4-89013-484-7
米国医師免許試験対策本のベストセラーを翻訳した
抗アミロイドβ凝集体抗体を用いたアルツハイマー病血液診断の試み
吉宗一晃 (Part:Joint Work)
シーエムシー出版   Jun 2018   
アルツハイマー病の血液診断についての研究について解説した
D-アミノアシラーゼD-アミノ酸代謝関連酵素バイオインダストリー
吉宗一晃、若山守 (Part:Joint Work)
シーエムシー出版   Mar 2014   
Thermophilic Microbes in Environmental and Industrial Biotechnology
Editors: Satyanarayana, Tulasi, Littlechild, Jennifer, Kawarabayasi, Yutaka (Eds.) (Part:Joint Work, Sugar Metabolic Enzymes)
Springer   Apr 2013   ISBN:978-9400758988
食品酵素化学の最新技術と応用II-展開するフードプロテオミクスー
吉宗一晃、若山守 (Part:Joint Work, 99-108)
シーエムシー出版   Oct 2011   ISBN:978-4-7813-0483-0
食品工業での利用を念頭においたグルタミナーゼとアスパラギナーゼの研究例を総説にまとめた。

Conference Activities & Talks

 
耐塩性グルタミナーゼのNaCl添加による構造変化
大橋颯斗、吉宗一晃
日本生物高分子学会 2018 年度大会   16 Sep 2018   
Aβ凝集体に対する抗体を用いたApoE-Aβ複合体の検出
古山祐亮、神野英毅、吉宗一晃
日本生物高分子学会2018年度大会   16 Sep 2018   
Micrococcus luteus K-3株由来耐塩性グルタミナーゼに対するリン酸イオンの影響
大橋颯斗,吉宗一晃
酵素補酵素研究会2018   11 Sep 2018   
抗Aβ凝集体抗体を用いたELISAによるヒト血清中のAβ凝集体検出の試み
古山祐亮,神野英毅,吉宗一晃
酵素補酵素研究会2018   11 Sep 2018   
Sulfolobus tokodaiiホモセリン脱水素酵素のNADアナログ活性とCys阻害
中村仁紀,後藤勝,大島敏久,吉宗一晃
酵素補酵素研究会2018   11 Sep 2018   

Research Grants & Projects

 
食塩によって構造変化する耐塩性グルタミナーゼの耐塩化機構の解明
Project Year: 2016 - 2018
超好熱古細菌に感染するウィルスの網羅的解析
Project Year: 2011 - 2012
低温担子菌類の環境適応と種内分化に関する研究
Project Year: 2007 - 2010
オーダーメードシャペロンの開発
Project Year: 2004 - 2006

Patents

 
特願2012-019441 : ホモセリン脱水素酵素を用いたホモシステインの定量法
神野 英毅、吉宗 一晃、小森谷 友絵
特願2012-025103 : β-アミロイド前駆体タンパク質のマイクロ凝集体に特異的なモノクローナル抗体
神野英毅、吉宗一晃、小森谷友絵
特願2014-16801 : 糖尿病の検出方法
吉宗一晃、小林夕香
特願2014-15208 : アミロイドβタンパク質凝集体の測定法
吉宗一晃、神野英毅、小森谷友絵
特願2014-15203 : ピリドキサールリン酸濃度の測定方法
吉宗一晃、太田寛毅、吉村徹