FUKUTA YUKIKO

J-GLOBAL         Last updated: Jun 21, 2018 at 20:31
 
Avatar
Name
FUKUTA YUKIKO
E-mail
y-fukutauhe.ac.jp
Affiliation
The University of Human Environments

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2004
   
 
- TOYOTA COLLEGE OF NURSING
 
1999
 - 
2003
THE JAPANESE RED CROSS AICHI JUNIOR COLLEGE OF NURSING
 

Education

 
 
 - 
1999
Faculty of Nursing, Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology
 

Published Papers

 
石田 あすか, 福田 由紀子
日本赤十字豊田看護大学紀要   8(1) 47-51   2013
平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震後、何か自分達にできることはないかと、A 大学災害救援ボランティアサークルに所属する学生24 名でボランティア活動を行った。その後の活動報告会で「子どもにどのように対応すればよいのか分からず困った」という意見が多く聞かれた。このことから、被災児とのコミュニケーションの中での学生ボランティアの心理状態における困難感などに着目し、今後の学生ボランティアに対する支援や必要な援助を明らかにすることを目的にボランティア活動を行った学生2名に半構成面接を行...
TOCHIMOTO Chizuru, NAGASAKA Toshie, FUKUDA Yukiko, YAMADA Yuko, KOSHIMIZU Megumi, SUZUKI Nana, HASEGAWA Mami
Journal of Japanese Red Cross Toyota College of Nursing   6(1) 71-76   Mar 2011
2010 年8 月22 日〜8 月29 日の日程で、カナダBritish Columbia 州Vancouver において国際保健カナダ実習を実施した。参加者は学生と教員を合わせて8 名であった。LANGARA COLLEGE での講義を受け、午後は専門看護師の講演と視察を実施した。視察施設は、Vancouver General Hospital、Blusson Spinal Cord Centre、NIKKEI PLACE の3 箇所であった。今回の研修における学生の評価は、参加者7 名...
竹内貴子, 福田由紀子, 神谷智子, 中川武夫, 田中豊穂
医学と生物学   154(2) 63-70   Feb 2010
本研究は、看護師として患者に対しての禁煙サポートを行なうにあたり、看護師自身の喫煙が患者への禁煙サポートに対する考え方への影響とその関連を明らかすることを目的とした。調査をA県B大学病院看護部に依頼し、2002年9月30日~10月12日に病棟勤務看護職員全員748名を対象者に自記式無記名アンケートを行った。回答者694名(回収率92.8%)のうち記入不備等で39名を除外し、655名(有効回答率87.6%)分析対象とした。B大学病院の女性看護師の喫煙率は28.8%と高く、喫煙を開始した年齢が...
Fukuta Y, Fukuta M, Hayashi E, Iwa T, Ito T, Tanaka T, Nakagawa T
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   51(8) 592-602   Aug 2004   [Refereed]
発作性上室性頻拍に対しカテーテル・アブレーション(CA)治療を受けた患者103名を対象として,治療前後における生活状況,頻拍発作の自覚,QOL,鬱状態の変化をアンケート調査し,59名から回答を得た.CA治療によりほとんどの患者で通院回数の減少,生活制限の緩和,頻拍発作自覚の消失・減少,「身体症状QOL」と「社会的・主観的指標QOL」の改善,鬱傾向の軽減などが得られており,CAに対する評価では58名(98.3%)が「良い」もしくは「まずまず」と回答した
Fukuta Yukiko
Journal of Japan Academy of Community Health Nursing   3(1) 156-162   Mar 2001
Recently, in Japan, the trend towards fewer children has progressed and the family structure has been also changed from a large, multi-generational family to a nuclear family In this situation, the circumstance surrounding,chtld-rearing is forced ...
How to Support Parental Anxiety for Childcare : The Investigation at Health Examination for 18-month-old Childish
3(1) 156-162   2000

Conference Activities & Talks

 
独居のエンドオブライフケアにおけるニーズ・アウトカムとサービス利用状況
島内 節, 楳田 恵子, 福田 由紀子, 内田 陽子, 内田 恵美子, 野島 あけみ
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
摂食嚥下機能障害患者の機能改善したケア内容
楳田 恵子, 福田 由紀子, 島内 節
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
楳田恵子, 楳田恵子, 福田由紀子, 島内節, 松澤哲子, 間瀬隆弘
日本疫学会学術総会講演集(Web)   25 Jan 2017   
退院後の療養生活の予測やアセスメントの困難感の現状一般病棟と回復期リハビリテーション病棟の比較
楳田 恵子, 福田 由紀子, 島内 節, 武田 智美
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
看護管理者からみた臨床研修看護師制度導入による組織の変化
竹内 貴子, 杉浦 美佐子, 福田 由紀子, 神谷 智子, 原 玲子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): satoko KAMIYA
Research was conducted to verify the healthy influence laughter has on dementia in elderly people looking from the points of autonomic nerve activity and stress indicators. At healthcare facilities for the elderly, fourteen elderly dementia reside...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2010    Investigator(s): Yukiko FUKUTA
To identify the skills required to visiting nurse at home for medical treatment. I investigated a nursing technology and the training need of the visit nurse who offered nursing to the patient with medical measures in home care people. As a result...