徳楽 清孝

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/03 12:58
 
アバター
研究者氏名
徳楽 清孝
 
トクラク キヨタカ
eメール
tokurakummm.muroran-it.ac.jp
URL
http://www3.muroran-it.ac.jp/tokuraku
所属
室蘭工業大学
部署
大学院工学研究科 くらし環境系領域
職名
准教授
学位
博士(情報工学)(九州工業大学)
その他の所属
環境科学・防災研究センター
科研費研究者番号
00332106

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1999年3月
九州工業大学 情報工学研究科 情報科学専攻
 
 
 - 
1996年3月
筑波大学 バイオシステム研究科 バイオシステム専攻
 
 
 - 
1994年3月
九州工業大学 情報工学部 生物化学システム工学科
 
 
 - 
1992年3月
都城工業高等専門学校 ー 工業化学科
 

受賞

 
2017年10月
The 10th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals & Functional Foods Poster Award
 
2017年2月
北海道庁 北海道科学技術奨励賞
 
2016年9月
EPAM2016 Best Presentation Award
 
2016年9月
EPAM2016 Best Presentation Award
 
2014年11月
The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014) Outstanding Poster Award
 

論文

 
Sasaki R, Tainaka R, Ando Y, Hashi Y, Deepak HV, Suga Y, Murai Y, Anetai M, Monde K, Ohta K, Ito I, Kikuchi H, Oshima Y, Endo Y, Nakao H, Sakono M, Uwai K, Tokuraku K
Scientific reports   9(1) 2587   2019年2月   [査読有り]
Hideki Shigematsu, Tsuyoshi Imasaki, Chihiro Doki, Takuya Sumi, Mari Aoki, Tomomi Uchikubo‑Kamo, Ayako Sakamoto, Kiyotaka Tokuraku, Mikako Shirouzu, and Ryo Nitta
J. Cell Biol.   217 4155-4163   2018年12月   [査読有り]
Rika Hirakawa, Yusuke Nishikawa, Taro Q.P. Uyeda, Kiyotaka Tokuraku
Cytoskeleton   74(12) 482-489   2017年12月   [査読有り]
Taguchi Riho, Hatayama Koki, Takahashi Tomohito, Hayashi Takafumi, Sato Yuki, Sato Daisuke, Ohta Kiminori, Nakano Hiroto, Seki Chigusa, Endo Yasuyuki, Tokuraku Kiyotaka, Uwai Koji
EUROPEAN JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY   138 1066-1075   2017年9月   [査読有り]
Ngo Kien Xuan, Umeki Nobuhisa, Kijima Saku T., Kodera Noriyuki, Ueno Hiroaki, Furutani-Umezu Nozomi, Nakajima Jun, Noguchi Taro Q. P., Nagasaki Akira, Tokuraku Kiyotaka, Uyeda Taro Q. P.
SCIENTIFIC REPORTS   6    2016年10月   [査読有り]
Ogara Toshiki, Takahashi Tomohito, Yasui Hajime, Uwai Koji, Tokuraku Kiyotaka
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   120(1) 45-50   2015年7月   [査読有り]
Molecular Evolution of a Group of Microtubule-Associated Proteins Sharing Partial Similarities in their Primary Structures
Yurika Hashi, Susumu Kotani, Kiyotaka Tokuraku
Sci. J. Kanagawa Univ.   26 1-6   2015年6月   [査読有り]
Inoue Daisuke, Mahmot Bulbul, Kabir Arif Md. Rashedul, Farhana Tamanna Ishrat, Tokuraku Kiyotaka, Sada Kazuki, Konagaya Akihiko, Kakugo Akira
NANOSCALE   7(43) 18054-18061   2015年   [査読有り]
Ishigaki Yukako, Tanaka Hiroyuki, Akama Hiroaki, Ogara Toshiki, Uwai Koji, Tokuraku Kiyotaka
PLOS ONE   8(8)    2013年8月   [査読有り]
Deletion in the Pro-rich Region of Microtubule-associated Protein 4 Influences Its Distribution in Neural Growth Cone
Hiroyuki Nakagawa, Kazuyuki Matsushima, Masayuki Iwasaki, Miki Shimohigashi, Kiyotaka Tokuraku, Susumu Kotani
Fukuoka University Science Reports   43(1) 67-72   2013年3月   [査読有り]
Umeki Nobuhisa, Nakajima Jun, Noguchi Taro Q. P., Tokuraku Kiyotaka, Nagasaki Akira, Ito Kohji, Hirose Keiko, Uyeda Taro Q. P.
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288(3) 1739-1749   2013年1月   [査読有り]
Noguchi Taro Q. P., Komori Tomotaka, Umeki Nobuhisa, Demizu Noriyuki, Ito Kohji, Iwane Atsuko Hikikoshi, Tokuraku Kiyotaka, Yanagida Toshio, Uyeda Taro Q. P.
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   287(29) 24339-24345   2012年7月   [査読有り]
中村竜太,貴嶋紗久, 清山史朗,徳楽清孝
廃棄物資源循環学会論文誌   23(1) 25-32   2012年3月   [査読有り]
Matsushima Kazuyuki, Tokuraku Kiyotaka, Hasan Mohammad Rubayet, Kotani Susumu
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   151(1) 99-108   2012年1月   [査読有り]
高専祭研究発表を通しての学生主体型PBL教育
山下敏明, 清山史郎, 徳楽清孝
論文集「高専教育」   34 263-268   2011年3月   [査読有り]
Xu Jiqing, Tsutsumi Koji, Tokuraku Kiyotaka, Estes Katherine A., Hisanaga Shin-ichi, Ikezu Tsuneya
JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   116(2) 192-204   2011年1月   [査読有り]
Tokuraku Kiyotaka, Okuyama Satoshi, Matsushima Kazuyuki, Ikezu Tsuneya, Kotani Susumu
NEUROSCIENCE LETTERS   484(2) 143-147   2010年10月   [査読有り]
Noguchi Taro Q. P., Toya Ryo, Ueno Hironori, Tokuraku Kiyotaka, Uyeda Taro Q. P.
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   396(4) 1006-1011   2010年6月   [査読有り]
Tokuraku Kiyotaka, Marquardt Meg, Ikezu Tsuneya
PLOS ONE   4(12)    2009年12月   [査読有り]
Tokuraku Kiyotaka, Kurogi Rika, Toya Ryo, Uyeda Taro Q. P.
JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY   386(1) 149-162   2009年2月   [査読有り]
An Alternatively Spliced Site in the Proline-rich Region of Microtubule associated Protein 4 Plays an Important Role in Microtubule Stabilization
Kiyotaka Tokuraku, Hatsune Moriyama, Kazuyuki Matsushima, and Susumu Kotani
Sci. J. Kanagawa Univ.   19 7-11   2008年6月   [査読有り]
Tokuraku Kiyotaka, Noguchi Taro Q. P., Nishie Makiko, Matsushima Kazuyuki, Kotani Susumu
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   141(4) 585-591   2007年4月   [査読有り]
Matsumiya M, Terazono M, Tokuraku K
ELECTROCHIMICA ACTA   51(7) 1178-1183   2006年1月   [査読有り]
Matsumiya M, Tokuraku K, Matsuura H, Hinoue K
JOURNAL OF ELECTROANALYTICAL CHEMISTRY   586(1) 12-17   2006年1月   [査読有り]
Matsumiya M, Tokuraku K, Matsuura H, Hinoue K
ELECTROCHEMISTRY COMMUNICATIONS   7(4) 370-376   2005年4月   [査読有り]
Matsushima K, Aosaki M, Tokuraku K, Hasan MR, Nakagawa H, Kotani S
CELL STRUCTURE AND FUNCTION   29(5-6) 111-124   2005年2月   [査読有り]
Identification of an XMAP215-related 60 kDa polypeptide as a major microtubule-associated protein in Tetrahymena pyriformis
Takanori Matui, Kiyotaka Tokuraku, Yuka Shimazaki, and Susumu Kotani
Jpn. J. Protozoo.   37(1) 11-18   2004年   [査読有り]
Tokuraku K, Matsushima K, Matui T, Nakagawa H, Katsuki M, Majima R, Kotani S
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   278(32) 29609-29618   2003年8月   [査読有り]
Uyeda TQP, Tokuraku K, Kaseda K, Webb MR, Patterson B
BIOCHEMISTRY   41(30) 9525-9534   2002年7月   [査読有り]
Tokuraku K, Okamoto S, Katsuki M, Nakagawa H, Kotani S
BIOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY   79(6) 773-778   2001年12月   [査読有り]
Tokuraku K, Uyeda TQP
JOURNAL OF MUSCLE RESEARCH AND CELL MOTILITY   22(4) 371-378   2001年   [査読有り]
Katsuki M, Tokuraku K, Nakagawa H, Kotani S
EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   267(24) 7193-7200   2000年12月   [査読有り]
Katsuki M, Tokuraku K, Murofushi H, Kotani S
CELL STRUCTURE AND FUNCTION   24(5) 337-344   1999年10月   [査読有り]
Tokuraku K, Katsuki M, Matui T, Kuroya T, Kotani S
EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   264(3) 996-1001   1999年9月   [査読有り]
Tokuraku K, Katsuki M, Nakagawa H, Kotani S
EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   259(1-2) 158-166   1999年1月   [査読有り]
Tokuraku K, Nakagawa H, Kishi F, Kotani S
FEBS LETTERS   428(1-2) 63-67   1998年5月   [査読有り]
Katsuki M, Tokuraku K, Nakagawa H, Murofushi H, Kotani S
FEBS LETTERS   418(1-2) 35-38   1997年11月   [査読有り]

Misc

 
量子ドットナノプローブを用いたアミロイド凝集過程のリアルタイムイメージング技術とその活用
徳樂清孝、上井幸司
第54回粉体に関する討論会講演論文集   136-140   2016年9月
蛍光性半導体ナノ結晶を用いた高アルツハイマー剤の微量探索システムの開発
徳樂清孝
モ・ルラン   (59) 6-8   2016年4月
量子ドットナノプローブを用いた香辛料からのβ-アミロイド凝集阻害物質の網羅的スクリーニング
徳樂清孝
山崎香辛料振興財団 平成23年度助成金交付申請書      2012年4月
量子ドットナノプローブを用いた香辛料からのβ-アミロイド凝集阻害物質の網羅的スクリーニングについて
徳樂清孝
Letters from MuroranIT   43    2012年1月
共焦点顕微鏡を用いた微小管の単分子蛍光映像解析によるアルツハイマー病発症メカニズムの解明
徳樂清孝
平成19年度「国立高等専門学校機構在外研究員」実績報告書      2009年4月
希土類元素高効率回収のための環境調和型プロセスの開発
松宮正彦, 徳樂清孝, 松浦治明
平成18年度NEDO産業技術研究助成事業報告書      2007年10月
植物栽培システムの開発を通した人材育成
徳樂清孝
都城市元気づくり21事業実績報告書      2005年4月
生体ナノフィラメントの自己集合メカニズムの解明
徳樂清孝
平成15年度笹川研究助成報告書      2004年4月
「遺伝子組換え実験」実施のための調査研究
徳樂清孝
平成14年度高等専門学校教育改善充実プロジェクト実施報告書      2003年4月
生体分子モーター 〜レールから見た運動機構〜
徳樂清孝
平成12年度科学技術特別研究員報告書      2000年4月

書籍等出版物

 
The Role of Water in ATP Hydrolysis Energy Transduction by Protein Machinery
Taro Q.P. Uyeda, Kien Xuan Ngo, Noriyuki Kodera, Kiyotaka Tokuraku
Springer   2018年6月   ISBN:978-9811084584
BIO Clinica
徳樂清孝、上井幸司
北隆館   2016年4月   ISBN:0919-8237
NETT91
徳樂清孝
北海道東北地域経済総合研究所   2016年1月   
Bionanoimaging, 1st Edition, Protein Misfolding&Aggregation
Kiyotaka Tokuraku and Tsuneya Ikezu
Academic Press   2013年11月   ISBN:9780123944313
Advances in Neurobiology, Cytoskeleton of the Nervous System
Kiyotaka Tokuraku, Kazuyuki Matsushima, Hiroyuki Nakagawa, and Susumu Kotani
Springer   2011年   ISBN:978-1-4419-6786-2

講演・口頭発表等

 
量子ドットを用いたTauリピートペプチド凝集阻害物質探索システムの開発と改良
橋友理香、田井中玲奈、上井幸司、徳楽清孝
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
量子ドットナノプローブを用いたα-シヌクレイン凝集体のイメージング
NUOMIN、野口太郎、徳楽清孝
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
量子ドットナノプローブを用いたtau凝集過程のリアルタイムイメージングと凝集阻害物質の活性評価
田井中玲奈、橋友理香、中尾仁美、迫野昌文、徳楽清孝
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
量子ドットナノプローブを用いたアミロイド凝集阻害物質の自動化スクリーニングシステムの開発
佐々木里奈、安藤雄一、上井幸司、徳楽清孝
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
アクチンフィラメントに対するヘビーメロミオシンの協同的結合の方向性の解析
村椿直之、平川利佳、上田太郎、徳楽清孝
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月15日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費/基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 徳楽 清孝
日本学術振興会: 科学研究費/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 徳楽 清孝
道東地域の生物資源を活用した抗認知症機能性食品の開発
国立研究開発法人科学技術振興機構: 研究成果展開事業マッチングプランナー プログラム
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 徳楽 清孝
微量ハイスループットスクリーニング法を活用したAβ凝集阻害物質の探索
国立研究開発法人科学技術振興機構: 研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディステージ探索タイプ
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月    代表者: 徳楽 清孝
日本学術振興会: 科学研究費/基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 徳楽 清孝

特許

 
特開2016-124865 : アミロイドβタンパク質の凝集阻害用組成物
4242313 : 常温溶融塩を用いた電気泳動法による希土類およびアルカリ土類元素の濃縮方法及び回収装置
特開2016-166150 : 消毒剤
WO2016/143782 : 消毒剤
特願2016-176927 : 消毒用粒状散布剤