岩上 はる子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/12 15:50
 
アバター
研究者氏名
岩上 はる子
 
イワカミ ハルコ
eメール
iwakamisue.shiga-u.ac.jp
学位
文学修士(明治学院大学)

プロフィール

【研究活動】「ブロンテ初期作品研究」を遂行。Alexander, "The Early Writings of Charlotte Bronte"(1983)の翻訳をありえす書房より刊行(1990)。単著『ブロンテ初期作品研究』(開文社、1998)および『シャーロット・ブロンテ初期作品集』二巻を翻訳編集し鷹書房弓プレスより出版。引き続き日本における「ブロンテ受容史研究」に着手し、『英語青年』などに論文を発表したほか、英国ブロンテ学会学会誌に投稿掲載された。その一方、明治初期の来日英国人F.V.ディキンズの研究に着手。ケンブリッジ大学P. コーニッキ教授との共同研究により、ディキンズの書簡集をエディション・シナプス社より出版(2011)、現在、ディキンズの初の評伝執筆に向けて研究中。【教育活動】英文学関連の授業では「英米文学概論」「英米文学演習」を担当、小説を楽しく且つ分析的に読むこと指導している。大学院では英国小説研究、翻訳研究、英語教育の歴史など、幅広く対応し、修論作成に向け、きめ細かく指導する。 【社会的活動】「英米文学概論」を授業公開し一般市民の受講を可能にしたり、高校での模擬授業、高校での出前講義などを行っている。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
滋賀大学 教育学部 学校教育教員養成課程 英語専攻 教授
 
1985年10月
 - 
1988年9月
鳥取大学講師教養部 その他の部署 講師
 
1988年10月
 - 
1993年9月
鳥取大学助教授教養部 その他の部署 助教授
 
1993年10月
 - 
1995年3月
鳥取大学教授教養部 その他の部署 教授
 
1995年4月
 - 
1999年3月
鳥取大学教育学部に配置換 その他の部署 その他の経歴
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1980年3月
明治学院大学 文学研究科 英文学
 

委員歴

 
1900年
   
 
日本英文学会  その他の役職
 
1900年
   
 
Australasian Victorian Studies Association  その他の役職
 
2001年
 - 
現在
Bronte Society(UK)  編集委員
 
2005年
 - 
現在
日本ブロンテ協会  評議委員
 

論文

 
エドナ・オブライエンの母と子のテーマ -┣DBTime and Tide(/)-┫DBにおける<母なるもの>の受容-
その他の著者
広島大学英文学会・英語英文学研究   39 48-63   1994年
アングリアからの脱出 -断章「アッシュワース」におけるリアリズムの試み-
その他の著者
ブロンテ・スタディーズ   2(4) 33-45   1995年
ブロンテ書簡研究(4)
その他の著者
鳥取大学教育学部研究報告   48(2) 259-264   1997年
Child's Play or Literary Rivalry : Chrlotte Bront(]E88D4[)'s "The Poetaster"(学会発表)
その他の著者
The 20th Annual Conference of the Australasian Victorian Studies Association (Univ of New South Wales, Sydney, Australia)      1999年
【頁】
ブロンテ書簡研究(5)
その他の著者
鳥取大学教育地域科学部紀要   1(1) 219-236   1999年

Misc

 
エドナ・オブライエンの母と子のテーマ -┣DBTime and Tide(/)-┫DBにおける<母なるもの>の受容-
広島大学英文学会・英語英文学研究   39 48-63   1994年
アングリアからの脱出 -断章「アッシュワース」におけるリアリズムの試み-
ブロンテ・スタディーズ   2(4) 33-45   1995年
ブロンテ書簡研究(4)
鳥取大学教育学部研究報告   48(2) 259-264   1997年
シャーロット・ブロンテ初期作品の語りの考察
滋賀大学教育学部紀要(]G0002[):人文科学・社会科学   50 39-45   2000年
ブロンテ書簡研究(6)
鳥取大学教育地域科学部紀要   1(2) 85-103   2000年

書籍等出版物

 
わが母なるアイルランド(翻訳)
その他の著者
Aries Shobo & Co. Ltd   1985年   
シャーロット・ブロンテ初期作品研究(翻訳)
その他の著者
Aries Shobo & Co. Ltd.   1990年   
たのしく読める英米文学幻想作家<作品ガイド60>
岩上 はる子 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房   1997年   
ブロンテ全集第11巻『アングリア物語』(共著)
その他の著者 (担当:共著)
Misuzu Shobo   1997年   
ブロンテ全集第11巻『アングリア物語』
岩上 はる子 (担当:共訳)
みすず書房   1997年   

講演・口頭発表等

 
Panel on Juvenilia for the Joint Meeting of the Jane Austen society of Japan and the Bronte Society of Japan
Ryoko DOI, Haruko IWAKAMI, Juliet MCMASTER,
Bronte Juvenilia: the literary apprenticeship of Charlotte Bonte?   2015年6月27日   日本ジェイン・オースティン協会
What is most amazing about the Brontë Juvenilia is the fact that it was jointly created by the four Brontës and was started in their early teens and continued well into their twenties. Branwell and Emily did not get out of their imaginative world ...
シャーロット・ブロンテ生誕200年ーその影響と変容 [招待有り]
惣谷美智子、岩上はる子、大田美和、田村真奈美
ブロンテ学会2016年大会シンポジウム   2016年10月15日   日本ブロンテ協会

競争的資金等の研究課題

 
ブロンテ初期作品および書簡研究
研究期間: 1997年4月 - 2001年3月
ブロンテ初期作品研究(2)-ブウランウェル・ブロンテを中心にー
その他の研究制度
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月
ブロンテ受容史研究
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月
日本学者F.V.ディキンズ書簡公刊および日本研究における位置づけ
その他の研究制度
研究期間: 2008年10月 - 2010年3月
F.V.ディキンズ研究(2)
その他の研究制度
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月