新関 伸也

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 03:11
 
アバター
研究者氏名
新関 伸也
 
ニイゼキ シンヤ
eメール
niizekiedu.shiga-u.ac.jp
所属
滋賀大学
部署
教育学部 学校教育教員養成課程 美術専攻
職名
教授
学位
修士(教育学)(山形大学)
その他の所属
滋賀大学

プロフィール

【研究活動】図画工作・美術科における現代的な課題に対応できる教材開発とカリキュラム、授業分析等の研究をしている。平成21〜23年度科学研究費補助金[基盤研究(B)]「『日本美術・西洋美術101』を生かした鑑賞学習の授業モデル及び視覚教材の開発」の研究代表者として、各学校現場や附属各学校園と連携を密にして、図工・美術の教材開発や授業研究をすすめた。 【教育活動】造形活動の目的、内容、方法について講義、演習を中心にして、実践力のある学生を養成したい。【社会的活動】大学美術教育学会(副理事長・学会誌編集長)、日本美術教育学会(委員・副事務局長・会計部長)、日本フェノロサ学会事務局長、滋賀県美術教育研究会顧問、滋賀県中学校美術教育連盟研究協力者。文部省検定教科書「中学校美術」著者。InSEA(国際美術教育学会)世界大会in大阪2008(実行委員・概要集編集長)、学術振興会科学研究費委員会専門委員(教科教育)、国立教育政策研究所教育課程研究センター/関係指定事業企画委員(中学校美術)・特定課題に関する調査(中学校美術)分析委員を過去に務めた。

研究分野

 
 

経歴

 
1982年4月
 - 
1985年3月
神奈川県相模原市立麻溝台中学校 美術科 教諭
 
1985年4月
 - 
1993年3月
山形県東村山郡中山町立中山中学校 美術科 教諭
 
1990年5月
 - 
1990年7月
山形大学 教育学部 研修生
 
1993年4月
 - 
1998年3月
山形県天童市立第二中学校 美術科 教諭
 
1998年4月
 - 
2000年3月
山形県東根市立第二中学校 美術科 教諭
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
山形大学 教育学研究科 教科教育専攻美術教育専修
 

委員歴

 
2002年4月
 - 
2013年3月
日本美術教育学会  委員・編集部長
 
2012年5月
 - 
現在
日本色彩教育研究会  理事
 
2013年4月
 - 
2015年3月
大学美術教育学会  学会誌委員長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
大学美術教育学会  副理事長
 
2013年4月
 - 
現在
日本フェノロサ学会  幹事・事務局長
 

論文

 
構想画の歴史的変遷と今日的意義の考察
新関伸也
(財)教育美術振興会『教育美術』   52(8) 79-91   1991年8月   [査読有り]
中学校絵画表現におけるモチーフからの考察−新しきモチーフを求めて−
新関伸也
(財)美育文化協会『美育文化』   44(1)    1994年1月   [招待有り]
制度的制約の中での内容の充実
新関伸也
建帛社『アート・エデュケーション』   6(4) 38   1994年11月
地域にある素材を生かした自由な発想でつくる
新関伸也
(財)教育美術振興会『教育美術』   55(12) 24-27   1994年12月   [招待有り]
自然にある音を紙であらわそう−風の歌を聴け−
新関伸也
(財)教育美術振興会『教育美術』   56(10) 24-27   1995年10月   [招待有り]

Misc

 
神林恒道編集『京の美学者たち』晃洋陽書房、2006年10月発行
新関伸也
美術教育   (290) 156-156   2007年3月   [依頼有り]
学会10年を回顧する
新関伸也
美術教育   (295) 16-17   2011年8月   [依頼有り]
金英那、監訳 神林恒道『韓国近代の百年』三元社、2011年発行
新関伸也
美術教育   (297) 137-137   2013年3月   [依頼有り]
山野てるひ、岡林典子、鷹木朗編著『感性を拓いて保育力アップ!』明治図書、2013年5月
新関伸也
美術教育   (299) 121-121   2015年3月   [依頼有り]
感性豊かな子供を育む「わくわく」感を伝える造形展
新関伸也
美育文化 ポケット 第9号   3(1)    2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
中学校美術科ワークショップ3−イメージと発想の展開編−
東山明監修 (担当:分担執筆)
明治図書出版   2002年6月   
中学校美術科ワークショップ2−立体造形・総合造形編
東山明監修、新関伸也編 (担当:共編者)
明治図書出版   2002年6月   ISBN:4-18-785404-5
マルチメディアで広げる美術の授業
新関伸也、人見和宏 (担当:共著)
明治図書出版   2003年6月   ISBN:4-18-585006-9
文部科学省検定済教科書、中学校美術科用『美術1、美術2・3上、美術2・3下』
監修:藤澤英昭、柴田和豊、代表:大坪圭輔 (担当:共編者)
開隆堂出版   2005年3月   
アート教育を学ぶ人のために
竹内博、長町充家、春日明夫、村田利裕編集 (担当:分担執筆)
世界思想社   2005年4月   ISBN:4-7907-1123-4

講演・口頭発表等

 
「総合的な学習」とデザイン教育
新関伸也
第38回大学美術教育学会愛媛大会   1999年10月8日   大学美術教育学会
小・中学校における鑑賞学習の実態と考察−全国調査結果報告より− [招待有り]
新関伸也
第43回大学美術教育学会弘前大会   2004年10月10日   大学美術教育学会
教育学部美術科における「映像メディア表現」のための系統的カリキュラム構築
新関伸也
第27回美術科教育学会千葉大会   2005年3月26日   美術科教育学会
豊かな鑑賞教育を求めて−東アジアからの発信−
新関伸也、萱のり子、梅澤啓一、大嶋彰
日本美術教育学会シンポジウム   2007年11月   日本美術教育学会
間所春による「まよいみち」の実践とデザイン教育 [招待有り]
新関伸也
第46回大学美術教育学会兵庫大会   2007年11月4日   大学美術教育学会

担当経験のある科目

 

Works

 
「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2003」滋賀大学「お祝い隊」フィールドワークによる映像及び作品展示
芸術活動   2003年
大嶋彰、新関伸也、藤田昌宏ゼミ共同参加

競争的資金等の研究課題

 
デザイン教育
研究期間: 2000年4月 - 現在
映像メディアと題材開発
研究期間: 2001年 - 2003年
教育学部美術科における「映像メディア表現」のための系統的カリキュラム構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 新関伸也
美術教育における『鑑賞』学習のカリキュラム開発に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 大橋功→大嶋彰
鑑賞教育
研究期間: 2003年4月 - 現在

社会貢献活動

 
滋賀県美術教育研究会顧問
【講師, 助言・指導】  滋賀県美術教育研究会  2000年4月 - 現在
滋賀県中学校美術教育連盟研究協力者
【助言・指導】  滋賀県中学校美術教育連盟  2000年4月 - 現在
科学研究費委員会専門委員
【その他】  日本学術振興会  2004年1月 - 2004年12月
研究指定校(教科別指定)に係る企画委員
【その他】  国立教育政策研究所  2009年5月 - 2010年3月
特定の課題に関する調査(中学校美術)結果分析委員会
【その他】  国立教育政策研究所  2010年4月 - 2011年3月
協力者