KAWAKAMI Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 26, 2019 at 17:04
 
Avatar
Name
KAWAKAMI Atsushi
Affiliation
Nagasaki University
Section
Hospital
Degree
(BLANK)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1991
Graduate School, Division of Medicine, Nagasaki University
 

Published Papers

 
Fukui S, Fujita Y, Origuchi T, Maeda T, Kawakami A
Annals of the rheumatic diseases   78(7) e65   Jul 2019   [Refereed]
Aikawa E, Shimizu T, Koga T, Endo Y, Umeda M, Hori T, Irie J, Kuroda K, Eguchi M, Okamoto M, Tsuji S, Takatani A, Igawa T, Sumiyoshi R, Kawashiri SY, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Kawakami A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(12) 1781-1785   Jun 2019   [Refereed]
Koga T, Ichinose K, Kawakami A, Tsokos GC
Expert review of clinical immunology   15(6) 629-637   Jun 2019   [Refereed]
Horie I, Haraguchi A, Ito A, Nozaki A, Natsuda S, Akazawa S, Mori Y, Ando T, Higashijima A, Hasegawa Y, Yoshida A, Miura K, Masuzaki H, Kawakami A, Abiru N
Journal of diabetes investigation      Jun 2019   [Refereed]
Shimizu Y, Yamanashi H, Kitamura M, Furugen R, Iwasaki T, Fukuda H, Hayashida H, Kawasaki K, Kiyoura K, Kawashiri SY, Saito T, Kawakami A, Maeda T
Environmental health and preventive medicine   24(1) 42   Jun 2019   [Refereed]

Misc

 
【関節リウマチ 治療薬を使いこなす"ワザ"と"知恵"】 合併症・併存症をもつ関節リウマチ患者のマネジメント ウイルス性肝炎
住吉 玲美, 古賀 智裕, 川上 純
薬局   70(5) 1202-1206   Apr 2019
<Key Points>◎B型肝炎ウイルス(HBV)キャリア例は関節リウマチ(RA)治療開始前に核酸アナログ製剤の投与を行い、既往感染例は1〜3ヵ月に1回のHBV-DNAモニタリングを行う。◎RA治療薬剤間でのHBV再活性化リスク差は現時点では明らかではないが、グルココルチコイドを併用する場合は特に注意する。◎C型肝炎ウイルス合併例では、薬物相互作用に注意する。◎肝炎ウイルス合併例においても、肝臓専門医と連携してRAの積極的な治療を行い、寛解を達成、維持することは可能である。(著者抄録)
家族性地中海熱におけるバイオマーカーとしてのmicroRNAプロファイル
古賀 智裕, 川上 純
リウマチ科   61(3) 272-278   Mar 2019
関節エコーで診るリウマチ性疾患の病態と治療戦略 関節リウマチのモニタリングに関節エコーは必要か?
川尻 真也, 遠藤 友志郎, 川上 純
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回 191-191   Mar 2019
新たな指定難病と類縁疾患:リンパ増殖性疾患の鑑別診断と治療 キャッスルマン病
川端 浩, 黒瀬 望, 藤本 信乃, 正木 康史, 古賀 智裕, 川上 純, 北脇 年雄, 高折 晃史, 吉藤 元, 三森 経世, 吉崎 和幸
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回 254-254   Mar 2019
新たな指定難病と類縁疾患:リンパ増殖性疾患の鑑別診断と治療 特発性多中心性キャッスルマン病の病態解明へのアプローチと今後の展望
古賀 智裕, 住吉 玲美, 川上 純, 吉崎 和幸
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回 256-256   Mar 2019

Research Grants & Projects

 
Role of apoptosis in the development of antoimmune diseases
Role of HTLV-I infection in the development of antoimmune diseases