森田 誠一

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/29 12:41
 
アバター
研究者氏名
森田 誠一
 
モリタ セイイチ
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
生物応用化学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(大阪大学), 修士(工学)(金沢大学)
ORCID ID
0000-0003-4213-8158

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 准教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
和歌山工業高等専門学校 生物応用化学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
和歌山工業高等専門学校 物質工学科 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
和歌山工業高等専門学校 物質工学科 助教授
 
2000年4月
 - 
2005年3月
和歌山工業高等専門学校 物質工学科 助手
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 化学系
 
1995年4月
 - 
1997年3月
金沢大学 大学院工学研究科 物質化学工学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
金沢大学 工学部 物質化学工学科
 

論文

 
Seiichi Morita, Daiki Mine, Yuki Ishida
Journal of Bioscience and Bioengineering   125(4) 457-463   2018年4月   [査読有り]
Keishi Suga, Tomoya Yokoi, Dai Kondo, Keita Hayashi, Seiichi Morita, Yukihiro Okamoto, Toshinori Shimanouchi, Hiroshi Umakoshi
Langmuir   30 12721-12728   2014年11月   [査読有り]
© 2014 American Chemical Society. Fatty acids (FAs) are known to form vesicle structures, depending on the surrounding pH conditions. In this study, we prepared vesicles by mixing FAs and a cationic surfactant, and then investigated their physicoc...
Seiichi Morita, Miho Nukui, Ryoichi Kuboi
Journal of Colloid and Interface Science   298 672-678   2006年6月   [査読有り]
To study the interaction between liposomes and proteins, intact liposomes were immobilized on a metal planar support by chemical binding and/or bioaffinity using a quartz crystal microbalance (QCM). A large decrease in the resonance frequency of q...
Kien Xuan Ngo, Hiroshi Umakoshi, Toshinori Shimanouchi, Ho Sup Jung, Seiichi Morita,Ryoichi Kuboi
Journal of Bioscience and Bioengineering   100(5) 495-501   2005年12月   [査読有り]
The effects of heat stress and liposome treatment on the growth of Streptomyces griseus cells and chitosanase production were investigated on the basis of using the designed strategy of a stress-mediated bioprocess. The effective conditions for in...
Toshinori Shimanouchi, Seiichi Morita, Ho Sup Jung, Yoshiaki Sakurai, Yoshihiko Suzuki, Ryoichi Kuboi
Sensors and Materials   16 255-265   2004年1月   [査読有り]
We have developed a high-sensitivity polypyrrole (PPy) film with a porous structure using a simple and easy method of doping thiol self-assembled monolayer (SAM)-Cu particles into a PPy film. The thiol-Cu-SAM particles were doped by the adsorption...

Misc

 
島内寿徳, 森田誠一, 久保井亮一
生物工学会誌   82(5) 208-211   2004年5月
固定化リポソームクロマトグラフィーによる生理活性物質の分離・分析
久保井亮一, 馬越大, 島内寿徳, 森田誠一
ぶんせき   11 636-643   2003年11月
森田誠一, 白石拓己, 林純二郎, 久保井亮一
化学工学シンポジウムシリーズ   76 221-225   2001年6月
Dielectric Response of Cells and Vesicles and Its Utilization for Stress-Responsive Sensor
Seiichi Morita, Hiroshi Umakoshi, Ryoichi Kuboi
化学工学シンポジウムシリーズ   70 29-33   1999年12月

書籍等出版物

 
リポソーム応用の新展開~人工細胞の開発に向けて~
馬越 大,森田 誠一,久保井 亮一 (担当:分担執筆, 範囲:第8章 第5節 リポソームの固定化)
NTS出版   2005年   ISBN:4860430859

講演・口頭発表等

 
生物応用化学科実験実習科目におけるCOC対応テーマの充実
河地貴利, 岸本 昇, 土井正光, 綱島克彦, 奥野祥治, 林 純二郎, Davin Setiamarga, 米光 裕, 野村英作, 森田誠一, 楠部真崇, 西本真琴, 林 泰公, 花田雅司, 岸川史歩
第23回高専シンポジウム   2018年1月27日   
森田誠一, 峯大樹, 石田勇貴
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年3月13日   
山田可奈子, 岡本廉, 中川実宜, 森田誠一
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2013年2月17日   
島内寿徳, HUONG Vu Thi, 馬越大, 久保井亮一, 森田誠一
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2008年8月24日   
石川大介, KOTAREK Joseph A, VU Huong Thi, 西山圭一, 森田誠一, 島内寿徳, 馬越大, 久保井亮一
化学工学会年会研究発表講演要旨集   2007年2月19日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 馬越 大
モデル生体膜であるリポソーム膜上に触媒活性点を構築することで,酵素様機能であるLIPOzyme(Liposome+Enzyme)機能が誘導できることを示した。この機能は,(1)電子移動反応,(2)プロトン移動反応,(3)求核/求電子置換反応,の3項目で整理できることが分かった。これらの反応機構を実現するように,ジャンクペプチドやリガンド,ならびにそれらの金属錯体をリポソーム膜上に配位させ,秩序構造を誘導すればよい事を見出した。LIPOzymeを担体に安定に固定化する手法を検討し,透析膜モジ...
科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 久保井 亮一
「バイオメンブレン・クロマトグラフィー」を開発するために,最小分離基材となる「超機能性リポソーム(生体膜Mimics)」の調製を中心として,次の3段階に分けて研究を進めてきた:(第1段階)超機能性リポソームの調製ならびに機能評価;(第2段階)超機能性リポソームの固定化ならびに安定性評価;(第3段階)バイオメンブレン・クロマトグラフィーの基礎
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 森田 誠一
1.アミロイド線維化におよぼす脂質膜の影響
アミロイド線維に特異的に結合して蛍光を発するチオフラビンT(ThT)蛍光色素を用いて,アミロイドβペプチド(Aβ)の線維化におよぼす脂質膜の影響を調べた。リン脂質(1,2-ジミリストイル-sn-グリセド-3-ホスホコリン(DMPC))に脂肪酸(ステアリン酸およびリノール酸(9Z,11E))を混合(モル分率0.286)したリポソームを共存させて種々のpHで線維化量を測定すると,通常はアミロイド線維の見られないpH8においてもリポソームが共存するとA...
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 森田 誠一
1.脂質膜-アミロイドβペプチド間相互作用の検出
先行研究(科研No.15760592)の手法を応用し,リン脂質(1,2-ジミリストイル-sn-グリセド-3-ホスホコリン)に脂肪酸(ステアリン酸およびリノール酸(9Z,12Z),リノール酸(9Z,11E),リノール酸(9E,12E))を混合(モル比100/40)したリポソームを水晶振動子電極上に固定化した。リポソーム固定化水晶振動子のアミロイドβペプチド(Aβ)溶液中での振動数変化から,Aβはステアリン酸を混合したリポソームには吸着するが,...
科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 久保井 亮一
本申請課題では,リポソーム界面を反応場として,環境条件の変動(ストレス)に応答して触媒活性を制御する新規な人工酵素の創成を目的とする.平成17年度は,環境の酸化ストレス状態を認識して活性を制御するための活性中心として,アミロイドβタンパク質やスーパーオキシドジスムダーゼ(SOD)を膜上に提示し,酵素様活性が発現することを示した.そこで,平成18年度は,ROS応答・制御型人工酵素リポソームの設計・開発を目的として,以下の2班にわけて検討を進めた.
(a)人工SOD機能解析班:天然SODの活性...

特許

 
藤原 昭文, 原 忠, 樫原 恵蔵, 森田 誠一, 田中 扶, 谷 敏行, 松本 匡令