澤田 秀之

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/22 16:15
 
アバター
研究者氏名
澤田 秀之
 
サワダ ヒデユキ
URL
http://www.sawada.phys.waseda.ac.jp/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
00308206
Twitter ID
hideyukisawada

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
早稲田大学 理工学術院 教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
香川大学 工学部 教授
 
1999年4月
 - 
2010年3月
香川大学 工学部 准教授
 
2009年
 - 
2009年
Universite de Savoie Polytech'Savoie Professeur Invite
 
2005年
 - 
2005年
Universite de Savoie Politech Savoie Visiting Professor
 
1998年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学 理工学部 助手
 
1995年4月
 - 
1998年3月
日本学術振興会 特別研究員 DC1
 
1992年4月
 - 
1995年3月
三井金属鉱業株式会社 EI事業部
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 物理学及応用物理専攻 博士後期課程
 
1990年4月
 - 
1992年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 物理学及応用物理専攻 博士前期課程
 
1986年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学 理工学部 応用物理学科
 

委員歴

 
2012年9月
   
 
- Chiang Mai University, Editorial Advisory Board of Chiang Mai University Journal of Natural Sciences, Editorial Advisory Board
 
2013年1月
 - 
2014年12月
 IEEE Japan Council, IEEE Japan Council Student Activities Committee (JC-SAC) Chair (議長), IEEE Student Activities (SAC) の運営と学生指導
 
2012年4月
 - 
2013年3月
 情報処理学会, 情報処理学会 インタラクション2013 大会委員長, 情報処理学会 インタラクション2013の運営
 
2012年1月
 - 
2012年12月
 IEEE Japan Council, IEEE Japan Council Student Activities Committee (JC-SAC) Vice Chair (副議長), IEEE Student Activities (SAC) の運営と学生指導
 
2011年4月
 - 
2012年12月
 International Conference on Human System Interaction 2012, International Conference on Human System Interaction 2012, International Steering Committee
 

受賞

 
2018年12月
International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 論文賞 Intoning Speech Performance of the Talking Robot for Vietnamese Language Case
 
2018年9月
第23回知能メカトロニクスワークショップ 優秀講演賞 プリンタ印刷により自動立体構造形成した紙の加重強度評価
 
2017年12月
International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science Best Paper Award 4-D Space Visualization with Hidden Hypersurface Removal
 
2017年4月
International Conference on Control, Automation and Robotics Best Presentation Award Cerebellum-like Neural Network for Short-range Timing Function of a Robotic Speaking System
 
2015年6月
International Conference on Human System Interaction Best Paper Award Tactile Pen for Presenting Texture Sensation from Touch Screen
 
2015年2月
RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing Student Paper Award Tactile Glove Using SMA Wires for Presenting Pseudo-tactile Sensations in VR Space
受賞者: 岩谷亮明, 澤田秀之
 
2011年8月
IEEE International Conference on Mechatronics and Automation Best Paper Finalist Presentation of Button Repulsive Sensations on Touch Screen Using SMA Wires
 
2011年5月
International Conference on Human System Interaction Best Paper Award Research and Development on Portable Braille Display Using Shape Memory Alloy Wires
 
2011年
Outstanding English Presentation Award
 
2010年5月
情報処理学会 平成21年度 情報処理学会 論文賞 形状記憶合金糸を用いた触覚ディスプレイと微小振動の発生確率密度制御による触覚感覚の呈示
 
2010年
Best Paper Award
 
2010年
IEEE Best Presentation Award
 
2010年
IEEE Best Presentation Award
 
2010年
IEEE Best Presentation Award
 
2010年
IEEE Best Award
 
2010年
学生奨励賞
 
2010年
優秀発表賞
 
2010年
Young Author Award
 
2009年
IEEE Best Presentation Award
 
2009年
Student Travel Grant Award
 

論文

 
Intoning Speech Performance of the Talking Robot for Vietnamese Language Case
澤田 秀之
Proceedings of International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science   MHS(2018) 160-163   2018年12月   [査読有り]
The authors are developing a talking robot based on the physical model of human vocal organs in order to reproduce human speech mechanically. Humans use speech in daily communication, and each different country has a different language. The comple...
Development of Vietnamese Voice Chatbot with Emotion Expression
澤田 秀之
Proceedings of International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science   MHS(2018) 22-27   2018年12月   [査読有り]
Communication between machines and people is achieving dynamic relations. In fact, we can recognize this fact in a wide range of products like Google Home, Amazon Echo or Apple HomePod. They are all called voice chatbots. These chatbots, however, ...
Standing-Up Control of a Fallen Humanoid Robot Based on the Ground-contacting State of the Body
澤田 秀之
Proc. of Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2018)   IEEE-IECON(2018) 3292-3297   2018年10月   [査読有り]
In this paper, we propose a novel method for a humanoid robot to recover its standing posture from different fallen postures. In the proposed method, the robot estimates its posture using the ground-contacting information, which is sensed by the j...
Chunhao Song,Hiroki Shigemune,Hideyuki Sawada
11th International Conference on Human System Interaction, HSI 2018, Gdansk, Poland, July 4-6, 2018   2018 398-403   2018年7月   [査読有り]
Hiroki Shigemune, Shigeki Sugano, Hideyuki Sawada, Shuji Hashimoto, Yu Kuwajima, Yuki Matsushita, Shingo Maeda, Vito Cacucciolo, Matteo Cianchetti, Cecilia Laschi
2017 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2017   2018-January 379-384   2018年3月
© 2017 IEEE. Paper mechatronics has been proposed as a concept to fabricate robots with printing methods in our previous studies. Actuators fabricated by printing on a sheet material can be low-cost and lightweight. In this paper, we propose a swi...
Takanobu Miwa, Yuki Nakai, Hideyuki Sawada, Shuji Hashimoto
MHS 2017 - 28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science   2018-January 1-5   2018年2月
© 2017 IEEE. This paper presents the processing technique of hidden hypersurface removal for 4-D space visualization. When 4-D space and objects are visualized in 3-D space by perspective projection, if a 4-D scene includes multiple 4-D objects an...
Hideyuki Sawada
MHS 2017 - 28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science   2018-January 1-5   2018年2月
© 2017 IEEE. The authors have been developing a novel micro-vibration actuator using a shape-memory alloy (SMA) wire for the presentation of various tactile sensations to a human skin. An SMA wire has a unique characteristic to shrink to the lengt...
檀上淳一, 檀上園子, 澤田秀之, 中村祐
日本内科学会雑誌   107 248   2018年2月
Hiroki Shigemune,Vito Cacucciolo,Matteo Cianchetti,Hideyuki Sawada,Shuji Hashimoto,Cecilia Laschi
IEEE International Conference on Soft Robotics, RoboSoft 2018, Livorno, Italy, April 24-28, 2018   350-355   2018年   [査読有り]

Misc

 
澤田 秀之
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   4(1) 96-97   1999年6月
A Talking Robot and the Reproduction of Human Voice
Mitsuki Kitani, Hideyuki Sawada
14th Tri-University International Joint Seminar and Symposium   347-352   2007年
Hideyuki Sawada
4th International Conference on Human System Interaction, HSI 2011   2   2011年8月
檀上 淳一, 檀上 園子, 澤田 秀之, 内田 啓治, 中村 祐
香川大学生涯学習教育研究センター研究報告   (23) 43-64   2018年3月
檀上淳一, 檀上園子, 澤田秀之, 内田啓治, 中村祐
香川大学生涯学習教育研究センター研究報告   (23) 43‐64   2018年3月

書籍等出版物

 
Pervasive Haptics
澤田 秀之 (担当:分担執筆, 範囲:Tactile Display Using the Micro-vibration of Shape-Memory Alloy Wires and Its Application to Tactile Interaction Systems)
Springer Japan   2016年7月   ISBN:978-4-431-55772-2
触覚認識メカニズムと応用技術 -触覚センサ・触覚ディスプレイ-
サイエンス&テクノロジー   2010年   ISBN:978-4-86428-001-3
ロボット情報学ハンドブック
ナノオプトニクス・エナジー出版局   2010年   ISBN:978-4-7649-5507-3
次世代センサハンドブック
培風館   2008年   ISBN:978-4-563-06768-7
Robust Speech Recognition and Understanding
I-TECH Education and Publishing   2007年   ISBN:978-3-902613-08-0

講演・口頭発表等

 
臺原学, 三輪貴信, 澤田秀之, 橋本周司
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   
佐々木貴裕, ENRIQUEZ Guillermo, 三輪貴信, 澤田秀之, 橋本周司
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年3月6日   
中井悠貴, 三輪貴信, 橋本周司, 澤田秀之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年3月6日   
宮戸田顕音, 三輪貴信, 橋本周司, 澤田秀之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年3月6日   
西村穣, 三輪貴信, 橋本周司, 澤田秀之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年3月6日   

Works

 
形状記憶合金を振動体とする薄型触覚呈示デバイスの製作方法の開発
2006年 - 2007年
マルチモーダルI/Fのための音響センシング技術の開発
2003年 - 2006年
エンジン音計測に関する研究
2002年 - 2006年
A study of Flexible Human-Interface in Production Process
2001年 - 2006年
生産における新しいヒューマンインタフェース技術に関する研究
2001年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
触覚ディスプレイに関する研究と開発
医療福祉機器技術研究開発制度
研究期間: 2006年 - 2015年
音源位置同定と音声の個人性に基づく発話者および特定音響の認識に関する研究
研究期間: 2002年 - 2013年
発話ロボットの開発と聴覚フィードバック学習による音声獲得に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2013年
ジェスチャ、表情、力覚を積極的に利用できる双方向コミュニケーションシステムの構築に関する研究
研究期間: 2003年 - 2012年
運動特徴と形状特徴に基づいたジェスチャ認識に関する研究
研究期間: 1996年 - 2012年
発声障害者音声の明瞭化フィルタリング
研究期間: 2000年 - 2009年
自動車音に基づく動作状態の推定と無人駐車場管理システム
共同研究
研究期間: 2002年 - 2006年

特許

 
末梢神経検査装置
登録番号:特許5118777号
形状記憶合金の機械振動を情報伝達手段とする触覚による情報伝達装置
公開番号:特開2008-262478 / 登録番号:特許4395572
形状記憶合金の機械振動を情報伝達手段とする触覚による情報伝達装置
公開番号:特開2007-048268 / 登録番号:特許4291830
自動車の音響同定方法
公開番号:特開2007-033397
車両検出方法、車両検出装置及びこれを用いた駐車場管理システム
公開番号:特開2005-115813