KAWASAKI Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2019 at 03:04
 
Avatar
Name
KAWASAKI Yasuhiro
Affiliation
Kanazawa Medical University
Section
School of Medicine
Degree
Ph.D in Medicine

Research Interests

 
 

Education

 
 
 - 
May 1990
Graduate School, Kanazawa University
 
 
 - 
Mar 1985
Kanazawa Medical University
 

Awards & Honors

 
Sep 2015
日本サイコオンコロジー学会
 
Jan 2016
認知症サポーター養成、過疎地域における認知症の早期発見への取組みについて
 
Jun 2018
ヒトの表情認知に関する機能的神経画像研究
 

Published Papers

 
Implementation report of screening investigation of dementia for inhabitants of rural areas in Himi,Toyama
Y.Matsuda, S.Takemoto, R.Hashimoto, A.Tamai, T.Kanda, M.Ishizaki, T.Miwa, S.Morimoto, O.Kitamura, Y.Kawasaki
39:67-74    Dec 2014
計算論的精神医学におけるNMDA受容体機能の意義と可能性
17:1475-1483    Nov 2014
高齢者における嫉妬妄想の臨床的検討
24:135-140    Jan 2014
Increased pituitary volume in subjects at risk for psychosis and patients with first-episode schizophrenia.
(T.Takahashi), K.Nakamura, S.Nishiyama, A.Furuichi, E.Ikeda, M.Kido, Y.Nakamura, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M.Suzuki
Psychiatry and clinical neurosciences   67:540-548    Nov 2013
A case of with accumulation of 123I-meta-iodobenzylguanidine myocardial scintigraphy
Takamitsu SHIMADA, Akikazu MONKAWA, Ken-ichiro WATANABE, Takashi KUBOTA, Yasuhiro KAWASAKI
22(3):333-340    Mar 2013

Books etc

 
認知症
Mar 2014   
能登地域における高齢社会のヘルスケアシステム構築-金沢医科大学の試み-
Jan 2014   
内服開始時期と全身皮疹の因果関係は?
Jun 2014   
シンポジウム「気になる子」のためにできること~家庭・学校・医療の課題と連携を考える~
Jun 2014   
「金沢(金沢医大)CST開催について」
Feb 2014   

Conference Activities & Talks

 
レビー小体型認知症(DLB)の診断基準を充たしながら心筋シンチでの集積低下を認めなかった1例
Dec 2010   
就労を目標とした青年への支援の一例~臨床心理士の立場からの試み~
Dec 2010   
Risperidoneによる遅発性ジスキネジアがAripiprazoleへの変更後に改善した1例
Nov 2011   
強迫性障害患者における発想の流暢性と記憶機能に関する研究
Nov 2011   
精神医学における生物・心理・社会モデルの現状と展望
Nov 2011   

Research Grants & Projects

 
児童・思春期における心の健康発達・成長支援に関する研究
Project Year: 2017 - 2019
精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究
Project Year: 2016 - 2016
統合失調症患者の顔認知障害の時間-空間的解析
Project Year: 2016 - 2016
石川県における早期介入のための地域連携モデル構築に関する研究(金沢におけるデータ収集と解析)
Project Year: 2015 - 2015
精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究
Project Year: 2014 - 2014